「いいな」を届けるWebメディア

スキンケア

2018年02月15日 更新

産後の肌荒れ、なんとかしたい!具体的な原因とは

妊娠は、母子ともに肉体的なストレスが多くかかります。その為、至る所にしわ寄せが出てしまいますので、妊娠している時以上にしっかりとケアしていかなければいけません。

色々な所にしわ寄せが出るのですが、その中でも特に妊婦さんにとってストレスに感じるのは、やはり肌荒れだと思います。特に産後の肌荒れは強くでる場合がありますので、外見がみすぼらしく見えてしまい耐えられなくなってしまう方も多いそうです。そこでこちらのページでは、産後の肌荒れを何とかしたいという方の為に有益な情報をご紹介します。

産後の肌荒れがひどいのはなぜ?


産後の状態は、出産したお母さんによって色々な症状が現れます。色々な部分で弱っておりますので、それまで表面化していなかった自分の弱い部分の症状が悪化する傾向があるのですが、中でも多いのが産後の酷い肌荒れです。

産後の肌荒れについてケア使用と思ったら、どうして産後に肌荒れが起こるのかというメカニズムについて深く理解しておくという事が最低条件になります。

便秘によるもの

産後の肌荒れで最も多い原因のひとつとして考えられるのが便秘です。産後は赤ちゃんに母乳を与えるという仕事がまっております。赤ちゃんが健やかに育って欲しいと一生懸命母乳を与えるのですが、この母乳を与えるという行為は、母乳と一緒にお母さんにとっても必要な水分も出て行ってしまう事に繋がります。

産後でなくとも水分が少ないという時には便秘になりがちです。ただでさえ体調不良が起こりやすい時なのに水分が少なくなってしまうという事は、それだけで便秘になりやすい土壌が固まってしまっているのです。特に沢山母乳が出るという方の場合には、便秘には十分に注意してください。

育児によるストレス

人間の身体は、心の変化によっても色々な影響を受けてしまいます。その中でもストレスは現代人にとっても大きな影響があります。

産後はお母さんにとってストレスの影響をモロに受けてしまう環境下にあります。生活環境の変化であったり、赤ちゃんに対する責任感、将来への漠然とした不安など色々な部分が重なってストレスになってしまい、ストレスから肌荒れを起こしてしまうのです。

女性ホルモンが不足している

産後はホルモンが不安定な状況になりがちです。出産時に頑張った分、体力が衰えているのは表面的にわかりやすいのですが、ホルモンバランスの乱れなどは注意しなければ見落としてしまう可能性が高くなっております。

そのホルモンバランスの乱れが表面化しやすいのが肌荒れなのです。出産直後はどうしても女性ホルモンが少なくなりやすくなっておりますので、肌荒れが起こる前にしっかりとケアする事が重要になります。

睡眠不足によるもの

出産直後から、赤ちゃんのお世話が始まります。当たり前だと思いますが、赤ちゃんには昼も夜もありません。その為、夜に寝ている時でも泣き出してお母さんを起こしてしまいます。その為、お母さんは常に寝不足の状態になってしまっております。

女性の方でしたら誰もが知っていると思いますが、寝不足はお肌の天敵です。その為、しっかりと睡眠をとる事ができない産後はどうしても肌荒れを起こしてしまうのです。

産後に起きた肌荒れの改善方法


出産後は、色々な原因が一度に押し寄せてくるために、どうしても肌荒れが起こりやすい時期です。また、とっても忙しい時期ですので肌荒れなんかにかまっていられないと思っているお母さんも多いかも知れません。

しかし、なるべく早い段階で肌荒れのケアをする事によって被害を最小限に食い止められる事も事実です。しっかりと効果的な肌ケアを行い、綺麗なお母さんでいる事ができるアドバイをしていきます。

水分をこまめに取って便の流れを良くする

産後のお母さんにとって共通している悩みである便秘ですが、もちろんお薬を使って強制的に便を出すといった方法がありますが、それですと根本的な解決になりません。

普段から便秘にならないようにケアしようと思ったら、間違いなく水分補給をしっかりと行う事です。水分補給は便秘はもちろん、熱中症対策や新陳代謝を高めるなど色々な効果が期待できます。しっかりと水分補給をしていけば、徐々に便秘も解消され肌のつやが改善していきます。

家族に育児の分担をお願いする

産後は気持ちは元気でもとても疲れやすかったり、睡眠がしっかりととれないようなケースがあります。そんな状況でも母性が強くでますので、しっかりと育児をしてしまうという方も多いのですが、どうしても色々な部分に負担として現れてしまいます。

育児は一時ではありませんので、最初から旦那さんや同居しているご家族がいればご家族の方に育児を手伝ってもらう事が重要になります。際世の段階で育児をお願い出来ていれば、家族全体で責任感を持つことができますので非常に安定した育児環境を整える事ができます。もちろん仕事などの環境もあると思いますので、しっかりと考慮した上で上手に手伝ってもらうようにしてください。

ホルモンバランスを整える

産後はとてもホルモンバランスが乱れやすい時期となっておりますので、しっかりとホルモンバランスを整える事が重要になってきます。

ホルモンバランスを整えるためには、栄養バランスのしっかりと取れた食事をする事や、妊娠中にはできなかった適度な運動にチャレンジしたり、お散歩やお買いものなどをしてストレスを発散するなどをする事がとても重要になります。

友人など育児の相談が出来る相手を見つける

育児中は、どうしても不安が付きまといます。その為、色々な部分で責任感が強くなる一方で、ストレスが溜まりやすくなってしまっております。

ストレスの緩和には色々な方法がありますが、育児を相談する事ができる友人などの存在はとても重要なポイントになってきます。自分だけが大変なわけではないという孤独感が薄れる事によって、ストレスが和らいで行きます。

産後に出来た大人ニキビを治す


産後はどうしても肌荒れがしやすくなっております。その為、どうしても大人ニキビがでやすくなってしまいます。ただでさえストレスが溜まりやすい産後のお母さんにとって、目立つ所に出来た大人ニキビほど厄介なものはありません。

そこで産後のお母さんにとって天敵とも言える大人ニキビの対処法についてのアドバイスをさせていただきます。

乾燥肌用のスキンケアを使う

産後の妊婦さんは、母乳によって水分を過剰に排出している傾向にありますので、どうしても肌が乾燥しやすくなっております。特に冬などの時期においては、かなり乾燥してしまいがちです。

その為、乾燥肌ようのスキンケアを積極的に利用するのが重要になります。寝る前と朝の洗顔の後だけでなく、乾燥していると感じたら少し追加するように一日を通して乾燥肌にならないように注意してください。

便意を我慢しない

赤ちゃんがいると、どうしても自分のペースで自分の事が出来にくいかもしれません。特におトイレなどは、いきたい時に行けずに我慢してしまう方もいらっしゃいます。

便意を我慢してしまうと便秘になりやすくなってしまいますので、便秘によって大人ニキビが出来てしまう事もあります。ただでさえ水分の排出量の多い状況なのですから、便意がしたら我慢しないでトイレを直ぐに利用してください。

洗顔はぬるま湯で

出産後は、色々な所にお金がかかってしまいますので、どうしてもお金が足りなくなってしまいがちです。

その為、少しでもお金を浮かそうと洗顔をお水で行っている方もいるのですが、お水ですと毛穴の奥に詰まっている汚れを効果的に落とす事ができませんので、しっかりとお湯を使って洗顔するようにしてください。

リラックス出来る曲を聴く

大人ニキビの原因として大きいのがやはりストレスです。心にかかっている負担が表面化する事によって大人ニキビが出やすい状況になっておりますので、しっかりと肌ケアを行うのはもちろんの事、心がリラックスできるようにクラシックなどの曲を聞くというのも大人ニキビ対策として重要になります。

まとめ


妊娠中はもちろんですが、産後は特にお母さんの肌が傷みやすい時期でもありますので、意識して肌ケアを行う事が重要になります。

肌ケアには高級な基礎化粧品などもありますが、日頃のケアによってそこまでお金をかけなくても十分に効果が期待できます。

逆にいうと、その根底の部分のケアがしっかりとできていないと、いくら高級な基礎化粧品を使っても効果はいまひとつになります。普段からしっかりとケアできるように気を付けるのはとても重要なポイントになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです