熟年離婚しそうな人は要注意!後悔する前にちゃんと知っておこう

熟年離婚という言葉は以前テレビでも話題になり、定年退職した夫婦が離婚するという衝撃的なニュースやテレビ番組で特集が組まれたりしました。熟年離婚が本当に幸せなのか離婚しない方がいいのかを理由や離婚後の生活面から詳しく紹介しています。

熟年離婚について

いまや熟年離婚は社会現象にまで発展していて、離婚する夫婦の中で熟年離婚をする比率が増加しています。熟年離婚がなぜ多いのかにはいくつか原因があって、その原因を詳しく紹介します。熟年離婚してから年金の分割方法も3号分割だけだった制度が合意分割制度が開始されてから専業主婦でも夫の年金を分割してもらうことができるようになりました。その制度についても詳しく紹介します。

熟年離婚の割合

熟年離婚は全体の離婚件数から見るとどのくらいいるのでしょうか。熟年離婚の統計を取り始めてから2000年を境に急激に増えてきていて、60000件前後の熟年離婚があります。2013年には若干減ってきていて58000件程度となっていて、離婚率を見てみると全体の約15%~16%で推移しています。

熟年離婚の原因について

熟年離婚をする理由を見ていきます。近年熟年離婚が増えてきていますがどういった理由で熟年離婚は増えているのでしょうか。昭和の時代は男性が外に働いて女性は家出家事をするというのが日本での生活パターンとして一般的でした。その形が崩れ出したのは女性が働きやすい環境ができてきてからです。

昔熟年離婚が少なかったのは夫婦が円満だったからではありません。不満があっても生活のことを考えると離婚する勇気が女性側になかったことが大きな原因ではないでしょうか。近年女性の社会進出が進み金銭面でも男性並みの収入を得ることができるようになってきています。

最初から子供が自立できたら離婚することを決めていたという場合があります。子供がまだ未成年の間は離婚しても良いことはないのでそれまでの間は我慢してから、子供が独立したら離婚するケースがあります。それも女性の年収が上がってきていて、女性の平均年収は282万円となり、生活をしていく上でちょっと不安はあるのですが、生活できないことはないという背景もあります。

年金制度の変更も熟年離婚が増えている要因となっています。2007年4月以降年金制度が変わっていて、厚生年金を夫婦で分割することができるようになりました。年金制度の変更とあわせて夫の不倫も影響することがあります。子供が学生のころは夫の収入がないとやっていけないので不倫されても我慢して仮面夫婦を装っていたのが、子供も独立して1人で生活をするっことができるようになったことが不倫で我慢していた気持ちを解放することができます。

熟年離婚の社会問題でもある介護疲れによる熟年離婚です。夫の両親の介護をするのに疲れてしまって離婚するというケースがあります。あとは夫の介護をするのが嫌で熟年離婚をしようとする女性もたくさんいます。

年金分割とは

離婚をしたときには年金を分割することができます。では年金分割とはどんなことでしょうか。年金分割と効くと離婚したときに年金の半分をもらえるように思えますがそうではありません。年金分割とは、結婚時に厚生年金や共済保険の献金保険料の納付実績に合わせてその一部を離婚するときに分割して受け取ることができる制度です。

年金の分割方法には2種類あります。合意分割制度と3号分割制度があります。合意分割制度は平成19年4月1日以降の離婚者が対象となります。合意分割制度は3号と2号の被保険者が対象になり、3号分割制度では3号被保険者のみが対象となります。

この制度を利用するには夫婦の合意が必要で、年金分割に対する合意と年金保険料の納付実績を分割する割合についての合意が必要となります。分割する期間は結婚していた効かんのみが対象となります。分割割合に関しては最大2分の1までとします。

分割方法の決め方ですが、夫婦で分割の割合に関して話し合いで決めます。決めた割合の公正証書を作成する必要があります。夫婦間での話し合いが決まらない場合は調停・審判・訴訟で分割割合を決めることになります。

合意分割制度を利用する場合は、夫婦で話し合ってから割合などを決めていきます。正式な手続きは年金事務所に行ってから手続きを行います。手続きに必要な書類が必要になり、その書類は国民年金手帳・結婚年月日と離婚年月日の記載のある戸籍謄本・年金分割の分割割合が記載された書類・印鑑・身分証明書となります。

3号分割制度は会社員や公務員などの2号h件社の被保険者で20歳から65歳までが対象となります。この場合は夫婦の合意は必要ありません。分割割合は決まっていて2分の1となります。書類は国民年金手帳・結婚年月日と離婚年月日の記載のある戸籍謄本・年金分割の分割割合が記載された書類・印鑑・身分証明書となり年金事務所に行ってから手続きを行います。請求期限があり、離婚してから2年以内となっています。

熟年離婚の注意点について

熟年離婚をしてからいろいろとよい点と問題点があります。良いことばかりではなく悪いこともありますので熟年離婚を行った後どうなるかを見ていきましょう。熟年離婚をすることで何が徳で何が損なのかを詳しく紹介しているので、その点をしっかり把握してから離婚するかどうかをみめしょう。

熟年離婚をして後悔した人とそうでない人

熟年離婚をして良かったと思う人とそう思わない人に分かれます。熟年離婚してから良かったという人にはどんな人がいてどんな理由があるのでしょうか。熟年離婚をしてから良かったことに今まで夫に対して我慢の連続だったストレスなどから開放されて助かったという女性は結構います。どうしても一緒に過ごしたくないと思っていたことが実現できて1人優雅な生活をすることが出来たと思っている女性はいます。

また、今の夫とは会わないと思っていたが子供のことを考えるとがまんしてから夫の定年まで一緒に過ごしていたのが、離婚することで開放されて新しい恋をすることも出来ます。実際に別の男性を恋愛して結婚している女性もいます。

熟年離婚をすることで1人でも十分に生活をしていくことができる収入を得ることができます。金銭面で離婚後に女性が困ることがなくなったのが熟年離婚の大きな理由でもあります。女性は以外にタフで金銭面で苦労することはほとんどありません。

熟年離婚で後悔する人もいます。女性よりも男性に多くその理由は現役時代は火事を全て妻に任せていて離婚してから家事を一切できないため、食事などもほとんど料理を作ることもなく弁当や外食で済ませているとどうしても栄養バランスが崩れてしまって病気になりやすくなります。そうなったときに離婚して失敗したと思います。女性の場合は自炊することができてその他の家事も全て今までやっていたことなので問題なく過ごすことができます。

熟年離婚を後悔する理由

離婚をしてから後悔する理由としては、孤独感です。女性には社交性が男性よりあまり孤独感をあまり感じない人が多いようです。男性の場合は、現役時代は仕事関係では人と話をすることはありますが、プライベートでは人とあまり接しないという人が多く周りの人たちとの交流が下手な人がいます。この場合、離婚してから1人暮らしを始めると孤独になって辛い日々を送る傾向が高くなります。

熟年離婚で一番多いのが、一時的な感情によって離婚してしまったときです。そのときの感情に任せてからつい離婚まで話が進んでしまった場合は大変です。離婚後冷静になってから生活をしていくと、夫婦のときの良かったことを思い出してしまい離婚しなければ良かったと思うことが多々あります。

生活にも不自由しないし別れてよかったと思っていても、周りの見る目が気になって毎日が楽しく過ごせないということもあります。離婚するとバツイチというレッテルを貼られることになります。日本ではまだ離婚に対してネガティブな考えを持っている人が多く、離婚したことで周りからあらぬ噂をされたり、バツイチということで何か性格的に悪いのでは名度と思われてしまうっことがあります。

専業主婦の熟年離婚について

熟年離婚の中にも女性が十分な収入があって働いている人は離婚しても生活面で苦労することはないようです。問題は結婚後専業主婦になってから生活費は全て夫の収入に頼っている場合は「ちょっと待ってください」と言います。

熟年離婚をするときに男性側は社会保障が充実していて生活面では何の問題もないのですが女性の場合はどういう状況下で大きく変わってきます。専業主婦としてともに過ごしてきてから熟年離婚をした場合、どのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか。

専業主婦をしていると離婚してから生活をするにしても収入は0円になります、。何か仕事をしなければ生活していくことができません。そこで仕事を探そうとしても年齢的に難しい面があります。正規雇用の就職口はほとんどないと思っていて間違いありません。そこで就職するには、パートなどをして生活をしていかなければいけません。パートだと収入が少なくそれだけでは生活をしていくことができないケースがあります。

離婚後のパート収入で足りない場合は子供が独立していれば子供からの援助があるかもしれません。生活をしていく上で子供に迷惑をかけてしまうことになります。熟年離婚でも夫が年金生活をしている場合は、その年金を分割してもらえる制度があります。専業主婦でも夫の年金を基礎年金以外の部分を2分の1ほど分割してもらうことができます。このように自分の基礎年金と夫からもらえる基礎年金以外の部分の年金金額で何とか生活をしていくことができます。

熟年離婚をする場合は、年金生活を始めているときにすると生活面では子供の世話にならずに何とかやりくりしていくことが可能になっています。専業主婦でも年金生活をしていると生活面での収入は最低限のはもらえるので、1人の生活をエンジョイしたければ離婚しても大丈夫です。ただし、年金生活を否定ない場合は、自分で仕事をしなければいけません。それでもお金が足りないので、子供に支援してもらうか夫から慰謝料をもらえるのであればもらってから生活をしていかなければいかなくなります。

熟年離婚の原因について

熟年離婚をした人の離婚の原因とは何だったんでしょうか。実際に熟年離婚をしてから困るのが金銭的な面です。その前になぜ熟年離婚をしようと考えているのか、その原因がしっかりとしていなければ勢いで離婚しても良いことはありません。

熟年離婚をするのは原因があるので離婚するわけです。では熟年離婚する場合、何を気にしていなければいけないのでしょうか。熟年離婚をする場合の多くがお互いの子ミュ二ケーション不足ではないでしょうか。もっと話をしてお互いの気持ちを知ること重要です。ほとんど何も話さずにいきなり熟年離婚をしようと決心した場合、ほとんどの人が離婚後に後悔してしまいます。

他にも夫によるDVや酒乱、またはギャンブル狂いなどが主な離婚条件となります。ただし、熟年離婚をすることで、女性側からの不満や許せない夫の行為というものがあります。離婚後に社会復帰をしなければ収入面で生活をしていくことが困難になります。

コミュニケーション不足

熟年路婚をするということでは、夫婦2人仲良く過ごしていたように感じますが、実際は不仲でいつ別れてもおかしくなかった事もあります。それが爆発するのが節目である子供の独立や夫の年金生活が始まったときに離婚申請をすれば、いつでも離婚することはできますが一旦離婚した後では再就職も難ししい状況なので、収入面を安定させるには夫との話し合いの元離婚することになります。離婚しなければしないほうが良いのです、

まずは熟年離婚をする原因として夫婦のコミュニケーション不足による場合があります。長年連れ添っていると空気のような存在になり会話をあまりしなくなります。dチラからとなく徐々に会話がなくなっていきその後も顔を合わせるだけで全く会話をしなくなったら熟年離婚になることをあります。

そうならないようにするために夫婦で日頃からコミュニケーションをとることをおすすめします。長年生活をしていると夫が仕事をしていて妻は家事をするといった分担だと徐々に会話がなくなってきます。子供がいるときは子供のことで話をすることもありますが、子供も独立してしまったら全く話をすることもなくなります。

会話がなくならないようにするためにはお互いの気遣いが大切です。特に夫が普段から話しかけてあげて相手にいろいろと話しかけてから思っていること伝えることが重要です。何を考えていて相手は何を考えているかを知るには会話がなければできません。そこで夫の譜から話しかけることが必要で、それが夫婦円満の秘訣でもあります。

子どもの自立

熟年離婚をする原因として子供成長とともに自立して息夫婦2人になったときが大変です。夫婦2人になると一気に相手に対する不満なことばかりを考えるようになります。2人を引き止めていた糸が切れたようになり抱えていた感情が爆発することがあります。特に女性側に多くの不満やストレスを抱えていることが多く、子供がいなくなったことであからさまに夫にそのことを言うようになります。

夫は今までが亭主関白だったことが多く、言い争いになることも増えてきます。元々夫は家にいなかったので何とか間が持てていたところがありますが、定年退職してからはいつも一緒にいるわけです。徐々に耐え切れなくなって最終的には離婚に踏み切る子ともありえます。子供という2人の間をつないでいたものが切れてしまったらなおさらです。そうなる前に夫婦の会話をしっかりとやっていれば離婚まで発展することはなかったはずではないでしょうか。

女性の社会復帰

熟年離婚が増えている理由にはいくつか考えられますが、その中でも離婚後の生活の為の収入を上げる社会ができていることも熟年離婚が増える原因でもあります。女性が離婚した後に働きたいと思ったら仕事があるということです。仕事があるのでいつでも1人になっても生活できるという考えがあるので夫に我慢しないで自立を選ぶ女性も増えてきています。

子供を保育園に預けて仕事復帰する女性に伝えたいアドバイスとは?

まとめ

日本でも離婚率が高くなってきていて、その中でも熟年離婚も増えてきています。熟年離婚の理由や離婚後の生活など熟年者の離婚に対する考え方などが紹介されています。実際に、熟年離婚をしようと考えている人はその前にしっかりと熟年離婚するほどの理由があるのかや離婚後の生活は大丈夫なのかを、こちらに詳しく書かれているので参考にしましょう。