【必見】男性・女性で違う!気になる人を振り向かせるコツはあるの?

好きな人がいると、それだけで生活に張りができます。好きな人に振り向いてもらうための自分磨きや、どうやったら恋愛できるのか考えることはたくさんあります。好きな人を振り向かせる方法はいくつかあります。どの方法がベストなのかは、好きな人との関係性によっても変わります。

好きな人の反応は、男性や女性によっても変わります。好きな人にどんどんアタックしていくのはよいですが、度が過ぎるとストーカーと思われることもあるので注意が必要です。相手の気持ちを一番に考えることが大事です。今回は、好きな人を振り向かせるコツを男性目線と女性目線から紹介していきます。

女性が気になる人にとる態度

体調を気遣う

好きな人が風邪でしんどそうな場合や、いつもより体調が悪そうな場合は心配になります。女性が気になる人に取る態度として、体調を気遣うことがあります。メールやラインで大丈夫?と気にかける場合もあれば、実際に会っているときに気遣うこともあります。ただし、優しい女性の場合はしんどうそうな人を見つけると、気になる人以外でも体調を気遣います。このあたりの違いは難しいところです。

気になるから、体調を気遣ってくれる女性だと、定期的に声をかけてくれます。その場限りではなく、体調が良くなるまで気にかけてくれるので、これが気になる人とそうでない人への気遣いの違いになります。男性は体調を気に掛けられて嫌な気持ちにはなりません。自分のことを気にしてくれているという気持ちで嬉しくなります。体調を気遣うのはアピールする上で有効です。

LINEを聞き出す


女性が気になる人にとる態度として、LINEのIDを聞きだすことがあります。今はメールよりもLINEでの連絡の方が主流になっており、便利に連絡が取れるメリットがあります。気になる人と距離を縮めるなら、LINEを聞きだして連絡を入れる方法がスムーズです。仕事などで連絡交換が必要な場合だと、気になっているという理由でLINEを聞くとは限りませんが、連絡を取る必要にない関係性で聞き出す場合は脈ありです。

LINEを聞き出して、どれくらいの頻度で連絡が来るのかもポイントです。連絡先を交換したものの、一向に連絡が来ない場合は単純に聞いただけという場合もあります。本当に気になっているなら、LINEを交換した後に連絡が来るはずです。連絡交換は、恋愛の第一歩になります。連絡先を聞いてもらえると、脈ありと思って良いでしょう。

ボディタッチをする

女性は、女性同士でもスキンシップでボディタッチすることがあります。一方で、男性は女性に比べるとボティタッチする機会は多くありません。ボティタッチに対する認識も男女では異なっており、女性から何気なく受けたボディタッチでも、それだけで自分のことを好きなのかと勘違いしてしまうものです。女性からのボディタッチは実際どうなのでしょうか?

基本的に女性は、相手に関心がない場合や苦手な場合、生理的に嫌な男性に対してボディタッチすることはありません。ただし、それ以外の場合だと好きな人以外にボディタッチすることもあります。たとえば友達やいじられキャラの男性だと、何気ないボディタッチをします。この場合、ボディタッチする部位で関係性が分かります。口や足などにボディタッチする場合は好意があり、肩や背中だと友達としての意識が強くなります。

声のトーンが上がる


女性は好きという気持ちをストレートに伝えることが苦手です。好きという気持ちを分かってもらうために、回りくどいこともします。その一つに、声のトーンを上げるがあります。好きな人を目の前にして、声のトーンが上がるのは緊張感や高揚感があるためです。また、嬉しいという気持ちからテンションが上がって声のトーンが上がる場合もあります。

女性の中には、声のトーンをわざと変えて男性にアピールしている人もいます。好きな人に振り向いてもらうために、女性の声は武器になります。声のトーンを自在に変えることができると、会話にも張りが出ます。女性だけでなく、男性も好きな女性の前だと声のトーンが変わることもあります。声のトーンと恋愛には深い関係があります。

連絡が密になる

女性は、気になる男性に対して好きという気持ちを分かってもらうために、さまざまな努力をします。その一つに、連絡を密に取るがあります。女性から連絡をどんどんするのは、何をしているのか気になる場合と、自分をアピールする場合があります。連絡が密になることで、男性も自分に気があるのではないかと感じるようになります。

男性の返信を待たずして、新たに連絡をすると恋に落ちている可能性は高くなります。ただし、気持ちが分かって欲しいという理由からしつこく何度も連絡をしていると、相手に嫌がられてしまう可能性もあります。相手からの返信が遅くなってくる場合は注意が必要です。せっかくのアピールを無駄にしないためには、言葉のキャッチボールを意識することが大事です。

▼ 関連記事

男性・女性別で分かるLINEでの脈あり・脈無しサイン!

男性が気になる女性にとる態度

近くから見つめる

男性は、好きになった女性の行動が気になります。表情や仕草も見ていたいという気持ちがあるので、近くから見つめます。女性は遠くから見つめることができても、近くで見つめることは苦手です。男性の心は素直で、好きだから単純に見ていたいのです。男性と目が合う頻度が増えてくると、近くから見つめられていることが理由です。

男性の視線は、女性の視線に比べると単純です。ごまかすことができない部分でもあり、観察していると何を考えているのか手に取るように分かります。また、好きだからと言う理由だけでなく露出が多いと性の対象として見ることもあります。この場合、恋愛感情がなくても見つめることがあるので、区別がつきにくいところです。

一緒の行動を取りたがる

男性が好きな人に取る行動として、一緒の行動をとりたがることがあります。好きな人とは楽しい時間を共有したいと考えます。同じ行動を取ることによって気持ちの共有ができると考えています。気が付いたらそばにいる場合は、好意を持っていると考えて間違いありません。一緒の行動を取りたがる男性は、好きという気持ちをオープンに出しています。

一緒の行動を取るために、さまざまなアピールをしてくるのも男性の特徴です。また、一緒の行動を取りたがる気持ちの裏には、他の男性に取られたくないという気持ちもあります。女性は、好きな男性に近づいて一緒の行動を取ることは苦手です。好きになると、離れたところから見つめるのが女性の特徴になります。このように男性と女性では随分と違うものです。

差し入れをする


男性が女性を好きになると、その気持ちに気付いてもらうためにさまざまな行動をします。差し入れをするのもその一つで、お菓子や飲み物の差し入れが増えると好意を寄せている可能性が高くなります。これは男性が好きな女性におごるのと心理が似ており、何かをあげることで好きという気持ちを表しているのです。

差し入れの頻度によっても好意のパロメーターは変わってきます。会うたびに差し入れをする場合は、かなり好きという気持ちがあります。どんなものを差し入れするかによっても変わりますが、差し入れがプレゼントに変わると好意を寄せているのは間違いありません。男性は好きな人が喜ぶ顔を見たいものです。そのために差し入れをするのです。

自分自身をアピールする

好きな女性に対しては、自分自身をアピールするのも男性の特徴です。自分に興味を持ってもらいたいという理由から行動に移すもので、アピールの仕方は男性によってさまざまです。特に多いのが、自分はモテるというアピールをすることです。これは、女性に対して優位でいたいという気持ちが理由になります。男性は競争心が強く、相手より上にいたいという気持ちも強いものです。

こうしたアピールは、女性から見るとほとんど無意味です。そもそも、好きな女性に対して自分を過度にアピールするのは自分に自信がないことが理由になります。異性としての自信があれば、アピールする必要性もありません。本当にモテている男性の場合は、自分をアピールすることに力を入れるのではなく、女性のことを一番に考えて行動に移すものです。

職場の好きな人を振り向かせる方法

さりげなくフォローをする

職場に好きな人がいると、それだけで仕事にやる気が出るものです。職場恋愛を実現するためには、職場での関係性も考えて行く必要があります。職場の好きな人を振り向かせる有効な方法の一つに、さりげないフォローを入れることがあります。仕事で失敗したとき、他のやり方を教えてあげるなど、さまざまなフォローの方法があります。

フォローをしてもらうと、その人のことを意識します。最初のうちは仕事仲間としての気持ちが大きくても、何度かフォローしてもらっていると異性として意識するものです。特に他の人よりも気にかけてもらっていると気付くと、特別感を意識するようになります。さりげなくフォローをして好きな人の気持ちを惹かせましょう。

複数で遊びに行く

職場に好きな人がいる場合は、デートに誘うよりも複数の人で遊びに行くことをお勧めします。いきなりデートに誘うのは、断られたときに職場で気まずくなってしまいます。しかし、複数で遊びに行くのであれば職場の人たちで楽しむことがメインなので、そこに気まずい気持ちはありません。まずは、複数で遊んで好きな人の気持ちを探ることから始めるとよいでしょう。

複数で遊びに行くときのポイントは、できるだけ好きな人と会話をすることや一緒にいることです。これは、好きな人の気持ちを探ることが理由で、少しずつ遊びに行くときの人数を減らしていくのがポイントになります。職場恋愛で失敗しないためには、好きな人の気持ちをしっかり把握してアピールしていくことが大事です。

食事・飲みに誘う


男性は女性に比べると、子どもっぽく分かりやすいのが特徴です。好きな女性がいると、一緒の時間を作りたいという気持ちから食事や飲みに誘うこともあります。とにかく、一緒の時間を作って距離を詰めていきたいというのが本音です。二人きりの時間を作るためには、食事や飲みに誘う方法が手っ取り速いのも理由になります。一人か、二人以上かによっても変わり、一対一の場合は好きである可能性が高くなります。

食事や飲みに誘ってオッケーをもらえると、男性はそれだけで脈ありと勘違いします。好きな男性の誘いに乗るのはよいですが、恋愛対象ではない男性からの誘いに乗ってしまうと勘違いさせてしまうので注意が必要です。食事や飲みの誘いは二回目があるかどうかもポイントになります。2回目の誘いがある場合は、さらに脈ありと見てよいでしょう。

相手の趣味に興味を持つ

男性は女性のことを好きになると、その女性のことをすべて知りたくなります。女性が没頭している趣味がある場合は、その趣味に対して興味を持って会話に繋げることもあります。相手の趣味に興味を持つのは、自分と気が合うことをアピールしたい気持ちもあります。女性も自分の趣味のことを分かってくる男性がいたら、嫌な気持ちはしません。

男性は、相手の趣味に興味を持つことから距離を縮めることを目論んでいます。回りくどいように感じるかもしれませんが、女性に興味を持ってもらう方法としては有効です。好きな女性のことを知りたいという気持ち、一緒に趣味を楽しみたいという気持ち、恋愛のきっかけにしたいなど、さまざまな気持ちが入り混じっているのも特徴です。

▼ 関連記事

人に好かれるコツと恋愛を成功させるための心理テクニックまとめ

気になる人が出てくる夢の意味

もっと親しくなりたい気持ち

気になる人がいると、一日中ずっとその人のことを考えるようになります。好きという気持ちが大きくなってくると、夢にまで出てくるようになります。好きな人の夢を見る心理として、もっと親しくなりたいという気持ちの現れがあります。夢は自分の願望をそのまま映すことも多く、こんな風になりたいという思いが夢になるのです。

恋人関係になるには、今よりも親しくなる必要があります。親しくなる夢を見ることによって、付き合っているときのイメージもわきます。ちなみに、こんな風になりたいという気持ちから夢を見ることを願望夢と言い、夢のように上手くいかないことを逆夢と言います。好きな人とこんなことをしたいという気持ちの高まりが強くなると、叶わない気持ちを夢の中で満たすようになります。

予行練習

好きな人を夢で見る理由はいろいろありますが、その中の一つに予行練習があります。好きな人と付き合うことになった場合、どんな関係になるのか不安な気持ちもあります。夢で見ることによって付き合った時の感覚が分かり、予行練習にもなります。夢は見ようと思って見られるものではありません。しかし、好きと言う気持ちが大きくなると夢にも出てくるようになります。

好きな人が夢に出てくる場合に、その中では付き合っているという設定の場合もあります。夢は逆夢や願望夢だけでなく、未来予知も含まれます。近い未来に起こりそうなことを夢に見るのです。予行練習として見る夢は予知夢の一つです。夢を見ることで、より相手を意識するきっかけにもなります。好きな人の夢を見る意味は奥深いものです。

嫌われたら怖い

好きな人を夢で見る場合に、それが逆夢の場合は嫌われることへの恐怖心が影響している可能性もあります。好きな人に嫌われることの恐怖ほど大きいものはなく、不安が夢になることは少なくありません。恋愛に限らず、不安な気持ちを持っていると夢を見る機会は増えます。この場合、被害妄想であることも多く、実際は嫌われてないのに嫌われていると思い込んでしまいます。

嫌われているかもしれないと思うのは、防御反応の一つでもあります。告白してフラれたときのショックを緩和するためには、嫌われているかもしれない、ダメかもしれないと思っている方がダメージは少なくなります。もちろん、夢の世界の話しなので嫌われている夢を見ても実際とは違います。夢は夢として割り切って過剰にならないことも大事です。

男性が気になる女性にだけする質問

恋人がいるかどうか

男性は、好きな女性がいると恋人がいるかどうか気になります。そのため、好きな女性に対しては恋人がいるかストレートに聞くこともあります。男性は、女性の口から恋人がいないと言って欲しいと思いながら質問します。恋人の有無だけでなく、好きな人や気になる人がいないかどうかも興味深く聞いてくるのが普通です。好きな人がまったくいないという答えに対しては、好きな人がいないという安心感だけでなく、自分のことを全く意識してないのかというショックも覚えます。

そもそも、気にならない人に恋人の有無を質問することはありません。恋人の存在を聞くのは、下手するとセクハラだと言われるリスクもあるのです。そんな中、恋人の有無を質問してくるのは、少なからず好意があることを意味します。女性側も、少しでも付き合う気持ちがあるなら、恋人はいないけど少し気になっている人はいるなどのニュアンスで答えると男性に望みを持たせられます。

結婚願望の有無


大人になると、将来を見据えたお付き合いを意識するようになります。若い頃と違って結婚を意識した恋愛は多く、付き合う前に結婚願望を確認するケースもあります。結婚したいという気持ちがある場合は、付き合う人も同じくらいの温度でいることが条件です。気になっている女性がいる場合に、男性は結婚願望の有無を質問することがあります。付き合った後のことまで考えての質問で、かなり脈があると見てよいでしょう。

結婚願望の有無を質問するのは、男性でも勇気のいることです。誰にでも質問できることではなく、好きな人だからこそ聞いておきたいという思いがそこにはあります。もし、男性から結婚願望について聞かれたときは、好意を持ってもらっていると思って間違いありません。その好意にきちんと答えるのであれば、自分の結婚観を話すことをおすすめします。男性の質問には、意図が隠れているものです。何のための質問かということを掘り下げていきましょう。

休日の過ごし方


男性は、好きな女性がどんなことをして過ごしているのか興味があります。特に休日の過ごし方には興味があり、休日の過ごし方を聞くのは好きな女性に対しての質問でも特に多い内容です。男性が女性に休日の過ごし方を聞くのは、何をしているかだけでなく、デートに誘う口実を作ろうと考えている場合もあります。

たとえば、「休みの日は映画に行っている」と答えると、今度一緒に行こうと誘いやすくなります。男性が女性の休みの日の過ごし方に合わせてくる場合は、一緒の時間を過ごしたいと考えているものです。そもそも気になる女性以外の女性に、休みの日に何をしているかなんて聞く意味はありません。プライベートを詮索するのも失礼です。好きな女性だかこそ、勇気を出して休日の過ごし方を聞きます。

▼ 関連記事

鈍感な男性に貴女の「好きアピール」を気づかせる方法まとめ!

まとめ

いかがでしたか?男性と女性では、好きな人に対してのアプローチの方法は異なります。男性の方がストレートでピュアな行動が多く、女性は回りくどいアプローチであることが多くなります。男性からのアプローチに対して、女性は割と気付くものです。しかし、鈍感な男性は女性からのアプローチになかなか気付きません。

好きな人を振り向かせるコツは、とにかく行動して自分を印象づけることです。好きな人に嫌われたらどうしようという不安な気持ちがあって、なかなか前に進めない人もいます。しかし、行動しないことには何も始まりません。好きな人に振り向いてもらうためには、相手を思いやる気持ちも大事です。自分本位の恋愛は上手くいかないことを肝に銘じましょう。