結婚したくない女性の心理・男性が結婚したくない女性とは?

この記事の情報提供者:MKさん
MKさん
認定心理士の資格を保有。恋愛心理に関する情報を提供させていただきます。

さまざまな恋愛の価値観が広く浸透している現代は、結婚への価値観もさまざま。結婚したいと強く願う女性がいる一方で、価値を見出せず結婚したくないと考える女性も増えてきました。

今回は、そんな結婚したくない女性をピックアップ。認定心理士の資格を持つMKさんにご協力いただき、

  • 女性が思う結婚相手の条件
  • 結婚したくない心理
  • 男性が考える結婚したくない女性は?
  • 結婚するために大切な2つのこと

.といった内容から結婚したくない女性の心理を探っていきます。

女性が思う結婚相手の条件

結婚したくない女性の心理に迫る前に、まずは女性が思う結婚相手への条件についておさらいしていきましょう。

多くの女性は自分への愛情を強く願う

以下は、某大手ブライダル会社によるアンケート結果になっています。

1位 自分への愛情

2位 家事への協力

3位 価値観の一致

4位 安定した経済力

5位 優しい

6位 金銭感覚が同じ

7位 子ども好き

8位 尊敬できる

9位 包容力がある

10位 ユーモアのセンスがある

参考URL : https://zexy.net/contents/lovenews/article.php?d=20130418

1位の自分への愛情とともに2位の家事協力も愛情表現の1つと捉えられ、愛されて結婚をしたいという多くの女性の希望がよく表れたアンケート結果になっています。

価値観の違いはストレスを生む

3位に挙げられている価値観の一致については、お見合い結婚が多かった昔と比べて恋愛結婚が多くなった現代ならではの回答といえます。

自分の意思で生涯を共にする相手を選ぶわけなので、価値観が一致しなければ一緒に生活する上で大きなストレスになります。そのストレスは後に離婚につながりかねないので、近い価値観を持つ相手を理想とするのは現代の結婚観の大きな特徴といえるでしょう。

現実的な条件も外せない

愛されたいという自分への愛情を重要視する一方で、女性は現実的な条件のチェックも忘れません。

主に経済的な面であり、収入や浪費グセ、借金の有無などは結婚するための大きなチェックポイントとなります。これは将来のための貯金や、子供ができたときのための資金、挙式費用、家のローン、果ては老後のための蓄えなど長期的なスパンで考えられます。

そのため、女性はお付き合いするだけの男性と結婚できる男性をシビアに品定めします。

女性が結婚したくないと思う心理

ここからは、女性が結婚したくないという心理に迫っていきます。

女性の高学歴化やキャリア志向の影響

女性が結婚したくない、と考える背景の主な理由として考えられているのが女性の高学歴化やキャリア志向の影響と考えられています。

一昔前は男性が稼ぎ女性は家のことをするというスタイルが主でしたが、今はそのようなスタイルで生活している夫婦はほとんどいません。

しかし今は、女性は男性と同じくらい、時には男性よりも多くの収入を得る場合もあります。そのため、男性に頼らなくても十分に生活できてしまうということが、女性を結婚から遠ざけている理由の1つとして挙げられます。

また、結婚をすることで一人前になるというような捉え方も今ではほとんどなく、独身であっても後ろめたいことはほとんどないことも理由に考えられるでしょう。

結婚への面倒くささ

結婚は当人同士の問題だけではなく、家同士の繋がりができることに特徴があります。両親への挨拶や親戚や地域の付き合いなどが発生するため、それを面倒に感じる傾向が強くなっています。

そのほかにも、結婚するための婚姻届や役所での手続きを負担に思う女性は少なくありません。それは、結婚により女性の姓が変わることが多いため、名前を変えるための手続きが非常に多いからといえます。

そのため、同棲して結婚しているといっても差し支えない生活をしているにも関わらず結婚まで至らないというカップルも少なくありません。

なかなか結婚できない反発の意思

中には、本当は結婚したいのになかなか結婚に結びつかないため、強がりとして「結婚したくない」という女性も

このような女性は自分から結婚を遠ざけている可能性があるので、余計に考えがこじれてしまい結婚できない悪循環をもたらします。

なかなか素直になれない性格の女性が多い傾向があるため、周囲の意見も聞き入れにくい場合があります。

男性の結婚したくないという心理とどう違う?

男性は結婚に対し「自分の自由がなくなる」という恐れを持つ

男性は結婚することに対し、それが自分の大きな負担や足かせになると感じることがあります。

それは実際、家族のために収入を増やすため労働時間が増えたり、出費の増加があったりすることで独身時代にできていたことがしにくくなることが要因となっています。

特に子供が生まれるとこれまで以上に働く時間が増えたり、家庭では子育てに参加したりと自分に自由な時間が大幅に減ります。結婚相手によっては飲み会や友人とのレジャーの機会も減らされたりすることもあるため、結婚に対しポジティブなイメージが持てない場合があります。

「結婚したくない」ではなく「結婚できない」と考える

さらに、女性と違って男性は結婚できると思うかできないと思うかという考え方の違いが結婚への意思に影響しているとされています。

裏返せば男性は、将来的不安や経済的損失などの可能性によって「結婚できない」と思ってしまうと結婚そのものを諦めてしまう傾向があるということです。

男性が考える結婚したくない女性の特徴とは

結婚したくない女性が増えていると同時に、男性から見て結婚したくない女性も増えてきているといいます。それは一体どんな女性なのでしょうか?

以下は某婚活サイトがアンケートで得た回答になっています。

男性が結婚したくない女性の特徴

1位 自己中、わがまま

2位 価値観の不一致

3位 嘘をつく

4位 家事ができない

男性は一緒にいて心地いい相手を結婚相手に求める傾向

男性は結婚相手に、自分との相性や性格の良さ、価値観が一致するかどうかを重要にしています。そのため。その逆をいくような女性は結婚したくない女性として挙げられているといえます。

女性の思いやりや寛大さに欠ける行動は、一緒にいて楽しさや安心感がないので距離を置かれる可能性が高いといえます。

中でも3位の嘘をつく女性に関しては、信頼関係を築き上げることが難しいために早い段階で「結婚できない」と判定されてしまうでしょう。

家事スキルの高さは結婚への大きなポイントになる

性格面の他には、家事ができるかできないかというポイントは結婚への選択の大きなポイントとなります。

もちろん世の中には家事ができなくてもいいからそばにいて欲しいと熱烈なアピールをされる女性もいますが、それは少数派。

結婚生活を送る中で家事のレベルは上達していくかもしれませんが、やはりお互いにストレスを感じる場面は想像に易く結婚したくない女性の特徴として挙げられてしまいます。

結婚に近づくために大切な2つのこと

結婚したくない、といいつつも、女性なら1度くらいは結婚への憧れを持ったことがあるかもしれません。

今は結婚しなくても満足しているかもしれませんが、近い将来やっぱり結婚したいかも…と思った時、その希望を叶えるために押さえておきたいポイントがあります。

男性に「この人と結婚したい」「この人となら結婚できる」と思わせる

結婚への近道は、やはり男性にとって結婚へのメリットが感じられる女性になることです。

性格の良さや価値観の一致も大切ですが、それに加えて料理や掃除、家計管理がしっかりできるアピールをすることが大切です。これまで家事を一切してこなかったというなら、今からでも家事スキルを高めるための努力をしましょう。

男性をものにするためには胃袋を掴め、とよくいわれますが、料理のスキルは男性にとって非常に魅力的に映ります。難しい料理を覚える必要はありませんが、せめて基本的な和食くらいは作れるようになるのがおすすめです。

相手を認め、自分の理想ばかり追い求めない

結婚

キャリアを積んだ女性の中には、プライドが高くなりすぎて結婚相手を選り好みすぎているために結婚できないパターンが見受けられます。あるいは結婚に対する理想が高すぎる場合も。

男性への理想ばかりを提示する前に、自分がその理想にふさわしい女性なのかを1度振り返ってみましょう。相手を品定めするのではなく、逆に自分もまた男性から品定めされているのだということに気付くことが必要です。

本当に結婚したい意思があるのなら、理想の押し付けをせずに目の前にあるものをよく見ることで、自分にふさわしい男性に巡り会えるはずです。お互いにWIN-WINであったりギブアンドテイクができる関係性が作れれば、それは良好な関係といえます。相手を認め、尊敬しあえる点を作る努力をしましょう。

まとめ

今回は結婚したくない女性についての内容でしたが、いまの世の中は生涯を独身で楽しく過ごしている女性もたくさんいます。

結婚も素敵ですが、独身も素敵といえる世の中です。自分が後悔することのないように、自分の人生をよく考えて選択していってくださいね。