学生結婚の注意点は?メリットデメリットを把握して幸せになろう!

一般的には、世間体が悪いと言われる学生結婚。デメリットもある学生結婚ですが、もちろんメリットもありますよ!今回は恋愛アドバイザーのM.Sさんのアドバイスをもとに、学生結婚での注意点や就職活動についてまとめました。学生結婚はナシ!と決めつけるのではなく、良いこと悪い事を受け入れて幸せを目指しましょう!

学生結婚をするメリットは?

日本ではマイナーな学生結婚ですが、少数ながらも学生結婚している夫婦は存在しています。若くして籍を入れる学生結婚には、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、学生結婚をして良かったことを紹介します。

共通の時間を長く過ごせる

学生結婚をすることで、お互い夫婦として長い時を一緒に過ごす人生が送れます。夫婦として、また家族としての思い出をたくさん作ることができますね。社会人になって結婚した夫婦であれば、お互いの仕事があるため一緒にいられる時間は限られてしまいます。

その点、学生同士であればお互いに自由にできる時間が社会人に比べて多いため、2人の関係をゆっくり深めることができるのは大きなメリットといえるでしょう。

婚期を逃す恐れがない

学生として結婚するということは、20歳前後で結婚することになりますね。そのため、40代手前になって気が付いたら周囲は既婚者ばかりで自分は未婚のまま…と焦らずに済むのです。人生にはいろいろあります。「あの時、結婚しておけば…」と婚期を逃したと後悔することもあるかもしれません。

そう考えると、「学生結婚なんてお互いに精神的に未熟、経済的に不安などのハードルがある」と周囲から言われても、結婚したい相手がいる時に結婚するのは大事なことかもしれませんね。

早期人生設計ができる

結婚は、他人同士が家庭を築く人生の一大イベントです。そのため、何歳で結婚してもお互いのライフスタイルを擦り合わせる必要があります。実際、結婚してみたらお互いの価値観や常識が違うことに驚いたという話も聞こえてくるほど。学生結婚で若いうちに結婚すれば、そういったお互いの生活のギャップに関して柔軟に対処でき、かつ早くから生活の基礎を固めることができますよね。

また、出産が早い場合は、若く体力があるうちに育児ができるのも大きなメリットとなります。結婚生活で大変と言われる「家事に育児に介護」に関して、若いうちから長期的に必要なものを見定めることができるのも学生結婚の大きな利点と言えるでしょう。

学生結婚をするデメリットは?

学生結婚のメリットがある一方で、もちろんデメリットも同じくらいあります。このデメリットを把握して、どのように対処するかによって学生結婚生活の快適度が変わってくると言えそうです。

経済的な負担が大きい

学生という立場上、学費や生活費を親に負担してもらっている人も多いかと思います。学業以外にアルバイトをしているのであれば、毎月暮らせるくらいのお給料を稼ぐのは思ったより大変だと感じているのではないでしょうか。

結婚や引っ越し費用、出産の費用、生活費として毎月ある程度のお金がかかります。そういった結婚の初期費用や毎月の生活費をどのように捻出するかという問題は、非常に大きいと言えるでしょう。

将来もっといい人に出会えるかもしれないという不安がある

結婚して夫婦になるということは、今後の人生を一緒に過ごすパートナーを決定したということです。学生結婚は年齢も若いため、人生経験も浅いことが多いはず。これから先、社会人になって世界が広がり、精神的にも成長する可能性があるのに「本当にこの人でいいのだろうか」という不安があっても不思議はありませんよね。

世間体が気になる

学生結婚をする理由として多いのが授かり婚です。そのため、「学生結婚=無責任・無計画」というイメージから世間体が悪いと考える人が少なくありません。また、学生という立場上、親から学費や生活費などの経済的な負担をしてもらっていることが多く、そのため「自立していないのに」や「結婚、妊娠、学生卒業の順番が逆」など、周囲から理解してもらえない場合も多々あることを覚悟しておきましょう

学生結婚で気を付けることは?周囲を味方につけて!

学生結婚の場合、社会人になってからの結婚よりも気を付けたいことがあります。特に身内や周囲の強力が学生結婚には欠かせません。ここでは学生結婚で、これだけはクリアしておきたい点をまとめました。

お互いの両親や親族に理解を得られるよう努力する

結婚生活を送る上で、両親や親族に理解してもらうにこしたことはありません。特に学生結婚は、経済面で両親や親族の援助をお願いする機会もあるかと思いますが、学生結婚は世間体が悪いイメージがあるため反対されることも多くなります。

しかし、理解してもらえないから、反対されたらと疎遠になるのではなく、学生結婚をする際は誠意をみせて、学生結婚をしても生活は大丈夫だと安心してもらえるように両親や親族を説得することが大事です。できれば、1人だけでも味方になってくれる親族を見つけて加勢してもらえると良いですね。

人生設計と資金計画をしっかり立てる

学生結婚の一番のネックとなる資金面や結婚してからの計画をしっかりと考えましょう。この資金計画と人生設計を確立することは、両親や親族に誠意をみせて納得、安心してもらうためにも必須となりますよ。具体的には、学校は卒業するのか、就職はどうしていくのか、現状の貯金は夫婦でいくらあって、生活費は夫婦でいくらかかり、アルバイトで毎月どのくらい稼ぐのか等です。

「お金より愛」という言葉もありますが、お金がなければ心の余裕もなくなり、愛も次第になくなっていきます。若さだけで乗り切ろうとせず、しっかりした人生設計と資金計画を立てることで先行きの不安も軽減されるものです。

学生結婚の世間体が悪いのはなぜ?

前述したように学生結婚は世間体が悪いイメージが強く、周囲に理解されないことも多くあります。中には口さがない事を言う人もいるかもしれませんが、どのようなことを言われるのかを知っておけば心構えもできますね!

学生という立場をわきまえていない

学生というと親や親族から学費や生活費を出してもらっている人が多いかと思います。そして、世間一般的には「学費や生活費を出してもらっている=自立していない」と考える人は大勢いるのです。よって、「自立していないのに結婚なんて」「すねかじりの分際で」ということにつながるのです。

いずれにしても、あなたが学業と家庭を両立すれば周囲の人たちの見る目も変わって「家庭を持ちながら、きちんと勉強しているなんて偉い」と認めてもらえるようになるでしょう。

無計画・無責任

実は、学生結婚する理由として1番多いのがパートナーの妊娠です。未だ、妊娠は自立して結婚してからするものというイメージを強く持つ人が多いため、妊娠、結婚と順番が逆ということで快く思わない人も存在します。加えて学生となると、出産するにあたって学生の本業である学業をストップする必要もあるかもしれません。そういったことが、学生結婚は無計画で無責任だと思われてしまうのです。

しかし、これは自分たちが信じて選んだ道。それを疑わずに、こういった世間的な風潮に負けないようにしていきたいですね。

学生結婚は就職活動に不利?

学生結婚は、就職に不利と考えている人もいるようですが、それは本当でしょうか?ここでは、学生結婚後に就職活動をした経験者の感想と企業の採用担当関係者の意見をまとめました。

学生結婚経験者や採用担当関係者の意見

  • 就職活動で大切なのは「学生結婚をしているから不利」と一概には言えない。
  • 学生結婚をしていることを隠さず、正直に伝えること。
  • 学生結婚しているからこその覚悟があり、誠意や責任感があることをポジティブに伝えられること。

このように結局、企業が求めているは学生結婚しているしていないに関係なく、何事にも真摯に向き合える姿勢を持った責任感ある人が求められていると考えられますね。

学生結婚をカミングアウトするべき?

世間体が悪いと言われる学生結婚。それを心配して、友人や周囲の人に学生結婚した事実を伏せている人もいるようです。しかし、秘密を抱えて過ごすのはなんとも気を遣うものです。学生結婚は内緒にしておくべきか、それとも知らせるべきかについてまとめました。

学生結婚したこと、していることを最初から話すがベスト

結婚した時期や年齢に関係なく、友人や周囲の人に結婚の報告はした方が良いです。なぜなら、学生結婚した(している)事実を伏せておいて後からそれが発覚した場合、信用されていない、水臭いなどと、打ち明けてもらえなかったことを相手が残念に思ってしまうから。

もし、相手が学生結婚の対して悪いイメージを抱いているとしても、自分やパートナーから直接伝えることで誤解を解くことができるかもしれませんよ。

事実を知って離れていく人がいる場合も…

学生婚をしたとしても、あなたとパートナーが周囲の理解を得られるように誠意と心を尽くし努力をしているのであれば、ただ単に結婚と妊娠が早まっただけのことです。なんら恥じ入ることはありません。

しかし、前述のように学生結婚に対して悪いイメージを持つ人がいるのも事実です。そのため、学生結婚をしていると告げることで離れていく人もいるかもしれません。残念なことではありますが、離れていく人は遅かれ早かれ離れていくことになるので気にせず、理解してくれる人たちを大事にしましょう。

まとめ

デメリットが多いと思われている学生結婚ですが、メリットもたくさんあります。大事なのは学生結婚をする上で、しっかりと人生設計を行い、覚悟を持つことです!世間の目は冷たいかもしれませんが、当事者がしっかりと周囲を納得させるように生活を送ることで理解者も増えて行きますよ。

また、学生結婚は就職活動に不利と言われていますが、一概にはそうとも言えないようです。企業が求めているは、学生結婚をしているかどうかは関係なく、誠実で責任感の人材です。

学生結婚は逆風が多いかもしれません。しかし、今回の記事を参考にして、自分たちが選んだ道を信じて進めば、きっと幸せにたどり着くことができますよ!