恋愛疲れた人がとるべき行動はズバリ・・・え、コレだけ?

恋愛は、本来幸せなもの。でも、複雑な事情も起こりがちで「恋愛疲れ」を起こしている女性が多くいます。

そもそも、なぜ恋愛で疲れてしまうのでしょうか?そして、恋愛疲れはどう解消すればいいのでしょうか?

  • 女性が恋愛に疲れる原因
  • 恋愛に疲れがちな女性の特徴
  • 恋愛疲れたかも?と思った時の診断方法
  • 恋愛が疲れた時にオススメの行動
  • 恋愛に疲れないためのコツ

今回はこれらを深掘りします!

女性が恋愛に疲れる原因


女性が恋愛に疲れている時というのは、いくつかの特徴的があります。自分自身では、恋愛が原因で疲れていることに気付かないというケースもあるのです。

そこで、まずは恋愛に疲れる原因を考えてみましょう。

無理をしている

恋愛が始まったばかりの時期は気分が高揚しており、それに伴ってホルモン分泌も活発になるため疲れ知らずと言われています。そのため、疲れていても頑張って会えば元気をもらえたり、夜更かしして長電話をして睡眠不足になったりしても楽しめることが多いです。

しかし、このような高揚感はいつまでも続くものではありません。人によって高揚感が続く期間には違うものの、恋愛が始まったころと同じ生活をしているつもりでも高揚感が無くなっていくことで無理が続かなくなることが多くあります。

無理にもいろいろな種類のものがあります。デートのために夜更かしをしたり仕事を頑張ったりといった体力的な無理だけではありません。

それ以外にもデート費用の捻出やプレゼントを用意するなど金銭面での無理もあります。ほかにも恋愛の優先順位を高めるために友達付き合いをおろそかにしたり、彼の好みの女性であるためにおしゃれや美容に努力をしたりといったことも続けていくことで無理が生じることがあるものです。

浪費してしまう

金銭感覚というのは人によって様々です。そのため彼との交際の中でも自分とは違った金銭感覚を感じることもあり、そのような中で、無理に相手に合わせていくのは無理が生じてしまいます。

デート代についても人によって考えは違うものです。常に割り勘という人もいれば常に支払ってくれるという男性もいます。中には年下であったり彼の収入の都合であったりということで自分が常に支払わなければならないということもあります。

このような状況でも特に自分が支払わなければデートができなかったり彼のステイタスが高すぎて出費がかさんでしまったりする状況というのはかなり疲れるものです。デートの費用を捻出するために節約をしたり貯金を削ったりすることが続けば金銭的な負担だけでなく精神的な負担も大きくなります。

仕事が疎かになる

好きな人ができることは良いことばかりではありません。中には好きな人ができると仕事が手につかなくなるという人もいるもの。

食事ものどを通らない、仕事中も常に彼のことが頭から離れない、というくらい恋愛に支配されてしまう状況は、自分の日常生活に支障をきたし人生が破たんする可能性さえあります。

こちらの気持ちが伝わらない

いいことも悪いことも、相手との意思疎通がうまくいかないパターンです。

「本当に好きなのに信用してもらえない」「止めて欲しいことを止めてもらえない」など、相手が自分の気持ちしか考えず、自己中心的に振舞う場合、意思表示しても耳を貸してくれない場合は、恋愛が面倒になるでしょう。

男性と女性は思考回路が違い、お互いに共感できない部分があるのは当然のこと。しかし、「そういうものなんだ」と相手を理解してあげる努力がないと、恋愛はうまくいかなくなってしまいます。

女性の気持ちを考えず、自己中心的に振る舞う男性との恋愛経験があると、「どうせ苦労するから……」と恋愛疲れしてしまうのは無理もありません。

恋愛に疲れがちな女性とは?


恋愛に疲れがちな女性というのはいくつかの特徴があります。いつも恋愛がうまくいかないと感じている女性は、無意識のうちに恋愛に疲れてしまうような言動をとっている可能性も。

今一度、自分の行動を振り返ってみましょう。

気遣いをするのが好き

恋愛に疲れやすい人の特徴として、気遣いが好きという人が多くいます。

相手に喜んでほしい、一緒にいて過ごしやすいと思ってほしいと考えるがあまり、いろいろと相手の気持ちに答えたいと思ってしまうのです。そうすると無意識のうちにあれこれと気遣って無理が生じて疲れてきてしまうのです。

また、このような気遣いができる女性が疲れる原因として、彼女がなんでも期待に応えてくれること、気遣いをしてくれることでワガママになったりあれこれと要求するようになったりしてどんどんとエスカレートしていくことがあります。

気遣うことが好きであったとしても、お互いの関係が良好なものであるためには、ほどほどの関係を保つことも重要なのです。

【必見】男性・女性で違う!気になる人を振り向かせるコツはあるの?

完璧が好き

完璧主義者のように常に完璧を求める人は、恋愛においても完璧を求めます。

「自分自身が相手にとって完璧な恋人でありたい」という気持ちに縛られすぎてしまい、一緒にいるだけで疲れてしまうことも少なくありません。

このような完璧が好きという人は、自分だけでなく相手にも完璧を求めることも多くあります。そうすると、相手のあいまいな態度や努力不足な面に対して許せないと感じたり自分がサポートして完璧に近づけようとしたりすることで、二人分頑張ることになるので余計に疲れやすくなります。

振られたショックから立ち直るには?恋愛が上手くいく方法を専門家が伝授!

尽くすより尽くしたい

尽くしたいという気持ちも恋愛において疲れる要因です。相手のために何かしてあげたいと思えば、疲れていても相手のために時間を作ったり、ほしいものを買ってあげるために節約をしたりして無理が生じます。

小さなことから大きなことまで、いろいろと尽くしていくうちに疲労が蓄積し、恋愛疲れが出てくるのです。

自信がない

自信がない人が恋愛をすると、「いつか浮気されるんじゃないか」「嫌われるんじゃないか」と、心配が絶えません。

本当はすごく幸せな状況だとしても、常に恋愛に緊張感がつきまといます。また、好きな相手の一言に一喜一憂してしまうので、気分の浮き沈みが激しく気疲れしてしまうのです。

依存タイプ

依存するタイプは、人生の中心が「恋人」になってしまいます。しかし、多くの人は恋愛以外にも大切なものがあります。そのため、自分と相手の間に生じる気持ちのギャップに苦しんでしまうのです。

「自分はこんなに思っているのに、このくらいのこともしてくれないの?」と自分と相手を同時に追い詰めてしまうので、依存タイプの恋愛は大抵うまくいきません。

恋愛中は相手とのギャップに苦しめられ、最終的にはうまくいかず別れる……これを繰り返すので、依存タイプの中では「恋愛=疲れるもの」という方程式ができてしまいます。

恋愛疲れたかも?と思った時の診断方法

恋愛は本来楽しいもの。好きな人と一緒の時間を過ごして、お互いを助け合うことで、より良い人生を作ってくれるかけがえのないものであるべきです。

にもかかわらず、恋愛で疲れているということは何らかの理由があるはず。下のどれかに当てはまったら、恋愛に疲れているかもしれません。

相手の気持ちがわからない

最近彼の気持ちがわからない……と思うなら、危険信号が出ているかも。

気持ちがわからないのは、本音で話し合い意思疎通できる時間が取れていないからに他ありません。もしかすると、それをする体力や時間、気持ちの余裕がどちらかにない可能性も。

相手との関係を育てていきたい気持ちがあるなら、2人でゆっくり話し合う時間を作ってみては?それをする余裕がないなら、関係はそれまでかもしれません。

相手が信じられない

明確な根拠がないのに、相手のことが信じられない場合は恋愛疲れしているかも。

好きと言われても「嘘なんじゃないか?」仕事が忙しいと言われても「本当は他の人と会ってるんじゃないか?」など、相手の言葉を素直に受け取れなくなっていたら、危険です。

原因としては、自分に自信がなく、相手のことを気にかけ過ぎてしまっているからでしょう。

趣味や仕事にやりがいを見いだし、余計なことを考える時間を減らすことができれば、恋愛疲れから解消されるはず。

けんかが増えた

以前よりもけんかが増えたなら、相手か自分が恋愛疲れしてきている可能性があります。特に、小さなことでもけんかしてしまうなら要注意。

けんかが増えるのには、「付き合い始めの高揚感が解けてきて、嫌な部分が見えてきた」「相手を信じられなくなってきた」など様々な理由が考えられますが、どんな理由にせよ、相手を受け入れる気持ちの広さを失っています。

一度1人の時間を過ごして、お互いにリラックスしてから向き合うのでも遅くはないはずです。

追いかけてばかりいる

なかなか振り向いてくれない人にずっと片思いしている、または付き合っていても片思いしているような心境になる、なんてことはありませんか?

連絡は絶対にこちらから、尽くしても同じように返ってこない、そんな追いかけてばかりの恋愛は、自分がいくら「それでいい」と思っていても疲れてしまうもの。

やはり、恋愛は本来お互い対等で、高め合えるような存在になることが理想だからです。

束縛されている

過度な束縛をされていると、したいことを我慢しなければならない時もあるでしょう。

束縛を受け入れることは、相手に自分の人生の管理をされていることを受け入れることでもあります。また、相手が自分を信頼していない証拠でもあります。

これからの人生、もっと自由に自分らしく生きたいという気持ちがあるなら、早く過度な束縛から解放されるべきです。

恋愛疲れた女性におすすめの行動


恋愛に疲れたと感じたら、一気に気持ちが冷めてしまったり恋愛することから離れたりしようとする人もいますが、その前にまずはリフレッシュの機会を設けてみましょう。

そうするだけで自分が客観視でき、息抜きもできてうまくバランスをとって恋愛ができるようになることもあります。

話し合ってはっきり意見を伝える

まずは、2人で話し合ってお互いがどんな状況にあるのか把握しましょう。話し合うことで「恋愛疲れ」の原因がどこにあるかを知る必要があります。

話し合う中で自分の気持ちもはっきり伝え、相手に理解してもらう努力をしてみましょう。相手が受け入れてくれるなら、恋愛疲れを解消し2人でまたうまくやれるかもしれません。

自分から連絡しない

恋愛に疲れる原因として、恋愛に夢中になり過ぎて振り回されていることが原因というケースは多いです。そこで、自分から連絡することを止めてみましょう。

そうすることで、相手から連絡が来るようになったり恋愛について見直す時間ができたりと、お互いが疲れず付き合えるペースもみえてきます。

距離を置く

相手の連絡に返信することも辛いくらい疲れているなら、「一旦距離を置こう」と提案してみては?

1人の時間を作ることで、「恋愛よりも大切な自分」と向き合って、今度どう行動すればいいのかが見えてくるはずです。

距離を置いて、別れることになったらそれまでの関係だった、と冷静に考えることが重要です。

旅行に出てみる

一人旅や友人との旅行など、彼以外の人と非日常の体験をしてみるのも有効です。恋愛に疲れるほどの状況になっているということは常に恋愛のことで頭がいっぱいで、視野が狭まっていることがほとんど。

彼以外との時間を作ることで冷静になることができ、自分の恋愛を客観視することもできます。そうすることで、心に余裕も生まれるでしょう。

勉強や趣味などに没頭する

恋愛に夢中になっていると、他のことがおろそかになりがちです。それでは視野が狭くなってしまうので、恋愛以外のことにも目を向けてみましょう。

集中して勉強をしたり趣味の時間を作ったりすると、その疲れの分、良い睡眠がとれリフレッシュ効果も得られます。今まで恋愛に気を取られていて、できずにいた勉強や趣味の時間を作ってみましょう。

思い切って別れる

別れるしか恋愛疲れを解消する方法はないと思うなら、別れた方がいいです。

人は、そう簡単に変わらないのが現実。話し合っても、距離を置いてもお互いに理解できないなら、今後の人生のために別れるのは良い選択と言えるでしょう。

1人になることで、彼といる時はなかった「自分が成長できるきっかけ」が訪れるかもしれません。

恋愛疲れを回避するためのコツ


恋愛疲れというのはうまく立ち回ることで大きく軽減することができます。

特に自分は恋愛が苦手とかすぐに恋愛で疲れてしまうという気持ちがある人は回避するためのコツを身につけてみましょう。

自分の時間も持つ

自分の時間というのは趣味の時間を作ったり、一人で過ごしたり、エステやマッサージに行ったりと、何をしてもかまいません。

一人で過ごすことでほかの人に気兼ねなく好きなことができるため、それだけでもリフレッシュでき、ストレス解消にもなります。

恋愛から離れて一人で自分のために時間を過ごすだけでうまく恋愛で立ち回れるようになるのです。

彼氏一色にならない

常に彼氏のことを考えているとそれだけで疲れてしまうものです。彼のことが大好きであったとしても、常に彼のことだけを考えて彼のためだけに行動する必要はありません。

自分のために時間を使ったり、友達や家族と過ごす時間を作ったりすることで、彼のためだけに過ごす時間は減るでしょう。

でも、だからこそうまくいくこともたくさんあります。細かなことに目を瞑ったり彼のために頑張れたりするようになるのです。

まとめ

恋愛をしていて疲れるという人の多くは真面目であり彼のために何かしてあげたいと思うものです。

常に彼のことばかり考えて彼のために行動していることは良いだけではありません。自分のために時間を使ったり、無理をしすぎないことも恋愛がうまくいくためには重要なことなのです。