「結婚を諦めた年齢とその理由」実際のエピソードを紹介。

多くの人が結婚という選択肢を選ぶ一方、未婚でいる事を選択する人もいます。その理由は様々で、独身生活の気楽さが好きな人もいますし、何らかの理由で結婚に対して嫌な思いを抱いている人もいます。

中には、結婚したかったけど諦めてしまったという人もいます。諦める理由も人それぞれですが、多くの人があげている共通した理由があるのも事実です。

女性は年齢を理由に結婚を諦める事が多いですが、男性は束縛を嫌って結婚から遠のく事が多いです。

男女で共通しているのは、結婚以外の生きがいや既に確立された生活スタイルがあり、結婚する事でそれが崩される事を嫌う場合です。

女性が結婚を諦めた瞬間とは?

女性にとって結婚は人生の一大イベントです。子供の頃からウェディングドレスに憧れていたという女性も多いでしょう。

ですが全ての女性が結婚をするわけではなく、結婚しない道を選ぶ女性もいます。

長く付き合った彼と別れた

成人した男女が長く付き合っていると、自然と結婚を意識するようになります。周囲もそれを期待するでしょう。そんな彼と別れた事がきっかけで結婚を諦める女性もいます。

特に30代、40代以降の女性にその傾向があります。今からでは出会いも期待できず、結婚相談所への登録やお見合いをしてまで結婚をしようとは思わない場合は、結婚以外の事に目を向ける女性が多いです。

また付き合っていた期間が長ければ長いほど別れへのショックも大きく、こんな思いをするくらいなら恋愛もしたくないと、恋愛自体が嫌になってしまうケースもあります。

年齢的に諦めはじめた

多くの女性が20代~30代のうちに結婚をしています。法律上は結婚する年齢に上限はありませんが、子供が欲しいと思っている場合は年齢に限界があります。

年を重ねる毎に妊娠しにくくなりますし、当然ですが閉経後は妊娠する事ができません。

子供を望まなくてもある程度年齢を重ねると出会いも少なくなり、結果諦める事に繋がるケースもあります。

仕事が忙しくなった

30代、40代は働き盛りです。人によっては昇進し、多くの部下を任される立場にいる人もいるでしょう。

当然、仕事は忙しくなります。仕事が生活の中心になってしまい、いつの間にか恋愛とは遠い生活を送っていた、という事にもなりかねません。

一人暮らしなら自分さえよければ家事も適当で問題ありませんが、結婚するとそうもいきませんから、結婚から気持ちが離れてしまう場合があります。

今の生活に満足しはじめた

女性の生き方には様々な選択肢があります。一昔前は結婚することが当たり前でしたが、今は結婚は選択肢の一つでしかありません。

仕事が充実していて、プライベートも友人達と楽しく過ごしていると、わざわざ結婚しなくてもいいと思えてくる場合があります。

人と一緒に住むのがムリだと思った

一人暮らしはとても気軽です。自分さえよければ忙しいうちは家の事は適当でも問題ありませんし、逆に徹底的にこだわっても文句を言う人はいません。

インテリアも100%自分好みで統一する事ができます。そんな生活に慣れてしまうと、誰かと一緒に住むなんてムリだと思えてくる場合があります。

誰かと一緒に住む事は、多少であれ相手に合わせる必要も出てきます。そこまでして今の生活を変える必要はないと考えると、結婚から気持ちが遠のきます。

ドラマを見た影響

最近は一人で生きる女性を描いたドラマも多く作られています。ドラマの中の女性は仕事もバリバリとこなし、自立していてとてもかっこいい存在です。

そんな女性のストーリーを追いかけているうちに、結婚しない生き方が魅力的に思える事があります。私もあんな女性になりたいと、結婚に対する興味が薄れていきます。

▼関連記事
結婚できない人の特徴はこれだった!知って防ぐ豆知識

男性が結婚を諦めたエピソード

男性にも結婚を諦める瞬間があります。男性は社会的に自立している人が多いため、結婚に求めるものが女性と異なる場合があります。

女性と違うのは、年齢による諦めが少ない事です。男性は出産をするわけではないので、子供が欲しい場合女性ほどは年齢を意識しません。

婚活に疲れてしまった

婚活業界では女性側が有利と言われています。お見合いパーティや結婚相談所への料金も男性の方が高額である場合が多く、デートのセッティングも女性側に選択権があるケースがよくあります。

一人の女性に対して複数の男性がデートを申し込む場合もあります。当然選ばれるのはその中の一人です。複数の相手とデートしてから相手を決めるようにしている女性もいますが、それはそれで「大勢の中の一人」であるため、複雑な心境になってしまいます。

婚活も上手くいけばいいのですが、上手くいかなかった場合はお金と時間を無駄にしたと感じてしまうでしょう。こんな思いをするくらいなら結婚しなくてもいいと諦める男性もいます。

▼関連記事
「恋愛がめんどくさい!」と思ってしまう人の特徴と理由

真面目に人を愛せない

人を愛せない悩みを抱えている男性は意外に多くいます。過去のトラウマから人を愛する事を恐れている男性もいますし、一人の女性に集中できないという男性もいます。

自由に旅行へ出かけたい

結婚するという事は、家庭を持つ事です。独身の頃は休みの度に旅行に出かけたり、有休を取ってオフシーズンの旅行を楽しむ事もできましたが、結婚するとそうもいきません。

一人旅や男友達と旅行してばかりでは相手に申し訳ないですし、自由になるお金も少なくなります。独身の頃は思い付きで出来た旅行も、結婚すると事前に相手に伝えておく必要が出てきます。

自由を楽しんできた男性にとって、それは負担になります。

結婚そのものが向いていないと思った

男性は結婚しても仕事のキャリアにはさほど影響はありませんが、プライベートでは大きな影響があります。家事の分担や家族サービスなど、プライベートが制限される場合も多いです。

一人で気楽に過ごす事が好きな男性にとって、結婚は負担になる場合があります。そういった男性は自分は結婚に向いていないと思い、結婚を諦める事があります。

趣味の時間を削りたくない

生きがいとも思える趣味がある男性は、結婚によって趣味の時間が削られる事を嫌います。理解ある女性と結婚できたとしても、100パーセント今までのようにはいかない事が多いでしょう。

相手に家事の手伝いを頼まれる場合もありますし、子供ができたら趣味どころではなくなる可能性もあります。

勿論結婚には趣味以上の喜びもありますが、全ての男性がそう考えるわけではありません。趣味の時間を削られるくらいなら一人の方がいいと考える男性もいます。

独特の生活ルーチンが生まれてしまった

独身でいる間の生活ルーチンは、100%自分の都合で決める事ができます。

仕事の時間や休みが不規則な人はそれに合わせた生活ルーチンが生まれるでしょうし、一般的な朝~夜までの平日に働いている男性でも、例えば金曜の夜は友人と朝まで遊んで過ごす、週末は近くのホテルに泊まるなど、独身男性ならではの生活ルーチンが生まれている場合があります。

結婚し相手と一緒に住むようになると、その独特のルーチンに影響が出ます。状況によっては全て改める必要も出てきますし、仕事上やむを得ず作られたルーチンでも、結婚相手の希望で変更しなければならない時も出てきます。

独身時代の生活が快適だと思っている人ほど、結婚後の変化を嫌う傾向があります。

▼関連記事
一人が好きな人の特徴!一生独身を避けるための対処方法

結婚を諦めたくないなら

今は結婚しない生き方も十分に認められています。結婚して不幸な人生を歩くよりは、独身のまま自由に生きる方がかっこいいという価値観もあります。

ですがそれでも、結婚に憧れる人は多いでしょう。どうしても諦めたくない場合、ただ待っているだけでは結婚する事はできません。

生活リズムを改める

独身生活が長いと、仕事以外の時間は適当に過ごす事も増えてきます。休みの前日は徹夜したり、休みの日は昼まで寝ていていたり、どう過ごしても誰かに文句を言われる事もありません。

ですがそれでは、結婚からどんどん遠ざかってしまいます。生活リズムを整える事で、新しい出会いを呼び込むようにしましょう。

休みだからといつまでも寝ているのではなく、早起きして朝日を浴びるようにします。午前中の間に家事を済ませ、午後は散歩に出かけたり趣味を楽しんだり、ダラダラと過ごさないようにします。

生活のリズムが整うと体調も良くなり、何事にも前向きに取り組めるようになります。男性は前向きな女性が好きです。

身だしなみを見直す

だらしない女性と結婚したいと思う男性はまほぼいません。朝時間がないからと化粧や服装に手を抜いたり、しわのある服で過ごしていては、男性の心を射止める事はできません。

家で過ごす休日でも、最低限の身だしなみは整えておきましょう。生活はいつの間にか雰囲気に現れます。いくら外出時だけ着飾っていても、普段の身だしなみがきちんとできていないと男性には違和感があるように映ってしまいます。

もしここに彼がいたら、と想像しながら休日を過ごしてもいいかもしれません。

積極的に男性へアプローチ

男性にモテる女性は、必ずしも美人ではありません。美人な女性は男性にとって憧れの対象にはなりますが、恋愛の対象にはならない事も多いです。

男性が好きなのは話しやすい女性です。男性の心は傷つきやすく、臆病です。この人なら自分を拒否しないだろう、と思える女性に声をかけます。

結婚したい事をアピールし過ぎると男性に引かれてしまいますが、「あなたともっと仲良くなってみたい」という雰囲気はどんどん出していきましょう。

待っているだけではなく、自分から話しかける勇気も必要です。無視されたらどうしようと不安になるかもしれませんが、女性が声をかけたのに無視をするような男性はそもそも結婚相手に相応しくありません。「変な男にひっかからずに済んだ」と少し図々しく考える位でいいのです。

失敗を恐れずいつも明るく前向きな女性は男性にとって魅力的です。そうやって努力していくうちに、運命の相手に巡り合う事もあるでしょう。

▼関連記事
結婚できない女の特徴と性格に迫る!

まとめ

必ずしも結婚が幸せに結びつくわけではありませんが、多くの人が結婚に憧れ、そこに幸せを見出しています。

年齢や仕事の状況で結婚を諦める人も多いですが、結婚に年齢制限も業種の制限もありません。

大切な事は、自分の心に素直になる事です。本当は結婚したくないのに、周りに流されて結婚をしてしまうのは相手に失礼ですし、逆に本当は結婚したいのにその願望から目を逸らして生きるのはとても不幸な事です。

結婚を諦めるのも諦めないのも自分次第です。一度きりの人生ですから、悔いのないような選択をしましょう。