痛い女と思われないために!NG行動、ファッション、特徴まとめ

痛い女と思われてしまうと男性から引かれてしまうでしょう。そんな状態にならないためには、痛い女の特徴を理解して、それを避けることが大切です。こちらでは痛い女の特徴をまとめているため、参考にしてください。

男性が思う「痛い女」の特徴とは


まず、男性はどのような女性のことを痛い女であると認識するのでしょうか。男性の考える痛い女について紹介しましょう。

空気を読まない・読むつもりがない

まず、空気を読まない女性は痛い女と思われることが多いです。みんながいるところで、自分勝手な行動をしたり、発言をするような女性は痛い女と思われてしまうでしょう。そのような空気を読めないことは日本では敬遠されてしまうことです。周りの空気をきちんと読むことが要求されるのです。

意識しないで空気を読まない行動をしてしまう女性は問題なのですが、そもそも空気を読むつもりがない女性はもっと痛い女と思われやすいでしょう。空気を読むつもりがないため、平気で他人を傷つけることができたり、その場の雰囲気をぶち壊すようなことができるのです。このような女性と仲良くなりたいと思う男性はいないでしょう。

自分をモテると思っている

痛い女は自分がモテると勘違いしています。本当は嫌われているにも関わらずモテていると思っているような方もいます。このような方というのは周りからはドン引きされている可能性があるでしょう。そうとう痛い女と思われてしまうのです。基本的に痛い女というのは自分のことが大好きすぎる傾向があるのです

周りのみんなが自分のことを好きだと勘違いしています。そのため、自分は何をやっても許されていると考えているのです。その結果として、空気の読めないような行動もどんどんしてしまうのです。平気で他人を傷つけてしまうような発言もできます。このような痛い女というのは男性からみると近づきたくないと思ってしまうでしょう。

SNSに毎日自撮りアップ

最近はSNSをやっている方が増えています。そこで痛い女は自撮りをどんどんアップしています。しかも、それが毎日となっているため、痛い女と思われるのです。自分のことが大好きであり、自撮りを見てみたいと思っている方がたくさんいると思いこんでいるのです。あるいは自分のことをもっとみんなに見てもらいたいと考えています。

もちろん、SNSに自撮りをアップすることは構わないのですが、ものには限度があるでしょう。あまりにも過度に自撮りをアップしているような方は嫌われてしまう可能性があります。芸能人でもないのに自撮りばかりしているのは、どれだけ自分が好きなのだと呆れられてしまうでしょう。

30代未婚女性の痛いエピソード


痛い女というのは20代の女性にはあまりいません。やはり、痛い女と思われやすいのは30代になった女性の方が多いでしょう。特に30代で未婚の女性というのは痛い女と思われるケースがよくあります。それではどのような痛いエピソードがあるのか紹介しましょう。

プライドがやたら高い

まず、やたらとプライドが高いのが特徴となっています。自分が大好きであり、自分が一番だと考えているのです。そのため、他人から馬鹿にされたり、比較されたりすることはとても嫌います。他人に嫉妬してしまうこともあるでしょう。基本的に周りの人達を見下していることが多くて、プライドの高さによってトラブルが発生することもあるのです。

たとえば、男性が自分以外の女性を優先してしまうと、怒り出してしまいます。あるいはとても不機嫌になってしまうこともあるでしょう。自分のことがないがしろにされてしまうととても腹を立てることが多いのです。このようなプライドの高さがあるため、周りからは扱いにくい女性であると思われています。

とにかく卑屈・ネガティブ思考

30代未婚女性で痛い女の中には逆にプライドが全然なくて、とても卑屈になっている方もいます。こちらもプライドの高い女と同様に痛いと思われやすいのです。とにかく自分に自信がなくて、自分はもう駄目だと諦めているのが特徴となっています。ネガティブ思考であり、このまま一生独身だと思い込んでしまっているのです。

男性が声をかけてきても、自分は騙されてしまうのではないか、自分なんかを好きになるはずはないと思いこんでしまっています。このような卑屈すぎる考え方というのは、周りからみると鬱陶しく思われてしまうことが多いでしょう。不細工な自分に価値はないと考えるような方もいます。

リスカ痕・吐きダコ

30代未婚女性はとても精神的に追い込まれているケースもあります。その結果として、リスカしてしまう方もいます。手首を見るとリスカ痕が残っているケースもあるのです。見るも無残な状態担っているケースもあります。それぐらい精神的に追い込まれているのです。いわゆるメンヘラと呼ばれるタイプの女性です。

あるいは吐きダコができているケースもあります。吐きダコというのは、無理やり吐くために口の中に手を入れるのですが、その際に指や手の甲に歯が当たってしまうのです。これによって吐きダコができてしまうことがあります。これも自傷行為の一種であり、リスカと同じことです。

痛い女がしがちなファッション


痛い女というのはファッションに特徴があります。それでは痛い女はどのようなファッションをすることが多いのでしょうか。特徴的なファッションについて紹介しましょう。

30代のゴスロリ

ゴスロリが好きな女性はいます。もちろん、ゴスロリのファッションをするのは悪いことではありません。それが趣味ならば誰も文句を言うべきではないでしょう。しかし、30代にもなって人前でゴスロリのファッションをするのは、痛い女と思われても仕方がないでしょう。普通の方はそのように感じてしまうことが多いです。

特に男性から痛い女と思われたくないならば、30代にもなってゴスロリはやめておいた方が良いでしょう。そのような格好をすることによって、男に逃げられてしまうかもしれません。それぐらい男性は引いてしまうことが多いのです。そもそも、ゴスロリ自体が痛い女の特徴のように思っている方もいるのです。気をつけましょう。

色センスがおかしすぎる

色のセンスがおかしいファッションをしている女性は痛いと思われやすいでしょう。女性というのはそもそも色彩感覚が優れているものです。そのため、男性よりも本来や色味についてはセンスがあるはずなのですが、痛い女の場合はセンスのない色味のファッションを選んでしまいます。そのため、周りから変だと思われてしまうのです。

まるでネオンサインのような色味のファッションをしていたり、とてもカラフルな色のファッションばかりを選んでいるようなケースがあります。そのようなファッションをしている女性は男性から痛いと思われてしまうでしょう。あまりにも一般のセンスからかけ離れているためです。

露出度がやたら高い

やたらと露出度の高い服を着たがる女性もいるのですが、これも痛い女と思われる原因となってしまうでしょう。露出の多い服というのは、明らかに誘っているようなイメージがあります。そのような服を30代の未婚の女性が着ているのは、狙いが露骨過ぎて周りが引いてしまう可能性もあるでしょう。

男は露出の多い女を好むと決めつけている女性もいます。そのような女性の狙いが見え透いてしまうため、露出度の多い服を30代の女性が着るのは、きついという印象を与えてしまうでしょう。しかも、それを本人が気がついていないケースが少なくないのです。露出の多い服を着るのは避けましょう。

痛い女と思われないために


それでは痛い女と思われないためにはどうすれば良いのでしょうか。誰だって痛い女というイメージをつけられるのは嫌なものです。それを避けるためにはさまざまな工夫をするべきでしょう。どういった行動を取るべきなのか紹介しましょう。

なるべく会話は聞き役に回ろう

まず、会話の際にはできるだけ自分が聞き役に回るようにしましょう。自分からどんどん話そうとしてしまうと、空気の読めない女性であるという印象を持たれてしまいます。それでは痛い女と思われる可能性が高くなってしまうでしょう。聞き役になることによって、相手の話をしっかりと聞くつもりがあることを示せます。

大人としての余裕のある女性の態度を見せることが大切です。そのためには、会話の際には自分からどんどん話してしまうのを避けるべきでしょう。聞き役に徹するようにすることによって、相手にも好印象を与えることができます。しっかりと相手の話を聞いて、その話題に合わせるようにしましょう。

他人をけなすのをやめよう

すぐに他人の悪口を言ったり、けなしてしまうのはやめるべきでしょう。たとえば、自分にアプローチしてきた男性の悪口を言ってしまうのもやめるべきでしょう。自分には不釣り合いだとプライドの高さを見せてつけてしまうようなことは避けてください。それによって、痛い女というイメージが強まってしまうでしょう。

自分がすごい女であると見せつけるためにわざと強がっているような方がいます。しかし、そのような態度というのは周りから見るとただ痛いだけであり、とても滑稽に思えてしまうでしょう。空気が読めないと思われても仕方がないのです。

そろそろぶりっ子卒業しませんか?

いい年をした大人の女になってぶりっ子をしてしまうのはやめましょう。いつまでも学生気分でぶりっ子をしているような女性がいます。しかし、それは周りからみるととても痛々しく見えてしまうケースが多いのです。男性もそのような女性の姿を見たら引いてしまうでしょう。

ぶりっ子が可愛いと思われるのはあくまでも子供の頃の話なのです。いい年をした大人になってまでぶりっ子をしてしまうのは、逆にイメージが悪くなってしまうでしょう。とてもあざとくてわざとらしい態度であると思われる可能性が高いのです。

まとめ


痛い女と思われないためにはさまざまな行動やファッションなどに気を使うべきでしょう。そうすることによって、周りからは普通の女として見てもらえるようになるでしょう。痛い女というイメージがついてしまうと、それが多くの人の共通認識となってしまう可能性があります。そのような事態に陥るのは避けるべきでしょう。

あくまでも一人の大人の女性として、良いイメージをキープすることが大切です。そのためには、痛い行動を取らないようにしてください。