「結婚しない女」の9つの共通点!「結婚できない女」との違いとは?

結婚は女性にとって一つのターニングポイントでもありゴールとも言われており、昔の女性は家庭を持ってこそ幸せという考え方の人がほとんどでした。しかし、最近は結婚しない女性が増えてきています。「いつかは結婚したいけどまだしない」という人もいれば、元々結婚する気がない人もいます。その理由を説明していきたいと思います。

「結婚しない女」キレイだけど独身の女性芸能人

キレイだけど何故か結婚しておらず独身の女性芸能人の方は多くいます。今回はそんな中から3人紹介したいと思います。

深津絵里さん

SWITCH Vol.29 No.11(2011年11月号) 特集:深津絵里

深津絵里さんと言えば、様々なCMやドラマで活躍され、現在は映画をメインに出演されていらっしゃいます。現在40代とは思えない程、綺麗な人で結婚していないのが不思議なぐらいです。交際関係として一番有名だったのが小沢健二さんで結婚まで行くのではないかと思われましたが結局破局しました。

また現在も結婚しない理由としては深津絵里さんは一人で過ごす時間が好きなようです。確かに結婚をすると一人の時間を取るのは厳しいですから、このまま結婚しないって事もあり得るかもしれません。

滝川クリステルさん

GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2014年 02月号 [雑誌]

滝川クリステルさんはフリーアナウンサーとして活動し動物愛護生物保全の活動家で知られています。東京五輪の決めてともいえる「オ・モ・テ・ナ・シ」スピーチを披露し世界でも一躍話題の人となりました。

そんな滝川クリステルさんも40代。小澤征悦さんと結婚の噂もありましたが破局しました。小澤征悦さんが復縁を望んでいるそうですが断っているそうで、結婚はあまり考えていないのかもしれません。

石田ゆり子さん

Ku:nel (クウネル) 2018年 3月号 [料理/輝く50代を目指して/石田ゆり子] [雑誌] ku:nel(クウネル)

石田ゆり子さんといえばドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演したことをきっかけに奇跡のアラフィフとして再ブレークしています。

ドラマ「逃げ恥」では仕事に夢中で恋愛経験に乏しい女性という役で出演し、結婚や年齢、ジェンダーに関する鋭い名ゼリフを多数生み出し、多くの共感を得ました。

森本智子アナウンサー

テレビ東京のアナウンサーとして勤めている森本智子アナウンサーと言えば小林真央さんとの関係や涙を流した事で話題になっている人です。

現在は40歳と結婚していてもおかしくない年齢ではありますが、これまでの熱愛に関する報道はありません。現在はテレビ東京編成局アナウンス部の課長をされていらっしゃる事から仕事を優先し男性との交際を後回しにしたのかもしれません。

▼関連記事
石田ゆり子、年齢・結婚の嫌みをバッサリ!【逃げ恥の超名言】

「結婚しない女性」の特徴と心理


結婚をしない女性は様々あります。ただ単に結婚をしたくない人、結婚はしたいけどなかなか踏ん切りがつかない人やどうしても隠しておきたい秘密など様々な理由があります。

①一人でいるのが気楽

結婚をしないほとんどの理由がこのタイプになります。結婚をするという事はパートナーとなる人と一緒に過ごすわけです。いくら気を許した相手といっても一つ屋根の下で暮らすわけですから気を遣ったりもしますし相手に気を遣われます。

また、結婚をするという事は多少なりとも自分の時間を縛られるという事です。自分の時間を特に大事にしてる人にとっては「結婚=束縛」と感じる方も多いようです。

更に、このタイプは一人でいるのが好きですから友人付き合いも少なく、家で過ごしたり一人で旅行に行く事が多いので異性だけでなく同性との交流も少ないのが特徴となっています。

②お金に余裕がある

自立心が強く、自分で物事をやってきた女性が多く、結婚したとしてもパートナーには迷惑をかけない、甘えないという考え方の人が多いようです。

例え、相手が貯金の事を気にしていなかったとしても自立心が強く自分の事は自分ですると決めているのでなかなか結婚まで進まないのです。

③仕事でやりたいことがある

やはり大きな心理としては仕事に専念したいからでしょう。少し前までは仕事は男性がするのもというイメージが強くありました。

しかし、現在ではその考え方も変わってきています。女性が社会進出し、女性でもやりがいのある仕事や会社の中核を担うようになってきました。もちろん結婚をしても仕事は続けられます。家庭を持ったとしても育児休暇を取れば職場に復帰することも可能です。

しかし、家庭と仕事の両立には限界があり、パートナーの協力がないとどちらもおざなりになってしまう可能性があります。

仕事に生きがいを感じているからこそ、夜遅くまで働く自分が好きなのです。周りが何と言おうとも結婚はしないで一人で生き抜く覚悟の現れでもあります。

④異性と一緒に過ごすことが想像つかない

今まであまり異性と付き合ったことがない女性からすれば結婚をして一つ屋根の下で一緒に過ごすなんて想像もつきません。

結婚願望がある人や異性と付き合ってきた女性であれば結婚すれば料理をしたり洗濯をしたり等、少しは結婚後の自分の姿を想像することができるのですが、異性とあまり付き合ったことがない人はこの想像ができません。

周りがどんどん結婚をしたとしても、結婚をするようにすすめられても異性と一緒の時間を過ごす事が想像できないのであれば「結婚」の二文字も思い浮かべる事はないでしょう。

⑤人には内緒にしておきたい秘密の趣味がある

変わった趣味などを持っていると秘密にしたくなるもの。例えばアニメなどの二次元作品が好きだったりすると、理解できない人は本当に理解できません。

またアニメについて熱弁してしまいドン引きされてしまった経験があれば余計に隠したくなりますよね。また、賭け事を趣味にしている人は節度を守っているとは言えギャンブルはあまりいい印象を与えませんので結婚しないという方も多いようです。

「結婚できない女性」の特徴と心理

男性にも理想の結婚相手がいると同時に、絶対に結婚をしたくない女性像というものがあります。「自分は大丈夫だ」と思っていても案外、結婚したくない女性像に入っているかもしれません。男性が結婚したくない女性の特徴とは一体どんなものなのでしょうか?

①ズボラ・ガサツ

現在は特に大和撫子を女性に求めているわけでなく、さばさばした性格の女性がタイプという男性も多いです。しかし、バッグや財布の中身が汚かったり、服で手を拭いたり、食事中に喋ったり、髪はボサボサ、ファッションには無頓着などガサツな様子を見ていると一緒にいて恥ずかしいものです。

また、結婚後の苦労も目に見えてるのでズボラ・ガサツな女性とは結婚しようとは思わないでしょう。

②夜遊びが好き

夜遊びが好きな女性はいい印象を与えません。夜遊びが好きという事はお金の使い方も荒くなってしまいますし、また、他の男性と浮気をしたり不倫をしたりするのではないかと思われる為、彼女にはできるが結婚までしたくない男性が多いようです。

仮に浮気をしない、お金遣いが荒くなくても、夜に家を空けておく女性は信用できないという事でしょう。

③料理や家事が苦手

今でも女性は料理ができて当たり前、家事が出来て当たり前だと思っている男性は多いようですし、やはり結婚をするならそこを求める人が多いでしょう。

しかし、女性の社会進出に伴い、女性が料理をしたり家事をする事は減ってきています。その為、いざ自分で料理をしてみると全然できない、家事も上手くできないなんて事がよくあります。

練習すれば上手くなるかもしれませんが、仕事で時間が取れないという方もいるでしょう。その為、なかなか結婚をしようという考えにならないのです。

④キャリアウーマンでスキがない

現在、男性の年収は低くなっているので結婚後も正社員で働いてほしいと思っている人もいます。しかし、今までキャリアウーマンとして働き男性よりも年収が上、仕事ができる上にスキがない女性とは結婚したくないという男性が多いようです。

男性のプライドもそうですが、結婚後も仕事を優先にしてしまい家庭を疎かにするのではないか?と考えてしまいます。女性は家庭を守るものと思っている男性はまだまだ多いので、キャリアウーマンとして仕事を頑張っている女性は結婚対象に入らないみたいです。

▼関連記事

結婚できない女性の特徴とよくある言い訳!こんな趣味だと結婚できない?

まとめ

いかがでしたでしょうか?やはり女性の社会進出が伴い、結婚よりも仕事を優先する女性がどんどん増えてきています。昔は女性は結婚して家庭を守るのが幸せと言われてきておりましたが、今は仕事に生きるのもありなのかもしれません。また、結婚するとしても女性が働き、男性が家庭を守るという世帯がどんどん増えてくる可能性もあるでしょう。