誰だって可愛くなりたい!美人を目指す方法を教えて〜

女性なら、誰だって可愛くなりたいものです。可愛くなりたいという気持ちがあっても、テレビに出ている女優さんやモデルさんを見ていると、かえって自信を無くしてしまいます。誰もが認める超可愛い女性になるのは容易いことではありません。しかし、可愛くなりたいという気持ちを持ち、努力すれば理想の自分に近づくことができます。

可愛くなるためには、さまざまな方法があります。服装やメイクを変えるのも有効ですが、表情を意識して変えていくのも有効です。顔のパーツが整っているだけでは、可愛い女性になることはできません。女性の可愛さというのは内面から出てくるものも大きいのです。ここでは、可愛くなりたい女性に可愛くなる秘訣や美人になる方法を紹介していきます。

可愛くなりたいと思う人がなりたい顔づくり

いつも口角をあげる

女性が可愛くなるためには、顔づくりを意識することが大事です。パーツを変えるのではなく、パーツを上手に使っていきます。たとえば、口角を上げる意識をするのも有効な方法です。口角を上げることによって、自然に笑顔を作ることができます。可愛い女性を思い浮かべたときに、にこにこしているイメージがありますよね?口角を意識するだけで、表情は簡単に変えることができます。

口角を上げることによって得られるのは、笑顔になる効果だけではありません。周辺の筋肉を使うことによってアンチエイジングの効果も期待できます。美肌、美顔に対しての効果も高く、口角を上げるクセをつけるだけで大きな変化が期待できます。ただし、効果を実感するまでには時間も要します。すぐに効果が出るわけではないので、継続を意識することが大事です。

目を三日月にする

女性が可愛いと思ってもらうための方法に、目を三日月にする方法があります。三日月のように見える目は、周囲から見ると表情が豊かで楽しそうな雰囲気です。また明るさに加えて、親しみやすさも感じるため、話しやすくなります。可愛い女性の特徴は、誰でもフレンドリーに話しやすい雰囲気を持っていることです。

三日月目の作り方は、口角をぎゅっと上げて目が三日月になるのを心がけることです。目元の筋肉をほぐすことによって三日月目は作りやすくなるため、目元のマッサージを行うのもポイントになります。鏡を見て確認しながら行うと分かりやすいでしょう。三日月目ができるようになると、目が笑ってないと言われることも少なくなります。メイクで三日月目を作ることもできるので、慣れないうちはメイクでカバーするとよいでしょう。

フェイシャルマッサージをする

可愛く見せるポイントは顔にあります。顔を隠してみると分かるように、人の可愛らしさや見た目に影響しているのは顔です。フェイシャルマッサージは顔に特化しているマッサージですが、可愛く見せるための方法にもなります。フェイシャルマッサージはエステサロンで施術を受けることができます。プロのエステティシャンなら、なりたい顔に近づけるよう施術をしてくれます。

サロンに通うとお金がかかるので、費用面で難しいという場合は自分でフェイシャルマッサージをする方法もあります。その中でもおすすめなのが、顔リンパマッサージです。人差し指と中指を使って、おでこからこめかみに向かって柔らかく押さえる感覚でマッサージをしていきます。1日に3回程度するのがおすすめで、効果を実感するためには続けることが大事です。顔のラインを少しシャープにしたいなど、小さな目標を持つと続けやすいですよ。

小顔エステって実際何するの?料金の相場や気になる注意点など!

化粧品コーナーで相談する

可愛くなるための顔づくりは、メイクが基本になってきます。可愛いメイクをすることが、可愛くなる秘訣ではありません。自分の顔に適したメイクをすることが、可愛くなるためのコツです。自分では、なかなか自分に適したメイク法が分かりません。そこでおすすめするのが、化粧品コーナーを利用してスタッフに相談することです。相談に乗ってくれるスタッフはメイクのプロなので、可愛くなるためのアドバイスをくれます。

相談するときは、どんな顔になりたいのか希望を伝えましょう。多くのお店で、体験することができるので、実際にメイクをしてもらって希望通りの顔になるか確認することをおすすめします。メイクは年齢によっても少しずつ変えていく方が良いので、同じメイクで通すのではなく定期的に見直すこともおすすめします。トレンドを入れつつ、自分らしさは残しましょう。

女子が「可愛くなりたい」と思うパーツ

女性の可愛らしさを引き出すのは目です。一般的に言われている可愛い目は、大きな目にくっきり二重です。日本の女性は一重で目が細い人も多く、目にコンプレックスを持っている人はたくさんいます。目を可愛くする方法は、手術をする方法や化粧をする方法、アイプチをする方法などさまざまです。

また、カラコンを入れるのも可愛い目をアピールするために有効です。特にブラックやブラウン系のカラーであれば、仕事にも影響が少なく可愛い目の演出に一役買ってくれます。気を付ける点は、派手なメイクにならないことです。派手すぎると、可愛いレベルを通り越して引かれる原因になります。友達の反応なども見ながら自分にあった目を見つけていきましょう。

可愛い女性の特徴の一つに、思わずキスをしたくなるような唇があります。プニプニして柔らかい感じの唇、濡れたように艶がある唇などは、男性が可愛いと思う唇です。反対にカサカサして乾燥している唇やゴツい唇は可愛らしさから遠のいてしまいます。唇を見ている男性は意外と多くいます。

可愛い唇を作るためには、口紅を使うことやグロスを使うのがおすすめです。ただし、口紅やグロスは塗り過ぎてしまうと逆効果になるので注意しましょう。また、唇が薄いことにコンプレックスを持っている女性もいますが、男性人気は意外と高いです。上品なイメージやクールなイメージがあるからです。可愛いというイメージから少し離れますが、ギャップをつける上で有効になります。

輪郭

女性の可愛いを決める要素の一つに、顔の輪郭があります。顔のパーツが与える影響も大きいですが、輪郭が与える影響もなかなか大きいです。可愛い顔の輪郭の特徴は、丸顔になります。丸顔をコンプレックスと思っている女性は少なくないですが、可愛い顔は男女問わず可愛く見えます。丸顔の女性は丸くて優しいという印象も与えるため、内面のフォローにもなります。

一方、シャープなラインの輪郭は可愛いというよりもキレイ、美人のタイプが多くなります。美人ではなく、可愛いと言われたい!という女性には、髪型でカバーすることをおすすめします。たとえば、ゆるやかなパーマをあてることによってボリュームが出て、輪郭のシャープさをカバーします。

可愛くなるための心がけ

自分を信じる

可愛くなるためには、どうすればいいでしょうか?女性の多くが関心を持っていることです。可愛い女性になるために、美容やファッションに力を入れる女性も多くいます。見た目を変えることは、目に見えて周囲の反応が変わるので分かりやすい特徴があります。しかし外見を変えるだけの可愛さだと、内面から出てくる可愛さは感じられません。本当に可愛い女性というのは外面以外の可愛さもあります。

可愛くなるためには、自分を信じることも大事です。自分は可愛くなれるという気持ちを持つことによって、モチベーションの維持にもつながります。可愛くなるためには、モデルとなる可愛い人がいるものです。目標となる人がいることで、さらに可愛くなるための努力をする気持ちが湧いてきます。こうした意志の強さは、内面の可愛さも引き出してくれます。自分を信じましょう。

誰にでも礼儀正しくする

日本は礼やマナーを重んじる国です。見た目が可愛くても、礼やマナーができてないだけで可愛い女性として見てもらえなくなります。また、人によって態度を変える女性も周囲から良い目で見られていません。可愛さだけで人を判断しないのが、日本のいいところでもあります。ただし完璧な礼儀が必要なわけではありません。最低限の礼儀だけで十分です。

誰にでも礼儀正しくする一例として、挨拶があります。会社で例えると、上司にだけ明るく挨拶をして部下に無愛想な態度を取る女性は可愛くても嫌われます。挨拶はコミュニケーションの基本ですが、意外と平等にできている人は多くありません。当たり前の挨拶をしっかりするだけで、周囲からのポイントはアップです。そこに笑顔があれば、可愛いという印象を持ってもらえるきっかけになります。

鏡に写った自分をじっくり見る

自分の顔を客観的に見ることはむずかしいので、可愛いと思われているかどうか判断することは困難です。しかし、じっくり鏡を見るクセをつけることで自分の可愛さの欠点が分かるようになります。ここを改善した方がいいなど、具体的な改善策も見えてきます。また、鏡を見ることによって自然と見られている意識がついてくるようになります。見られることで人はどんどん可愛くなるのです。

これは芸能人がどんどんキレイになっていくのと同じです。芸能人は人に見られていることを意識するので、自分磨きを自然と行うようになります。同じような状況を日常で作るためには、鏡を見る習慣を身に付けることが近道です。メイクする時だけでなく、トイレに行ったとき、お店に入ったとき、いろいろなシーンで自分の顔と向き合いましょう。

ダイエットに取り組む


可愛くなるための有効な方法に、ダイエットがあります。ダイエットは体重を減らすためのものですが、スリムアップすることで可愛さもアップします。ダイエットの方法には食事制限や運動などがあります。可愛く痩せるなら、運動をメインにして食べることは我慢しないのがおすすめです。食事制限をすると美容成分が体に入らなくなり、シミやシワなどが増える原因になります。

また過度なダイエットは可愛さを半減してしまいます。可愛いと言われている女性は、細身の女性より少し体格がよい女性です。痩せすぎると、きついという印象を与えることになるので注意しましょう。ダイエットにストレスはつきものですが、ストレスを大きく感じる場合はダイエットを控えましょう。ストレスは表情を曇らせます。

15キロを目指して健康的に痩せるダイエット法

可愛い雰囲気の女子になるための方法

理想像を決める

可愛い雰囲気の女子は、目標とする女子がいるものです。理想像を決めることによって、具体的な目標設定ができます。可愛くなるためには、人一倍努力も必要です。努力をする気持ちがあっても、漠然と可愛い女性になりたいという目標だけだと不十分になります。雑誌で活躍しているモデルやテレビで活躍している女優さんを目標にするのもいいですが、それよりは達成しやすい身近な人の方がよいでしょう。

理想を高く持つことは、より自分の可能性の上限を広げることになります。一方で、高すぎる理想は諦めのきっかけにもなります。最初のうちは高い理想を持つよりも、実現できる範囲の目標を立てることがおすすめです。成功事例を重ねていくことで、大きな目標や理想にも少しずつ近づいていくことができます。また、可愛くなって「○○の服が着たい」など目標に具体性を持たせると現実味が増すのでおすすめです。

アファメーションをする

可愛くなるためには、自分を信じる気持ちを持つことが大事です。自分に否定的ではなく、肯定的なスタンスを取ることも必要になります。このように自分自身に対する肯定的な宣言のことをアファメーションと言います。

アファメーションのコツは、現実感があることを意識することです。たとえば、可愛くなって彼氏が作りたいのは現実的ですが、可愛くなって女優になりたいのは非現実的になります。もし、女優を目標にするならそこに至るまでにアファメーションできる細かい目標設定が必要です。

アファメーションをする場合は、現在形を絡めることが大事です。「キレイになりたい」と言うのは願望ですね。これを強引に肯定的な現在形にするなら、「私はキレイだ」になります。自分はキレイであると気持ちに言い聞かせることが大事で、言い続けていると自然と言葉通りの自分になっていくものです。

可愛い自分に常になりきる


可愛い女性の中には、本当に自分が可愛いと思っている女性も少なくありません。このような女性は可愛い自分のキャラを作ってなりきっています。可愛い自分になりきることによって、可愛くなるための努力を自然と行うようになります。たとえば、表情や声、言葉遣いなどは意識して可愛くします。

最初のうちは、可愛い自分になりきることに抵抗があります。周囲からぶりっ子だと思われるのも避けたいところです。しかし、実際に可愛い自分になりきってみると意外と気持ちよく感じます。自分が望んでいる姿になるわけなので、当然と言えば当然です。大切なのは吹っ切って行動に移すことになります。行動に移すことが恥ずかしいなら、まずは気持ちの中からキャラを作っていくのでも大丈夫です。

可愛くなりたい女子のNG行動

夜遅くまで起きる

可愛くなりたい女性が絶対に避けたいことの一つに、夜更かしがあります。忙しい日々の生活だと、夜更かしは避けられないという女性もいます。夜更かしがダメなのは、体内時計が乱れてしまうためです。体内時計がリセットされず、1日が始まってしまうことによってストレスが溜まりやすくなり、肌への影響が大きくなります。特に年を重ねてくると肌への負担は目に見えるほどの影響になるので注意が必要です。

また睡眠不足は目力の低下を促進します。可愛い女性の目はイキイキしているものです。目に力が入らなくなり、周囲から見ると怠そうな目に見えてきます。メイクをしていてもカバーすることができず、寝不足の疲れから笑顔の回数も減って無愛想な印象を与えることもあります。忙しくても睡眠は、できるだけ意識して取るようにしましょう。せっかくの努力が睡眠で台無しになるのはもったいないです。

ジャンクフードばかり食べる


可愛い女性になるためには、食事にも気を付けなければなりません。特にジャンクフードばかり食べている女性は、可愛くなるための努力をしていても食が効果を台無しにしている可能性があります。バランスの取れた食生活を心がけることが大事で、特に野菜や果物などは多く摂取するとよいでしょう。

ジャンクフードは健康や美容面の問題だけでなく、太りやすい体にしてしまいます。太るのは簡単ですが、痩せるのは難しいものです。特にダイエットに苦戦している人は、太ってから痩せることを考えるのではなく、太らないことから考える必要があります。食の管理をしっかり行って、理想の体を作っていきましょう。

鏡を見ない


可愛い女性は、常に鏡をチェックしています。鏡を見て、メイクや髪型の確認をしているだけでなく表情も確認しています。可愛くなるためには、口角を上げることや三日月目にするのがポイントでしたね。これらは意識していると作ることができますが、意識してないと忘れてしまいます。鏡を見ないと、当然ながらチェックする機会を失ってしまいます。

鏡を見るクセをつけることは、どんな風に見られているか自分で確認する機会にもなります。もちろん鏡越しにみる自分と、周囲が見ている自分はイメージが異なります。しかし、見られているという意識を再認識することは、可愛くなるための努力を怠らないきっかけにもなるのです。可愛くなりたいという気持ちがあるなら、鏡を見る習慣をつけましょう。

人の意見を聞かない

人の意見に耳を傾けない人は、それ以上の成長がない人です。可愛くなりたいという気持ちがある場合に、アドバイスをくれる人がいるなら恵まれている環境になります。しかし自分なりの目標や目指すものがある人からすると、周囲のアドバイスは邪魔に感じるものです。アドバイスを聞いて、それを取り込むことが大事なのではありません。人の意見に耳を傾けて考えられる柔軟性が大事なのです。

自分のことは自分が一番分かっているつもりです。しかし自分が可愛いと思っていても、周囲から見る目と自分が見る目は異なります。可愛くなるためには、客観的に見てアドバイスをしてくれる人の存在が貴重です。耳を傾けることで、自分では気付かなかった欠点に気付けることもあります。人の意見には耳を傾けましょう。

スマホをいつもいじっている


スマホをいつもいじる女性に対して、不快に思う人は友達でも恋人でも多くいます。可愛くなりたい女性は不要なスマホいじりはしない方がよいでしょう。スマホをいじっているときは、基本的に無表情です。どんな可愛い女性も、無表情でスマホを見つめている姿は可愛くありません。無意識に見せる表情に、どん引きしている人もいます。

スマホをいじるのは、必要なときだけにしましょう。せっかく可愛く着飾っても、スマホをいじることが原因で素の表情を見られるのは避けたいものです。可愛くいるためには、隙のない姿勢を見せることも意識しましょう。可愛い女性は、隙がありそうに見えてないものです。

まとめ

いかがでしたか?誰だって努力次第で可愛くなることはできます。可愛くなるためには、努力をしなければなりません。女性はメイク、服装、髪型に力を入れるだけでも、表面上の可愛いはアピールすることができます。しかし、可愛い女性が持つ独特の雰囲気やオーラは外面だけでは説明することができません。内面から来る可愛さも関係しています。

可愛くなるためには、表情の作り方、生活習慣を改善する、マナーに気を付けるなど、日常生活で気にかけるポイントがいくつもあります。最初のうちはすべて気を付けるのが難しいと感じても、慣れてくると日常の一つとして溶け込んできます。一気に変える必要はないので、少しずつ内面と外面から可愛い自分を作っていきましょう。