男性・女性別!好き避けする人の特徴や心理とは

好きなのにも関わらずそっけない態度を取ってしまうことがあります。嫌いでもないのにそっけない態度を取ってしまう不思議な行為ですが、好き避けと言われるこの行為はよくあるものです。

好きな人を何となく避けてしまうことがある人は、自分自身が好き避けをしていて、自然と相手のことを傷つけてしまっている可能性があるので注意しなければいけません。

今回は、どのような態度を取ってしまうと好き避けになってしまうのか、そして好き避けと嫌いの違いはどのようなところなのかを解説していきます。

女性の好き避けの特徴

好きな気持ちが強ければ強いほど自分の素直な気持ちを伝えることができなくて、好きなのによそよそしい態度を取ってしまう女性も多いです。

男性よりも自分の素直な気持ちを相手に伝えることができない女性が多いので、肉食系でガツガツしている女性でもない限りは、相手の男性のことが好きという気持ちがあっても、素直になれない自分がもどかしいこともあるでしょう。女性の好き避けにはどのようなものがあるのでしょうか。あなたも無意識に好き避けの態度を取ってしまっているかもしれません。

視線を合わせない

好きな男性と視線を合わせないということは、よくある好き避けの行為です。好きな気持ちが強ければ強いほど、相手の男性と視線を合わせることが恥ずかしくてできないことがあります。

これは自然と出てしまう行為ですが、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるので、せっかく急接近できるチャンスがあったとしても、2人の距離が離れてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

別の男性とばかり話す

なぜか好きな人とは別の男性とばかり話をしてしまうことがあります。これも女性特有の好き避けの行為です。自分が本当に好きな男性がいるのにも関わらず、その人と話せなくて、なぜか違う男性とばかり話してしまっていませんか?

お互いが両思いになるためにも、好きな人と話すチャンスがあれば積極的に相手と話してあげることが重要になってきます。そして、会話の中で共通の話題が出てきて盛り上がることができたら、急接近できる可能性があります。

素っ気ない

好き避けの代表格と言っても過言ではない行為が素っ気ない態度を取ってしまうことです。相手が好きなのにも関わらず素っ気ない態度を取ってしまうことがあるのも、自然と出てしまう態度ですが、これも、相手が不快な思いをしてしまう可能性があります。

接近するチャンスがあるのに素っ気ない態度を取ってしまったら、自分のことが嫌いなのかもしれないと勘違いされてしまう可能性があるので注意しましょう。

他の人と態度が異なる

他の男性と接するときとの態度が明らかに異なる場合も、好き避けになってしまっている可能性があります。好きな男性がいないところであれば問題ありませんが、好きな男性がいる目の前で、別の人に好きな人よりも親密な態度で接していたら、好きな人に嫌な思いをさせてしまう可能性があります。

好きという気持ちが強すぎて好き避けの行為が自然と出てしまうのは仕方ないことではありますが、日頃から意識をしていないと無意識に態度が変わってしまい、結果的には好きな人との距離が離れてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

好き避けをする男性の特徴

女性よりも男性のほうが好き避けをする傾向が強いと言えます。小学生のときに好きな女の子にいじわるをする男の子が自分の周りにいたという人も多いかもしれませんが、男子は好きな女性に対しては、大人でも好きなのに好き避けしてしまうことがよくあります。

lineの返信が遅い

好きな人とLINEをしている女性も多いかもしれませんが、好き避けをする男性は、わざとLINEの返信を遅くしていることがあります。

LINEの返信を遅くする男性の心理として、返信が遅いから何かあったのかもしれないと女性に思わせたい、あなたのことは好きじゃないと思わせようとしているなどが考えられます。

無視する

男性は好きなのにも関わらず、女性を無視をしてしまうことがあります。無視をしてしまうという行為は照れ隠しの裏返しと言えるかもしれません。もし、好きな男性に無視されても、嫌われている!とすぐに思い込まずに、そのほかの様子を観察してみましょう。

話しかけない

好きな人に話しかけないというのは、恥ずかしかったり、照れ隠しだったりする場合があります。また、あまりにも頻繁に話しすぎて、周囲や好きな女性本人に、好きな気持ちがバレてしまうことを恐れている可能性もあります。

好きな人が自分とだけ話してくれない場合は、好き避けの可能性もあることを覚えておきましょう。

好き避けをする人の心理

本当は相手に対して好意を持っているのにも関わらず、なぜ好き避けしてしまうのか、そこにはどのような心理が働いているのでしょうか。

裏腹な気持ちの表れ

本来であれば、好きな気持ちがあれば、好意的に接したいと思うのが当たり前ですが、自分の本当の気持ちとは裏腹に、好き避けの行為が出てしまう人が多いです。好きだけどこの関係を壊したくない、好きだけどこの気持ちはまだ伝えられない、といった裏腹な気持ちから、好き避けしてしまうことがあります。

嫌われたくない

好きな気持ちを全面に出して拒否されたくない、嫌われたくないという気持ちがあると、好き避けの行為を態度に出してしまうことがあります。

もし、好きな人からそのような空気を感じたら、こちらも好意を持っていることをそれとなく匂わせましょう。嫌われたくないという気持ちが薄らいで、仲良くしてくれるかもしれません。

嫌われたくない、でも恋を諦められないあなたへ

「気持ちを伝えられたらいいんだけど、振られるのが怖いし、振られる自分を受け入れたくない…」「あの人のことが大好きなんだけど、嫌われるのが怖いから素直になれなくて…」

といったように、相手に思ったように好きな気持ちを伝えられないのってすごくつらいですよね。

「このままの状態を続けていたら、相手を傷つけてしまって嫌われてしまうかもしれない…」

怖いし、不安だし、相談しようにも誰に相談すればよいのかわからなくてモヤモヤしてはいませんか?

でも、ご安心ください。この悩みは解決できるんです。相手の気持ちを知り、気になってる相手との恋を始めるヒントをゲットするための唯一の方法があるんです。

それは、「占い」です。

「でも、占いって高そうだし気軽に一人で行きにくそう…」

そんなあなたにおすすめなのが『電話占いヴェルニ』です。

電話占いヴェルニ』は15万人以上もの人の、「人には言えないつらい悩み」を解決してきた国内最大手の電話占いサービス。

電話占いヴェルニ』は「プロの占い師」があなたに優しく寄り添って「霊感タロット」や「霊視」の力で占い、「あの人はあなたのことをこう思っているからあなたはこうしたほうがいいかも」といったようにあの人の本当の気持ちを教えてくれて、今後あなたはどうしたらいいかまでヒントをくれるんです。

なんと、登録と通話料は一切無料!人には言えない悩みを相談できる気軽さと厳しいオーディションを突破したプロの占い師からもらえるアドバイスの適格さにほとんどの利用者がリピーターになっています。

もし、あなたも「相手の気持ちが気になってしょうがない」「相手のことが好きなのに自分に素直になれなくてモヤモヤしている」という状況であれば、『電話占いヴェルニ』でプロの占い師に気軽に相談してみましょう!

電話占いヴェルニについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。↓

アプローチを待っている

相手からアプローチをしてほしいと待っていて、それまでは自分から行動を起こさないようにするために好き避けしてしまう人もいます。また、相手に自分の存在を知ってもらうために、わざと嫌な態度をとって好き避けをしてしまう人もいます。

好きな人からそのような空気を感じたら、こちらからアプローチしてあげるのも一つの手です。今の微妙な関係が進展するかもしれません。

奥手な男性の脈ありサイン、特徴、告白させる方法とは

「好き避け」と「嫌い避け」の違い

ここまで、好きな人をあえて避けてしまう好き避けについて紹介しましたが、嫌いな人に対しても同じような行動を取る人はいます。好き避け、嫌い避け、どちらも似たような行動を取るので、相手の気持ちがわからないという女性も多いと思います。

そこで、好き避けと嫌い避けの違いを解説します。

一貫性がない

好き避けと嫌い避けの決定的な違いとして、一貫性が全く無いということが挙げられます。好き避けの場合は、いつも目をそらす、いつも距離を置くなど一貫性がある傾向がありますが、嫌い避けの場合はあらゆる方法や手段を使って嫌いな態度を取ってしまうので、一貫性がありません。その時々で態度が異なったりすることもあります。

頼まれごとはきちんとする

好き避けの場合は相手に嫌われたくないという思いから避けてはいるももの、相手から頼まれたことはしっかりと対応をしてくれる特徴があります。

しかし嫌い避けの場合は、露骨に相手のことを嫌がるので、その人から頼まれごとがあったとしても、きちんと対応をしないこともあります。

距離が近い

好き避けの場合は、例え表面上は避けているような行動に見えても、心の中には好きな気持ちがあるので、距離が近い場合があります。一方嫌い避けの場合は、一見近くにいるように見えても、上半身がのけぞるように距離をとっているなど、無意識に離れようとしていることがあります。

好き避けされたときの対処法

好きな人に好き避けされたらどうすればいいのでしょうか。こちらが何もアクションしなければ、二人の中が進展せずに終わってしまう可能性もあります。そのため、好き避けされたら、正しい対処法をとりましょう。

笑顔で対応する

好き避けの行動を取っている男性は、近づきたくても緊張して話をすることもできないような状態になっているので、そのような状況の相手に対して笑顔で対応をすることで、相手の緊張も解れて、お互いの距離が一気に縮まっていきます。

好き避けをしている男性は、相手に対してどのようにアプローチすれば良いか分からない人も多いので、そのような男性に対してこちらは受け入れる体制が整っているということを知ってもらうためにも、笑顔で対応をするようにしてください。

相手の話を聞いてあげる

好き避けをしている男性はうまく女性との距離を縮めることが難しいので、こちら側から相手の話を聞いてあげることが重要になってきます。相手の話を聞いてあげることで、好き避けをしている男性との距離を縮めることができます。

また、相手が好き避けをしていると思ったら、積極的にこちらから話しかけるようにすることも大切です。

自分からアプローチする

こちらから積極的にアプローチをすることで、自分の気持ちを相手に伝えることができるようになります。相手のことを待っていたらいくら時間があっても足りないので、そうならないためにも、好き避けの行動を取っている男性を相手にする場合は、こちらから積極的にアピールしていくようにしましょう。

好きな人に効果的なアプローチとは?男女別にご紹介します!

まとめ

相手のことが好きだからこそ好き避けという行動を取っている人も多いです。好きな人に好き避けされた場合は、嫌われた!と思わずに、こちらからアプローチする勇気を持つことも必要です。