元カノからの連絡を男性はどう思う?振った場合・振られた場合で解説

元カノから連絡がきた男性の心情は、どういったものでしょうか。女性である以上、それを確実に知ることは難しいでしょう。ですが、一般的な観点から想像することは可能です。男性側が元カノから連絡がきたときに、どのように思うかを知ることで、別れた元カレへの連絡の仕方が考えられるでしょう。

今回は、

  • 元カノから連絡がきた男性の心情(男性が振られた場合)
  • 元カノから連絡がきた男性の心情(男性が振った場合)
  • 元カレに連絡をする際の注意点

などについてご紹介します。女性としては、気になる人も多いことでしょう。恋愛レベルを高める上で、きっと知っておいて損はありません。

男性は元カノからの連絡をどう思う?男性が振られた場合

まずは男性が振られた場合についてです。つまり、あなたからすれば自分が振った元彼に別れてから再度連絡するといった流れです。男性側は、どのように感じるのでしょうか。

自分勝手でわがままだと思う

男性は振られたとき、大きなショックを受けたでしょう。そのため別れて以降、好きだった元カノを忘れるために、さまざまな努力をしているかもしれません。にもかかわらず、元カノの方から自分の都合で連絡してくるというのは、自分勝手でわがままという印象を覚えるかもしれません。

まだ好きなので嬉しい

好きであるにも関わらず振られたわけですから、別れたあともなお好きでい続けているかもしれません。その場合、また好きな人から連絡がきたということで喜ぶ可能性もあります。ただ、新しく好きな人や彼女がすでにできている場合に関しては、これに当てはまらないかもしれません。

都合の良い人間と思われているかもと嫌な気持ちになる

いらなくなったら振って、寂しくなったら自分の都合で連絡してくる。そんなあなたに対して、都合のいい人間という印象を抱くかもしれません。振られる側の気持ちを考えれば、普通はやるべきでない行いです。元カノから連絡がくることにより、悲しい気持ちを味わっている可能性があります

踏ん切りがついていない場合は困惑してしまう

上記のように嫌な気持ちになるならまだ良いですが、困惑させられる場合に関しては余計に複雑でしょう。振られてしまったため新たな道を歩んでいきたい、だけどなかなか諦められない、そんな中途半端な状態で悩んでいるケースです。

そんな葛藤と戦っている中、突如あなたから連絡がくるわけですから、せっかく悩み続けて答えを導き出そうとしていた日々が台無しになってしまうような感覚を覚えるかもしれません 。

男性は元カノからの連絡をどう思う?男性が振った場合

自分が振った女性から、すでに別れているにもかかわらずまた連絡がくるというのはどんな気持ちなのでしょう。つまり、振られたあなたが元彼に連絡を取るという流れです。次のような捉え方が考えられるでしょう。

ストーカーかもと思い警戒する

マイナスな捉えられ方としては、ストーカーであると思われる可能性が挙げられます。極端な発想かもしれませんが、決してありえない話でもありません。別れたにも関わらずネチネチと粘着してくる危ない女、そんな可能性を想像して警戒するケースです。

人間的に嫌いなわけでないので嬉しい

恋愛において振るケースは、かならずしも心底嫌いになったからというわけでもないでしょう。もちろんその場合もありますが、人間的には好きである、友達としてはやっていけそう、今後の幸せを応援している、そんなふうに思っていることも考えられます。そういった場合には、別れたあとに連絡をしても嬉しく感じられるでしょう。

寂しかったので嬉しい

彼女を振ったとはいえ、すぐに次のパートナーができるとは限りません。もしまだフリーなのであれば、寂しい思いをしていることも考えられます。その場合、かつて親密な関係にあった異性である女性から連絡がくると、元カノであるとはいえ嬉しい気分になるでしょう。

申し訳なく思ってしまう

自分から振って辛い思いをさせたにも関わらず、また意を決して連絡してくる、そんな元カノに対して申し訳なく思う可能性もあります。こういった考えに至る男性は、根が優しいタイプでしょう。一度別れているとはいえ、話が弾むかもしれません。

元カレに連絡するなら電話ではなくLINEで!

あなたがもし別れた元彼に連絡をする機会がきたら、連絡の方法にこだわってみてください。おすすめは、電話や直接会う方法ではなく、LINEによる連絡です。気軽なツールであるLINEだからこそのメリットが伴うため、元彼への連絡であってもスムーズにおこないやすいのです。

電話は重くなりがちなため避けた方がいい

なぜ電話を避けるべきなのか、それは空気が重くなってしまいやすいからです。相手の顔が見えない状況だけどリアルタイムで話せる、そんなコミュニケーションになるため、あなたの姿を想像しながら話す形となります。

しかしその想像は、最後に顔を合わせた、別れ際のあなたの姿になるわけですから、深刻な空気になりやすいのです。

直接話すわけではないので取り繕うことができる

自分が元彼に連絡したかったとはいえ、いざ話すとぎこちない雰囲気になってしまいやすいでしょう。なにせ相手は別れた元彼ですから、気まずくなりやすいのです。ですがLINEであれば、アプリのチャットを通じて会話するため、自由に取り繕うことができます。

相手の好きな時間に見ることができるので負担にならない

別れた元彼へ連絡する際、相手に対し迷惑にならないかどうかを気にするべきです。相手には、すでに自分と関係のない新しい生活が始まっているかもしれないため、連絡が負担になるかもしれないためです。

LINEであれば、受信があってもすぐに見る必要はありません。好きな時間帯に見ることができるので、負担には感じられにくいでしょう。

スタンプなどを送れば伝わる気持ちを薄めることができる

LINEの特徴として、スタンプの存在は外せません。ありとあらゆる種類のスタンプを活かして、ユニークな特有のコミュニケーションが取れます。直接文章を書かず、スタンプにより遠回しに気持ちを伝えることが可能なので、空気が重くなりにくいです。

自分はもちろん相手にも余計な気を遣わせなくて済む

LINEで連絡することにより、空気が重くなりにくいと感じるのは自分だけでもありません。元カノと話す相手もまた、同じような感覚になります。つまりLINEは、元彼元カノ双方にとってメリットが大きいのです。活用しない手は、ないといったところでしょう。

元カレに連絡する際の注意点

前出の通り、LINEを使うと元彼への連絡であってもスムーズです。ですが、いつどのタイミングでも自由におこなっていいというわけでもありません。以下の注意点を押さえることが大切です 。

冷却期間をしっかりと取ってから連絡する

別れてすぐのタイミングだと、それこそしつこい女のように感じられてしまいます。そのため、すぐに話したい気持ちがあったとしても、しっかり冷却期間を取ってから連絡するようにしましょう。そうすることで、お互い気持ちを切り替えた状態で落ち着いて話ができます。

別れてすぐは異性の話はしない

連絡したときの話の内容として、異性の話題はおすすめできません。すぐに異性の話を切り出してしまうと、未練がましい女のように思われてしまいます。まずは何気ない日常会話などで、一定の距離を置いた状態での会話を心がけましょう。少し他人行儀な、よそよそしいぐらいの話し方でも問題ありません。

相手のライフスタイルを邪魔しないタイミングを狙う

すでに恋人ではないわけですから、相手の迷惑をしっかり気遣いましょう。以前付き合っていたわけですから、相手のライフスタイルは何となく想像できるはずです。相手の生活の邪魔にならないよう、仕事の休憩のタイミングや仕事が終わったあと、就寝前など落ち着いてスマホを見られるタイミングを狙いましょう。

返信が来ないからといって連没しない

別れたけど元彼のことが気になって仕方がない、そうなると、連絡をしたあとすぐに返信が欲しくなるでしょう。ですが、だからといってLINE送信の連投は避けるべきです。それこそ、鬱陶しい、重たい、ストーカーのようであるといった印象に繋がるかもしれません。

スタンプのみで相手の反応を見る駆け引きはやめる

前述の通り、LINEの特徴としてスタンプは外せません。 スタンプを使うことで、直接発言することなく遠回しに意思を伝えられます。とはいえ、スタンプのみで相手の反応を見る駆け引きは鬱陶しく感じられやすいです。誠実な会話の中で、ちょっとしたアレンジ程度にスタンプを使うのが理想的です。

まとめ

以前付き合っていた元カノから突然連絡がくる、その際男性側はどのような感想を抱いているのか気になる女性は多いでしょう。上記の通り、プラスにもマイナスにも捉えられる可能性が考えられます。ですが、連絡ツールや注意点をしっかり把握しておくことで、好感を持ってもらえるような会話を実現しやすくなります。当記事の内容を活かして、理想的な連絡の取り方を目指してください 。