肌荒れのとき、化粧水の使い方に注意!こんな時は使ってはいけない?

肌荒れしてしまったときには要注意するべきことがたくさんあります。特に化粧水の使い方が間違えているケースが多いです。化粧水は肌を守るためにとても重要なものです。正しい使い方について紹介しましょう。

肌荒れは症状によって化粧水を選ぶべき?


一口に肌荒れといってもさまざまな症状が存在しています。それぞれの症状ごとに適切な化粧水を選ぶべきでしょう。そうしないとしっかりと肌ケアをすることができないからです。症状ごとの化粧水の選び方を紹介しましょう。

ホルモンバランスが崩れて起きた肌荒れ

ホルモンバランスが崩れてしまっているために肌荒れが起きてしまうことがあります。ホルモンバランスが乱れてしまうと毛詰まりが起きやすくなってしまいます。たとえばストレスによって男性ホルモンの分泌が増えてしまい、それによって皮脂の量が増えてしまい毛穴の中に皮脂が溜まりやすくなることがあるのです。

このようなケースでは肌が乾燥していることが多いです。そのため保湿力に優れている化粧水を選ぶべきでしょう。また、肌のターンオーバーを促すことができる成分が含まれている化粧水を利用しましょう。これらの成分がしっかりと含まれている化粧水ならば、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れに効果的です。

肌荒れがひどい時にチェックしたい3つの原因とその対処法

体調不良が原因

体調不良の結果として肌荒れを起こしている場合があります。体調不良で免疫力が低下してしまうと、ちょっとした刺激にも敏感に肌が反応してしまうようになるのです。そのため、肌にさまざまなトラブルが起きてしまうことがあります。熱が出ているとお風呂にも入れなくなり、それが肌荒れにつながることもあります。栄養不足になっていることもあるでしょう。

このようなときには肌が敏感になっていることがあり、普段使っている化粧水を利用できないケースもあります。そんなときには無理に化粧水を使うべきではないでしょう。また、できるだけ肌への刺激の少ない化粧品を選ぶべきです。肌にやさしい化粧品で、保湿成分のみはしっかりと含まれているものを選びましょう。

気温差で起きた肌荒れ

気温差によって肌荒れが起きてしまうことがあります。特に季節の変わり目になると肌荒れしやすくなってしまうでしょう。温度差が激しくなってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。肌のバリア機能が正常に働かなくなってしまい、肌にさまざまな影響が出てしまいます。このような肌トラブルに悩んでいる方は多いです。

このような場合はしっかりと保湿成分が配合されている化粧水を選びましょう。しっとりタイプの化粧水をおすすめします。ヒアルロン酸やスクワラン、セラミドといった成分の含まれている化粧水を利用しましょう。これらは肌をしっかりと潤してくれるためおすすめできます。肌の乾燥を防いでくれるでしょう。

妊娠中の肌荒れ

妊娠をしているときというのはとても肌が敏感になってしまいます。ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまうようになるのです。この時期に肌トラブルが多発することも珍しくありません。そのため、どのように肌ケアをするべきなのか悩んでいる方も少なくないでしょう。これまで使っていた化粧水が合わなくなってしまうこともあります。

妊娠中は弱酸性で低刺激性の化粧水を選びましょう。これらは敏感肌の方のための化粧水となっています。アルコールも含まれていません。安心して使うことができるのです。できるだけ余計なものが含まれていない化粧水を使うべきでしょう。多くの化粧水には添加物が含まれているため、十分注意をして選んでください。

妊婦の肌荒れ対策!原因や対策等!ハマりやすいお悩みを解決!

こんな時は化粧水を使わない!


肌荒れを防ぐためにも化粧水を使うのは常識となっています。しかし、実は化粧水を使うべきではないケースも存在しているのです。それではどのようなときに化粧水を使うべきではないのか紹介しましょう。

化粧水をつけたら肌に痛みが

化粧水を使っていると肌に痛みを感じてしまうことがあります。化粧水は本来肌に良いもののはずなのにどうしてこんなことが起きてしまうのか不思議に思っている方は多いでしょう。実は化粧水は絶対に肌に良いとは限らないのです。特に肌が敏感な状態になっているときには、化粧水であっても問題が起きてしまうことがあります。

化粧水というのはさまざまな成分が含まれています。敏感肌のための化粧水も売られているのですが、基本的に多くの方は普通の肌のための化粧水を使っているでしょう。それを利用していると痛みを感じてしまうケースは多いのです。この場合はいますぐにその化粧水の利用をやめるべきでしょう。

一時的に敏感肌となるケースも

肌トラブルが起きてしまうと一時的に肌の性質が変わってしまうことがあります。これまでは普通の肌だったのが急に敏感肌になってしまうこともあるのです。敏感肌になってしまうとちょっとした刺激にもすぐに反応してしまうようになります。これまで普通にできていたことでも影響してしまうのです。

敏感肌になっている場合は化粧水を使うと痛みが生じてしまったり、しみてしまうことがあります。あるいは肌が赤くなってしまうこともあるでしょう。化粧水を使っていてこのような症状が出てしまう場合は、すぐに使用するのをやめるべきでしょう。肌にその化粧水が合っていないためです。

敏感肌の洗顔料選びの基本とは?おすすめ洗顔料ベスト3!

化粧水ではなくクリームで保護

もし肌の状態が変化したために化粧水を使うことができなくなった場合はどうしたら良いのでしょうか。このようなときには化粧水を使うのではなくてクリームを利用して保護することをおすすめします。クリームというのは化粧水よりも刺激の少ないものが多いです。そのため、安心して利用することができるのです。

もちろん、クリームの中にも肌に刺激の強いものがあります。そのためできるだけ低刺激なものを選びましょう。添加物が含まれておらず、敏感肌の方でも安心して使えるように設計されているものを利用してください。それならば、肌に対する刺激が少ないため、安心して使えるのです。

これまで使えた化粧品でも注意は必要

これまで普通に使えていたような化粧品が突然使えなくなってしまうというケースは少なくありません。そのような化粧品には注意しましょう。肌というのはどんどん状態が変化しているものです。そのため、ずっと同じ化粧品を使うことができなくなることもあるのです。肌の状態を敏感に察知するようにしましょう。

化粧水だけではなくて、その他の化粧品についても肌の状態によっては使用することが難しくなってしまうことがあるのです。もし使っていて違和感があったり、痛みを感じたりする場合には、別の化粧品に変えましょう。できるだけ肌への刺激の少ないものを利用するべきです。どうしても改善しない場合にはすぐに病院へ行きましょう。

乾燥肌のかゆみが辛い!原因や対策、おすすめクリームなどを解説

化粧水が肌荒れの原因に?


化粧水が肌荒れの原因となってしまうこともあります。化粧水は本来肌を守るためにあるものですが、それが悪さをしてしまうのです。一体どのような原因で化粧水が肌に影響を与えてしまうのか紹介しましょう。

刺激の強い成分が含まれている

まず、化粧水に刺激の強い成分が含まれているケースがあります。さまざまな添加物が含まれていることがあるのです。肌の強い方であれば問題ないのですが、乾燥肌や敏感肌の方の場合はちょっとした添加物にもすぐに反応してしまいます。この場合は、添加物の含まれていない化粧水を使うべきでしょう。

特に安い化粧水の中には添加物がたくさん含まれているケースがあります。それによって香り付けしていたり、保存性を高めているものがあるのですが、肌に悪影響を及ぼしてしまうのでは意味がないでしょう。そのような化粧水を使わないようにしてください。肌への影響を考えて化粧水を選びましょう。

年齢によって肌に合わない化粧水も

年齢によって肌の状態は変わるものです。そのため、それぞれの年齢に合わせて化粧水を選ばなければいけません。そうしないと、どんどん肌トラブルが起きてしまうからです。年齢によってはこれまで使ってきた化粧水が合わなくなってしまうケースもあるのです。その場合は別の化粧水を使うことを検討するべきでしょう。

化粧水というのは保湿力が大切ですが、それ以外にもいろいろな成分が含まれています。年を重ねるとさまざまな成分が不足してしまうのです。そのため、保湿成分以外にもいろいろな成分が必要となります。それらをしっかりと補充してくれるような化粧水を選んでください。また、化粧水だけではなくて、その他の化粧品も上手く活用するべきです。

使用している化粧水との相性が悪い

現在、あなたが使用している化粧水とあなたの肌との相性がそもそも悪いということもあります。この場合は肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。たとえ評価の高い化粧水だったとしても、それが必ずしもあなたに合っているとは限らないのです。ひょっとしたらあなたの肌には全然合っていない可能性もあります。

化粧水というのはそれぞれ含まれている成分が大きく異なっています。また、それぞれの成分に対して肌がどのように反応するのかにも個人差があります。そのために化粧水と肌の相性という問題が浮上してくるのです。自分の現在使っている化粧水が肌に合わないと感じたならば、すぐに別のものを利用するようにしましょう。

肌のバリアが低下しているときに使用すると・・・

もし肌のバリア機能が低下しているときに化粧水を使ってしまうと、さまざまなトラブルが起きてしまうことがあります。肌のバリア機能というのは、肌をさまざまなものから守っているのです。これのおかげで肌の健康を保つことができます。肌に異物が触れたとしても問題がなくなるのです。しかし、この機能が低下してしまうとこれまで普通に使っていた化粧品まで影響するようになります。

肌のバリアが低下しているときには普段使っていた化粧品が利用できなくなってしまいます。こんなときにはすぐにその化粧品を利用するのをやめるべきです。医師に相談をすれば低刺激の化粧水を紹介してくれるでしょう。

薬学博士が研究・開発!敏感肌の方にも安心して使える、圧倒的保湿力を持つ攻めのスキンケアならコレ!

ビーグレン 保湿トライアルキット

乾燥しているお肌はセラミド不足であることがほとんど。そのセラミドをしっかりと閉じ込め、潤いを保ってくれる「保湿型ビタミンC誘導体」をたっぷり配合したローションと、高濃度のピュアビタミンC を配合した美容液で、水分たっぷりモチモチ肌に導いてくれます!それだけではなく、独自の浸透技術である「QuSome」で肌トラブルの元までしっかり浸透させ、悩みにアプローチ。

各雑誌はもちろん、医学誌にまで掲載された実績を持つ保湿ケア。feely編集部イチオシの商品です!

 

まとめ

肌荒れしているときにはさまざまなことに気をつけなければいけません。特に化粧水の使い方には気をつけましょう。化粧水を使うことによって肌荒れが促進してしまうようなケースもあるからです。化粧水は自分に合ったものを選ぶようにしてください。そううれば化粧水による肌トラブルを防ぐことができるでしょう。化粧水選びは真剣に行いましょう。