遠距離片思いを確実に実らせためのコツとは?診断方法もご紹介!

恋愛にはさまざまな形があります。会いたいときに、すぐに会うことができない恋愛が遠距離恋愛です。遠距離恋愛は最初から距離が離れているパターンだけでなく、付き合う中で遠距離になるケースもあります。進学や就職のため県外に引越しして遠距離になるのも珍しくありません。また恋愛関係になく、片思いで遠い地の人に恋をしていることもあります。

遠距離恋愛はすぐに会うことができないデメリットがあるものの、目の前の仕事や学業に専念したい人にとっては心の支えにもなります。遠距離片思いを実らせて、深い関係になって生涯のパートナーになるパターンもあります。ここでは、遠距離片思いを実らせるためのコツや診断方法の紹介をしていきます。

女性が遠距離片思いをするパターン

どちらかが転勤になった

女性が遠距離片思いをするケースとして多いのは、転勤になって遠方に行ってしまう場合です。一緒についていくという方法もありますが、仕事をしている以上は環境を簡単に変えることはできません。これまで順調な付き合いだった二人にとって、転勤をきっかけに距離が空いてしまうのは大きな試練です。

仕事なので仕方ないという気持ちがあっても、心の中ではさみしい気持ちが溢れてくるものです。遠距離になることで関係が終わってしまうことへの不安だけでなく、自分自身が気持ちを保ち続けることができるのかも不安になってきます。新しい環境に慣れるまでには時間がかかり、相手に対する気持ちが無くなりやすいタイミングにもなります。

SNSやブログで知り合った


今はインターネットを通じて、リアルタイムで世界の人たちと繋がることができます。SNSやブログなどのサービスの普及によって、同じ趣味の人と知り合うことやそこから恋愛に発展するケースもあります。遠距離恋愛で片思いするパターンの一つもなります。他の遠距離恋愛と違うのは、最初から遠距離である点です。途中から遠距離になるわけではありません。

SNSやブログを通じて知り合うように、会うことより知り合う方が先行していると会うことが一番のハードルになります。この場合、会いたいという気持ちだけでなく会って想像と違っていたらどうしようという複雑な気持ちも伴います。遠距離片思いのままでいた方が幸せだと感じる場合もあります。

遠距離片思いの男性へのアプローチのコツ

毎日連絡を取る

遠距離片思いの恋を実らせるために、欠かせないのが日々の連絡です。一度連絡を取らなくなってしまうと、少しずつ連絡と連絡の間隔が広がります。最終的に連絡しなくなって関係が自然消滅してしまうことも少なくありません。毎日こまめに連絡を取るのが、遠距離恋愛を成就させるためのコツです。とは言っても、毎日連絡することがないという人もいます。

連絡の内容は、挨拶だけでも十分です。無理に話題を作ろうとすると、息苦しくなってしまいます。毎日連絡を取っても苦痛に感じないことが大切なので、話題はむしろ軽いくらいの方がよいでしょう。続けることがポイントで、寝る前や起きた後などリズムが作りやすいタイミングで連絡するのもおすすめです。

イベントにプレゼントを贈る


遠距離片思いを実らせるためには、プレゼントを送るのもコツです。相手の誕生日にプレゼントを贈るのはもちろん、クリスマスやハロウィンなどイベントのときにプレゼントを贈るのもよいでしょう。プレゼントをもらう側も特別感があります。プレゼントの内容は凝ったものではなくても構いません。内容よりもプレゼントするという行為の方が大事です。

またプレゼントで高いものをもらっても、気を遣わせるだけです。それよりは、安くても気持ちが込めっている方が嬉しいものです。イベントごとにプレゼントをあげていると、次にその季節がやってきたときに思い出します。片思いの相手には、特別な人と思ってもらうことが最初のハードルです。気持ちを成就させるためにも積極的に行動しましょう。

できるだけ会いに行く

遠距離片思いの彼に会いたいという気持ちがあっても、会いに行くのは重たいと思われてしまわないか不安になる気持ちもあります。気になっている女性なら遠くから会いに来てくれることに嬉しい気持ちしかありません。そこまで好きという気持ちがなくても、アイに来てくれたら素直に嬉しいと思うものです。会いに行きたいという気持ちがあるなら会いに行った方がよいでしょう。

気にするべきポイントは、会いに行く頻度です。付き合ってもないのに、頻繁に会いに行くのは気を遣わせてしまう可能性もあります。それが嬉しいという男性もいるので、相手の反応を見ながら考えることが大切です。もし好意を持ってくれるなら、男性側から会いに来てくれるという声も出てきます。まずは自分の気持ちに正直になって行動しましょう。

遠距離片思いから両想いにするためには

焦って告白しない

遠距離片思いで気を付けるポイントは、焦って告白しないことです。好きという気持ちをストレートに伝えたいのは自然なことでしょう。告白して相手からオッケーの返事をもらうことができれば、そこからお付き合いはスタートします。しかし遠距離というハンデがある以上、告白に失敗してしまうと次のチャンスが無くなります。

告白するタイミングはしっかり見極めることが大事です。何度も連絡を重ねて、会っていると相手の気持ちも少しずつ分かります。告白して大丈夫そうな感じがするなら、その時が告白のタイミングです。また男性側も好きと言う気持ちがあっても、遠距離に不安を感じて一歩を踏み出せないこともあります。焦らせてしまうとプレッシャーにもなるので、時間をかけて関係を成熟させましょう。

重い女にならない

遠距離片思いでは、重い女にならないように気をつけましょう。重い女というのは、束縛が激しいことや頻繁に連絡をしてプライベートの邪魔をしてくる女性のことを指します。好きだから気になるという気持ちは分かります。しかし、それ以上に大人だから相手のこともしっかり考えて欲しいというのが男性の気持ちです。

遠距離恋愛では、体の距離がそもそも空いています。それを埋めるために、気持ちの距離を詰めようという女性の気持ちは自然です。しかし、遠距離だからこそ気持ちもほどほどに距離を取る方が関係は上手くいきます。重い女にならないためには、相手の気持ちを尊重することが大切です。

lineだけでなく電話をする

lineを使って気持ちを伝える人もいます。言葉ではなく、文章で伝えることができるので、思ったことをそのまま伝えられるのはメリットです。しかし、受け取る側から見るとlineをもらっても、そこまで嬉しい気持ちにはなりません。後から「酔って間違って送った」など言い訳ができるのも良いとは思いません。

気持ちをしっかり伝えるなら、電話で伝えることをおすすめします。文字と声では、相手に伝わるものが全然違ってきます。せっかく好きになって片思いをしたなら、後悔ないように気持ちを伝えましょう。電話だとlineに比べて緊張しますが、残るものも大きいです。どんなことを伝えるか、しっかり考えてから電話しましょう。

はっきり告白する

遠距離片思いは、好きな人が近くにいる場合に比べると辛いです。これは、好きな人を見ることができないためで、新しい恋人ができているかなどの不安もあります。いつまでもモヤモヤとした気持ちを持つのが嫌なら、はっきり告白するのも方法の一つです。告白してフラれても、ストレートな告白だと吹っ切れるのも早くなります。

告白の仕方は、直接会って告白する方法もあれば、電話で気持ちを伝える方法もあります。遠距離だと会いに行くのは難しいかもしれません。しかし一生に一度のことだと腹を括り、会いに行って告白するのも方法の一つです。結果がどうあれ、好きだという気持ちは一番伝わるでしょう。

遠距離片思いが脈ナシの診断方法

相手からの連絡がない

遠距離片思いをしている場合に、相手がどう思っているのか気になるところです。少しでも可能性があるならアタックして告白をするのもよいですが、脈がないなら早めに諦めて次の恋愛に進むのも有りでしょう。遠距離片思いで脈ありか、脈なしかの判断をする要素として相手からの連絡があります。

少しでも気持ちがあるなら向こうから連絡してくれます。まったく好きという気持ちがないなら連絡はしないでしょう。いつも自分から連絡している場合は、しばらく様子を見てみるのもよいかもしれませんね。連絡を待つ場合は、とにかく焦らず待つことに徹しましょう。一途に好きな気持ちも大切ですが、大人の恋愛では諦めも肝心になります。

未読スルーされる

好きな人からlineが来ると、貴女ならどうしますか?すぐに反応して返信したいと考えるのではないでしょうか。lineは文章を読むと既読がつくので、相手のことを考えて返信するのが普通です。では、好きな人にlineを送って既読がついたまま返信がないのはどうでしょうか?返信しにくい内容だと話しは別ですが、当たり障りのない内容で既読スルーされるのは脈がないことを意味します。

もちろん、男性の中にはラインの返信に時間がかかる人もいるので、既読スルーしたからと言って脈が無いとは言い切れない部分もあります。しかし既読スルーが気になって仕方ないという場合は、遠距離片思いである以上、良い関係になっても上手くいくとは限りません。

自分の話しかしてこない

男性は、好きな女性のことをいろいろ知りたいと考えています。そのため、好きになった女性に対してはラインでもいろいろ聞いてくるのが一般的です。逆に、興味がない女性に対してはあまり話しを聞こうとしません。この場合、基本的に自分の話しを聞いて欲しいというのが先に出ます。

遠距離片思いで気になっている男性が、自分の話ししかしてこない場合は脈がない可能性があります。自分の話しをしようとして、話をさえぎられてしまう場合も同様のことが考えられます。言葉のキャッチボールが続かないようなら、恋愛に発展しても長続きさせることは難しくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?遠距離片思いは、好きな人が遠くにいるので不安に思うこともたくさんあります。遠距離片思いが成就して遠距離恋愛に発展する可能性も十分にあります。遠くにいるからと言って諦めるのではなく、行動に移してどんどんアピールしていきましょう。
恋愛を成功させるコツは、「待つ」のではなく「動く」ことです。もし、当たって砕けても次に進めるきっかけとなります。