結婚できない人の特徴はこれだった!知って防ぐ豆知識

女性であっても男性であっても適齢期には結婚することが普通でしたが現在ではそうでもありません。最近では結婚したくない人が増えたというのもありますが、依然として結婚したいけれどできない人もいます。出会いがなかったりという環境要因もありますが、それ以外にも生活パターンや暮らし方などといった原因もあります。

結婚には覚悟がいりますし、それだけでなく経済的にも負担が大きくなったりそれ以上に時間も束縛されるなどと言った印象を持っている人もいます。結婚したいけれど結婚できない原因というのはどんなものなのか、それに男女差はあるのかなど知っておくとよいでしょう。

結婚できない女性の特徴

かわいらしいとか性格が良いからといって必ずしも結婚できるとは限りません。女性の幸せは結婚と呼ばれる時代はとうに終わりましたが、やはり女性は子供ができる年齢というのにも男性より上限がありますので、結婚したいと願っている人は今でも数多くいます。

一方で婚活産業が発達したり、SNSなど新しい出会いの場もあるのが現代です。晩婚化も進んでいますので、30代でも初婚である人も珍しいものではありません。出会いはあるし活動的だけれども結婚できない女性にはどのような特徴があるのか、知っておくとよいでしょう。

生活パターンがずぼら

現在では大和撫子のような上品な女性を好む男性はそんなに多くないとはいえ、やはり女性のイメージは大切です。結婚して家庭をというところを考えると、やはり清潔感や毎日を生き生きと過ごしているか、というのは大事です。

最近はコンビニエンスストアの発達などによりずぼらな生活でも食事に困ることもなければだれに迷惑をかけることもありません。しかしながら生活パターンがずぼらな女性は、それだけでだらしないと思われてしまいます。だらしない女性には未来を描こうという男性も少なくなります。また、ずぼら以外にもガサツな女性も嫌われがちですので注意をしたほうがよいです。

趣味に時間を取っている

ストレス解消や余暇を充実させてくれるという良い役割を果たすのが、趣味を持つということです。しかしながら趣味に時間を取り過ぎるとそれだけで結婚相手の男性からは結婚を避けられることになります。

趣味といっても喫煙やギャンブルなど男性に嫌われるものもあります。それだけでなくライブ鑑賞など時間を多く使うものかつそれで休日のすべてを費やすのであれば、結婚生活を意識することができなくなるからです。

家事が出来ない

いくら男女平等が謳われて久しい時代であり、そして女性が自立して働くことができるからといって、女性には家事を求めている男性が少なくありません。ですので、家事のできない女性というのはそれだけで結婚ができないというイメージになります。

特に子どもができてからは仕事をセーブして子育てをすることになりますが、そういったときにやはり家事ができないと育児もできないのでは、と思わせられます。将来的に専業主婦になる人を嫁に迎えたいと思っている男性にとっては、家事は結婚生活に必須のスキルになります。

それだけでなく料理が下手な人も、男性が結婚したくなくなる理由の一つです。毎日料理を食べるわけですので料理がおいしくないというのは、家に帰りたくなくなります。趣味が料理というほど熱中しなくても良いのですが、結婚したいと考えているならば全く料理は作れない、作れる料理は数品だけといった状況は避けるほうがよいです。

仕事に生きがいを感じている

仕事に生きがいを感じるのは一見悪いことのようには思えません。男性側が家事をすればよいだけの話ですが、そのように考えている男性は少ないです。働く時間が長すぎる、男性以上に働いているキャリアウーマンの方には結婚したときの家事負担を考えて男性に躊躇されることもあります。

家事を折半しようと考えている男性であっても、やはり自分に降りかかってくる家事負担を考えると、仕事ばかりしている女性との結婚に不安を感じることもあります。仕事に生きがいを感じることで、自分を大事にしてくれないのではないかという懸念を感じる男性もいますので、仕事好きや長時間労働もほどほどにしておいたほうが良いかもしれません。

結婚できない男性の特徴

結婚ができない女性もいますが、それと同じように結婚できない男性もいます。結婚したいと思っていない男性ももちろん多いですが、結婚したくてもできない人もいます。

やはり、女性が結婚に求めるものは、たとえば経済的安定であったり相手と一緒に過ごすことができる時間の安らぎだったり、子どもも含めた幸せな家庭などです。そういったものがイメージできない男性ですと、結婚できないと思われても仕方ないのです。

清潔感がない

清潔感がない男性というのは、結婚どころか婚活のスタートラインにすら立てません。ひげを剃らずに伸ばしっぱなしにしていたり、肩にフケがあったり清潔にせずに風呂に入らず体臭があるなどといった男性は、結婚相手にふさわしくないと思われるでしょう。

外見を過剰に磨く必要もありませんが、かといって社会人としてビジネスマンとしてふさわしいくらいの清潔感を保つ必要があります。不潔でだらしのない男性は嫌われますので、外見はもちろんのこと生活態度もある程度きちんとしておくとよいでしょう。

睡眠時間が不規則

睡眠時間が不規則な男性も、家庭生活の面では結婚に向かないと思われることがあります。夜勤などで人と生活時間が違う場合も結婚生活を考えられないと思われます。睡眠時間が不規則であっても、交際中の彼女との時間を大切にしようとする姿勢がうかがえるのでしたら、結婚の障壁になることもないでしょう。

しかしながら、睡眠時間が不規則であるにもかかわらず、それに合わせるよう相手に強制するのであれば結婚相手として考えられません。睡眠時間が不規則である働き方をしている人なら、相手をより使い、家族として尊重するように気を付けるとよいでしょう。

仕事に追われる毎日

男性が仕事をまじめにすることは悪いことではありません。むしろ定職についていないとか、仕事をまじめにやる気がないという男性は、結婚相手としてふさわしいと考える女性はあまりいないでしょう。

しかしながら、仕事に追われて家族の時間がないという男性は、付き合う相手と出会うことも難しいですし、出会ったとしても結婚をイメージすることも容易なことではありません。仕事をすることはよいことですが、結婚を考えているのであれば仕事のみに追われる毎日というのを改善していくとよいでしょう。

子供を欲しくない

子供を全くほしくない人は、結婚相手として嫌がられることが多いです。結婚願望のある女性なら、その先の子どもを持ってママになるという望みを持っている人も少なくありません。男性が比較的高齢になっても子供を授かれるのに対し、女性は出産年齢にリミットがあります。

子供を欲しくないと公言しているような男性には、なかなかその気持ちを理解するのは難しいかもしれませんし、結婚せずにステディなパートナーとして考える、ということになるかもしれません。結婚をしたいと思うのであれば、そのあとの家族としての未来をどうするのか、積極的に考えるとよいかもしれません。

アラサーでも結婚願望がない人


アラサーとは、30歳前後の年齢のことを言い、仕事でも脂がのってきた時期です。昔はクリスマスケーキと言って女性の25歳以降の独身者は売れ残りとされて揶揄されていました。しかし現在では、初婚年齢がやや上昇し、30歳を境に結婚する人が多いです。

ですが一方でアラサーといういわゆる結婚適齢期を迎えても結婚したいと思っていない人は男女問わず少なくありません。独身生活を押下する男性と女性の理由を見てみましょう。

独身生活を満喫している

やはりアラサーという結婚適齢期になっても結婚したくない男女ともに独身生活を謳歌している人が多いです。例えば趣味に思いっきりお金と時間を使ったり、地元の友達などと一緒になって休日を謳歌するのです。

趣味仲間や友達がいて一緒に出掛けている男性とともに、女子会などで飲み会や遊び、旅行などを楽しんでいる女性も少なくありません。そのように毎日が充実しているなら、その今の生活を崩してまで結婚したいとは思わないようです。

現在ではレジャーの多様性、趣味のバリエーションがかなり豊富になっています。そのため、独身のほうがお金も時間も好きに使えますし、独身仲間も多いです。これだけ未婚率が上昇した世の中だからこそ、一緒に独身生活を楽しめる仲間もいたり、実家の親もそれを歓迎していた李というふしもあります。独身でいたいという人にとっては、比較的その生活を楽しむことができる世の中なのです。

貯金を自分のためだけに使いたい

結婚すると、どうしても経済的な負担を考えてしまいます。特に子ども一人育てるのに2000万円かかるなどと言われていますし、出産の際にはどうしても女性が、育児の際にはどちらかが働き方をセーブしなければなりません。そんなことを考えると、結婚にはお金がかかります。

多くの人がやる結婚式についても、何百万円もお金がかかりますし、結婚すると親戚付き合いなどもありますので独身の頃のように自由にお金を使える機会が少なくなります。そのため、貯金は自分のために使いたいと思う人は、結婚という現場からどうしても遠ざかってしまうのです。

異性に対する苦手意識がある

草食男子などと言う言葉がはやった通り、自分から結婚や付き合いに慢心できる男性が少なくなっています。また、ソーシャルメディアなどの発達によって、人付き合いが下手な人も増えてきています。そのような人にとっては、異性と付き合ってその人が一生のパートナーかどうか見極め、さらにその人に結婚を申し込む、それは高いハードルになります。

そもそも、異性とあまり付き合ったことのない人にとっては、結婚することがとてつもなく高いハードルのように思えてきます。ですので、そのような高いハードルを越えるのであれば、むしろ結婚せずに今のまま独身生活を謳歌しようということになります。昔であればおせっかいなお世話役の人がいて適齢期の男女を結婚させようとしましたが、現在ではそんな慣習が絶滅しているというのも理由の一つです。

そもそも結婚に対して魅力を感じない

趣向が多様化した今、結婚自体に魅力を感じない人が男女ともに増えてきています。結婚すると時間もお金も家族のために使わなければならない、気軽に仕事をやめたりできない、転勤や転職一つ取っても家族に気を使わなければならないと、結婚制度についてそこまで魅力に感じることはありません。

加えて、結婚することが必ずしもあたりまえでない今、結婚で得られる家族手当なども縮小されていますので結婚自体が普遍的でかつ恩恵を受けられる制度というわけでもありません。そうした人にとってみれば結婚がひどく魅力のないシステムに映ります。

結婚できない不安を解消するには

結婚願望があるけれど結婚できない、そのようなことを不安に感じる人ももちろんいます。出会いがなかったり、どのように付き合っていいかわからない、一生のパートナーをどのようにして見極めたらよいのかわからないということも、もちろん理由として挙げられます。

とはいえ、結婚せずに今の生活を続けていても親は年老いていきますし、もしかしたら一人で老後を迎えないといけないかもしれません。そういったときに、結婚したいと思う人も少なくないでしょう。人によっては、結婚できない焦燥感を感じる人もいます。

とはいえ、結婚をあきらめる必要はありません。ですので、結婚をしたいと思うのであれば、婚活を積極的にして見るとよいでしょう。

出会いの場へ積極的に参加

婚活を始めるのは少し勇気がいりますが、そのような改まった活動でなくても、出会いの場に積極的に出かけてみるのはよいでしょう。例えば趣味の集まりであったり、飲み会であったりオフ会や同窓会など、人の集まるところに出かけていくことで、出会いがあるかもしれません。

転職してみる

仕事場に出会いがないからといった理由だけで転職するのはあまりおすすめできません。しかし、仕事ばかりになって家に帰るとほかのことができないくらい消耗しているのでしたら、いっそ転職してみるのも一つの方法です。転職することでワークライフバランスが整い、家庭を持ちやすくなるからです。

毎日夜遅くまで働いたり、勤務時間が不規則な中で長時間労働が続いて結婚など次のステップを考えられないという場合は、転職してライフスタイルを整えてみることから始めてみるとよいでしょう。

今の生活を見直す

今の生活を見直してみることも一つの方法です。生活リズムがすぼらでだらしがない人は、結婚相手としてふさわしくないと考えられます。そして、今の生活を見直すことで気持ちに余裕が生まれます。特に家事などをして部屋をきれいに保つようにすれば、異性を呼びやすくなり、そしてパートナーに結婚をイメージしてもらいやすくなります。

ドラマ「結婚できない男」とは

今でこそ結婚できない適齢期を超えた人を取り上げたドラマは珍しくありませんが、やはり結婚できないアラフォーを取り上げたドラマとしての先駆け的な存在が、フジテレビ系列の関西テレビで放映された「結婚できない男」です。

仕事への評価も高くてルックスも良い40歳の男が結婚や女性に対して嫌悪感を表していたが、日々の生活にもむなしさを感じていて・・・という話です。

あらすじ

結婚できない男主人公の桑野信介は、40代の独身であり女性や結婚を毛嫌いしていました。独身生活を謳歌しながらも何かむなしさを感じていました。仕事が忙しい独身の女医、早坂夏美と知り合い、そしてついには心を通わせていくという物語です。さらには、同じマンションの隣人である田村みちるも巻き込んだ三角関係のような感じになるなど、ハートフルコメディの側面もあります。

主人公について

結婚できない男の主人公である桑野信介は、40歳独身。優秀な建築家でありながら、めったに妥協しない性格であり、自分より押しの強い人物には負けてしまう側面があります。高学歴高収入高身長の「三高」を満たしていますが、女性や結婚を嫌悪しており、結婚する気はありません。

「結婚できないのではなく結婚しない」と主張し、結婚は「妻と子供と住宅ローンの三大不良債権を背負わされる」「百害あって一利なし」などという持論を持っている完璧主義の男です。

主要キャスト

40代独身で結婚できない完璧主義者、主人公の桑野信介役に阿部寛さん、独身で優秀な勤務医であり、恋人との別れから結婚できなくて独身をこじらせている早坂夏美役に夏川結衣さん、マンションの隣人であり交際相手への理想が田村みちる役に国仲涼子さん、ほかにも桑野の部下役で女性にもてる村上英治役に塚本高史さんがキャスティングされています。

まとめ

最近では男性女性を問わず、結婚しない、もしくは結婚できない男女が増えてきています。独身でいる理由は男女それぞれあり、男性は独身時代と同じような生活をしたかったり人を養うことに躊躇する場合はあります。

一方で女性は、キャリアに対する不安や実家が居心地がよいため独身でいるといた人もいます。一方で結婚したくてもできないという人もいます。