ワンナイトラブってぶっちゃけどうなの?メリット・デメリットを解説

ワンナイトラブを経験したことはありませんか?賛否両論のあるワンナイトラブですが、割り切れば女性にメリットもあるといわれています。

今回は

  • 女性がワンナイトラブをするメリット・デメリット
  • 女性がワンナイトラブを楽しむ際の注意点6選
  • ワンナイトラブに誘われるために必要なこと6選

と、ここではワンナイトラブにどのようなメリットがあるのかをまとめてみました。また、ワンナイトラブを楽しむ上での注意点、デメリットについてもお伝えするので、併せてチェックしてください。

割り切ればOK!?女性がワンナイトラブをするメリット


ここでは、女性がワンナイトラブをするメリットについてまとめています。

ストレス解消やセックスを楽しめる、パートナーとのマンネリ化を防げるなどのメリットがありますね。それぞれを詳しくご説明しましょう。

ストレスの解消になる

ストレスが溜まっていると、いつも通りのパフォーマンスを発揮できません。仕事でもミスを繰り返してしまう、プライベートで人間関係がうまくいかなくなる、などの弊害も考えられます。

ワンナイトラブをすることで、こうしたストレスを解消できる効果が期待できます。気持ちも開放的になれますし、日ごろのうっ憤を晴らすこともできるでしょう。見知らぬ相手との一夜の恋なので、後のことを気にせずはじけられます。

セックスを純粋に楽しむことができる

セックスは男性の方が好き、という印象があるかもしれませんが、女性でもセックスを楽しみたい方はたくさんいます。ワンナイトラブなら、純粋にセックスを楽しめるというメリットがあるのです。

パートナーとはとてもできないようなプレイを楽しむこともできるでしょう。はしたない女だと思われたくないという理由でパートナーとのセックスでは遠慮している部分もあるはずです。そうしたタガを外し、思う存分セックスを楽しめるのです。

女性としてのプライドを満足させられる


ワンナイトラブに誘われるということは、女性としての性的な魅力があるということです。だからこそ男性が言いよってくるわけですし、一夜を共にしたいと考えるわけです。

女性としては、ワンナイトラブに誘われたということでプライドを満足させられます。私はまだまだ女性として通用する、魅力は衰えていないと思えるわけですね。女性としては、喜ばしいことだといえるでしょう。

パートナーがいる場合はマンネリ化を防ぐことができる

パートナーとのセックスに飽きている、明らかにマンネリ化しているという女性もいるでしょう。マンネリ化してしまうと、セックスしても以前のような快感は得られませんし、まったく刺激的でもありません。

ワンナイトラブなら、新たな刺激を受けることでパートナーとのマンネリ化回避にも役立ちます。パートナー以外との男性とセックスすることで、パートナーのよさを再確認することもできるでしょう。

初めて触れる肌やテクニックが刺激的

初めての相手とのセックスなので、何もかもが新鮮です。触れる肌はもちろん、相手のテクニックにも強い刺激を感じられるでしょう。今までに経験したことがない刺激を味わえるかもしれません。

セックスがとても上手な男性なら、女性としての喜びを何度も迎えられるでしょう。また、そうした経験をすることで、パートナーとのセックスも再び楽しめるようになるかもしれません。

女性がワンナイトラブを楽しむ際の注意点

たくさんのメリットがある女性のワンナイトラブですが、注意点もあります。注意点を押さえておかないと、さまざまなリスクに見舞われる可能性もあります。ここでは、ワンナイトラブを楽しむ上での注意点をまとめてみました。

同僚や友達など近い人とはしない

自分に近い人とのワンナイトラブはおススメしません。職場の同僚や友人などですね。このような近い人とワンナイトラブをしてしまうと、今後も関係が続いてしまう恐れがあります。

ワンナイトラブは、あくまで一夜限りの秘め事です。継続するようなものではありません。自分に近い人とワンナイトラブをしてしまうと、相手の男性も味を占めてまた求めてくる可能性があります。それを回避するためにも、近い人とはワンナイトラブをしないことです。

おしゃべりな人とはしない

おしゃべりな人は一夜の関係を持ったことを周りにバラしてしまう恐れがあります。肉体関係を持ったことを自慢げに言いふらしてしまうことも考えられ、自分のパートナーや職場の人などに知られる恐れもあります。

もパートナーがいる場合だと、ワンナイトラブを知られることで別れることになるかもしれません。周りの友人に知られると、軽い女というレッテルを貼られ、今後付き合ってくれなくなる可能性もあります。

お酒を飲んで酔っている時はしない


酔っている時には正常な判断ができなくなります。そのため、その時は「まあいいか」と思っても、酔いがさめた時に後悔してしまう可能性もあるでしょう。好ましくない人と関係を持つ可能性もあるのでおススメしません。

また、酔っている時は相手からの要求にも応じてしまいがちです。そのため、スマホでの動画撮影を許してしまうようなことも考えられます。今後リベンジポルノの材料になることも考えられるので、リスクが高いです。

これから恋人になりたいという相手とはしない

本気でお付き合いしたいと考えている相手なら、ワンナイトラブをしないことです。もしワンナイトラブに応じてしまうと、相手から軽い女、誰とでも寝る女だと思われてしまうかもしれません。

仮に付き合えるようになったとしても、「どうせあいつもほかの男と寝てるから」と浮気をされる可能性があります。お付き合いのチャンスを失う可能性もあるので、本気で付き合いたい人とはしないでください。

面倒なことになるので既婚者とはしない

既婚者とのワンナイトラブはリスクが高いです。相手のパートナーにバレてしまうと、不倫をしたということで慰謝料を請求される可能性もあります。男性が絶対に黙っているといっても、そのような言葉はあてになりません。

奥さんから問い詰められて、あっさり口を割る可能性は十分あります。相手の奥さんは、旦那よりも関係を持った女性に怒りを向けてくることが多いので、なおさら厄介です。事前に既婚者かどうかを確認しておきましょう。

必ず一晩で終わらせる


ワンナイトラブの基本は、一夜限りの関係です。ズルズルと続けるのはNGなので覚えておきましょう。男性から連絡先を教えてほしい、また会ってほしいといわれることもあると思いますが、お断りしてください。

関係が続いてしまうと煩わしくなることもあります。これだとワンナイトラブのメリットであるストレス解消にもなりません。あくまでワンナイトラブは一夜限りの秘め事だと割り切り、その後関係を続けないようにしましょう。

ワンナイトラブに誘われるために必要なこと

今までの人生で、ワンナイトラブに誘われたことなど一度もない、という方もいるでしょう。では、いったいどうすればワンナイトラブに誘ってもらえるのでしょうか。ここでは、誘われるために必要なことをまとめました。

清潔感のあるヘアスタイルやファッション

人は見た目ではないといわれますが、初対面では見た目から得る情報が圧倒的に多いです。ワンナイトラブに誘われたいのなら、清潔感のある格好をしておきましょう。

髪の毛がボサボサで服のコーディネートも適当、という女性だとワンナイトラブには誘いにくいでしょう。また、過度に露出が多い格好の女性も男遊びが激しそうな印象を与えてしまいます白を基調とした清楚な格好がおススメですね。

露出を増やす


過度な露出はダメですが、適度に肌を出すのはOKです。肩や胸元がちょっと見えるような格好がいいですね。あまりにも露出が多いと、ただただ下品な格好に見えてしまいますし、逆に誘われにくくなります。

また、肌を露出するのなら日ごろからスキンケアも徹底しておきましょう。見えている肌があまりキレイじゃない、となると男性は萎えてしまいます。男性は肌がキレイな女性を好むので、美しい肌をキープする努力もしましょう。

さりげなくボディタッチを増やす

さりげなくボディタッチをするのも効果的です。ボディタッチは親密度を上げられるコミュニケーションなので、ワンナイトラブに誘ってほしい男性に試してみましょう。あくまで、さりげなくという部分がポイントです。

あまりにも露骨過ぎると、いかにも誘ってる感が出てしまいます。これだと男性は警戒心を抱いてしまうので、さりげなくボディタッチしましょう。トイレに立つ時などに、ちょっと肩に手を置いてみるような感じです。

出会い系などで最初からワンナイトラブ目的の相手と出会う

異性が集まる場所で、ワンナイトラブ目的の人を見つけだすのは至難の業です。そこで、出会い系サイトやアプリを使うという方法があります。出会い系サイトやアプリでは、最初からワンナイトラブ目的の人も見つけられますよ。

いろいろな出会い系サイトやアプリがありますが、なるべく信頼性の高いところを利用しましょう。インターネット上でリサーチし、口コミもチェックしてください。また、ネットでの出会いにはリスクもあるので、本当に信頼できそうな人とだけ会いましょう。

失恋後など相手が人肌恋しくなった時を狙う


失恋した直後などは、心も体も寂しくなっているものです。このような時は、ワンナイトラブに持ち込むには絶好のタイミングといえるでしょう。狙っている人がいるのなら、このタイミングを見逃さないでください。

見知らぬ人、初対面の人でも、会話の中で失恋や離婚というキーワードが出てきたらいけるかもしれません。ワンナイトラブに誘いたいというサインとも受け取れるので、男性が出しているそうしたサインを見逃さないでくださいね。

2人きりになれる場所に誘う

例えば飲み会の席や合コンなど人が周りにたくさんいる状態だと、ワンナイトラブにも誘いにくいです。誘ってほしいのなら、2人きりになれる場所に自ら誘いだしましょう

飲みの席なら2人で抜け出すというのもいいですね。できるだけ雰囲気のよいところに誘いだせば、相手もワンナイトラブに誘いやすいです。

気をつけて!女性がワンナイトラブをするデメリット

ここでは、ワンナイトラブをする上でのデメリットについてお伝えします。メリットも多いワンナイトラブですが、覚えておくべきデメリットがあるのも事実です。メリットとデメリット、どちらも覚えておきましょう。

自己嫌悪に陥ることがある


パートナーがいるのにワンナイトラブをしてしまったとなると、しばらく自己嫌悪に陥るかもしれません。パートナーを裏切るような行為ですし、自分自身が軽い女になってしまったと感じることもあります。

真面目で誠実な人ほど、ワンナイトラブを経験すると自己嫌悪に陥ってしまいます。普段から自己嫌悪に陥ることが多いという方は、ワンナイトラブをしない方がよいのかもしれません。

周囲に軽い女と思われるかもしれない

自らワンナイトラブをよくしている、ということを周りにバラす人はいないでしょう。しかし何かの間違いで職場の人や友人とワンナイトラブをしてしまった場合、それが周りの人に知られてしまう恐れがあります。

周囲にワンナイトラブをしたことがバレると、軽い女というレッテルを貼られてしまう可能性もあるでしょう。白い目で見られてしまう恐れもあるので、少しでもリスクを回避するためにも近しい人とは関係を持たないことです。

周りにワンナイトラブしたことを広められるかもしれない

おしゃべりな人とワンナイトラブをすると、周りに広められる恐れがあります。パートナーとの関係にヒビが入る可能性もありますし、もしかすると職場で問題になるかもしれません。

近所にも知れてしまうと生活しにくくなりますし、両親から叱られてしまう可能性もあります。ただ、これもおしゃべりな人とは関係を持たないなど工夫することでリスクを回避することができます

下手くそな相手や乱暴な相手にあたってしまう可能性がある


とても真面目そうで優しそうな人でも、ベッドの上では豹変する可能性があります。人は見た目だけでは判断できませんし、乱暴なことをされてしまうかもしれません。

また、純粋にセックスを楽しもうとしていたのに、相手が下手過ぎるということもあります。これだと余計にストレスが溜まってしまいますよね。実際にベッドに入ってみるまで分からないことなので、一種の賭けです。

ゴムをつけてくれなくて妊娠のリスクがある

望まない妊娠を避けるためにも、男性には必ずコンドームをつけてもらいましょう。ただ、男性によってはどうしてもつけたくないという人もいますし、そのような人が相手だと妊娠のリスクがあります。

低用量ピルを服用しているのならまだ安心ですが、そうでないならせめて自己防衛としてモーニングピルは持っておきましょう。また、基本は必ず男性にコンドームをつけてもらうことです。

まとめ

ワンナイトラブでストレス解消や、パートナーとのマンネリ解消といったメリットが見込めます。デメリットとしては、自己嫌悪や罪悪感を抱く、妊娠のリスクがあるなどが挙げられます。

メリットとデメリットがあるので、どちらも理解しておきましょう。周りにバレるリスクを避けるためにも、近しい人や口の軽い人とはしないでくださいね。