親族への引き出物の相場はいくらぐらい?贈る際のルールも徹底解説

この記事の情報提供者

結婚式を間近に控えている人は、細かい打ち合わせなどで大忙しの日々を送っていることでしょう。なかでも、親族に贈る引き出物に関しては、一般のゲストとは違ってより気を遣うものですよね。

今回は、そんな引き出物選びでお悩みの人に向けて、結婚関連の豊富な知識を持つA.K さんから受けたアドバイスをもとに内容をまとめました。まずは、親族に贈る引き出物の予算から見ていきましょう。

親族へ贈る引き出物の予算はどれくらい?

親族を結婚式に招待した場合、一般の招待客とはご祝儀の金額が異なることが多いので、引き出物の予算も悩ましいところですね。一般的な金額の目安はありますが、臨機応変に対応すればよいでしょう。

お祝いの10分の1の金額

引き出物の予算は、お祝いの金額の10分の1程度が目安だといわれています。たとえば、ご祝儀が30,000円なら3,000円、50,000円なら5,000円ということです。

友人の場合は、30,000円がご祝儀の相場なので、メインの引き出物の金額は3,000円程度にするケースが多いです。ここに引き菓子や縁起物の費用なども含めると、5,000円前後になることが多いでしょう。

親族の場合は、お祝いの金額がほかのゲストと同じとは限らず、10万円以上包んでくるケースもありますが、事前に誰にいくらいただくのかはわかりません。そのため、全員同じ品物で揃えても問題ないです。

お祝い金額が高額だったらお祝い返しを贈る

結婚式の引き出物として、親族にもほかのゲストと同様に、5,000円の引き出物を用意したものの、渡されたお祝い金額が高額だったとしたら……。バランスがとれずに、申し訳ない気持ちになってしまいそうですね。

しかしその場合は、引き出物とは別に、お祝い返しを後日用意すれば大丈夫です。

友人や同僚などとは別の品物を贈り分けしてもOK

どのゲストにも同じ引き出物を贈り、ご祝儀の金額に応じてあとでお返しをプラスするのも選択肢のひとつですが……。はじめから渡す相手に応じて、品物を変えるカップルも増えています。

親族の場合、お祝いの金額が友人や同僚よりも高額というだけでなく、年代も違います。そのため、引き出物を贈り分けすることで、より相手に合わせた品物を選べるので、賢い方法といえるでしょう。

親族へ贈る人気の引き出物3選

親族といえば、幅広い年代の方がいるので、引き出物の内容にも気を遣いますね。ほかのゲストと親族で、引き出物を分けるカップルもいますが、一般的には親族にも同じものを渡す人が多いです。ここでは、人気の引き出物を3つ紹介するので、参考にしてください。

定番ブランドの食器類やタオル

定番ブランドの食器類やタオルは、日常でも使いやすく、家にいくつあっても困らないものなので、よく選ばれています。ギフト用のタオルは家庭用と違い、高品質で使い心地がよいものです。

奇抜なデザインのものさえ選ばなければ、好き嫌いも分かれにくく喜ばれやすい品物といえるでしょう。

カタログギフト

選べるカタログギフトも引き出物として人気が高く、最近の傾向として、7割以上の人がカタログギフトを贈ったという調査結果もあります。好みがバラバラだったり、相手の趣味が分からなかったりした場合に、もっとも無難な引き出物といえるでしょう。

カタログギフトなら、受け取った人自身が自分で好きなものを選べるため、文句をいわれにくいこともメリットです。ただし、あまりにも低額なカタログにしてしまうと、「選びたいものがない……」と不満に思われてしまうこともあるので注意しましょう。

バウムクーヘン

引き出物には、形に残る品物とは別に、お菓子などの「消えモノ」をセットで贈ることが一般的ですが、バウムクーヘンを選ぶ人は多いです。日持ちするケーキや焼き菓子などもありますが、食の好みや好き嫌いが分かれる品物は選びにくいです。

その点、バウムクーヘンを嫌いな人は少なく、一番無難なお菓子といえるでしょう。日持ちもしやすく、好きなサイズに切り分けて、皆で食べやすいのでよく選ばれています。

年配の親族に贈る引き出物選びのコツ

親族の中に高齢の方がいた場合、年代の違いなどから引き出物選びも難航しがちに。年配の親族に贈る引き出物選びでは、次の2つの点に注意して選ぶとよいでしょう。

大きすぎず重くないこと

一般的にもいえることですが、特に年配の親族に贈る引き出物は、大きすぎず重くないものを贈ることが大切です。親族によっては、遠方から来る年配者も多いでしょう。その場合は、引き出物以外にも着替えなど、さまざまな荷物を持っている可能性があります

年配者の場合、大量の荷物を持って移動することは、若い人よりも難しいです。そのため、あまりかさばって重たいものは避けるべきでしょう。

カタログギフトは避ける

カタログギフトは多くのカップルに選ばれていて、引き出物として人気が高いのですが、高齢の方に贈る際には注意が必要です。なぜなら、カタログギフトは選び方や書き方が難しいなど、システムがわかりにくいことがあるためです。

年配者の場合、インターネットで申し込みをしたり、商品を調べたりすることが苦手な方が多いでしょう。そのため、せっかく贈っても手続きが面倒で、交換するのを諦めたなんていうことになりかねません。

その場合は、カタログ会社から一方的に品物が送られることになり、無駄になることはありませんが、なんだか味気ないですよね。したがって、あまり手順が複雑だったり説明書が分かりにくかったりするものは、はじめから避けるべきでしょう。

参列した兄弟姉妹にも引き出物を贈るべき?

兄弟や姉妹がいたら、当然ながら結婚式に参列することになりますが、兄弟・姉妹にも引き出物を用意すべきかも悩みどころでしょう。通常は、既婚か未婚かで引き出物を贈るべきかどうか変わってきます。

兄弟・姉妹が既婚なら引き出物は必要

兄弟や姉妹が既婚者の場合、親とは世帯が別になるので、引き出物を用意するケースが多いです。兄弟や姉妹が結婚していたら、招待状もそれぞれに送る形になるでしょう。基本的に、招待状を送る一家族につき、引き出物もひとつ用意すると考えるとよいです。

未婚でもお祝いをもらったらお返ししよう

兄弟・姉妹が未婚の場合は親と同一世帯となり、お祝いも親の分とまとめていただくことが多いでしょう。そのため、引き出物も不要と考えてOKです。

ただし、兄弟や姉妹から、親とは別にお祝いをもらうこともあるでしょう。その場合は、親と重ならないように別の品物を用意してもよいですし、新婚旅行に行った際に特別にお土産を買ってくるなどして、お礼をしてもよいかもしれません。

まとめ

結婚式の引き出物選びは、金額からはじまり何を贈るかまで、なにかと悩ましい部分が多いですよね。しかし、自分たちのセンスが表れる部分でもあり、贈る相手の喜ぶ顔を思い浮かべながらあれこれ迷うことも、また楽しいひとときでしょう。

親族の場合は、いくつ引き出物を用意すべきか、金額に応じて贈り分けするべきかも迷いがちかもしれません。基本的に、引き出物は一家族に1個用意すればOKで、とくに親族と友人などで贈り分けをしなくても大丈夫です。

あまりにもご祝儀が高額で気が引けるという場合は、相手との関係性にもよりますが、あとから別にお返しを贈ってもよいでしょう。