恋愛心理学を上手に使って恋愛テクニックを磨こう!

恋愛はとかく複雑で、難しいものと考えられてしまいがちですが、決してそんな事はありません。恋愛は、有る程度コツさえ掴んでしまえば、誰しも簡単に楽しむ事が出来るでしょう。勿論楽しむだけでは無く大変な事も有りますが、それに見合った幸せをゲットすることも出来るのです。

例えば最初は、恋愛心理学をマスターすることをおすすめします。このような恋愛心理学を学ぶと、自然と恋愛が上手くいくようになるでしょう。

恋愛心理学を知るメリット

男心を理解できる

男心が全くわからないと思い悩んでいる女性も多いかと思いますが、それもそのはず。男性と女性の脳の作りは根本から違っており、同じ人間では無いと考えられているからです。男は男、女は女というもはや別の種類の生き物ですので、事前に恋愛心理学を学んでおくことで、相手の考え方を理解することが出来るようになります

男心は非常に複雑で、意外と面倒な所も多くありますので、事前に色々と勉強しておくことが大切です。勉強して置くことで、今までだったら不可解な出来ごとでも、すぐに納得出来るようになるでしょう。

恋愛の成功につなげられる

恋愛心理学は、恋愛におけるバイブルです。余程特殊なケースでは無い限り、大抵の恋愛に当てはまりますので、恋愛の取り扱い説明書とも言えるでしょう。男女問わずに恋愛心理学を学んで実践に移すことで、恋愛の成功に繋げることが可能になります。

恋愛がどうしても上手くいかない、お相手にフラれてばかりという場合など、恋愛心理学を使う事で、素敵な恋愛をすることが出来るでしょう。

恋愛心理学から分かる男心

良く話しかける

男性から良く話しかけられるという場合、多かれ少なかれ、あなたに何らかの好意を持っています。もちろん話しかけられる内容によっても異なりますが、当たり障りない雑談などの場合は特に、あなたに余程の好意があると言っても過言ではありません。

良く話しかけられる上に、その内容が基本的にそこまで重要な事ではない場合は脈有りと考えておいて良いでしょう。ただし、他の女性にも同じように、当たり障りない会話をよくしているという場合は、その人がただ単に社交的というだけなので、その点は間違えないように注意が必要です。

認められたいと思っている

男性は基本的に、どんな人が相手であれ、認められたいと思っている方がほとんどです。いわゆる承認欲求というものですが、この承認欲求を満たしてくれる相手に、好意を持つ傾向があります。

例えば、仕事の事を褒めてくれるような女性、自分自身のルックスなどを褒めてくれるような女性には少なからず好意を持つ男性は多い物です。あまりに的はずれな褒め方をしなければ、基本的に相手からの好意はグンとアップするでしょう。

男性は反対に、否定されるのが苦手な生き物です。例えば、服装のセンスがださい、同意を得ようとしたときにNOと言われるなど、自分に対してのネガティブ発言に対して、異常なまでにショックを受けます。女性と比べるとメンタルが弱い方が男性の方が多いため、気になる男性がいる場合は、むやみやたらに否定的な意見を述べないようにしましょう。

仕事などのサポートをしてくれる

自分が大変な時に、サッと仕事のサポートをしてくれるような女性は、男性にとって断然魅力的に感じるものです。仕事のサポートはもちろん、ちょっとした応援をするプレゼントなども、男性にとっては非常に嬉しく感じるでしょう。

ただし、あからさまなサポートは逆に敬遠されてしまいますので、バランスが大切です。あくまで自然に、さりげなくサポートをしておくことで、男性がサポートに気がついた時に、あなた無しでは考えられないほどの好意を寄せられる可能性が高いでしょう。

頻繁に誘う

頻繁に女性の事を誘ってくると言う場合は、ほぼ確実にあなたに好意を持っています。勿論誘い方や、誘っている人数、誘っている理由などによっても異なりますが、多かれ少なかれ、好意を持っている事に変わりはありません。

頻繁に特定の人から、二人でお出掛けのお誘いをされるという場合は、十中八九狙われています。あなた自身も興味があれば、そのまま突き進んでしまえば良いですが、もし興味が無い場合は、自然と離れて行けるように、努力することが大切です。

どんな人かよくわからないという場合は、まずは試しに一度二人で出かけてみるというのも1つの手。頻繁に誘ってくる人であれば、悪いようにはされませんので、楽しんだもの勝ちと思ってまずは試しに遊びに行ってみると良いでしょう。

恋愛心理学を使ったテクニック

向かい合って座らない

恋愛心理学を使ってテクニックで王道とも言えるのが、向かい合って座らないというものです。相手が心地良く感じる席の角度は、相手に対して90度の角度になります。つまり、斜め前などに座る事で、心理的には安心感を覚えることが出来るのです。

例えば、社内でちょっとした話をする際には、出来るだけ斜め前の席に自然と腰掛けられるようにしたり、二人で出かけたときなども、その位置を考えて座れるかどうかがポイント。あまり不自然な位置ですと問題ですが、基本的にこうしたテクニックを心がけると、少しずつ安心感を持たれるようになります。

視界に何度も入るようにする

出来るだけ相手の視界に入るように心がけるだけでも、心理的には好意を持たれやすくなります。余程過去に何かがあった相手ではない限り、視界に入る回数が多ければ多い程、深層心理に印象を残すことが出来るでしょう。

もちろん、目障りになるように目の前に何度も飛び出ろという事ではありません。あくまでさりげなく、何かにつけてチャンスがあれば、目の前を歩いて横切るだけでも効果的です。とにかく1秒でも多く視界に入れるようにすることで、好意が芽生えやすくなるでしょう。

相手の目をじっと見る

相手と話をする際には、相手の目をしっかりと見て話をすることが大切です。目は口ほどにものを言う、女性の場合は特に、目で自分の意志を伝えることが出来る程、目力がありますので、話をする際にはしっかりと目をみてお話をしましょう。

また、相手の目をしっかりと見ることで、相手に自分の印象を強く残す事が出来るようになりますので、一石二鳥です。視界に入るようにするというポイントを抑えることにも繋がりますので、出来るだけ相手と会話をする際には、目をじっと見て、表情豊かに話すように心がけましょう。

目を見て話すということは、相手に自分の姿を良く見られるという事ですので、出来るだけ身だしなみを整えた上で臨むことが大切です。目を見て話したときに、ボサボサの髪の毛で、メイクもよれよれだと、その姿が印象に残ってしまいます。相手と話す予定があるときは、事前にサッと鏡などを見てチェックする事が重要です。

パーソナルスペースに入る

人にはパーソナルスペースというものが存在し、自分だけの個人的な空間が存在します。このパーソナルスペースに上手く入ることで、自然と心の壁を無くすことが出来るようにナルでしょう。

パーソナルスペースは人によって異なりますが、ほとんど人を寄せ付けないという方も居れば、誰でもすぐにウェルカムなタイプまでいます。人を寄せ付けないタイプの人の方が、一度入ることが出来れば陥落がすぐなので簡単ですが、後者の場合は非常に厄介です。

誰でもパーソナルスペースに入れてしまうからこそ、誰でも分け隔て無く好き、恋愛関係には発展しないという事も多く、一歩前進したいという人にはなかなかの苦行になります。そう言った方を相手にする際には、何かときめきを感じるような、特別な事をすることが大切です。

例えば、パーソナルスペースに入ったとしても、他の人とは違い、気配りや配慮を見せることで、印象つける事が出来るでしょう。

吊り橋効果を利用する

吊り橋効果を利用する事も、恋愛心理学としては鉄板中の鉄板になります。吊り橋効果とは、相手と二人だけで何らかのドキドキを共有すると、それを恋愛のドキドキと勘違いして、結果として恋愛に陥るという効果です。この吊り橋効果は人為的に作る事が可能ですので、気になる人がいる場合は、ぜひともトライして見ると良いでしょう。

例えば、お化け屋敷などが最もてっとり早く吊り橋効果を作る事が出来ます。グループデートなどに行った際に肝試しを行うと、グループを組んだカップルが高確率で結ばれやすくなりますが、それは正に吊り橋効果によるものです。

吊り橋効果を制するものは恋愛を制すると言っても過言ではありませんので、1にも2にも、吊り橋効果を実践してみると良いでしょう。もちろん、人為的に作って居る事がバレたらそれでお終いですので、注意して下さい。

最初の6秒が肝心

恋愛に限った事では無く、相手の印象を決めるのは、最初の6秒が肝心と言われています。第一印象というのは非常に根強く残るもので、最後の印象が良かった人よりも、最初の印象が良かった人の方が、好印象を残す事が出来ます。

例えば、身だしなみやルックスを始め、ファッション、声や表情、話し方も重要なポイントです。出来るだけ気になる相手に好印象を残すためにも、最初の6秒に気合いを入れて臨みましょう。

もちろん、最初の6秒が終われば全て終わりという事ではありません。その後が酷い印象であれば、最初の6秒も木っ端みじんに吹き飛んでしまいますので、トータルで頑張ることが重要です。第一印象は一番頑張りどころ、その後は、少しずつ自分の事を知って貰う努力をしましょう。

意中の男性を本気にさせる恋愛心理学

さりげなく褒める

気になっている男性がいる場合はまず、さりげなく褒めるテクニックを導入してみましょう。男性には皆、承認欲求がありますので、出来るだけ相手を自然に褒めるようにすると、その人に好意を持ちやすくなります。

あからさまに褒めてしまうと別の問題が出てきますので、あくまでさりげなく、自然な流れで褒められるようにして下さい。例えば、ファッションを褒めるにしても、突然むやみやたらに褒めるのでは無く、「このネクタイ素敵ですね」「○○さんっておしゃれですよね」というように、自然な流れで褒められるようにすることをおすすめします。

ギャップを見せる

男性はギャップに弱い生き物です。その為、女性のちょっとしたギャップに心奪われる事も少なくありません。

例えば、普段しっかり者の女性が、時たま見せる天然な行動など、守ってあげたくなるようなギャップを始め、普段強気で勝ち気な女性が時折見せる、疲れた弱り切った表情なども、男性からはポイントが高いと言えるでしょう。

ギャップは男女問わずに非常に好意を寄せられるポイントになりますので、普段の自分とは違う、ちょっとしたギャップを演出することが大切です。ただし、マイナスとなるようなギャップは作らないように、しっかりと作戦を立てましょう。

弱みを見せる

気になる相手にだけ自分の弱みを見せるというのも、高等恋愛テクニックの1つです。男性は基本的に単純な方が多いので、ちょっとした悩み相談などしただけで、「この子は自分の事を特別に思って居るんだ」と納得し、好意を寄せる人もいます。

見せる弱みの内容があまりにもヘビーなものですと引かれてしまいますが、例えば、ちょっとした悩み相談などであれば、男性側も負担に思いません。ただのかまってちゃんに思われないように、相談する内容や相談の仕方は良く考えた上で、弱みを見せるようにしましょう。

2人だけの秘密を作る

男性はとかく、二人だけの秘密という言葉に弱く、二人で共有している情報が多ければ多いほど、相手に対して好意を持ちやすくなります。勿論その為に何でもかんでも秘密を作る必要は有りませんが、ちょっとした秘密を作っておくと、二人の関係が進展しやすくなるでしょう。

秘密の内容はそこまでヘビーなもので無くて構いません。あくまで二人の共有できる唯一の情報として、ちょっとした軽めのものを選べば問題無いでしょう。秘密を作る為にとんでもないことをする必要はありませんので、あくまで出来ればで大丈夫です。

贈り物を渡す

ちょっとしたプチギフトを渡すのも、男性の心を動かすのにはちょうど良いと言えるでしょう。典型的なものでいれば、バレンタインやクリスマスプレゼント、作りすぎて余ってしまった手作りクッキーなどが挙げられます。ただし、手作りの食べ物が苦手という方も居ますので、注意が必要です。

恋愛心理学のおすすめの本

コミック

心理学のエキスパートと言っても過言では無い、ゆうきゆう氏監修の心理学コミックスが、「「なるほど! 」とわかる マンガはじめての恋愛心理学」です。心理学を学んだことが無い人でも手軽に手に取れる一冊で、気軽に読み始める事が出来るでしょう。絵も可愛らしく、普段本をあまり読まない人にもおすすめです。

昔からの名著

複雑な男心と女心をわかりやすく描いた心理学著書が、「男と女のLOVE心理学「恋愛」から「結婚」まで自在にコントロール」著・神岡真司氏です。こちらは男性と女性の恋愛に関する心理学だけでは無く、結婚してから相手を上手くコントロールするためにはどうすれば良いのか、ちょっとだけ腹黒な一冊に仕上がっています。

とはいえその効果は非常に高く、恋愛心理学を学ぶ上で、手に取る男女が多いと言えるでしょう。

まとめ

恋愛心理学を学ぶことで、意中のお相手に好意を持ってもらう事も可能になります。勿論相手にパートナーが居れば話は別ですが、恋愛心理学を学べば、自然と素敵なご縁に恵まれるようになるため、次の新しいチャンスもすぐに舞い込むでしょう。恋愛心理学を学べる本もたくさんありますのでおすすめです。

恋愛テクニックは、心理学に基づいたものを使わないと、小手先の薄っぺらいものになってしまいます。出来るだけ信憑性を持たせるためにも、事前に恋愛心理学を学ぶことが大切です。既にお付き合いをしている人がいる場合でも、円満な関係を築くために、恋愛心理学は重要な技術になると言えるでしょう。