曖昧な関係を打開する方法は?キッパリと決めるのが大事!

付き合っているのか、それとも付き合っていないのか?曖昧な状態で関係が継続しているのは辛い事ですが、関係をはっきりさせるのが怖いと感じる方も多いようです。

曖昧な関係とはどういう状態なのか、今自分がそういう状態ならどのように対応していけばいいのか?考えてみましょう。

曖昧な関係ってどんな状態?


一口に曖昧な関係といっても、お付き合いするのかしないのか?はっきりしていないドキドキした状態もありますし、体の関係があるのに付き合っているのかどうか、よくわからない状態もあります。

曖昧な関係というのはどういう状態をいうのか、様々なパターンを理解しておくと自分が置かれている立場がわかると思います。

告白をしていない

好きなんだけど何となくいつも二人でいられる仲良しの関係で、周囲から見ると付き合っている?と感じさせる雰囲気もある、でもいずれかが告白してはっきりと付き合い始めたという関係ではないという場合も、曖昧な関係といえます。

告白して付き合ったという事なら恋人とはっきり認識できますし、相手も認識してくれていると思えますが、告白すると今の関係性が崩れてしまうと感じて告白できない方も多いです。

女性から告白は成功する確率が高まるって本当?

男性から女性に告白をするというのが少し前まではセオリーではありましたが、最近では、女性から男性に告白をするケースは珍しくありま…

恋人だと紹介されていない

自分では彼女、彼という立場だと感じている、でもはっきり付き合って欲しいといわれたこともないし、いったこともないという場合、お友達等に恋人としてはっきり紹介出来ない、してくれないこともあります。

恋人だよって紹介してほしいのに、あやふやな状態でいるのもなんだか不安ですし、他に好きな人がいたらどうしよう?なんて心配もします。

体の関係だけある

好きとか付き合って欲しいという事がはっきりしないうちに、体の関係になってしまうと、そういう関係を断ち切ろうとするときにも、しっかりした関係になりたいと思う時にも時間がかかる事が多いです。

男性は都合よく抱ける女として認識していることがありますし、女性の方も寂しい時に利用する男性という意識だけという事も多く、片方が好きという気持ちをもっていると場合によっては都合良く利用されるだけの関係になることもあります。

▼関連記事

都合のいい女とはどんな性格?自分がならないために・・・

曖昧な関係のままの男性心理


ちょっといい加減な性格の男性は、曖昧な関係が楽でいいと考えるようですし、今は彼女など特別な人は欲しくない、自由でいたい等の理由で関係をはっきりさせないことがあるようです。

女性が好きという気持ちをもって曖昧な関係になったとすれば、これは辛い思いをすることになります。

束縛されたくない

彼女になると飲みに行ってもどこにいるのか?としつこく連絡して来たり、休みの日はデートするのが当然と思っている女性も多く、束縛されるのがいやだから曖昧な関係の方が楽だと思っている男性もいます。

この場合、本当に好きという気持ちをもっていないことが多いので、体の関係になるのは避けた方がよさそうです。

責任を持ちたくない

付き合うという事になれば、何かと行動に責任を持たなくてはならず、責任を持った行動が出来ない、したくないと考える男性も多く、女性の事が好きという気持ちをもっていないことも多いです。

付き合えばいずれ女性は結婚という事も考えるようになる、だったら曖昧な関係のまま、責任を感じない状態でいたいという男性も多いです。

曖昧な関係を続ける女性のデメリット


男性は来る者拒まずという姿勢をとっている人も多く、曖昧な関係でいても周囲から指差されることも少ないですし、体の関係がある曖昧な状態の女性がいても「あいつモテていいな」といわれるくらいです。

でも女性の場合、関係性が深くなっているのに曖昧な状態でいれば、いい加減だとか、後ろ暗い要素があるんじゃないか?なんて噂されることも多いのです。

後ろ暗いと思われる

はっきりとお付き合いすればいいのに、付き合えない理由があるんじゃないのか?友人や知人の中にはそう勘ぐる人も出てくるでしょう。

特に体の関係があるのに付き合っている人ではないとなれば、相手が妻帯者?本命の彼女がいる人?など、後ろ暗い事があるのではないか?と思われてしまう事もあります。

セフレ扱い

相手の男性の事が好きという気持ちがあっても、男性が本命として受け取らず曖昧な体の関係が継続しているという状態では、完全にセフレ関係といっていいと思います。

女性の方も納得していて、お互いに楽しい時間が過ごせたらいいと思っている人もいますが、周囲は「だらしない女性」とみるようになるのでもったいないです。

男性は武勇伝になるかもしれませんが、女性は悪い評価しかされないという事も、曖昧な関係で女性にとって大きなデメリットとなる面でしょう。

周囲の理解を得られない

付き合っていない、はっきり告白していない状態で仲良くまるで付き合っているかのような状態は周りの人に理解しろと言ってもそれは無理な事です。

中には曖昧な関係となっている相手の事が好きという女性、男性もいますので、その人たちを結果的に苦しめている可能性もあります。

曖昧な関係から付き合うためには


今完全に曖昧な状態となっている、でもしっかりとお付き合いしたい、恋人として周囲の人にも紹介、認識してほしいという事なら、今の関係に甘えることなく行動を起こすことが必要です。

今の楽な関係が崩れるのが怖いとか、もしかしたら付き合う事も出来ず友達にも戻れないかも?と怖くてはっきり出来ないという人もいますが、それではどうしようもないのです。

言葉で確認をする

相手の事を好きであいまいな関係が継続しているという場合、はっきりと「私はあなたの事が好き、真剣に付き合いたいと思っているの」と伝えること、「そろそろしっかり付き合って結婚したいと思ってる」と言葉に出してみることも大切な事です。

そこでもし「そういうつもりはなかった」「今のままじゃいけないの?」といわれるようなら、別れを決意する方がいいのかもしれません。

本当に好きな人かどうか知りたい!判断する方法とは

色々なドラマや映画などのセリフで、「恋愛は本気になった方が負け」という言葉を耳にした方も多いと思いますが、ある意味、この言葉は…

真剣に話し合う

今のいい関係が崩れるのが怖いから、付き合うという事についてお互い意識していながらも、真剣に話をしたことがないという場合、思い切ってこの関係はどういう関係なのか、しっかりとお互いに向き合い話をしようと伝えてみます。

相手の事を大切な存在としてみていない場合や、まだ責任持ちたくないし・・と考えているなら、一旦関係を終了し、離れてみることも選択の一つです。

だらだらと会わない

ただだらだらと不安定な関係が継続しているという場合、本当に大切な人が出来た時後悔することもあります。

その時に限って曖昧な関係の彼、彼女が、大切な人が本当は誰なのかはっきりした、この関係を崩すのは無理といわれたら?最悪ストーカーに変貌する可能性もあります。

今まで自分の思うとおりになってきた相手が、自分のもとからいなくなる、そういう時に相手の事を真剣に考えるようになると思うので、本気で付き合いたいと思う相手なら、一度、きっぱりと関係性を断ち切り、一人になってみるのも手段だと思います。

▼関連記事

好きな人アプローチするには?効果的な方法とは

曖昧な関係を終わらせる方法


相手の事が好きなのに、自分が会いたい時だけ、寂しい時だけ呼び出されるのはもうつらすぎる・・・ということなら、曖昧な関係をきっぱり終わらせることも考えてみるべきです。

相手の事が好きだとその人をなくすことが怖いと躊躇してしまう人が多いのですが、相手に好きな人が出来れば相手は何の躊躇もなくもうこなくていいよ、もう会うのよそうよ、「元々付き合っていないんだし」と都合よく伝えてくるでしょう。

曖昧な関係をしっかり終了させるために、時には悲しい思いや寂しい思いをするのも覚悟して、自分の将来を考えてきっぱりと関係を断ち切ることも考えなくてはなりません。

連絡を絶つ

今まで長く曖昧な関係だった人に連絡をしないようにするという事、相手から連絡がきても無視するということはとてもつらいことですが、だからこそ、着信拒否や連絡先を削除するなど、徹底的に欄楽できない状況を作ることがポイントです。

ここで曖昧な関係を絶とうとせっかく立ち上がったのですから、自分にも相手にも厳しく、寂しくても恋しいと思っても連絡できない様に、連絡がきても受け付けない様に完全にシャットアウトします。

周囲の協力を得る

今まで曖昧な関係の人と会っていた時間がすっかり暇な状態になり、一人で何をしていいのか?わからないという人もいますが、そんな時こそ、友人の存在を思い出してください。

友達、同僚、長く連絡を取っていないならそれをわび、一緒に遊ぶ時間を作ってもらうことで、彼、彼女から離れることができると思います。

曖昧な関係性の相手と関係が長く深かった人ほど、最初は寂しくて仕方ないと思いますが、周囲にこういう関係をしっかり断ち切って新しいスタートを切りたいと説明して、協力してもらうことで、好きという気持ちをもっていた相手でも、次第に気持ちが薄れていくと思います。

まとめ


男女間の曖昧な関係というのは、将来についても、また今も、いい関係とはいえず、特に女性は都合のいい女になってしまう事もありますし、彼が好きだからこそ、そういう立場でも受け入れてしまう事が多いです。

結婚を視野に知れて楽しく付き合っている、また好きという気持ちをお互いにもって素敵な時間を過ごすという事ではなく、ただただ曖昧な状態が継続しているなら、一度関係をリセットし、本当に大切な人をみつけることも将来に向かって必要な事だと思います。