お似合いカップルってどんな2人?なるためのポイントも!

誰かと付き合ったときに周囲から、「お似合いだね!」と言われたことはありませんか?まわりからそのように見られることは、相手を好きで付き合っている当事者からするととても嬉しいことですよね。

でも実際にお似合いカップルとは、一体どんなカップルのことを言うのでしょうか?そして、お似合いと言われるためにはどうしたら良いのでしょうか?

ということで今回は、恋愛アドバイザーであるNao さんの情報をもとに、お似合いカップルについてご紹介します。

お似合いカップルとはどんなカップル?

ほかの人から自分たちのことを、「お似合いだね!」と言われれば、それは嬉しく感じますよね!では、実際にどんなカップルをお似合いカップルと言うのでしょうか。これには、意識していなくても噛み合う、絶妙な空気感も重要です。

喧嘩がなく仲良し

喧嘩をせずにいられるカップルは、お似合いカップルと言えるでしょう。たとえ食い違いがあっても、喧嘩ではなく話し合いで解決することができるためです。やきもちをやかせようと駆け引きをしたり、つまらないことで怒ったりしないので、小さな喧嘩も少ないです。

息が合っている

お似合いのカップルは、さまざまな場面で息が合っていることが多いです。片方が忙しそうだったり、しんどそうだったりすることがあれば、もう片方がサポートにまわり協力し合うことができます。

また、好みが合うことも特徴です。今日は何を食べたいか、今日はどんな気分かなどといった小さなことでも、2人の意見が合うことが多いのです。

お互いのことを大切にしている

お似合いのカップルは、お互いのことをとても大切にしています。恋人の存在をしっかりと周囲にまで公表していたり、何かあれば恋人を優先したりすることができるのです。

また、ショッピングをしているときなどに、「これはあいつに似合いそうだな」なんて、いつでも相手のことが浮かんでくるのです。

お似合いカップルの特徴とは

お似合いカップルだということがわかりやすい特徴としては、どんなことが挙げられるのでしょうか?以下にまとめました。

よく服装が被る

お似合いカップルはもともと好みが似ていることもありますが、仲の良さからさらに考え方も似てきます。その結果、デートで服装が被ったり、同じタイミングで話しはじめたりすることも多いのです。

デートをするときに、何も打ち合わせをしていないのに、お互いの服装にボーダーが入っていたり、同じ色の服を着ていたりします。

連絡のやりとりが楽しそう

一緒にいないときの連絡のやりとりでさえ楽しそうなのも、お似合いカップルの特徴です。ラインで面白いスタンプを使ってみたり、電話でも楽しい話をして大笑いしたりしています。

顔が見えないときにも喧嘩をせず、2人の関係を楽しむことができるため、ラインでも電話でもいつも楽しそうなのです。

お似合いカップルになるためには

お似合いカップルになるためには、以下の5つの点を意識することが大切です。

  • 自分のことを分析する
  • 相手の嫌いなものを把握する
  • 喧嘩をしないようにする
  • 干渉はしない
  • 相手に感謝する

順番に詳細をチェックしていきましょう。

自分のことを分析する

お似合いカップルになるためには、冷静に自分のことを分析しなければなりません。自分の性格や、イライラしてしまうこと、これだけは許せないことなどをわかっておくべきなのです。

そうすることで、相手と一緒にいても自分を客観視することができるため、喧嘩をしたり、突っかかって悪い雰囲気にしたりということもなくなります

相手の嫌いなものを把握する

付き合っていれば、相手の好きなものは大体わかってきますね。しかし、相手の嫌いなものまで把握することが大切です。相手の嫌いな食べもの、されたら嫌なこと、苦手なものなどを知っておきましょう。

そうすることで相手の地雷を踏むことなく、嫌な思いをさせずに気持ちの良い関係を築くことができるのです。

喧嘩をしないようにする

小さなことでも大きなことでも、喧嘩をしてしまえばお互いに嫌な気持ちになり、傷つけあってしまいます。また、カップルにとって喧嘩をしている時間はとても無駄な時間ですので、喧嘩はしないようにしましょう。相手が嫌がることはしないように気をつけること、相手を思いやる気持ちが大切です。

干渉はしない

好き同士ですので、相手が何をしているか誰といるかなど、気になってしまうこともあるかもしれません。しかし、お似合いカップルになりたいのであれば、お互いの信頼関係が大切です。

自分も相手を裏切らない、そして、相手も自分を裏切らないという信用をしましょう。その気持ちはきっと相手に伝わり、「裏切らないようにしなきゃ」と思ってくれるはずです。

相手に感謝する

相手への感謝の気持ちを忘れずにいることが大切です。人と人との関係ですので、マイナス面も出てくるでしょう。

しかし、それを言い出したらキリがありません。良いところに目を向け、相手が自分と一緒にいてくれること、相手が自分にしてくれることに感謝をしましょう。

そのために大事なのは、相手は鏡だと思うこと。感謝をすればきっと相手も感謝してくれます。そしてそれが信頼関係につながるのです。

お似合いカップルでい続けるために大切なこと

お似合いカップルになれても、その後もそれを維持していけるのが理想的。そのためには、さらに以下のことを大事にしたいところです。

  • 相手の変化を受け入れる
  • 自分磨きを怠らない
  • 思いやりを忘れない
  • たくさん話す
  • いろいろなことに挑戦する

具体的な内容を見ていきましょう。

相手の変化を受け入れる

長く一緒にいれば、いくら恋人でも気を許して油断することも出てきます。たとえばおしゃれをしなくなったり、連絡が少なくなったり。そんなときに、「昔はこうだったのに!」や、「前はしてくれたじゃん」、「もう好きじゃないの?」などと、相手を責めないでください。

いつまでも同じようにすることは難しいですし、相手も疲れてしまいます。相手の変化を受け止めることで、信頼や安心が生まれて心からつながり合えるお似合いカップルになることができますよ。

自分磨きを怠らない

いくら慣れるといっても、体重が倍になったり、いつもパジャマでいたりすれば、100年の愛も冷めてしまいます。頑張りすぎずに適度な自分磨きを続けることで、相手からはいつまでも尊敬してもらえて、自慢の恋人でいられます。

さらに、たまにファッションなどに変化をつけることで、相手がさらに楽しめるでしょう。

思いやりを忘れない

長く一緒にいて、良い関係を継続させるためには、相手への思いやりを忘れないことが大切です。いつも自分のことばかり、わがままを言っていれば、どんなに優しい相手でも、嫌気がさしてしまうでしょう。

自分が相手を思いやることで、相手も答えてくれます。お似合いカップルでいるためには、自分のことよりも相手のことを考えることです。

たくさん話す

長く一緒にいると、付き合いはじめよりも話す内容がなくなってきて、黙っている時間が増えてきたり連絡も少なくなったりしてくるかもしれません。しかし、今日の出来事や悩みなどなんでも話すようにすることで、相手も話をしてくれて良い関係を続けられるでしょう。

いろいろなことに挑戦する

相手のことだけではなく、自分自身がいろいろなことに挑戦することで、相手にとっても刺激的な関係でいることができます。挑戦を重ねれば、それだけ変化することができるからです。相手の趣味を自分もしてみたり、やってみたいことに積極的に挑戦してみたりしましょう。

お手本にしたい芸能人カップル

さまざまな芸能人カップルがいる中で、お似合いだと世間に認められてお手本にされるカップルを一部ご紹介します。

りゅうちぇる&ぺこちゃん

りゅうちぇるとぺこちゃんは、お互いの個性とやりたいことを尊敬して、協力し合っている理想のお似合いカップルです。思いやりと感謝の気持ちを忘れずに、楽しい時間を一緒に過ごそうとお互いに工夫しているのが素敵ですよね。

内田裕也&樹木希林

波乱万丈な内田裕也さんは、結婚していても浮気三昧で、妻である樹木希林さんと一緒に住むこともなかったそうです。少し寂しい気もしますが、破天荒な内田裕也さんとそれを受け入れことができる樹木希林さんはお似合いのカップルです。

世の中の当たり前にとらわれず、見栄なども気にせず、内田裕也さんを純粋に愛し続けた樹木希林さんは素敵です。内田裕也さんも樹木希林さんがパートナーだからこそ、好きなことを思いきりできたのでしょうね。

まとめ

お似合いと言うと、まわりの知っているカップルや芸能人カップルも頭に浮かんでくるでしょう。それぞれのカップルで雰囲気は違いますが、すべてのお似合いカップルに言えるのは、お互いがお互いを高め合うことができるということ。

相手がいるからこそ、自分が楽しめて輝けていると思っていれば、それはきっと相手にも思ってもらえますし、思ってもらいたいものです。お似合いのカップルになるためには、相手を鏡だと思い、思いやりの心を忘れずに過ごしましょう。