運命の人が持つ特徴とは?運命の人を引き寄せる方法

運命の人と出会いたい…そう思っている人は少なくないでしょう。でも、運命の人とはどうやって出会うのでしょうか?

今回は

  • 運命の人が持つ特徴
  • 運命の人が現れる兆し
  • 運命の人を引き寄せる方法

と、運命の人とはどのような特徴があるのか、運命の人と出会うためにはどうするのが良いのか、おさえておくとよいでしょう。

運命の人ってどんな人?運命の人が持つ特徴

運命の人と良く言われるのですが、運命の人とはどのような人なのでしょうか?

パッと会ったらときめきを感じる人なのか…運命の人の持つ特徴を集めてみました。

初対面なのに妙に懐かしさを覚える

運命の人とは初対面から何か違う…そう思っている女性も少なくありません。運命の人は初対面であっても何かしら懐かしさを感じて、話がポンポン進みます

初対面の印象は最悪だったけれど運命の人、というパターンはあまりなく、運命の人は会った瞬間からよくわかります

沈黙になっても平気

あまり親しくない間柄の人とは、話していて会話が続かず沈黙が続いたとき、何かしら居心地の悪さを感じるものです。

しかし、運命の人とは沈黙さえもいとおしい、会話の間にときどき入る沈黙すら心地よいのです。そのため、運命の人とは会話が長続きします。

出会った瞬間に付き合うかもしれないと感じる

運命の人とは、ドラマチックな出会い方をしなくてもあった瞬間に何か違う?と思います。会った瞬間にビビビッときた!と表現する人もいます。

会った瞬間にもしかしたら付き合うのではないかと思っており、時が経ったらいつの間にかとんとん拍子に付き合う関係になっていた、というのであれば運命の人なのかもしれません。

駆け引きせずに関わりたいと思える

運命の人とは、駆け引きをせず自分から関わりたいと思えます。不思議な引力で無理をせずに身体がそちらに引き付けられます。

恋愛をする際には多少なりとも打算や駆け引きが働くものですが、運命の人であればそういった駆け引きや打算は最小限にしても関わりたいと思い、そして関わることができるのです。

偶然会うことが多い

運命の人とは、偶然会うことが多いです。運命の人とは新たに出会うばかりでなく、以前に会ったことがある場合もあります。

すでに出会っている友人や顔見知りだけど、ちょっとしたお誘いの場でご一緒する、道でばったり会うなど偶然会うことがあればその人は運命の人かもしれません。

疎遠になっていたのがばったり再会する

運命の人とは一時期疎遠になっていても、何らかの理由でばったり再開することもあります。なんとなく運命を感じながらも進学や就職で離ればなれになった人が同窓会で出会って付き合う、といったことがあるのはその人が運命の人であるからです。

そうでなくても数か月会っていない人と再会して盛り上がった、ということもありえます。

自分に近い価値観を持っている

人の価値観は十人十色です。価値観とは、「何に重きを置くか」「何を大事にするのか」と言う基準であり、それは一人一人違います。

大事にすることや好きなもの、笑いのタイミングなど、価値観が同じ人とは一緒にいて苦痛ではありません。運命の人とはいろいろな面において自分の価値観と近いものを持っている人なのかもしれません。

相手の匂いがお気に入り

その人の「匂い」がなんとなく好き、というのがフェロモンの反応に寄ることは科学的にも証明されています。フェロモンは動物が自分と違う免疫系の固体を特定するものであり、一言で言うと動物的本能のことです。

フェロモンの違う免疫同士が結びつくことで健康な子孫を望みます。これは多かれ少なかれ人間にも持っているものであり、相手の匂いが好き、というのは遺伝子学的にも運命の人と言えます

相手が常に心のどこかに存在する

運命の人とは、いつも一緒にいなくても常に相手が心のどこかに存在します。何か考え事をしているときにもついその人のことを考えてしまうのであれば、その人は運命の人かもしれません。

運命の人とは、常に自分の心のどこかに存在するのだと思われます。運命の人はよく夢に出てくる、というパターンもあります。

口にしなくても察してくれる

運命の人は、自分の思いを口にしないのに察してくれることが多いです。今自分がいきたいと思っていたとところに誘ってくれたり、食べたいものを食べさせてくれたりします。

特に運命の人は、自分が会いたいと思ったタイミングで誘ってくれますので、自然と意識をするようになります。

ダメな部分・弱点を受け入れてくれる

運命の人は、自分のダメな部分や弱点も問題なく受け入れてくれます。人の前ではあまり弱みを見せたくないと強がっている女子であっても、運命の人の前でしたら、ありのままの自分でいられます。

ありのままの自分を肯定してくれるので、一緒にいて気を張ることもありません。

癒しを与えてくれる

なんとなくいるだけで幸せを感じる、ぬいぐるみのような存在の人は運命の人なのかもしれません。運命の人は、こちらに癒しを与えてくれます。

癒しを与えてくれて励ましてくれる、いるだけで楽しくなることができる、そんな存在の人がもし身近にいたら、運命の人である可能性が高いです。

逆境に立たされたときに離れていかない

自分が逆光に立たされたり、ピンチに陥ったりしていると人が離れていく、というのが世の常です。ですが、運命の人はそうではありません。

自分がピンチに陥ったり大変な目に遭ったりしたときこそそっと見守ってくれていたり、もしくは助けてくれたりするのです。大変な目に遭ったときにそばにいた人がいるなら、それは運命の人なのかもしれません。

声に安らぎを覚える

運命の人と話していると、とても幸せな気分になります。それは、話している内容が自分とマッチして盛り上がっているというのももちろんあるのでしょうが、声に安らぎを覚えるという理由もあるのです。

運命の人と一緒に話をしていると、声に安らぎを覚えて良い気分になるのです。

指摘されたことを素直に受け入れて修正しようと思える

自分のできないところや欠けているところを指摘されると、そうはわかっていても腹が立つものです。

しかし、運命の人にだったら、指摘されたことを素直に受け入れて修正しようと思うのです。

お互いの不足を補いあえる

運命の人とは、必ずしも自分と性格がマッチしているとは限りません。でも運命の人といると、自分の足りないところを補いあえる関係になることができます

自分が不得意なことでも相手が得意だったら、それだけでうれしくなるものでそれが運命の人なのです。

手をつなぐと心地よいフィット感がある

運命の人と、手をつなぐと心地よいフィット感があります。普通の人と手をつないだら緊張したりムズムズしたりして心地悪さを感じることがあっても、運命の人とは手をつなぐと心地よいです。

手の大きさが違っていても、心地よいフィット感があるのです。

自分と似た顔立ちをしている

運命の人は、自分と似た顔立ちをしています。男性と女性ですので、パッと見たときには似ていなくても何度か会っているうちに雰囲気などが好きになったりすることもあります。

一緒に過ごしていて飽きない

運命の人とは、一緒に何時間過ごしていても飽きることがありません。一緒に過ごしていても時の経過を感じない、楽しくて気が付いたら解散時間になるといったようなときは、その人は運命の人かもしれません。

運命の人が現れる兆し

では運命の人はいつどのタイミングで現れるのでしょうか?運命の人が現れるときを教えてくれたなら、こんなにうれしいことはありません。

正確な時間はわからなくても運命の人が現れる兆しはありますのでチェックしてみましょう。

転職・引っ越しなど取り巻く環境が変化した

転職や引っ越しなどで、自分を取り巻く環境が変化したときは、運命の人が現れてくる前兆かもしれません運命の人と出会う前は、自分自身の中でもかなりの変化が起こります

それは転職などですが、もし自分の中で同じような生活が続き運命の人が現れないと感じるのであれば、心機一転引っ越しするのもおすすめです。

新しいことに興味・関心・意欲が湧いた

環境の変化はなくても、新しいことに興味関心が湧いたり、意欲的に取り組んだりしているときは運命の人が現れる可能性があります

新たな趣味を始めたり、今まで良いと思わなかったファッションに挑戦したりするなど、外見や中身が変わったとき、変わりたいと思ったときに運命の人が現れるかもしれません。

順調だったことがうまくいかなくなった

うまくいっていたことがダメになる、これも運命の人が現れるときの前兆の一つです。失敗やうまくいかなくなることはとても悲しいことの一つですが、角度を変えてみれば自分が変わるきっかけかもしれません。

自分が変わらなければならないと考えたとき、運命の人が現れるかもしれません。

失恋から吹っ切れた

失恋をしてそのことを引きずっているうちは、なかなか運命の人というのは現れません。しかし、もう考えるのが無駄、もう忘れる、と吹っ切ったとき、それが運命の扉を切り開いた瞬間になります。

そのため、失恋から吹っ切れると次の新しい恋が始まる、というのはあながち根拠のないことでもないのです。

恋人をつくることに固執していない

恋人をつくることに固執していないときには、逆に恋人ができたりするものです。何かをしようとその目的に猪突猛進に向かっていけばいくほど、ほかのことが見えなくなるのです。

そういったときには新たな運命の人は見つかりません。ですが恋人づくりに固執せず、いろいろなことに積極的に参加することで、そこから運命の人に出会う兆しが現れます

久々の人から連絡があった

昔会ったことがあるけどしばらく疎遠にしている…そのような人から連絡があった場合、もしかしたら運命の人が現れる前兆かもしれませんし、その人が運命の人になるかもしれません

思い出の地を訪れたくなった

思い出の地を突然訪れたくなったと思ったとき、これは運命の人に出会う前兆になるかもしれません。

人間は旅をしているときや懐かしいところにたどり着いたとき、何か普段とは違う考え方や行動様式を身につけることがあります。そうやって考え方や姿勢を変えたときに運命の人が現れる可能性があります。

これまでより行動が積極的になった

いつもより行動が積極的になると、新たに行動範囲が広がることもあります。

そのため、これまでより行動が積極的になると出会いの幅も広がり、運命の人に会う確率も上がります

運命の人を引き寄せる方法

運命の人は現れるだけでなく、引き寄せることもあります。運命の人を引き寄せるためには、自分の行動や考え方を変える必要があるかもしれません。

運命の人を引き寄せる方法について知っておきましょう。

収入・肩書きなどの条件だけを見て交際相手を決めない

運命の人と出会えないと考えている人は相手を条件でのみ判断している人かもしれません。収入や肩書きなどの条件を見てしまうと、その相手を色眼鏡でしか見ません。

好条件の相手でも性格が合わないこともあるでしょう。そうすると運命の人とは言えません。運命の人に出会うなら、中身を大切にするように考え方を変える必要があるのです。

人と関わりあう機会を増やす

まず人と出会っていないと、運命の人に出会うことはできません。そのため、まずは人と関わりあう機会を増やすといいでしょう。

いろいろな会合に出かけたり、新たな趣味を始めたりすることによって人と関わる楽しさをまずは身につけるとよいでしょう。

自分磨きに励む

自分磨きに励むのも、運命の人に出会う秘訣なのかもしれません。外見に気をつけるのはもちろんのこと、趣味を始めたり教養を身につけたりすることも自分磨きになります。

そうやって外見も中身も普段と違う自分になれば、運命の人が寄ってくるかもしれません。

引き寄せの法則を駆使する

「引き寄せの法則」というのがあります。人は自分が考えたり口に出したり、そしてそうなるべく行動すると自然と結果を引き寄せるということです。

引き寄せの法則に関しては書籍などもたくさん出ていますので、それを身につけて運命の人を引き寄せるとよいでしょう。

占い・診断で自分の運命の人を探る

自分にはこういう人があっている、というのは自分の「思い込み」なのかもしれません。本当は自分の運命の人なのにそういった思い込みで排除していることもありえます。

そのため、運命の人を引き寄せるためには、占いや診断でどういったタイプが自分の運命の人か知ることも一つの方法です。

ネガティブな発言など人を遠ざける言動を避ける

ネガティブな発言をしたり、文句や愚痴ばかり言ったりするとせっかくの運命の人を遠ざけてしまうかもしれません。

普段から文句や愚痴を言ってしまう癖がある人は、そういった言動をしないように気をつけましょう

まとめ

運命の人とは、初対面でも妙に懐かしさを覚えたり、沈黙になったりしても平気で、出会った瞬間に何か違うと感じる人です。自分に近い価値観を持っていたり、自分のダメな部分も受け入れてくれたりします。匂いが好きだったり、声に安らぎを覚えたりするという特徴もあります。

運命の人が現れる兆しとは、転職や引っ越しなど環境の変化や、新しいことへの興味関心、意欲、そして行動が積極的になることなどです。

運命の人を引き寄せるには、収入や肩書きだけで相手を判断するのではなく、人と関わる機会を増やし、自分磨きに励むなどと言ったことが大切です。