上品な女性になるには?条件を備えた人の特徴を徹底分析!

この記事の情報提供者

上品な女性は男性にモテます。あなたもそんな女性を目指したいと思っていないでしょうか?上品な女性の見た目や中身、行動や仕草の特徴を知ることで、変わることができるかもしれませんよ。

ということで今回は、コラムニストのyukinanaさん提供の情報をもとに、上品な女性について深掘りします。

上品な女性とはどんな特徴がある人なのか

上品に感じられることは、簡単なことではありません。細かな要素が合わさって完成するものなのです。そこでまずは、上品な女性にどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

所作が美しい

上品な女性は、ひとつひとつの所作が美しいです。何をするにしても、指先まで見とれてしまいそうな魅力があります。印象としてはあまりバタバタとしないで、ゆったりとしていること、そして背筋がピンと伸びていて姿勢が良いことが多いです。

言葉遣いが美しい

上品な女性は、決して下品な言葉を遣いません。たとえば、食事のときには「うまい」ではなく「おいしい」、「食べれる」ではなく「食べられる」など。流行り言葉やら抜き言葉は使わず、細かい部分まで正しい日本語で、きれいな言葉遣いをしているのです。

ファッションやメイクが派手じゃない

 

ファッションにしてもメイクにしても、派手なものをチョイスしないのも特徴です。ファッションで言えば、もちろん肌を露出することはありますが、谷間をアピールしたり短すぎるスカートを履いたりなど、下品な格好はしません。メイクはナチュラルメイクが基本です。

なぜ男性は上品な女性に惹かれるのか

冒頭で上品な女性はモテると述べました。しかし、一体なぜ男性ウケが良いのでしょうか?以下に主な理由をまとめましたので、チェックしてみてください。

女性らしさを感じるため

男性は、なんだかんだ言っても女性らしさを求めています。自分にはできないような仕草や女性らしい言葉遣いに、異性としての魅力を感じるためです。男性は意外と細かな女性の行動を見ています。そのなかで女性らしさを感じると、思わずキュンとしてしまうのでしょう。

知識と教養があるように見えるため

おバカキャラが好きな男性も多いですが、やはり上品な女性を見ると育ちの良さを感じます。しっかりとした知識や教養がある女性は、男性から見ても尊敬ができて憧れの存在。お互いを高め合っていける頼もしい存在だと感じ、将来まで見据えた関係を望まれることも多いです。

一緒にいることで自慢になるため

上品な女性と一緒にいることで、「この子が自分を好きと言ってくれるんだぞ」と自慢したくなってしまう男性は多いです。友達に紹介するときなどに、いきなりタメ口で話し出すような女性など、常識はずれな行動をとってしまう女性よりは、上品な女性のほうが連れて歩きたくなるのは当然ですよね。

上品な女性と思われるために内面的に気をつけること

外見を飾って上品さを装っていても、内面からあふれ出てくる下品さのほうが勝っている残念な女性は多いです。とくに以下の3つについては、くれぐれも気をつけたいところです。

悪口を言わない

女性が複数人集まれば、誰かしらから悪口が出てしまいますよね。しかし、悪口を言う女性は、顔つきが醜くなっていきます。自分では気づかなくても、嫌な顔になってしまうのです。内面は外見に表れますので、気をつけましょう。

もし誰かが悪口を振ってきても、同意せずに聞くだけにしておいたり、自分は人の良いところを見つけようと意識したりすることが大切です。

自分をしっかり持つ

人の意見に左右されたり、流されすぎたりする女性は上品とは言えません。凛とした美しさを持っているのが上品な女性なので、自分のポリシーなどについて、誰になにを言われても揺るがないような、芯のある女性を目指しましょう。

マナーを身につける

しっかりとしたマナーを知っていることも上品な女性として大切なことです。なかでも気をつけたいのが、食事の際のマナー。箸の持ち方や口元への運び方、口元の拭い方、グラスについた口紅の処理などたくさんあります。まずは鏡の前で食べる練習をしてみるのも良いですね。

yukinanaさんの実体験談

yukinana さん
私は、嫌なことがあっても口に出すことは絶対にしないようにしています。醜い顔にはなりたくないですからね。でもストレスを溜めるのも嫌なので、どうしても我慢できなければ紙に書きなぐっています。ビリビリに破いたり、思いっきりぐしゃぐしゃにして叩きつけたりすると意外とすっきりするんです(笑)

上品な女性と思われるために外見的に気をつけること

上品な女性と思われるためには、もちろん見た目も非常に重要。第一印象だけで下品と思われたくないですよね。次の3つのポイントは、ぜひ押さえておきましょう。

清潔感を大切に

人からの印象でとても大切なのが清潔感です。服装に限らず、メイクや髪型にも気を配りましょう。いくら所作や内面を美しくしても、清潔感がないと台無しになってしまいます。

また、見た目だけではなく身のまわりも清潔に保つように心がけてみましょう。バックの中や持っている小物なども確認してみてくださいね。

細かいところまで気を遣う

華奢なアクセサリーは、上品に見せやすいのでおすすめ。シャラシャラと揺れるものであれば、男性の好感度も良いですよ。たくさんは着けずに、小ぶりなものを選ぶのが良いです。

また、爪が伸びていたりネイルが剥がれたりしている状態は、清潔感もなく女性らしさに欠けます。しっかり指先まできれいにしておきましょう。

背筋を伸ばす

 

いくら見た目が美しくても、背筋が曲がっていると顔も暗く見え、残念な印象になってしまいます。全体的に見たときに、貧乏くさい印象になってしまうのです。上品な女性になるためには、背筋をピンと伸ばすこと。

はじめは疲れるかもしれませんが、筋肉を鍛えて背筋を伸ばしていきましょう。スタイルも良く見えて、印象が明るくなりますよ。

yukinanaさんの実体験談

yukinana さん
背筋は本当に大事で、少しでも猫背になっていれば自信がない印象に見えてしまうと思います。背筋がスッと伸びている女性は、同じ女性から見ても「美しいな」と思いますね。

上品な女性と思われる行動や仕草とは

内面的にも外見的にもポイントを押さえることができたら、あとは細かな行動や仕草です。少し意識するだけでも相手からの印象がガラッと変わるので、ぜひ身につけましょう。

笑うときは手で口元を隠す

上品な女性は笑うときも上品です。たとえば手を叩いて笑うことや、大口を開けて「ガハハッ」と笑うこともしません。もちろん爆笑することも時にはありますが、そんなときでも口の中はなるべく見えないように、手で隠しているのです。

聞き上手な女性になる

おしゃべりが大好きな女性もいますが、上品な女性は人の話を聞くことが上手です。自分の話ばかりするのではなく、人の話を遮らずに最後まで聞くスキルが身についているためです。

こうなるためには、ゆっくりと相槌を打ちながら相手の話を聞きましょう。しっかり相手の話を聞こうとする姿は、美しいものです。

困っている人を助ける

困っている人や助けを求めている人に対して、すぐに手を差し伸べる準備ができているのも、上品な女性の特徴です。余裕を持ってまわりをしっかり見ているため、困っている人を見つけることもできるのです。相手がどうしてほしいか考えることも大切ですね。

まとめ

育ちの良さや、今まで培ってきたものを変えることはできませんが、印象をコントロールすることはできます。上品な女性に見せるため、自分の意識次第でできることはたくさんあるのです。

上品に見えるだけで、異性からはもちろん、年配の方や上司などさまざまな人からの見る目が変わるでしょう。ぜひあなたも、今日から自分を改造する計画に取り組んでみてくださいね。