知らないと損する!?離婚届の証人で大事なことって?

今から離婚する人には、離婚届に証人が必要だということを認識しましょう。離婚届にはそこまで証人を重要視していません。証人について誰がなれて何をするのかを詳しく紹介します。

離婚届の証人について

離婚届を出すときには別途証人になってもらわなければいけない人が必要となります。婚姻届と同じように離婚届にも証人が必要になり、証人になるためにはなれる人となれない人がいます。具体的に証人になった人にはどんな責任があるのかを見ていきます。離婚したくても証人になってもらえない場合はどうすればいいのかも合わせて紹介します。

離婚届に証人を必要とするのには理由があり、離婚が虚偽ではないことのための担保として使われています。また、当人同士が離婚を覚悟してからすることを見届けるためのものでもあります。離婚は結婚をするときと同じくらい重みがあるので、軽い気持ちで離婚はしないようにしなければいけません。

証人になれる人

離婚届を提出する書類に書く証人は、本人以外の大人であれば誰でもかまいません。証人には基本的には誰でもなれるということです。証人になる人は一般的に夫婦両方の両親がなることが多いようです。両親が既にいない場合は、親族の誰かになってもらうこともできます。

親族には知られたくないという場合は、離婚の相談などができる親しい友人にお願いすることもできます。周りに証人になってくれそうな人が見つからない場合は離婚ができないのでしょうか。そんなことはありません。証人代行サービスというものがありまして、サービスを利用することができます。後は離婚裁判などになった場合は離婚調停の弁護をお願いする弁護士などに証人になってもらうことができます。

証人の責任

証人になったからといって法的な責任はありません。離婚という人生で重大な岐路に立たされるわけで、その場合は第三者の署名捺印がある書類を正式な離婚書類として扱うのが今の日本でのしきたりのようなものです。そのため、特に証人になったからといって責任を負う必要はありません。ただし、離婚というネガティブなイベントに証人として署名捺印をするのは気分的に余りよくありません。

証人がいない場合について

証人になれる人の章でも軽く説明していますが、両親や知人・友人に証人になってもらえる人がいない場合離婚できないかというとそうではありません。身近に証人になってくれる人がいないときには、離婚の依頼をする弁護士などでも証人として署名捺印をしてもらうことができます。

最近は、離婚証人代行サービスというものが広がっていて、1回5000円前後で引き受けてくれるところがあります。証人代行をしてもらうには離婚届と一緒に運転免許証などの身分証明書のコピーがあれば行政書士でも代行してもらえるところはあります。

離婚届の証人の必要性とは

離婚届を提出するときに証人が署名捺印する欄があります。その欄には離婚を証明してくれる成人の誰かが行わなければいけません。離婚するときになぜ証人の署名捺印が必要になるのでしょうか。夫婦2人の署名捺印だけで離婚できないものかを思ってしまうとでしょうが、実は証人には大きな目的が2つあります。

1つは離婚が虚偽ではなく正式に夫婦が離婚することを望んでから離婚しようとしていることを証明するものです。離婚は人生の中でも重要な出来事で人生の岐路にもなりえるものだからです。もう1つが本人の覚悟を決めてからの離婚だということを認識させるためでもあります。簡単に出せるようだと離婚率はもっと増えてきてもおかしくない世の中になっています。

離婚に対する覚悟

離婚届に証人が必要な理由の1つに本人の覚悟があります。覚悟とは、証人に署名捺印をしてもらうことで確固たる覚悟で離婚をしようとしているということをしっかりと認識させる意味合いがあります。第三者に間に入ってもらうことで本気で離婚をすることを考えた結果、離婚届を出すということになります。そういう覚悟を決めさせるためにも証人がいるのといないのでは意味が違ってきます。

離婚届が本物であることの証明

離婚届を作成するときに証人の署名捺印が必要になるということは、離婚届が本物であるということを証明することにもなります。簡単に離婚することができないという考えを持たせるためでもあります。虚偽の離婚にならないようにするために、証人が2人必要になってきます。

誰に証人を依頼するのか

離婚の証人になってもらうには誰に依頼すればいいのでしょうか。実際に離婚の証人になってもらうには大人であれば誰に証人になってもらってもかまいません。家族で誰かいれば2人の証人になってもらってかまいません。家族以外でも誰でもかまわないので家族に頼むのが頼みにくかった場合は、友人や知人で離婚を相談できるほどの人がいれば、お願いして証人になってもらうこともできます。

離婚届の証人を頼む相手について

離婚届の証人を頼む場合、誰に頼んだらいいのかがわからないと思うかもしれませんが、証人となっていますが保証人とは違って、何か後々トラブルがあったときに保証しなければいけないとか罰則があるわけではありません。証人には誰でもなれます。

誰でもといっても、子供ではいけません。家族で子供に証人なってもらう場合は20歳以上の成人でなければ証人にはなれません。それに家族に証人になれる成人の子供などがいる場合、苗字が一緒になるので署名捺印をするときの印鑑は同じ印鑑を使ってはいけません。違う人が署名捺印しているということで印鑑は変えなければいけません。

証人の人数について

離婚のときの証人には2人いれば大丈夫です。婚姻届を出すときと同じで離婚届の証人は2人に署名捺印をしてもらえれば書類として成立します。夫婦どちらの家族に証人になってもらってかまいません。妻の方の家族から2人の証人を出してもらってもいいですし、両方の家族から1人ずつ2人に署名捺印してもらってもかまいません。証人は何も保証するわけでもなく、何か責任があるわけでもありませんので2人の証人は見つかりやすいのではないでしょうか。

誰でも大丈夫

証人になってもらいたいけど家族に依頼しにくいと思ってから友人にお願いすることもできます。職場の同僚や先輩に頼んでも問題はありません。ただ、友人や職場関係の人に頼みにくいと思ったときに依頼する人がいなくなってしまいます。その場合はどうすればいいのでしょうか。身内や周囲の人にはばれたくないので頼まないという人には便利な代行サービスがあります。行政書士が離婚の証人を代行してくれるところが多くあるので、一度相談してみると引き受けてくれる所は多数あります。

同じ苗字の証人は違う印鑑で

離婚届の証人になってもらうのに、家族や親族などに依頼するときは苗字が同じ人に依頼することもありません。その場合、同じ印鑑で捺印してしまうと受け付けてくれないので、印鑑は変えてから捺印してもらうようにしなければいけません。友人・知人でも苗字が違う場合は印鑑が違う2つの印鑑で捺印しなければいけません。

まとめ

今から離婚しようとして書類をもらってきたら証人が署名捺印をする欄があってびっくりしている人、心配は要りません。誰に依頼したらいいのかを詳しく書いています。依頼する身内がいない場合でも安心してください。第三者の成人に依頼すればいいだけです。