歳の差恋愛のメリットとは?うまくいく場合のきっかけも紹介

恋愛に歳の差なんて関係ないというカップルは多くいます。年が離れているからこそ、上手くいくこともあるものです。女性が年上のパターンもあれば、女性が年下のパターンもあります。付き合う相手が年上か、年下かによっても関係性は異なってきます。長く関係を続けていくためには、自分が心地よいと感じることが大事です。

恋人と年が離れていて良いと思うこともあれば、年が離れているからこその悩みもあります。悩みの部分については、同じような状況にある人ではないと分かち合えないものです。悩みが不安になって、恋人との仲に亀裂が入ることもあります。今回は、歳の差恋愛をするメリットやきっかけ、付き合う上で気を付ける点など紹介していきます。

女性が年上の場合の歳の差恋愛のメリットって?

新しい交友関係が広がる

歳の差恋愛をすることによるメリットの一つに、新しい交友関係が広がることがあります。仕事ではいろいろな年齢層の人と接する機会があっても、プライベートだと付き合いの中心となるのは近い年齢層の人です。しかし、恋人の年齢が離れている場合は、その年齢層の人とプライベートで接する機会も増えます。近い年齢層の恋人だと、違う年齢層の人と接する機会は少なくなります。

新しい交友関係が広がることによって、生活に刺激を与えてくれます。年が上の人とのつながりになると、新しい知識を増やすことができ、年が下の人とのつながりになると流行の最先端を知ることができます。交友関係の幅を広げていくことによって、自分の感性を磨くことにもつながるのです。

守ってあげたくなる


女性が年上の歳の差恋愛のメリットとして、守ってあげたくなるメリットがあります。守ってあげたいという気持ちは母性から来るもので、頼られることが好きな女性に向いているパターンです。男性から頼ってもらうことで、自分に自信がつきます。守ってあげたくなる相手だと、恋愛のリードが女性側になるのも気持ち的は楽になります。

もちろん年下の男性が守る姿勢を見せるのも、かわいらしくて頼もしいと思うものです。
年上の男性だと、守ってばかりになるのに対して、年下の男性だと守るという立場を取ることができます。本当の意味でお互いが平等な関係になりやすいのも、年上彼女のメリットです。

若々しくいられる

女性が年上の恋愛パターンのメリットとして、若々しくいられることがあります。若くいることができるのは、年下の彼氏の刺激を受けるためです。恋愛では、お姉さんという立場になりますが、年下彼氏の周囲には若い女性もたくさんいます。その子たちに目移りしないかどうかは気になる要素です。常に危機感を持つことによって、若さを保つように努力します。年上彼女が若々しくいられる秘訣です。

若々しくいることで、年下の彼氏にとっても自慢の彼女だと思ってもらえます。実年齢と見た目の年齢のギャップには惹かれるものです。また若い年齢層には、どんなものが流行しているのか知ることもできます。いつまでも若々しくいたい女性にとって、年下の彼氏はいい刺激になります。

▼ 関連記事

近年増加中!40歳独身男性・女性ならではの見逃しがちな特徴って?

女性が年下の歳の差恋愛のメリットは?

甘えられる

女性が年下の歳の差恋愛だと、男性から見るとかわいい妹のような存在です。一般的には数才程度の差ですが、数十才以上年が離れていることも珍しくありません。どれくらい歳の差があるかによって、彼氏から見る目も変わってきます。また、30代の恋愛だと1才の差は大きくありませんが、学生の恋愛だと1才の差は大きくなるものです。このように、環境によっても歳の差が与える影響は変わります。

相手が年上の男性だと、心置きなく甘えられるメリットがあります。甘えられるより、甘える方が良いという女性は年上男性恋人の方が居心地よいでしょう。歳の差が大きくなるほど、より大らかな心を持って接してくれるようになります。若い女性がおじさんと恋仲になるケースも多いですが、甘えられることや安心感を求めているのです。

尊敬できる

恋愛で上手くいくコツは、相手を尊敬する気持ちを持つことです。長年付き合っているカップルは、パートナーに対して尊敬する部分を少なからず持っています。心から尊敬できることができれば、絆も深まり良い関係を作ることができるでしょう。年上彼氏の場合は、経験も多くしているので尊敬できるところがたくさんあります。年下だと、「年下だから・・・」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、年上だと素直に尊敬できるものです。

尊敬する姿勢を見せることで、男性も好きでいてくれます。男性は尊敬されることが嬉しい生き物です。素直に尊敬する年下の彼女と、それを励みに頑張る年上彼氏との相性は最高で、年下彼女のカップルが多い理由にもなります。もちろん尊敬するという気持ちを素直に持つことは大事です。

経済的に安定している

一般的に給料は年齢が上がるにつれて、少しずつ高くなっていくのが普通です。また、貯金額も年齢に比例して多くなっていくので、年上彼氏は経済的に安定していることが多いのも特徴になります。

年下彼女にとって、彼氏の収入が落ち着いているのは安心材料の一つです。結婚を考える女性からすると、お金がない若い男性よりも、少々年を取っていてもお金がある男性の方が安心です。経済的に安定している男性は、心も広く雰囲気が落ち着いているのも特徴になります。

歳の差恋愛をする男性の心理を教えて!

違う環境の人と付き合いたい

生まれてから社会人になるまで、基本的に近くにいるのは同じ年齢や近い年齢の人になります。同じような環境で生きてきているため、感覚も似通います。それがケンカの原因になることも少なくありません。人は、自分とは違うものを求めているものです。歳の差恋愛をしたいという気持ちの裏には、違う環境の人と付き合いたいという気持ちや違うものを持っている人と関係を深めたい気持ちがあります。

違う環境の人と付き合うことは、自分にとってもプラスになります。新しいことをどんどん吸収することができるので、生活に刺激を与えることができます。歳の差が離れているから許せることもあるものです。特に男性は、少々歳の差が離れていて気持ちが読めない方が安心できることもあります。

頼ってほしいと思っている


男性は、人から頼られることに喜びや生きがいを感じています。歳の差が離れている年下の彼女からも頼られたいという気持ちを持っているものです。これは守りたいという気持ちにもつながります。年が離れている彼女の中でも、天然やおっちょこちょいな彼女だと、さらに頼って欲しいという気持ちが強くなります。

「この子は放っておけない」「自分がいないとダメだ」と男性に思ってもらえる女性は男性の気持ちをくすぐります。また、年上が離れてしっかりした彼女でも、時折見せる弱さにグッときます。結局、年下の彼女でも年上の彼女でも頼られたいと思っているのです。年が近すぎると、感覚も近いのでそこまで気持ちが及ばないこともあります。

女性をリードしたい

恋愛は、主導権争いも起こります。どちらが主導権を握るかとなった場合に、女性をリードしたいと考える男性は多くいます。年齢が近いと、お互いに主導権を取り合おうとするので関係が上手くかみ合わないことがあります。年が離れている彼女だと、どうなるでしょうか?

年下の彼女の場合だと、年齢の関係から主導権を握ってリードしやすい立場になります。ぐいぐい引っ張って欲しいと思っている女性は多いので、関係性も成り立ちます。一方で、年上の女性も男性を立てようとします。女性をリードしたいという気持ちを汲みとり、男性がしたいようにできます。この場合、手の平で転がしているような感じになります。

▼ 関連記事

男性ウケする!絶対外さない女性の下着の色ランキング

歳の差恋愛をするきっかけってなに?

趣味の習い事

歳の差恋愛は、年の離れた異性と出会うことから始まります。普通に生活をしていて、年の離れた異性と出会う機会はなかなかありません。歳の差恋愛のきっかけとしてあるのが、趣味の習い事を通じて知り合うケースです。習い事には、さまざまな年齢層の人がいます。チームを組む習い事だと、話す機会も多くなるので恋愛に発展する可能性も出てきます。

趣味を通して知り合った恋愛は、長く続きやすい特徴があります。これは価値観が似ていることが理由です。年が離れていても、価値観がまったく違うと上手くいきません。趣味が同じということは、少なくとも興味の対象が似ているわけです。カップルになった後も、共通に趣味を楽しむことができるメリットがあります。

職場の上司・部下


歳の差恋愛のきっかけとして、職場恋愛があります。職場は仕事をするための場ですが、社会人になってからもっとも異性と交流する機会が多い場です。職場の関係性によっても変わりますが、上司と部下の関係は恋愛に発展しやすい関係になります。仕事の相談をしているうちに仲が良くなるケースも少なくありません。

職場の上司と部下は歳が離れていることも多く、最初のうちはお互いに恋愛対象と見てない場合がほとんどです。関係が深くなり、お互いの素が見られるようになってくると気持ちは惹かれ合うようになります。職場恋愛は、別れた後の関係が面倒なデメリットがありますが、それ以外は好きな人と一緒にいられる時間も長くなり、仕事の相談もしやすいメリットもあります。

お見合い

昔のお見合いと言えば、親族との顔合わせから始まるというのが流れでしたが、今は結婚相談所や婚活サイトを利用して気軽にお見合いができるようになっています。近年、歳の差婚が流行していることもあって、お見合いでも歳が離れた相手を探す人が増えています。お見合いは、結婚を意識していることや付き合うことを前提に会ってくれているのがメリットです。お互いの気持ちが合えば、そのまま恋愛に発展します。

お見合いからの出会いは、お互いがまったく知らない関係性から始まるので、新鮮さがあります。結婚相談所などを利用する場合は、タイプの人を紹介してくれるので気が合いやすいのもメリットです。もちろん歳の離れた相手を希望している場合も、要望に応えてくれます。

歳の差恋愛がうまくいくコツが知りたい!

ガツガツしない

歳の差恋愛を成功させるためには、相手に対して思いやりや気遣いの気持ちを持つことが大事です。特にガツガツしないことは大切で、ガツガツしている姿を見せてしまうと相手に引かれてしまう可能性があります。これは自分が年上の場合も、年下の場合も共通して言えることです。歳の差の前に、大人の恋愛にガツガツした感じはあまり良くありません。

年下の彼女だと、年上の彼氏に甘えやすいでしょう。しかし、甘えるのとガツガツするのは違います。恋愛に焦っているような雰囲気を出してしまうと、新鮮さが無くなってしまいます。ガツガツしない姿勢は、余裕があることのアピールにもつながります。

結婚観を早めにすりあわせる

歳の差カップルは、結婚を意識する機会も多くなります。特に結婚適年齢期を気にする場合は、年上側は結婚観を早めにすりあわせておきたいと思うものです。お互いに結婚する気が一切ないなら話は別ですが、結婚したいという気持ちが少しでもあるなら真剣に話しをしておきましょう。

歳の差カップルは、親の反対を受けることもあります。そうした不安は早めに取り除くことが大切で、早め早めの行動や対応は長く関係を続けていくための秘訣です。結婚になると話しは重いと感じるかもしれませんが、大人になってからの恋愛には付いて回るものです。

お互いの話をよく聞く


歳の差恋愛でやってはいけないのは、リードしている側が話しを聞かないことです。たとえば、年上男性だと年下彼女をかわいいと思っていますが、口答えされることは気に入りません。甘えるときは甘えて、話し合うときはしっかり話し合える関係が上手くいく関係です。

何でも言える関係になるためには、お互いが認め合うことも大事です。年が離れていると、「年が離れているから・・・」が言い訳になってしまいます。恋愛に年齢は関係ないというのは、こういう部分にも言えることなのです。一方通行にならないためには、お互いが話し合える時間を作るのもよいでしょう。

▼ 関連記事

キスしたい男性の心理って?上手く誘える魅力的な女性の秘訣

まとめ

いかがでしたか?歳の差恋愛のメリットは、違う年齢の人と関係を持つことによって視野が広がることにあります。また、年齢が違うことによってお互いの立場がはっきりするので、甘えやすくなることや甘えてもらいやすくなります。歳の差恋愛で上手くいっているカップルは多く、今は一回り以上離れている年の差カップルも珍しくありません。

歳の差恋愛で気を付けるのは、一般的な恋愛と同じでお互いが思いやりの気持ちを持って接することです。年が離れていることを言い訳にすることがありますが、言い訳にするのはよくありません。それ以上の絆で結ばれているという気持ちを大事にしましょう。