曖昧な関係を打開する方法は?キッパリと決めるのが大事!

曖昧な関係とは、単なる友達ではなく2人きりでデートをする、カラダの関係を持つなど濃い付き合いではあるけれど、正式に彼氏彼女や夫婦になっていない間柄をいいます。

今回は心理学に詳しい真尋さん提供の情報を基に、

  • 恋愛で曖昧な関係を続ける男性の心理
  • 恋愛で曖昧な関係を続ける女性の心理
  • 恋愛で曖昧な関係を続けるリスク
  • 恋愛で曖昧な関係を続ける相手を見抜くには?
  • 恋愛で曖昧な関係をやめるためのアドバイス

についてご紹介しますので、気になる方は以下の内容をご覧ください。

恋愛で曖昧な関係を続ける男性の心理

友達以上恋人未満ともいえるような付き合いを続ける男性の心の中には、どんな本音が隠れているのでしょうか。女性としては気になるところでしょうが、ここでは主に考えられるものを3つピックアップしました。

自信がない

自信を持てずにいるため、基本的にいつか相手との関係に終わりがくると思っており、自分が傷つかないために曖昧な関係でいることで、自己防衛しています。傷つきたくないという意味では、曖昧な関係をはっきりさせようとして、フラれるのを恐れているパターンもあるでしょう。

ほかには相手との将来に不安があり、現状維持になっている場合もあります。仮に相手と結婚することになったとして、経済的にやっていく自信がないといった具合にです。

遊びたい

ただ単に遊びたい気持ちが強いために、曖昧な関係でいる男性もいます。決して相手のことを嫌いなわけではないものの、心底好きかと問われるとそこまでの気持ちがないのが本音です。

そのため、この場合は嫌いではない、自分にとって都合の良い女性なだけという位置づけになっています。さらにそのような男性は、今後もっと良い女性が現れるかもしれないとどこかで思っている可能性が高いです。

本命が去っていくのを避けたい

曖昧な関係を続ける男性の中には、その関係にある相手のほかに本命の女性がいるケースもあります。あり得るのはすでに本命の女性と恋愛や夫婦関係にあるパターンと、そうなっていないパターンの2つです。

また、曖昧な関係を続ける男性の相手である女性が、それを把握しているパターンとしていないパターンがあります。いずれにしても、曖昧な関係をはっきりさせることで本命を失いたくないのが男性の本音です。

恋愛で曖昧な関係を続ける女性の心理

不本意ながらはっきりとした関係にならないままでいる女性もいれば、望んで現状を維持している女性もいます。そこにはどのような思いが秘められているのかを以下にまとめましたので、順番にチェックしていきましょう。

曖昧な関係でもいい

曖昧な関係のままであっても、相手との関係を終わらせたくないと思っています。ただ、心のどこかでは今の状態ではなく、恋愛関係などに発展するのを願っている女性が多いです。

しかし、それを男性に伝えることができずにいます。関係をはっきりさせようとしたせいで、相手を失ってしまう恐怖心が勝ってしまうためです。そのため、現状を打破するための一歩を踏み出すことができません。

曖昧な関係が楽

男性と同様に単に遊びたい思いが強く、適当な男性を見つけて、責任が伴わない楽で曖昧な関係を続けている場合があります。そのうちもっと良い男性が出てくると、心のどこかで思っている可能性も高いでしょう。

これに対し、恋愛で非常に傷ついた経験を引きずり、気持ちが本気になれない状態にある女性もいます。人恋しいものの本気になるのが怖く、苦しみたくないという思いが多くを占めているのかもしれません。

2番手以降としてしっくりくる

自分が好意を抱いている男性と結ばれるまでの繋ぎとして、曖昧な関係を続ける女性がいます。また、すでに彼氏や夫がいるものの、寂しさを紛らすためや、カラダの相性が良いと思っているために同様の関係を続けるのも、ひとつのパターンです。

恋愛で曖昧な関係を続けるリスク

曖昧な関係を続けている方は、相手と今の関係性のまま生活していると、途中でその後の人生を大きく左右するような深刻な事態を招きかねません。以下の内容を確認し、本当に現状維持が得策なのか考えてみることをおすすめします。

婚期や出産適齢期を逃す

何年間にもわたって曖昧な関係を続ける方もいます。最終的に結ばれれば良いのですが、別れてしまうと悲惨なことになりかねません。一般的に若いといわれる年齢より上で別れれば、若い人好きの方の恋愛・結婚対象から外れてしまう原因になります。

また、年齢次第では高齢出産のリスクも意識しがちです。歳を重ねるほどに妊娠可能性や早産、流産、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、子どもの先天異常などのリスクが上昇すると指摘されています。

妊娠や性感染症

曖昧な関係を続ける方の中には、相手とカラダの関係にある方もいます。コンドームやピルで避妊することはできますが、常に妊娠のリスクがつきまとうことに変わりはありません。実際に子どもができたとき、相手が責任を取って結婚してくれるか、認知してくれるかなどの問題があるのです。

妊娠に関しては女性が複数の男性とカラダの関係を持っている場合、父親の特定の問題も起こり得ます。性感染症のリスクも、不特定多数と性行為をしていれば高まってしまいがちです。

恋愛で曖昧な関係を続ける相手を見抜くには?

自分と曖昧な関係になっている相手の言動に注目してみることによって、このままずるずるいきそうかどうかがわかります。はっきりとしない関係が続くのを望まない方のため、ここでは恋愛で曖昧な関係を続ける相手を見抜くためのヒントをご紹介しましょう。

相手のことを考えない行動

以下の自分の都合しか考えていない行動が、相手に見られないでしょうか。もしあてはまる点があれば、曖昧な関係のままでいたいと思っている疑いが濃厚といえるでしょう。

  • 相手からほとんどまたはまったく連絡がない、コチラから連絡しても反応がない、返信が遅いなどいい加減な対応をされている。
  • デートの誘いがあったとしても、相手がしたいことに付き合わされるだけで終わり。
  • 会うのはどちらかの部屋かラブホばかりで、セックスして解散になっている。

距離感が縮まらない

好意を持っている人との将来について真剣に考えているのであれば、関係性についてはっきりさせようとするものです。それがなく一向に距離感が変わらなければ、今後も曖昧な関係のままでいたい、または不本意ながらそうせざるを得ない状態に陥っていると考えられます。

恋愛で曖昧な関係をやめるためのアドバイス

グレーな関係性にピリオドを打つとなれば、発展させるか別れるかのどちらかの方向に進む形になります。具体的にできることについて以下に記載していますので、実行に移すのを検討してみると良いでしょう。

連絡をとらない

恋愛で曖昧な関係を発展させて終わらせるのではなく、別れて終わらせるのであれば、連絡をとらないのが得策です。自分から連絡しないのはもちろんのこと、相手からの連絡も完全に無視します。しつこいようであれば、着信拒否やブロックをするのも良いでしょう。

性的関係をもたない

相手との関係の発展を期待している方で、カラダの関係を持っているのであれば、それをやめましょう。恋愛関係などにステップアップする見込みがある、ないがはっきりします。カラダの関係を持たないことで、相手の本音が浮き彫りになるためです。

都合の良い存在=セフレと相手に思われているとすれば、セックスを断ると関係が成り立たなくなります。その相手の反応を見れば、曖昧な関係を断ち切る決断をする良いきっかけにできるのではないでしょうか。

好意を伝える

発展させる方向で曖昧な関係に終止符を打ちたいのであれば、思いきって自分の気持ちを伝えてみるのもおすすめです。そうすれば、相手の自分に対する思いや、どのような関係性を望んでいるのか引き出せる可能性があります。

ストレートに思いを伝えられないのであればワガママをいってみる、自分の思考を話すなど、今までと違う言動をとってみるのも良いでしょう。これまで以上のコミュニケーションをとると、相手のことが見えてくる可能性があります。相手をジッと見つめてみるのも効果的です。

まとめ

自信がない、相手との関係が壊れるのが怖い、まだまだ遊びたい、本命がいて逃したくないなど、さまざまな思いがあって曖昧な関係を続ける男女がいます。

ただ、あまり長く続くと、仮に別れてしまった場合の結婚や妊娠出産などに影響するリスクがあるため、どこかで白黒つけたほうが良いでしょう。そして今回ご紹介した内容が、決着をつけるための手助けになれば幸いです。