結婚の準備はいつからがベスト?ふたりで読みたい結婚までの流れ

結婚の準備をいったいいつから始めればいいのかと悩んでしまう方は少なくないでしょう。結婚などそう何度もするものではありませんし、多くの方は初めての結婚になるかと思います。初めての経験ゆえにいつから準備をすればいいのか、前もってどんなことをしておけばいいのかという疑問を持つ方もおられるでしょうから、ここではその疑問を解決できるような内容をお届けしようと思います。

結婚の準備はいつから行う?


結婚に準備など必要ないという方ももしかするとおられるかもしれませんが、結婚は家同士のことでもありますからきちんと準備をすることは大切です。ただ、準備をすると言ってもいつからすればいいのか分からないでしょうし、ここでは目安となるタイミングについてお話しましょう。

1年前から準備するのがベター

絶対というわけではありませんが、だいたい1年前くらいから準備を始めたほうが無難でしょう。1年もあればたいていの準備はできてしまいますし、時間が足りないという事態に陥ることも少ないのではないでしょうか。とりあえずは1年を目安にして結婚の準備を進めていきましょう。

最近では半年前からの準備で済ませる人も

最近では半年前くらいからの準備で済ませてしまう方も少なくありません。結婚式を挙げる予定もなく両家での顔合わせも簡潔に済ませられるような場合だと半年を切ってから準備するということもあるでしょう。つまり、結婚の準備で必要となる期間は人によって異なるということです。当然準備を始めるタイミングなども人によって変わってきます。

短すぎるとこんな失敗が

結婚の準備が短すぎるとさまざまな失敗をしてしまうこともあります。あまりにものんびりしていると結婚式への招待状が届かなかったり、最悪式場を押さえることができないということにもなりかねません。結婚式や披露宴などが集中してしまう時期がありますから、そのような時期に挙式を考えているのならなるべく早めに行動を起こしたほうが良いでしょう。女性にとって結婚式はとても大切な人生の節目ですから、式場が押さえられないとなると大問題です。

できれば結婚の準備は余裕をもって行うことです。短期間でも可能ではありますが、あまりにも切羽詰まってからバタバタしてしまうと良い結果にならないことがほとんどです。余裕をもって準備を進めていけば失敗してしまうようなこともないでしょう。

これを見ればOK!結婚が決まったらおすすめの本

結婚の段取りのすべてがわかる本

本人&両親 結婚の段取りのすべてがわかる本 (学研実用ベスト 暮らしのきほんシリーズ)

ふたりで読む結婚準備のすべてがわかる本

ふたりで読む結婚準備のすべてがわかる本

ふたりの結婚準備ブック

ふたりの結婚準備ブック

結婚前に行うこと


ここでは前もって行うことをいくつかお話したいと思います。結婚の準備を進めていく上で前もってやるべきことはいくつかありますから、それを後回しにしてしまうと面倒なことになります。ここできちんと覚えておきましょう。

お互いの両親に挨拶

最近では挙式もせずにただ籍だけを入れるという結婚スタイルも増えてきました。ただ、それでもお互いの両親への挨拶くらいはするでしょう。もちろん、完全に両親と疎遠になってしまっているような場合だと報告や顔合わせはしないかもしれませんが、一般的には顔合わせはするはずです。きちんと日取りを決め、それなりの恰好をして両親への挨拶に伺いましょう。

挨拶の際に必要なもの

結婚の挨拶に行くときには手ぶらではいけません。手ぶらで行ったという方もおられるかもしれませんが、普通は手土産を持っていきます。手土産もなしに挨拶に行くと常識がない人間だと思われてしまうかもしれませんから注意が必要です。では、手土産にどれくらいの費用をかければいいのかということですが、相場としてはだいたい3000円くらいのものでしょう。そこまで高価なものである必要はありません。

また、手土産を選ぶときにはあらかじめ相手方のご両親が好むものを確認しておくと無難です。相手のご両親が喜ぶものを手土産として持っていけば間違いはありませんし、無駄になるようなこともないでしょう。挨拶に行く日が決まったらそれまでに相手のご両親がどのようなものを好むのか聴いておくと間違いありません。

職場での報告

結婚するということを職場へ報告するのも事前にやるべきことです。会社の規模や自身のポジションなどにもよりますが、直属の上司には結婚することを報告するべきでしょう。小さな会社で社長など重役ともフランクに話せるような職場なら社長にも直接結婚の報告をしたほうが良いかもしれません。同僚や後輩などにも結婚することは伝えておくと良いかもしれませんね。

婚約指輪の購入について


結婚することが決まったら婚約指輪を購入することになります。と言っても、最近では婚約指輪を購入しないというカップルも増えていますし、お金がもったいないからという理由で結婚指輪だけにしているカップルも少なくありません。絶対に婚約指輪が必要ということはありませんが、やはり女性としては婚約指輪は欲しいものですよね。ここでは、どんな婚約指輪を選ぶべきなのか、金額の目安や結婚指輪との違いなどに付いてお話しましょう。

どんな指輪を選べばいい?

婚約指輪はどんなリングを選べばいいのかというのはもっとも悩みどころです。基本的に婚約指輪は男性が女性にプロポーズするときに渡すものですし、結婚を約束するという意味で渡します。そのため、婚約指輪は男性が一人で購入するケースがほとんどですが、二人で婚約指輪を選びに行くというケースもあります。

肝心のどんなリングを選べばいいのかということですが、特に決まりはありません。明確なルールなどはありませんから、指のサイズにさえ合っていればどんな指輪でも婚約指輪として渡すことは可能です。ただ、やはり一生に一度の婚約指輪なのですから質の良いものを選ぶというのは当然のことでしょう。それなりのブランドのリングなら問題ないでしょうし、よほど品質が悪いものでなければ問題はないはずです。多くの女性はブランドにこだわるのではなく、一生大切にできるような上質なものがイイと口にしています。

購入する金額は?

男性がもっとも気になるのは婚約指輪の相場でしょう。婚約指輪の相場も時代と共に変わっていますが、現代ではだいたい10~20万円程度の指輪を選ぶ方が多いようです。もちろん、その方の資金力や収入状況などによって変わってくるため何とも言えませんが、これくらいの金額の指輪を選ぶ方が多いようですね。かつては給料の三ヶ月分とも言われていましたが、今の時代にそれを真に受けている方はほとんどいないでしょう。

結婚指輪との違い

女性なら結婚指輪と婚約指輪の違いくらい分かっているとは思いますが、意外と男性はよく分かっていない方が多いです。婚約指輪は先ほどもお話したように結婚を約束して相手の女性に渡すもので、結婚指輪は生涯の愛を誓うものとしてペアで身につける指輪のことです。婚約指輪は男性から女性に、結婚指輪は二人で身につけるものと覚えておいても問題ないでしょう。

婚約指輪は結婚するまでのあいだに身につける指輪ですから、結婚したら基本的に外して管理することになります。最近では重ねてつけるような方もいますが、基本はしまっておくことになるでしょう。一方の結婚指輪は普段から身につけておくことになりますから、やはりデザインも重要となってきます。日常生活の中で身につけておいても問題ないようなデザインが結婚指輪では望まれます。

結婚式の準備はいつすればいい?


これも意外と悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。結婚式の準備をいつから始めればいいのかというのは悩みどころですし、今現在頭を悩ませている方もおられるでしょう。では、実際のところ結婚式の準備はいつ頃から始めれば良いのでしょうか。

大体半年前から行うのがベター

1年前から準備を進めてきたという方もいればもっと前からという方、そんなに時間をかけていない方などまちまちですが、だいたい半年くらい前から準備を始める方が多い傾向にあります。半年もあればたいていの準備はできてしまいますから、とりあえず目安として覚えておきましょう。ただ、できれば余裕をみて準備をしたほうが良いですから、心配という方は半年以上前から準備を進めるのもアリです。ギリギリになって焦るよりは手前から準備を進めておいたほうが安心でしょう。

まずはイメージ作りから

結婚式はイメージ作りが大切です。どのような挙式をしたいかによって選ぶ式場も変わってきますしスタイルも変わってくるでしょう。今では実に多彩なスタイルの結婚式がありますし、従来とは大きく様変わりしてきました。まずはイメージを明確にしないことには結婚式の準備を進めることはできませんから、それなりのイメージを持つようにしましょう。

式場選びは慎重に

式場選びは慎重に行いましょう。現在では挙式できる式場が全国に数多くありますし、中にはかなり個性的な式場などもあります。いろいろなタイプもありますから、事前にどのような式場があるかチェックすることをおススメします。いろいろな式場の中から自分たちにピッタリのところを選んでください。また、会場の造りや設備、広さだけでなく交通アクセスなどについても考えなくてはなりません。年配の方が大勢出席するような結婚式だとなるべく駅やバス停から近い式場が良いでしょう。

二次会の準備も忘れずに

結婚式と言えば二次会はつきものです。挙式と披露宴だけで終わってしまうようなことはほとんどありませんし、たいてい二次会まであります。二次会までが結婚式と考えても差し支えありませんから、二次会についてもしっかりと準備をしなくてはなりません。

お店の確保

二次会にどこのお店を利用するのかを決めなくてはなりません。お店を確保するにあたり重要になってくるのが一人当たりの予算です。あまりにも高いところにしてしまうと二次会に参加してくれる方の負担が大きくなってしまいますし、一人あたりの予算を考えつつ二次会の会場をピックアップしましょう。また、二次会に使用できるようなお店でも人数制限があるようなケースもあるため注意しなくてはなりません。

先ほど式場選びのところでもお話しましたが、アクセスも重要なポイントです。駅から近い会場がベストですが、分かりやすいかどうかもポイントです。土地勘のない方だと会場に辿り着けないということも考えられますし、迷子になってしまう方がいるかもしれません。せっかく二次会に来てくれた方を不快な気持ちにしてしまう可能性がありますから注意が必要です。

また、二次会でやることも決めなくてはなりません。テーマをあらかじめ決めておくとイメージしやすいのではないでしょうか。たいてい二次会ではゲームをすることが多いですが、ゲームをするとなると景品も選ぶ必要があります。このあたりは幹事に依頼すれば良いでしょう。企画しているものによっては会場でできないこともありますから事前に確認が必要となります。会場によっては音量制限などがあることも考えられます。

招待状の準備

二次会の場所や時間などが決まったら招待状を作成して送ります。招待状は自分たちで手作りしても良いですし、作成してくれる外部サービスを利用するのも良いでしょう。外注するときには納期などもチェックしておくことです。あまりにも時間がかかり過ぎるとなると間に合わなくなってしまう可能性もあります。二次会の招待状は結婚式の本編に参加できない方、昔の恩師などに出します。

幹事に依頼

二次会の詳細が決まったら幹事に依頼します。幹事は仲の良い友人や職場の同僚、後輩などで良いでしょう。身内に依頼するという手もあります。できれば今までに結婚式の幹事などをしたことがある方だと心強いですね。まったく経験のない方だと不手際がある可能性もありますし、それが原因で参加者に不快な思いをさせてしまうかもしれません。なるべく幹事経験のある人に任せましょう。

幹事の仕事は決められた二次会の詳細をもとにお店の手配などをします。場合によっては二次会のテーマから内容などをすべて幹事が決めてしまうようなこともあります。このあたりは幹事との関係性によっても変わってきますし、どこまで任せられるかによっても変わってくるでしょう。すべて任せられるのなら手間もだいぶ少なくなるため楽にはなります。

まとめ


結婚の準備はいつから、という疑問について答えてきましたがいかがだったでしょうか。結婚するとなるといろいろとやることがありますし、手間も時間もかかります。段取りよく進めていかないとにっちもさっちもいかなくなりますから注意が必要です。ここではとりあえず半年くらい前から準備を進めていけば問題ないとの見解を示しましたが、できればもっと早くから準備をしても良いでしょう。早めの段階から準備を進めることにはまったく問題はありませんし、そのほうが余裕をもってじっくり準備を進めることができます。後になって焦るのがイヤという方は早めに準備を進めると良いですね。