魅力がいっぱいのシャイボーイとお付き合いするのはどうすれば良い?

男性の前だと明るいのに、女性の前になると急に無口になるシャイボーイ。そんな可愛らしさもあるシャイボーイにハマる女性が増えています。ガツガツした男性が苦手な女性からの人気が特に高く、草食系男子を代表するタイプです。

気になるシャイボーイがいる場合に、向こうからアタックしてくる可能性は限りなく低いと見てよいでしょう。交際するなら、自分からどんどんアピールしていくことが大切です。シャイボーイは女性に慣れてないので浮気することも少なく、安心してお付き合いすることができます。今回は、そんなシャイボーイの魅力や付き合い方のアドバイスを紹介していきます。

シャイボーイの特徴とは

女性慣れしていない

シャイボーイの特徴として、女性慣れしてないことがあります。男子校出身で女性と話す機会が少なかった男性もシャイボーイになりやすい特徴があります。この場合、女性に興味が無いのではなく、女性に興味があってもどう接したらいいのか分からないのが本音です。

女性慣れしてないシャイボーイは、リートして上げると交際に発展しやすい特徴があります。女性側がどれだけ積極的になるかによって二人の関係性は代わります。また付き合って慣れてくると性格が変わってくるのも女性慣れしてないシャイボーイの特徴です。

ほとんどしゃべらない

シャイボーイは女性を目の前にすると、上手くしゃべることができません。中には、女性からの問いかけに反応することもできない男性がいます。しゃべるのが嫌なのではなく、何を話していいのか分からないというのが本音です。感覚的には、異国の地に行って外国人と話しをしているような感覚です。それくらい緊張を伴います。

もちろん、寡黙な男性もいるのでしゃべらないからと言ってシャイボーイとは限りません。同性の前だとどんなしゃべり方になるかによって、寡黙とシャイボーイを見分けることができます。シャイボーイは同性の前だと元気にしゃべります。

生真面目

シャイボーイは生真面目です。恋愛しても裏切られることが少ないので、安心して付き合いたい人におすすめします。生粋のシャイボーイなら、ラブホテルに行っても向こうから手を出してくることは一切ありません。相手のことを尊重しているためで、言い方を変えると受け身のスタンスです。

生真面目な男性は争いごとも嫌いです。傷つけてしまったらどうしようという不安な気持ちも持っています。心穏やかに過ごしたいと考えているので、激しい気質の女性を苦手に感じています。逆に心優しい女性に対しては心を開きやすい特徴もあります。

シャイボーイの恋愛パターン

自分から誘えない

シャイボーイは自分から女性を誘うことが苦手です。誘いたいという気持ちが無いわけではありません。どうやって誘っていいのか分からない、誘って断れたらどうしようという気持ちを持っています。自分から誘うことができないため、誘って欲しいという受け身の気持ちでいます。

自分から誘うことができないのは最初のうちだけで、慣れてくると自分から誘うシャイボーイもいます。石橋を叩いて歩くような男性が多く、慎重さゆえに誘うことができないこともあります。女性からさりげなく誘ってみて、反応が良かった場合は待っていたことが感がられます。

目を合わせるのが苦手

シャイボーイは目を合わせることが苦手です。人との会話の基本は目を見て話すことなので、女性の中には基本ができてないと思う人もいます。目を合わせるのが苦手なのは緊張することが理由です。仕事では目を合わすことができても、プライベートになると目を合わせることができない男性もいます。

目を合わせることが苦手な男性に対して、ずっと目が合うまで見つめるという裏技もあります。それだけで心が虜になるくらい、シャイボーイは女性に影響されます。また好きな女性だからこそ、目を合わせることができないものです。そんな反応も可愛らしく思えてきます。

女性にリードしてほしい

シャイボーイは、基本的に主導権を握る気がありません。むしろ女性にリードして欲しいと考えています。シャイボーイは好きな女性に嫌われることが辛いので、好きなようにして欲しいという気持ちがあるからです。男性に振り回されたくない女性とは、相性ピッタリです。

シャイな男性とのline

lineだけ饒舌

シャイボーイの中には、実際に会っていると話しをほとんどしないのにlineになるとやたら絵文字やスタンプを使ってくる人もいます。これは会って話をすることができない代わりとしての意味も大きくあります。会っているときは、自分の気持ちを伝えることができないので、その気持ちをlineでぶつけているのです。

Lineだけ元気な人だと思っても、そこは心を広く持って受け止めてあげましょう。どうにかして、貴女に気持ちを伝えようとしているのです。会っても電話でも気持ちが伝えられないシャイボーイにとって、lineは唯一気持ちを伝えられる場になります。

既読スルーを気にする


シャイボーイは自分からアクションをほとんど起こしません。これは自分が傷付かないようにするためと、相手を傷つけないようにすることが理由です。そんなシャイボーイは、lineの既読スルーに敏感です。既読スルーされると、何か悪いことをしたのか必要以上に考えます。それを本人に聞くこともできず、いつまでもヤキモキした気持ちで過ごしています。シャイボーイは女性が思っている以上に、ピュアで気にする性格の持ち主です。

シャイボーイと付き合うためには

積極的に食事に誘う

シャイボーイと付き合うコツは、心を開かせることです。二人きりになる時間を作って相手の話しを引き出していきましょう。二人きりの時間を作るおすすめの方法は、食事に誘うことです。一回の食事だけで心開いてくれるとは限らないので、何度か食事に誘って二人の時間を増やしていきましょう。

食事を重ねるうちに、向こうから話しを始めるようになると心開いてきたサインです。もし話しをしているなら、話しを折らないように耳を傾けてあげましょう。それだけでシャイボーイは自分のことを分かってくれたと喜ぶものです。

同じ趣味を持つ

シャイボーイと会話を弾ませるためには、同じ趣味を持つことをおすすめします。自分の趣味をしっかり持っているなら、話しが苦手でも趣味のことなら語ることができます。趣味の話をきっかけに話しやすい雰囲気を作っていくことで、関係性を深めていくことができます。また、シャイボーイの趣味にどっぷり浸かるのではなく、たしなむ程度がちょうどいいでしょう。

ホメて伸ばす

シャイボーイは自分に自信がない場合がほとんどです。自信がないから自分から話しかけることやデートに誘うことができません。シャイボーイに積極的になってもらうためには、自信を持ってもらうのがポイントです。その方法としておすすめなのは、ホメて伸ばすことです。

シャイボーイは褒められると、自分が肯定されたいという気持ちになります。女性にホメてもらえることは、同性にホメられる以上に嬉しいものです。小さなことでもいいので、どんどんホメて上げましょう。また、ホメられた部分は伸ばすように努力もします。

まとめ

いかがでしたか?シャイボーイは女性のことを大切に考えている男性でもあります。シャイボーイははっきりしない態度を取ることも多いので、もどかしい気持ちを持つこともあります。しかし女性を傷つけたくないという気持ちがそこにあるのを考えると、大抵のことは許せるはずです。

シャイボーイと打ち解けるまでには時間がかかります。しかし、打ち解けて恋愛に発展すると長くいい関係を続けることができます。気になるシャイボーイがいる場合は、待つのではなく、自分からどんどん動いてアピールしていきましょう。それが恋愛への近道です。