肌荒れに効果的な食べ物とは?効率よく摂取

肌荒れを防止するためには、体の内側から対応していくことが大切です。食生活を見直していくことも必要ですし、効果的な食べ物を積極的に摂取するだけではなく、効率よくとれるように考えていくといいでしょう。

肌荒れを防止する食べ物

肌荒れを防止できる食べ物には、いろいろなものがあります。人間の体を作り上げていることを考え、不足しているものを補うようにしていくことができれば、肌荒れも防止することができるでしょう。

はちみつ


はちみつには、多くの栄養素が含まれています。非常にパワフルであり、万能ともいえるほどの力を持っている食品です。クエン酸をはじめ多くの有機酸やアミラーゼといった酵素類を含んでいます。さらにビタミンB群、20種類ものアミノ酸、カルシウム、鉄、カリウムといったミネラルにポリフェノールのような抗酸化物質までとあげきれません。

糖分も当然含んでいますが、砂糖とは異なりブドウ糖と果糖に分解されていることが重要で、摂取すると吸収が素早くおこなわれます。それでいて、カロリーが低いために、ダイエット中でも十分に使うことができるでしょう。これだけの栄養素と糖分が働くことになるため、肌荒れ対策にも非常に有効な食べ物です。

はちみつには、強力な抗菌作用と殺菌作用があることも重要です。多くの菌を死滅させる力を持っているのは、酵素が強力な殺菌力を持っている過酸化水素を作ることができるのが大きいでしょう。肌に塗るだけでもニキビも治せるといわれ続けてきたのは、しっかりとした理由があるからです。

食べても多くの効果を発揮することができますが、肌荒れ防止に考えるのであれば、非加熱で100%天然のものを選ぶことが大切です。一緒にビタミンCも取れることを考えれば、そのまま食べるのではなく、レモンのはちみつ漬けを作っておくのもいいでしょう。

はちみつを使う場合には、注意しなければいけないのが鉄製のものを使わないことです。アルカリ性を持っているはちみつは、酸性にさせやすい鉄のスプーンを使うことで中性化してしまい栄養素が損なわれてしまうことがあります。木製のスプーンを使う方が確実です。

はちみつ美容法はじめましょう♡6つの効果と3つの使い方♡

ほうれん草


日本人の食生活としては、良く食べられる野菜のひとつがホウレンソウです。栄養価が高いことで知られており、ビタミンと食物繊維が豊富です。肌荒れ防止で考えた時にも、普段から食べておきたい野菜といえます。

ほうれん草には豊富なビタミンがありますが、肌荒れを防ぐためにもビタミンAは大切です。バリア機能を下げないためにも、ビタミンAを積極的に摂取しておくといいでしょう。強い体を作るためにも必要です。

ビタミンAとともに豊富に含まれているのがCとEです。免疫向上に効果をあげるだけではなく、コラーゲンの生成にも重要な意味があります。Eは活性酸素を退治することができるビタミンであり、アンチエイジングにも効果を発揮するでしょう。

忘れてはいけないのは、鉄分と葉酸の存在です。鉄分は養蚕とともに新陳代謝をおこなうために必要な栄養素のひとつといえます。さらに細胞分裂に効果がある葉酸は、肌を作るためにもなくてはいけないビタミンB群のひとつです。これらを豊富に含んでいるのがほうれん草の特色です。

ほうれん草といえば鉄分は間違いありませんが、現在はそこまで豊富ではないと修正されたことがあります。この背景にあるのは、調理器具の問題です。現在はテフロン加工など便利なものが増え、昔のような鉄のものはあまり見かけません。これが鉄の摂取量を下げていることにつながるため、ほうれん草の調理には鉄の器具を使うといいでしょう。

ナッツ類


ナッツ類は、非常に多くの種類がありますが、木の実のことです。固い殻で覆われたものを指しますが、世界中で多くの種類が食べられてきており、有名なところではアーモンドやクルミ、ピスタチオといったところでしょう。多くの脂肪分を含んでいることでも知られていますが、不飽和脂肪酸が豊富であることがポイントです。

この不飽和脂肪酸は、とても注目されるようになってきた脂であり、必須脂肪酸とも呼ばれています。一般的な脂とは異なり、常温では固まりにくく、中性脂肪やコレステロールを下げ、肌にも有効な成分です。ダイエット効果も持っているのは、脂肪を分解吸収されにくくブロックする効果を持っており、そのまま排出するように促すことが大きいでしょう。

老化の原因となってしまうことも多いのが酸化です。紫外線やストレスによって活性酸素が生まれてしまうと、細胞を酸化させてしまうことがわかっています。この活性酸素を退治することができるビタミンEが豊富なのがナッツ類であり、老化を予防していくことで、肌荒れも防いでいくことが可能です。

ナッツ類は非常に有効ですが、問題は食べ過ぎです。脂質が多いことには変わりがなく、カロリーも豊富です。少量を食べる部分では問題はありませんが、食べ過ぎてしまえばカロリーオーバーを引き起こします。

おつまみ用で販売されているものには、塩が大量に使われていることが問題です。さらに、油を使っていることもあるため、素焼きのものを選ぶ方がいいでしょう。食物繊維も多く含まれていますが、人によっては便秘が悪化する要因も持っています。不飽和脂肪酸は参加しやすい物質のため、古いものも食べないようにすることが重要です。

キウイフルーツ


フルーツの中でも、好き嫌いがはっきりしているのがキウイフルーツでしょう。実は美肌効果が抜群のフルーツであり、ビタミンC以外にも豊富な栄養を含んでいます。肌荒れ防止を考えても、どんどん摂取していきたいフルーツのひとつです。

ビタミンCが豊富なことは知られていますが、美白効果があることはよく知られています。肌荒れ防止に効果が強い、抗酸化作用を持つビタミンEはCと同時に摂取することがカギです。グレープフルーツの4倍にもなる含有量を持っていることが大きいでしょう。ビタミンB群のひとつである葉酸の含有量も飛びぬけています。

体をきれいにするためにも必要な食物繊維も豊富です。それも不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を2:1で含んでいます。バランスがいいだけではなく、その量はバナナの2倍にもなるのですから食べて損はないでしょう。

ビタミンCの面で見るとゴールドキウイが豊富ですが、食物繊維はグリーンキウイが豊富であることも重要でしょう。美容にも効果を期待できるのですから、自分に必要な栄養素を考えて選んでみることも必要です。

生では食べにくいという人は、ドライフルーツを選んでみるのもいいでしょう。体を冷やすこともありませんし、効率よく摂取することもできます。どこでも食べることができますし、少量でも多くの栄養素を得ることができるのですから、生で食べるよりも効率的です。

キウイのすごい皮の剥き方!一瞬で綺麗に剥く方法!

肌荒れしない肌を作る栄養素


肌荒れ対策を考えるうえでは、栄養素をしっかりととっていくことが体内から改善するためにも大切です。肌荒れ市内肌を作ることができれば、防止策としては万全の体制を整えていくことができるでしょう。

ビタミンC

ビタミンCは美肌に必須なのはよく知られています。水溶性ビタミンの代表格であり、活性酸素を分解してくれることで肌荒れの防止に大切な栄養素です。コラーゲン生成のカギでもあることから、弾力のある肌を考えれば、なくてはならないビタミンです。

ニキビケアにはビタミンC!有効なビタミン剤、効果的な摂取方法とは

リコピン

トマトの赤い色素成分であるリコピンは、活性酸素を除去してくれる働きを持っています。非常に強力であり、トマトを食べることで同時にビタミンCやビタミンB6も豊富に取れることが大きいでしょう。肌荒れ防止にも必要となってくる栄養素といえます。

タンパク質

肌も体の一部であることを考えた時に、必要になってくるのは間違いなくたんぱく質です。ターンオーバーを正常に進めていくためにも必要ですし、天然保湿因子も生成することができるからです。良質なたんぱく質を摂取することが対策としては重要でしょう。

タンパク質摂取とダイエットについて!効率的にタンパク質を摂取!

ビタミンB

肌の健康を考えた時に、ビタミンBは必須といえます。ビタミンBといっても複数存在することからB群とも呼ばれており、美肌を考えるとそれぞれ必要になってくると考えていいでしょう。ターンオーバーの正常化させることにも必要ですし、たんぱく質の代謝も助けてくれます。

摂取しすぎると肌荒れを引き起こすもの


肌荒れ防止を考えると、摂取量を考えていかなければいけない食べ物もたくさんあります。肌を県境にすることは、自分の体も健康でなければいけません。その点からも良く判断していくべきでしょう。

ジャンクフード

たまにジャンクフードを食べることは、ストレス発散にも効果があったりするために、すべてが悪いわけではありません。しかし、肌の健康を考えていけば、摂取しすぎれば塩分方に陥りますし、脂肪過多になる可能性があります。特にトランス脂肪酸はミネラルもビタミンも分解してしまうため、肌荒れの原因につながります。

唐辛子

唐辛子が美容に良いといわれることがあるのは、カプサイシンのせいでしょう。代謝をアップさせることで知られていますが、実は辛すぎる唐辛子は刺激が強すぎ、胃液の過剰分泌を招きます。これが小腸に悪影響を与え、肌にもダメージが出てくるようになります。

トウガラシダイエットは脂肪燃焼効果の高いダイエット!メラメラ痩せよう

コーヒー

コーヒー自体には、いろいろな力があることは間違いありません。ですが、飲みすぎればカフェイン方になります。利尿作用が強く働くことで、ビタミンCやミネラルを排出しやすくなることがあげられますが、交感神経を刺激することも問題です。

自律神経のバランスの乱れが見えるようになるほか、成長ホルモンの分泌を落としてしまうことになります。抗酸化作用のポリフェノールの効果もあることから、肌荒れを抑えることもできるため、過剰摂取だけではなく、夜寝る前に飲んだりしないようにすると効果をうまく使えるでしょう。

チョコレート

チョコレートが問題なのは、ビタミンB群の消費を加速させるところにあります。糖質をとると、ビタミンB群の働きによって分解するためであり、アルコールの摂取と同じ状況を作り上げてしまうことになるでしょう。その結果、脂肪が皮脂になりやすく、過剰になることから肌荒れの原因を作り出してしまいます。

まとめ


肌荒れ防止を考えた時には、化粧品や洗顔方法というだけではなく、自分の体で作っていることを忘れてはいけません。その結果として、防止策ができあがっていくことになりますので、根幹となる部分を考え直していくことが一番です。