花粉と肌荒れ、驚きの関係!知らず知らずに起きる肌トラブル

花粉と肌荒れには実は大きな関係があります。これを知らないと肌トラブルに悩まされることになってしまうでしょう。驚きの関係があるのです。花粉と肌荒れにどのような関係性があるのか紹介しましょう。

花粉による肌荒れとは


花粉によって肌荒れしてしまうことがあります。それは一体どのような現象なのでしょうか。知らない方のために説明しましょう。

マスクと肌の間に起こる摩擦

まず、花粉症になってしまうとマスクをつけることが多くなるでしょう。くしゃみが何度も出てしまうため、周りの人に迷惑をかけないためにもマスクは必要です。しかし、そのマスクが問題となることが多いのです。マスクというのは常に肌と密着しています。そこで摩擦が起きてしまうため、それによって肌荒れになってしまうことがあるのです。

最近は花粉とは関係なくいつもマスクをつけている人が増えています。しかし、それによって肌が荒れてしまう可能性があることは知っておくべきでしょう。知らないうちに大きな肌トラブルに発展してしまう可能性があるのです。マスクというのは程々にしておくべきでしょう。また、しっかりと肌ケアをしておくべきです。

アレルギー反応を起こして肌に影響

花粉というのはアレルギー反応が起きてしまうために問題視されています。人間には免疫系があるのですが、それが花粉に過剰に反応してしまうためにアレルギー反応が起きてしまうのです。このアレルギー反応というのは身体にさまざまな影響を与えてしまいます。そのような影響の中には肌に関係するものもあるのです。

花粉へのアレルギー反応によって肌が荒れてしまうことがあるのです。肌が赤くなってしまったり、出来物が生じてしまったり、他にもいろいろな肌トラブルが起きてしまうのです。肌がとてもかゆくなってしまうこともあるでしょう。このような肌トラブルには気をつけましょう。

花粉と紫外線のWパンチも

花粉が強い時期には他にも気をつけておかなければいけないことがあります。それは紫外線です。紫外線も肌に大きなダメージを与えてしまうものです。春というのは冬と比較するとどんどん紫外線の量が増えてしまいます。それと花粉による影響の相乗効果によって、肌にはどんどんダメージが蓄積してしまうのです。

また、春は寒暖の差が激しいため、これによる影響も心配しなければいけないでしょう。まだまだ湿度が低くて乾燥しやすい時期のため、肌から水分が失われやすくなっています。そのため、肌荒れしやすいシーズンといえるでしょう。この時期にしっかりと肌を守っておくことが大切です。

放っておくと花粉症皮膚炎に

花粉による肌への影響を放置しておくと大変なことになります。花粉症によって肌に影響が出てしまい、最終的に花粉症皮膚炎になってしまうことがあるのです。花粉症皮膚炎というのはアレルギー性の皮膚炎のことです。皮膚が露出している部分に影響が出てしまいます。乾燥しやすくなり、かゆみが生じてしまい、赤みが出ることもあります。

花粉症皮膚炎は肌のバリア機能が低下してしまったことによって引き起こされてしまいます。特に3月頃に起きやすくなっているのが特徴です。この時期は肌に負担がかかりやすくなっているため、肌にさまざまな症状が出てしまう可能性があるのです。深刻な肌トラブルに発展してしまうこともあります。

花粉から肌を守る方法

スキンケア
それでは花粉から肌を守るためにはどうすれば良いのでしょうか。普段の生活の中でできることはたくさんあります。肌を守るための方法について解説しましょう。

敏感肌に適した化粧品選び

まず、自分の肌に合った化粧品を選ぶことが大切です。化粧品は毎日使うことになるものです。それが肌に大きな影響を与えてしまう可能性があるのです。自分の肌に合ったものを使わないと肌荒れの原因となってしまいます。特に敏感肌の方は気をつけるべきでしょう。花粉による負担に加えて化粧品でも負担が加われば、どんどん肌荒れが進行してしまうのです。

敏感肌の方のための化粧品が売られています。そちらを優先的に利用しましょう。肌に刺激を与えるような成分が含まれていないのです。また、しっかりと保湿成分が含まれているのも特徴となっています。そのため、敏感肌用の化粧品を使い続けていると、肌をしっかりと守ることができるでしょう。

あわせて読みたい

30代女性向け!化粧水の選び方&おすすめ化粧水5選

続きを読む

洗顔はぬるま湯で

肌を守るためには洗顔にも気を使いましょう。毎日、しっかりと洗顔をすることは大切です。そうすることによって、肌の汚れを取り除くことができるからです。しかし、洗顔の方法に気をつけておかないと逆効果となってしまうため注意しましょう。洗顔の際にはぬるま湯を利用するようにしましょう。そうすることで肌への負担を抑えられます。

ぬるま湯というのは体温に近い温度のことです。これが一番肌に負担を与えないとされています。また、ぬるま湯が一番汚れをキレイに落としやすいとされています。余分な皮脂を落としてしまうことはなくなるでしょう。そのため、肌を良好な状態に保つために最適な洗顔方法とされています。敏感肌の方にもおすすめです。

また、洗顔の際には肌をゴシゴシと洗ってしまうことがないようにしましょう。それは肌トラブルを促進させることになるためやめるべきです。優しく丁寧に洗うことを心がけてください。

あわせて読みたい

実はそれ間違っている!?美肌になれる【洗顔の本当に正しい使い方】

続きを読む

ノーメイクデーを設定する

また、そもそも肌に負担をかける行為としてメイクには気をつけましょう。女性の方は基本的に外出する際にはメイクをすることが多いです。しかし、毎日のメイクが結果的に肌に相当ダメージを与えることにつながってしまうのです。そのため、できればノーメイクデーを設定するようにしましょう。そうすれば、肌を守ることができます。

ノーメイクデーで外出をする際には、たとえば帽子をかぶったり、マスクをつけるようにすると良いでしょう。そうすればメイクをしていなくても安心して外に出ることができます。休日はメイクをせずに肌を休めるための時間と考えると良いでしょう。そうすれば肌に負担を与えないで済むのです。

お医者さんに相談

もし肌トラブルが深刻な状況になっているならば医者に診てもらうべきでしょう。また、軽い肌トラブルの段階であっても、医者に相談をすることをおすすめします。そうすれば医学的なアドバイスを受けることができます。どのように肌の調子を整えれば良いのか、肌を守れば良いのかを教えてもらうことができるでしょう。

医者であれば正しい方法を教えてくれます。自分で本やネットで情報を集める方法もあるのですが、それでは真偽の怪しい情報に触れてしまうでしょう。きちんと医者から正確な情報を得ることには意味があるのです。それによって、正しい行動を取ることができるでしょう。自分の肌を守るために正確な情報は大切です。

肌荒れと花粉症


肌荒れと花粉症にはどのような関係性があるのでしょうか。もっと具体的なことについて紹介しましょう。

花粉皮膚炎とは

まず、花粉症と肌荒れについて関係のあるものとして花粉皮膚炎があります。これは花粉症によって皮膚に影響が出てしまうというものです。花粉症といえば目や鼻に症状が出てしまうというイメージがあるのですが、実際には皮膚に影響が出てしまうこともあるのです。毎年、花粉皮膚炎に苦しんでいる方はたくさんいます。

日本ではスギ花粉は3月、ヒノキ花粉は4月がピークとなっています。だいたいこの時期になると花粉皮膚炎を発症してしまう人が増えてくるのです。花粉と皮膚には何の関係もないと考えている方もいるのですが、実際には密接な関係があるのです。花粉症の季節によって肌トラブルが起きたならば、それは花粉皮膚炎のせいだと考えましょう。

敏感肌の人ほど要注意

花粉症によって皮膚炎になってしまう可能性があるといっても、すべての方にこのような症状が出るわけではありません。基本的には敏感肌の方に起きやすいとされています。敏感肌の方は注意しましょう。敏感肌の方は普通の方よりも肌が弱いのです。そのためちょっとしたことの影響をすぐに受けてしまいやすいです。

敏感肌の方は肌荒れを引き起こしやすいでしょう。花粉症になってしまったときに、その症状が出やすいのも敏感肌の方です。そのため、普通の方よりも敏感肌の方はより真剣に肌ケアに取り組むべきでしょう。そうしないとどんどん肌が荒れてしまい、苦労してしまうでしょう。特に花粉の酷いシーズンには普段よりも肌ケアに力を入れましょう。

花粉皮膚炎の症状について

それでは花粉皮膚炎とは一体どのような症状なのでしょうか。まず皮膚がヒリヒリするようになるでしょう。あるいはかゆみが生じてしまうこともあります。また、目や口の周辺に炎症を起こしてしまうようになります。赤い発疹が出てしまうこともあるでしょう。皮膚の表面に白い粉がふいてしまうこともあります。

化粧ノリが悪くなってしまう方もいます。皮がどんどん向けてしまうこともあるでしょう。保湿液や化粧水を使ったときにしみてしまうこともあります。このようにさまざまな症状が出てしまい苦しんでしまう方がいるのです。気をつけておかないとどんどん症状が悪化して大変なことになってしまうのです。

どんな場所に発症するか

それでは花粉皮膚炎はどのような場所に発症してしまうのでしょうか。皮膚といっても全身にあるため、そのうちどの部分に症状が出てしまうのか気になる方は多いでしょう。基本的には特定の場所にのみ症状が出ることが多いです。たとえば目や鼻の周辺の皮膚にだけ問題が生じることがあるでしょう。ただし、人によっては全身に症状が出ることもあります。

もし全身に酷い症状が出るようならば、すぐに病院へ行くべきでしょう。しっかりと治療を受けて肌荒れを治すべきです。自分で判断をするのはやめましょう。きちんと専門家に診てもらい、正確な診断を受けるべきです。人によってはかなり酷い状態にまで症状が進んでしまうことがあるからです。取り返しのつかない状態になるために対処しておきましょう。

まとめ

花粉と肌荒れには大きな関係があることが分かったでしょう。これから春先には花粉対策をしっかりとしておきましょう。また、きちんと肌を守るための努力をするべきです。そうすることによって、春を乗り切ることができます。花粉から肌を守りましょう。