後ろからハグする人の心理とは|男性と女性ではどう違う?

相手からバックハグをされて、どう捉えればよいのか戸惑ったことや、相手がどんな心理になっているのか気になってくる人もいるでしょう。今回はメンタルアドバイザーのBAさん提供の情報を基に、後ろからハグをするほうとされるほうの双方の心理について、解説していきたいと思います。

「後ろからのハグ」と「正面からのハグ」の違い

ハグといっても、後ろからだけでなく正面からする場合もありますよね。正面からハグをする場合と後ろからする場合では、心理的に何か違いはあるのでしょうか。

後ろからハグをする場合、以下のようなシチュエーションになります。

  • 正面からするハグと違い、相手の顔を見ない
  • 後ろからのほうが相手に近づきやすい
  • 背中は正面と比べて無防備

正面からハグする場合、目と目が合うため人は緊張してしまいがちです。恋愛中でお互いに相手から「よく思われたい」と思っているのなら、なおさらでしょう。

また、相手のパーソナルスペースも、後ろなら狭くなりがちなため、自然に近づきやすいです。さらに、背中は正面と比べると見えないため、無防備です。

その背中を、自身の体で覆ってあげることで「守ってあげたい」という愛情の気持ちが、大きく表れるのが後ろからのハグといえるでしょう。

男性が後ろからハグするときの心理って?

ではさっそく、男性側の心理から見ていきましょう。男性が、女性を後ろからハグするときには、どのような心理状態なのでしょうか。

恥ずかしくて正面からはできない

まずは、好意を持っているものの恥ずかしさもあり、正面からハグできないときに、後ろからハグをすることが考えられます。例えば、愛おしいと感じている場合、相手に「触れたい、抱きしめたい」と感じるものです

抱きしめることで落ち着きますし、より幸福な気持ちになれて、実はストレスの軽減にも効果的なのです。そのため、「安心させたい」「守ってあげたい」「愛おしい」と好意を感じているときに、後ろからハグをしたくなるのでしょう。

下心がある

男性は、相手の女性を愛おしいと思うがゆえに、後ろからハグすることがありますが、なんだか微笑ましいですね。ただし、こんなふうに純粋な気持ちでハグしているだけとは、限らないかもしれません。

例えば、誰でもいいから自分が安心したかった場合や、相手の女性に対して、何か望んでいることがあるなどのケースも考えられます。後ろからのハグなら表情がわからないため、そんな下心がバレにくいという心理が働いてのことかもしれません

女性が後ろからハグするときの心理とは

次に、女性のほうからバックハグをする場合の心理について、見ていきましょう。振り向いてすぐにハグしかえしたくなる男性もいるかもしれませんが、女性の状態次第では気持ちを察してあげることも必要ですよ。

相手のことが愛おしい

女性が後ろからハグをする場合の心理として、相手に対して、とても愛情を感じているということが挙げられます。また、そんな自分を意識してほしいという思いもあるでしょう。

後ろからのハグは正面からのハグとは違い、腕を使うなどして簡単に振りほどくことが難しい姿勢です。そのため、「こんなにあなたを愛しいと感じている自分を、理解してほしい」という思いも込められているのでしょう。

表情を見られるのが恥ずかしい

もう一つ考えられるのは、相手の男性に表情を見られたくないという思いがあることです。それは恥ずかしいからであったり、あるいは泣いていて、腫れぼったい顔を見られたくないと感じていたりなど、さまざまなケースが考えられるでしょう。

男性が後ろからハグされたときはどんな心理になるの?

女性に後ろからハグをされたら、男性のほうはどのように感じるのでしょう。女性の心理と、大きな違いはあるのでしょうか。

大切にされていると感じる

男性が女性に後ろからハグされたら、女性の場合と同様に、まずは大切にされていると愛情を感じて、安心する人が多いです。ハグをすることでお互いの愛情が高まり、幸せをより感じてストレスが軽減されるでしょう。

また、女性の柔らかな感触によって癒され、より安心します。男性が落ち込んでいたり、気分がふさぎこんだりしていた場合でも、表情を見られずに済むという安心感もあります。

過剰に意識して勘違いされることも

女性のほうからバックハグをする場合、気を付けなければならないことがあります。それは、女性の胸が背中に当たるため、男性側は意識してしまい、興奮状態になるかもしれないということです。

女性に後ろからハグをされたら、相手の男性は「気を許しているのかな」と、勘違いしてしまうかもしれません。そのため、その先の関係を望んでいない場合は、軽率に後ろから抱きつくことは、控えておいたほうがよいといえるでしょう。

女性が後ろからハグされたときはどんな心理?

後ろからハグをされたときに、女性にはどんな心理が働くのでしょう。する側になる男性にとっては、気になるところではないでしょうか。

愛情が感じられて安心できる

女性が、好意を感じている男性に後ろからハグをされたら、まずは「大切にされている」と愛情を感じて安心するでしょう。ハグをすることで、お互いの愛情が高まってより幸せな気分になり、ストレスが軽減するという実験結果もあります。

女性のほうが、感受性が豊かな人が多い傾向があるので、男性よりもハグからの幸福感を感じやすいでしょう。

ハグのされ方によっては嫌悪感も

多くの場合、女性は後ろからハグをされたら幸せな気分になるものです。ただし、お互いの関係性やハグのされ方によっては、嫌な気分になってしまうことも。

女性が相手の男性に、どれだけ愛情を感じているかによって、安心感ではなく、嫌悪感を抱かせてしまう場合もあります。特に、付き合ってからまだ日が浅い場合、いきなり後ろから抱きついたとなれば、驚いてしまう女性は多いでしょう。

そのため、それなりにお互いに信頼し合っている段階になってから、後ろからのハグを行うとより安心です。

後ろからハグされたらどうすればいいの?

ここまで、後ろからハグをする側、される側の心理について見てきました。では実際に、後ろからハグをされたらどうすればよいのでしょうか。

相手のことを何とも思っていない場合

もし、ハグされた相手に特別な感情がない場合は、当然ながら「こちらにはそういう気持ちはない」と、はっきりと伝えましょう。場合によっては、それまでの関係性はそこで終わるかもしれません。

相手に好意を抱いている場合

相手に好意を寄せているなら、後ろからハグをされてうれしい反面、この先どのような関係を結んでいくべきなのか、悩ましいですね。もし、相手の意図がわからないようであれば、曖昧にせずに、お互いの関係性をはっきりとさせたほうがよいです

人によっては、スキンシップが過剰なケースもあり、実は深い意味がないのかもしれません。または、「少し気分が盛り上がってしまっただけ」ということも。そのため、特に相手に対して真剣な思いがある場合は、本気なのか遊びなのか、相手の思いをきちんと確認しましょう。

まとめ

ドラマなどで、後ろからハグされるシーンを見ると、胸がキュンとさせられますよね。しかし、実際にバックハグをする心理や、されるほうの思いなどをみてみると、なかなか複雑な気持ちがあることがわかりました。

多くは相手に好意を抱いていて、その強い思いから抱きしめてしまったというケースでしょう。ただし、人によってはスキンシップの一環であったり、誰でもよかったりなんてこともあるかもしれません。そのため、後ろからのハグを全て好意的に受け止めてよいかというと、そうともいえないようです。

ハグをする側は、一方的にならないように注意したほうがよいでしょう。またハグをされて戸惑った場合は、相手の気持ちをきちんと確認して、関係性をはっきりとさせるとよいですね。