「いいな」を届けるWebメディア

恋愛

2018年02月14日 更新

男性・女性別!好き避けする人の特徴や心理とは

好きなのにも関わらずそっけない態度を取ってしまうことがあります。嫌いでもないのにそっけない態度を取ってしまうことが不思議だと思ってしまう行為ですが、好き避けと言われる

この行為はよくあることで、好きなのにも関わらず避けてしまう態度を取ってしまうことがあります。

どのような態度を取ってしまうと好き避けになってしまうのか、そして好き避けと嫌いの違いはどのようなところなのかを解説していきます。もし自分が好きな人がいて、何となく避け

てしまうことがある人は、自分自身が好き避けをしていて、自然と相手のことを傷つけてしまっている可能性があるので注意しなければいけません。

好き避けをする女性の特徴


女性も好きな男性に対して好き避けの行為をしてしまうことがあります。好きな気持ちが強ければ強いほど自分の素直な気持ちを伝えることができなくて、好きなのによそよそしい態度

を取ってしまう女性も多いです。

男性よりも自分の素直な気持ちを相手に伝えることができない女性が多いので、肉食系でガツガツしている女性でもない限りは、相手の男性のことが好きという気持ちがあっても、素直

になれない自分がもどかしいこともあります。女性が好き避けをしてしまうときどのような態度を取ってしまうのかを解説していきます。

視線を合わせない

好きな男性と視線を合わせないということはよくある好き避けの行為です。女性は好きな男性と目を合わせることができないことがあります。好きな気持ちが強ければ強いほど、相手の

男性と視線を合わせることが恥ずかしくてできないことがあります。

恥ずかしさから視線を合わせることができないことがありますが、自然と出てしまう行為であっても相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるので、せっかく急接近できるチャンス

があったとしても視線を合わせないことで、2人の距離が離れてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

違う男性とばかり話す

本当は本命の好きな人がいるのになぜか違う男性とばかり話をしてしまうことがあります。これも女性特有の好き避けの行為です。自分が本当に好きな男性がいるのにも関わらず、その

人と話せなくて、なぜか違う男性とばかり話してしまうのは好き避けとなりとてももったいないことです。

お互いが両思いになるためにも、好きな人と話すチャンスがあれば積極的に相手と話してあげることが重要になってきます。そしてお互いの会話の中で必ず共通の話題が出てくるので、

その話題で盛り上がることができれば急接近することができる可能性があります。

素っ気ない

好き避けの代表格と言っても過言ではない行為が素っ気ない態度を取ってしまうことです。相手が好きなのにも関わらず素っ気ない態度を取ってしまうことがあるのも、自然と出てしま

う態度ですが、素っ気ない態度を好きな人に見せてしまって、相手が不快な思いをしてしまう可能性があります。

好きな気持ちがあるのであれば、なるべく好き避けの行為を慎むべきですし、特に接近するチャンスがあるのに素っ気ない態度を取ってしまったら相手も自分のことが嫌いなのかもしれ

ないと勘違いされてしまう可能性があるので注意しなければいけない行為です。

他の人と態度が異なる

好きな人なのにも関わらず他の男性と接するときの態度が明らかに異なる場合も好き避けになってしまっている可能性があります。好きな男性がいないところであれば問題ありませんが

、好きな男性がいる目の前で他の男性と違う態度を取ってしまったら、気になっている男性に嫌な思いをさせてしまう可能性があります。

好きという気持ちが強すぎて好き避けの行為が自然と出てしまうのは仕方ないことではありますが、日頃から意識をしていないと自然と態度が変わってしまい、結果的には好きな人との

距離が離れてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

好き避けをする男性の特徴


女性よりも男性のほうが好き避けをする傾向が強いと言えます。小学生のときに好きな女の子にいじわるをする男の子が自分の周りにいたという人も多いかもしれませんが、男子は好き

な女性に対して子供だけでなく大人でも好きなのによそよそしい態度を取ってしまうことが良くあります。

好きという気持ちがかえって相手のことを避けてしまうという行為は、女性よりも男性のほうが多いですが、本当に魅力的な男性ならそのような遠まわしになってしまう行為をせずにス

トレートに好きな人に対してアタックすることのほうが多いです。

lineの返信が遅い

今の時代はインターネットで気軽に交流することができる時代で、特に誰でもスマホのアプリを活用して異性同士でやり取りすることも増えていますが、多くの人がlineを使って相手と

会話をしていますが、好き避けをしている人はわざとlineの返信を遅くしていることがあります。

lineの返信を遅くする男性の心理として、返信が遅いから何かあったのかもしれないと女性に思わせたいという気持ちがある、つまり自分のことを心配してほしいという気持ちやかまっ

てほしいという気持ちが強い男性が、lineの返信をあえて遅くする傾向があります。

無視する

男性は好きな女性に対して好きなのにも関わらず無視をしてしまうことがあります。なぜ無視をしてしまうのか男性も後から不思議な行為だと気付くことがありますが、気付くまでは当

たり前のように無視をしてしまいます。

無視をしてしまうという行為は照れ隠しの裏返しという言い方もできるかもしれませんが、好きなのにも関わらず女性のことを無視してしまう行為は、相手に不快な思いをさせてしまう

可能性がありますし、相手との距離が遠くなってしまう可能性がもあることを意識しておかなければいけません。

話しかけない

好きなのにも関わらず相手に話しかけない行為をする人もいます。照れ隠しという側面もありますが、せっかく好きな相手と話すチャンスがあるのにも関わらず、相手と話すことを自ら

拒んでしまうのはとてももったいないことです。

せっかく相手と近づけるチャンスがあるにも関わらず好き避けをしてしまうのは、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性が高いので、そうならないためにも好き避けをせずにしっか

りと相手と近づくチャンスなので話すことをおすすめします。

好き避けをする人の心理


人間というのは異性と接するときに様々な心理が働きます。良いことばかりでなく相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。その1つに好き避けというものがあります。好きだか

らこそ、相手のことをあえて避けてしまう行為を好き避けと言いますが、本当は仲良くしたいと思っているのにも関わらず恥ずかしさから相手のことを避けてしまうのが好き避けの特徴

です。

本当は相手に対して好意を持っているのにも関わらずなぜ避けてしまうのか、そこにはどのような心理が働いているのかを理解することが好き避けの行為をしなくなることができるポイ

ントとなります。

裏腹な気持ちの表れ

なぜ人間は好き避けをしてしまうのかとうことを追求していくと、全ての人に当てはまると言っても過言ではないのが、裏腹な気持ちの表れだからこそ、相手のことをあえて避けてしま

う好き避けの行為が自然と出てしまうことがあります。

本来であれば好きな気持ちがあれば誰でも好意的に接したいと思う気持ちが当たり前ですが、自分の本当の気持ちとは裏腹に好き避けの行為が出てしまう人が多いです。本当の素直な気

気持ちで相手に自分の考えを伝えることが重要だということを理解しなければ、簡単にはこの行為を改善させることができません。

嫌われたくない

自分が気になる女性に対して嫌われたくないという気持ちがあるときに、自分の気持ちを素直に相手に伝えるのではなくて、嫌われたくないという気持ちがあると、好きな気持ちがある

女性に対して好き避けの行為を態度に出してしまうことがあります。

好き避けの行為は相手に不快な思いをさせてしまう可能性がありますが、それでも素直な気持ちで好きな気持ちを相手に伝えるのではなくて、目を逸らしてしまったり、そっけない態度

をとってしまうことがあります。嫌われたくないという気持ちでそのような態度をとってしまうと、かえって相手のことを傷つけてしまう可能性があるということを理解しておきましょ

う。

自分のことが大好き

好きな人のことを最優先にせずに、自分のことが大好きな人は、気になる異性がいても第一に考えないで、自分のことが一番でなければ気が済まない人が多いです。自分に自信があって

何事にも前向きな性格は悪いことではありません。

しかし自分が好きな人に対して自分のことを最優先にしてしまうと、相手は自分のことを考えてくれないと嫌な気持ちになってしまうので、自分のことが好きな人でも好き避けの行為は

しないで、相手のことを考えて行動するようにしてください。

アプローチを待っている

相手からアプローチをしてほしいと常に待っている人は、相手に自分の存在を知ってもらいために好き避けをしてしまう可能性があります。自分が意識していなくても自然と相手に対し

て目を逸らしてしまったり、そっけない態度をとってしまうことがあります。

相手からのアプローチを待っているときに好き避けの行動をとってしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があるので、そうならないためにもアプローチを待っているとき

は好き避けの行動をとらないようにしてください。

「嫌い避け」との違い


好き避けと嫌い避けとは決定的な違いがあるのをご存知でしょうか。好きな人をあえて避けてしまう行為と、嫌いだから避けてしまう行為は全くの別物です。ここを理解していないと相

手にも不快な思いをさせてしまい結果的には迷惑をかけてしまう可能性があります。

そうならないためにも自分自身で好き避けと嫌い避けの違いを理解しながら、それぞれの行動にどのような特徴があるのかを理解しておくことで、自分が取った行動がどちらなのかを判

断することができて、結果的に相手に対して自分の気持ちをしっかり伝えることができるようになります。

一貫性がない

好き避けと嫌い避けの決定的な違いとして、一貫性が全く無いということが挙げられます。好き避けの場合は一定の一貫性の範囲内で相手のことを避けてしまう傾向がありますが、嫌い

避けの場合はあらゆる方法や手段を使って嫌いな態度を取ってしまうので、一貫性がありません。

もじ自分の取っている行動が好き避けや嫌い避けかのどちらか分らなくなってしまったら、自分が取っている行動が一貫性があるか無いかを自分で確かめるようにしてください。一貫性

があれば好き避け、一貫性が無ければ嫌い避けということになります。

その時々で態度が異なる

一貫性が無い嫌い避けは、女性と接するときにその時々で態度が異なることがあります。好き避けの場合は頻繁に態度を変えて接することはあまりありません。相手のことが好きだから

こそ、態度を変えないで相手のことを避けてしまう行動が好き避けの特徴です。

反対に嫌い避けは露骨に相手のことを避けてしまう傾向があり、そのときに自分が気付かなくてもつい態度に出てしまうことがあります。その態度もその時々で大きく異なる場合がある

ので、いつも違う態度で女性に接してしまうときは嫌い避けの可能性があります。

頼まれごとはきちんとする

好き避けの場合は相手に嫌われたくないという思いから避けてはいるももの、相手から頼まれたことはしっかりと対応をしてくれる特徴があります。頼まれごとはしっかりやってくれる

ので、一見すると好き避けをしている人が取る行動とは思わないです。

しかし嫌い避けの場合は露骨に相手のことを嫌がるので、その人から頼まれごとがあったとしても、きちんと対応をしないことが多いです。これは自分自身も何気ない行動で出てしまう

態度ですが、相手も自分に対して嫌な気持ちを前面に出してくる可能性もあります。

距離が近い

好き避けの場合は好きな気持ちがあるのにも関わらず、なかなか相手に近づくことができない行動を取ってる人がいますが、反対に嫌い避けの場合は関係なく近づいてくることもありま

す。

相手のことに好意を持っていないと、関係なく容赦なく積極的に近づいてくる可能性があるので、そうならないためにもやたらと距離が近いと感じたら、相手が嫌い避けのサインを出し

ている可能性があるということを理解しておきましょう。

好き避けされたときの対処方法


相手が好きなのにも関わらず好き避けされてしまったら、自分はどのように対処すれば良いかを考えることで、もし自分も好意を持っている男性だったら、そこから発展することも考え

れるので、好き避けされたときの対処方法は自分で理解しておくようにしてください。

そうすることで相手の気持ちを理解してあげることができますし、そこで終わってしまうのでなく、お互いの気持ちを分かり合えてそこから発展する可能性も十分考えられます。明らか

に好き避けの行動を取っている人に対して、こちらから積極的にアクションを起こしていくようにしてください。

笑顔で対応する

好き避けの行動を取っている男性は、近づきたくても緊張して話をすることもできないような状態になっているので、そのような状況の相手に対して笑顔で対応をすることで、相手の緊

張も解れて、お互いの距離が一気に縮まっていきます。

好き避けをしている男性は、相手に対してどのようにアプローチすれば良いか分からない人も多いので、そのような男性に対してこちらは受け入れる体制が整っているということを知っ

てもらうためにも、積極的に自分の気持ちを伝えるためにも笑顔で対応をするようにしてください。

相手の話を聞いてあげる

好き避けをしている男性はうまく女性との距離を縮めることが難しいので、そのような状況だったらこちら側から相手の話を聞いてあげることが重要になってきます。相手の話を聞いて

あげることで、好き避けをしている男性との距離を縮めることができます。

親身になって相手の話を聞いてあげることで、こちらが相手に対してどのような思いで待っているのかを知らせることができます。相手が好き避けをしていると思ったら、それ以上の行

動を取るタイミングを待っているのではなくて、積極的にこちらから話しかけるようにしてください。

自分からアプローチする

相手の女性のことが好きだからこそ、恥ずかしさから相手のことを避けてしまう好き避けの行動を取ってる人に対して、こちらから積極的にアプローチをすることで、自分の気持ちをすぐに相手に伝えることができるようになります。

相手のことを待っていたらいくら時間があっても足りないので、そうならないためにも、好き避けの行動を取っている男性を相手にする場合は、待っているのではなくて、こちらから積極的にアピールしていくようにしましょう。

まとめ


このように相手のことが好きだからこそ好き避けという行動を取っている人も多いです。そのような人は自分の思いを伝えることが難しくて時間がかかってしまうことがありますが、相手にしっかりと伝えるために、思い切って告白することも大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです