料理好き男子は好かれるだけじゃない!実は嫌われる場合も?

最近では男性向けの料理番組を観ても当たり前と思うようになりましたし、男性向けのマンガ雑誌などには、料理の経験の少ない男性でも料理が作れるように丁寧に手順などを開設している漫画が増えてきました。

また、漫画だけでなく男性の中でも特に人気になっているファッション雑誌などにも料理の特集ページなどが増えて来ており、男性にとって料理が身近な物に変化してきているのは間違いありません。

また男性のタイプには色々とありますが、女性が魅力的に思う男性のタイプの中には料理上手といったカテゴリーがあります。最近では、料理ができない男性とは結婚できないと決めている女性などもいたりして、男性にとって料理が出来るというのは一種のステイタスになってきているのです。そこでこちらのページでは、料理上手な男性についての情報をご紹介します。

女子が料理好きな男子を好きな理由


女性にとって背が高い男性や、お給料の良い男性、イケメンの男性と同じく料理が好きな男性を魅力的に感じるような傾向があります。

しかし、これまでは男性は料理などが出来なくても普通に結婚できていましたし、もしかしたら自分のお父さんなども料理が苦手という方が多いと思います。それならば、なぜこんなにも料理ができる男性が重宝されるようになってきたのか疑問に思われるかも知れません。

また、自分自身はそこまで料理ができる男性に対して魅力的な気持ちにならないという方も多いので、どうして男性が料理上手な事が注目されているのか知りたいという方も多くいらっしゃいますので、まずは簡単に料理が好きな男性がモテている理由などについてご紹介していきます。

将来、家事を分担できる

男性と比べて女性は変な部分で現実志向な面を持っております。その為、恋愛の甘い時間であっても、将来的な部分にまでしっかりと頭を動かしている傾向があります。

最近では、当たり前のように夫婦共働きのご家庭が増えてきました。これまでのように時間があるから暇つぶしがてらパートでもしようかという働き方ではなく、結婚後も正社員として働き続けるようなご家庭が多くなっているのです。

夫婦共働きになった要因のひとつに、長引く不況という物があります。従来でしたら、旦那さんの収入だけで十分にやっていけるようになっている筈なのですが、不況によってお給料がいつまでも上がらなかったり、リストラや左遷、倒産など安定しにくいといった状況が続いております。その為、収入の柱を旦那さんだけに異存するのはリスクが大きくなっているのです。

夫婦共働きの場合には、奥さんが残業などをしていて料理が出来ないようなケースも考えられます。そんな時に、料理上手な男性の方でしたら、夕飯を作っておいてくれますので家事の分担にも効果的です。もちろん結婚してから料理に目覚めるというパターンもありますので一概には言えませんが、先々の事を考えてみると、やはり料理が好きな男性が魅力的に思えるのは当然の事なのかも知れません。

自分が料理下手だから

料理はある程度の練習をすればそれなりに上手になっていきます。初心者ようの料理本なども沢山販売されておりますし、スーパーの色々な場所には、スーパーの食材で簡単に作る事ができる料理レシピのビラなども用意されているなど、小学生でも作る事ができるような状況になってきております。

また、最近では、スマートフォンなどでもクックパッドのような簡単レシピが紹介されていたり、動画サイトなどで分かりやすく料理方法を教えてくれているサービスがありますので、誰でもすぐに料理をはじめる事ができるようになっております。

しかし、誰でも料理ができるという事はあるのですが、中にはメシマズといったどうしても料理を作るセンスがないという方もいらっしゃいます。メシマズでなくても、自分の料理の味が気に入らないのでほとんどが店屋物という女性も少なくありません。そういった女性にとって、女性が当たり前のように料理担当になる事に対しては、不安以外の何物でもないかも知れません。

しかし、料理が好きな男性と結婚する事ができれば、懸念されている料理から解放される事になります。もちろん家事を全てほったらかすというのではなく、掃除や買い出しなど強力しながら頼り、頼られの関係を築くことで、料理をしなくても良好な関係を続ける事は可能なのです。

お互い同じ趣味で楽しそうだから

料理という物は、毎日行う家事という事もありますが、料理好きな方にしてみれば立派な趣味という一面も持ち合わせております。最近では色々な調理器具がリーズナブルな価格で買えるようになってきておりますので、徐々にキッチン周りを揃えて行くのはワクワク感に繋がります。

また、色々な所に食べに行って、その料理を参考にしながら自分でも作ってみたりなど料理は胸を張って言える趣味でもあります。しかし、旦那さんが料理に全く興味がなかったら、余計な物ばかり買ってなどと小言を言われてしまうかも知れませんし、外食などは毎回ファミレスになってしまうような可能性もあります。

料理が好きな男性でしたら、一緒にキッチンで料理をする事ができますし、新しく買い揃える調理器具などもいっしょになって選ぶ事もできます。趣味と実益を兼ねた立派な家事として料理を楽しむ事ができますので、非常に有益な関係を築きやすいと言えるのです。

料理の大変さを理解してくれるから

料理好きな男性を魅力的に感じるのは、自分が料理をしている行為そのものに対して、しっかりと感謝をしてもらえるという事があります。料理はもちろん食に対して知識がそれほどないような男性の場合には、どういう過程で料理が出来たのかを想像する事ができません。

よく見かける腹に入れば何でも一緒と本気で思っている男性にとっては、肉じゃがに入れるジャガイモの面取りであったり、ブリ大根のぶりの臭みを取る下処理など想像がつかないのです。

富士山に登った事がない方が、富士山に登る大変さを理解できないように、料理ができない男性にとっては、出している料理にどれくらいの時間と労力がかかるのか分からないのです。

女性が健康を考えて魚の煮物を作っても、ドカーンと肉を焼いて出してくれた方が嬉しいなどと不満を言われたりすると、それだけで愛情メーターがドンドンと目減りしてしまうと思います。

料理が好きな男性なら、出された料理がどれくらい大変なのかが分かってもらえますので、自然と感謝の気持ちが現れますし、ねぎらいの言葉であったり、食器の後片付けなども率先して行ってくれます。これは専業主婦の方に対しても同じ事で、旦那さんが外で働いてきたとしても、料理を作ってくれる奥さんに対してしっかりとした感謝の気持ちを持ってくれるのです。

料理好きな男子が嫌われる理由


ここまで料理上手な男性がいかに魅力的であるかを紹介してきましたが、中には料理上手な男性が大嫌いといった意見を持っている女性も少なくありません。

男性にしてみたら、料理が好きな男性がモテるというから頑張っているのに理不尽だと思われる方もいらっしゃると思いますが、料理が好きな男性が嫌いな女性は、何もイジワルから嫌いと言っているのではなく、しっかりとした明確な理由があるのです。

ダメだしされたら凹む

料理が好きな男性の中には、パートナーの方よりも料理が上手な男性も多くいらっしゃいます。一流のシェフの大半が男性という事から考えても、料理に適正を持っている男性は一定数はいるはずなので、特別珍しいという事ではありません。

もちろん料理が上手なだけだなら問題ないのですが、そういった男性の中には作ってもらった料理に対してダメ出しをする男性も一定数いたりします。そういった男性の特徴としては、自分ができるからなのか、やけに上から目線で指摘するような時がありますので、せっかく作ったのにがっかりしてしまう女性もいるのです。

料理はできるけど、同じレベルをパートナーに求めるようなタイプの男性は、嫌われやすいという事になるのです。

うんちくを聞かされるのがうざい

料理が好きな男性の中には、インターネットや本などで得た知識をひけらかすタイプの男性がいます。もちろんそういった部分が求められている場でしたら問題がないのですが、あまりにうんちくをひけらかして悦に入っているようなタイプの男性は嫌われやすい傾向があります。

一昔前ですと、ワインなどのうんちくを語り出す男性が多かったのですが、やはり女性からは嫌われる傾向があり、笑いの種になっておりました。それと同様にうんちくばかりを語るタイプの男性は、たとえ料理が上手でも嫌われる傾向があるのです。

後かたずけはいつも自分

料理が好きな男性の中には片付けが苦手という男性もいます。本当に料理が上手な男性というのは、料理を作りながら後片付けをするものなのですが、単に料理するのだけが好きな男性は、後片付けを一切しません。

自分で後片付けをしないので、ちらかしながら調理をします。確かに美味しいかも知れませんが、この後に片付ける事を考えると、それだけで気がなえてしまうような場合もありますので、嫌われやすくなっております。

最近では、玉子かけご飯の白身をメレンゲ状にするのが美味しいと言われていますが、朝からミキサーなどを引っ張りだして作られたら、時間が無い中で洗い物が増えてしまいますので嬉しくないと思います。

自分の女子力が落ちるから

女性は男性に対してライバル意識を持っている部分があります。これまでは、男性と女性がバッティングする部分が少なかったので、そういった部分で嫌な思いをする事もなかったのですが、料理が好きな男性と同棲するような場合には、男性が料理が上手すぎると、自分の女子力の低さが露呈してしまう事に繋がりますので、一緒にいるのが辛いと感じてしまうようになります。

特にお菓子系の調理が得意な男性などの場合には、露骨に差が現れやすくなっておりますので、どうしても一緒にいるのが嫌になってしまいがちなのです。

まとめ


これからの時代は、女性が当たり前のように家事を一手に引き受けるという時代ではありません。男性と女性の両方で上手に分担して家庭を過ごしやすい環境に帰る必要があるのです。その為、男性にも料理を求める女性が増えてきているのですが、大事なのは双方のバランスになります。求めすぎても求められ過ぎても上手にいきませんので、そういった部分を考慮できるパートナーを見つけるのが重要になるのです。