片付けられない女の特徴・心理。部屋が整理できない原因と対策

女性の中にはなかなか片付けることができないという方がいます。

いつまで経っても部屋が整理できない。どうしても洋服が片付かない。どんどん部屋にものが増えて、しまいにはゴミ屋敷のようになってしまう・・・。

そんな悩みを抱えて、対策法や「片付けられない女」脱却法を知りたい方も多いでしょう。

どうしてそのようなことになってしまうのでしょうか。どうすれば解決できるのでしょうか。片付けができない女性の実態について注目してみましょう。

片付けられない女の特徴


片付けられない女性がいます。そのような女性には共通する特徴があります。

まずは、その特徴についてみていきましょう。

貯めて一気にかたずけるの繰り返し

片付けられない女性というのは何もずっと片付けないのではありません。こまめに片付けないのが特徴となっています。

ずっと片付けをしていないとどんどん物が溜まっていってしまうでしょう。そして、あるところでさすがに限界だと気がつくのです。そこで一気に片付けるのです。

そして、また物が溜まってしまうまで放置してしまいます。

定期的に片付けをするという習慣がないのです。一気に片付ければ良いという発想になってしまうのです。そのため、いつまで経っても片付けをすることができなくて困ってしまいます。

このような女性はたくさんいるのです。物がたくさん溜まってしまうと簡単に片付けられなくなってしまい、限界まで溜めこんでしまうのです。

いるものといらないものの判断ができない

片付けができない女性というのは判断ができない方が多いです。

部屋の中にたくさんの物があるときに、一体どれが必要なものであり、どれが必要のないものなのか自分で判断することができません。そのため、片付けようと思っても何から手をつければ良いのかが分からなくなってしまうのです。

どれも必要なもののように思えてしまうという方がいます。このままではいつまで経っても片付け始めることすらできなくなってしまうでしょう。そして、結果的に物ばかりが増えてしまうのです。思い切って必要のないものを捨ててしまうという判断ができないのです。

両親がそもそも片付けられない人達だった

そもそも片付けられない女性というのは両親が同じように片付けられなかった可能性があります。

子供というのは両親のことをみて育ちます。両親の性格や生活習慣を受け継いでしまうことが多いのです。良い習慣を受け継ぐならば良いのですが、中には悪い習慣を受け継いでしまうこともあるのです。

両親が片付けをできない人だったならば、その子供も同じようになる可能性が高いのです。

そもそもどうやって片付けをすれば良いのかが分からないのです。

片付け方というのは誰かから教えてもらったり、実際にそれを目にしなければ身につけられることではないのです。そのような機会を与えられなかった女性が片付けられなくなります。

片付けられない女は女性全体の約半数に及ぶ

参考:フェリシモ お片づけ部 グラフは編集部で作成

片付けられない女は、決して珍しい存在ではありません。

フェリシモお片づけ部が、20代〜50代の女性を対象に行ったアンケート「整理と収納に関する意識調査」によると、女性のおよそ半数が「片付けができていない」もしくは「ややできていない」と回答しています。

片付けられない女はどうして片付けられないのか


それではどうして片付けられない女性は、そのような事態に陥ってしまうのでしょうか。片付けられなくなってしまう要因について説明しましょう。

前述のフェリシモお片づけ部のアンケート調査では「時間がない」「面倒になってしまう」などの理由が上位を占めました。

参考:フェリシモお片づけ部 グラフは編集部で作成

片付けられない女性にありがちな悩みを見ていきましょう。

物に執着している

片付けられない女性は物に執着している可能性が高いです。捨てるべきものをなかなか捨てることができないのです。捨てたらもったいないと考えてしまいます。

そのため、本来であれば必要のない物であっても、捨てるという決心をつけることができなくて悩んでいるのです。物に執着しているというのは片付けられない女性の共通点といえるでしょう。

計画性がなくあれもこれもと買いだめ

計画性のないのも特徴となっています。自分の欲しいものがあれば、あれもこれもとすぐに手を出してしまうのです。そうするとどんどん家の中に物が溜まっていくことになるでしょう。そうなるとますます片付けができなくなってしまうのです。

家の中に物ばかりが溢れかえってしまうことになります。

部屋の間取りに見合わない量のものを、部屋に溜め込んでしまうと「片付けられない」原因になります。どこから手をつけて良いかわからなくなりやすいのです。ミニマリストになるというような意気込みで、思い切った断捨離が必要です。

判断ができない

片付けられない女性は上手く判断することができません。いるものといらないものを分けることがまずできないのです。また、どこから片付けるべきなのかも判断することができません。

どうしてこのようなことになるかというと、元々の性格が影響していたり、病気のためにそうなっているケースもあります。あるいは育ち方が影響していることもあります。

片付けられない女性は実は病気、障害の可能性も


女性が片付けをできない原因の一つとして病気があります。病気になっているために、物を片付けようと思っても片付けることができないのです。

それではどんな病気の可能性があるのか説明しましょう。

うつ病

まず、うつ病になっている可能性があります。

うつ病にはさまざまな症状があるのですが、片付けができなくなるという症状になってしまうことがあるのです。これまで普通に片付けができていたのに、突然片付けられなくなった場合にはうつ病を疑ってみると良いでしょう。精神的にとても追い込まれており、片付けどころではなくなっている可能性があるのです。

まさか自分がうつ病なわけはないと考えてしまう方が多いのですが、片付けられなくなったということがサインとなっている可能性もあります。このような病気を疑ってみるべきでしょう。

ADHD

ADHDの方は片付けをするのが苦手だというケースがあります。こちらは日本語に訳すと注意欠如多動性障害であり、発達障害の一種です。基本的には子供の頃からずっと障害を抱えているものであり、大人になって初めて気がつくというケースもあります。不安な方は一度病院で検査を受けてみると良いでしょう。

発達障害の場合は普通の人ができることが困難になってしまうケースがあるのです。軽度の場合もあります。これまでは性格的な問題で片付けられていたことが実は発達障害だったということもあるのです。

強迫性神経症

強迫性神経症になっている可能性もあります。

こちらは、たとえば家の鍵をかけたのか気になってしまい何度も確認してしまったりするような病気のことです。さまざまな症状があるのですが、その中にはとにかく物を貯めなければ気が済まないという症状もあるのです。

不用品を捨てられない場合にはこちらが当てはまることがあります。

片付けられない女からの脱出法


それでは片付けられない女性から脱出するためにはどうすれば良いのでしょうか。簡単なことではないのですが脱出法はあります。それについて詳しく紹介しましょう。

自分の好きな部屋、理想の部屋を妄想する

まず、自分にとっての好きな部屋や理想の部屋を妄想してみましょう。そこはとても部屋が片付いていて、キレイな状態になっているのが良いでしょう。

そのような部屋を妄想してみて、あこがれを抱けるようになったならば、自分で部屋の中を片付けてみようという気持ちが生まれるはずです。

小さな部分からかたずける

部屋の片付けができるようになるためには、小さな部分からまずは手をつけてみましょう。その部分だけでも片付けることができたならば、達成感が生まれます。

達成感があれば、部屋の片付けのやる気が生まれるようになるでしょう。そして、徐々に片付ける範囲を広くしていくのです。そして、これを繰り返していくことによって、習慣化していくでしょう。

「捨てる」ではなく「いるものを残す」

片付けようとする場合、何を捨てるのかを考えてしまうことが多いです。

しかし、このような考え方ではいつまで経っても終わらないでしょう。発想を転換させて、いるものを残すと考えてみましょう。これから3ヶ月以内に使う予定のあるものだけを残していくのです。必要なものを残すようにしておくと、それ以外のものはすべて捨てることができるでしょう。

これからすぐに使う予定のあるもの以外は家の中に置いておくべきではないのです。いつか使うかもしれないと考えて、実際にそれを使うことになるケースはほとんどありません。

まとめ


なかなか部屋を片付けられない方はたくさんいるでしょう。

そのような女性が現状から脱却するための方法について紹介してきました。ぜひとも実践してください。

部屋をしっかりと片付けられる女性になることができれば、さまざまなメリットがあります。今すぐにでも部屋の片付けを始めてみましょう。