新婚生活に必要な「お金」の話。後悔をしないために知ってほしいポイント

結婚して新生活をスタートさせるとなると何かとお金がかかるものです。これから結婚するという方、結婚後の生活について考えている方にとってお金のことは頭を悩ませる問題の一つですし、どのようなお金が必要になるのかという疑問を抱いている方もおられるでしょう。そこで、ここでは新婚生活に必要なお金のことや、後悔しないためのポイントなどについてお話したいと思います。

新婚生活に必要なお金


新婚生活にどのようなお金が必要になるのかをまずは把握しておきましょう。どんなお金が必要になるのかを把握できているといざ新婚生活をスタートさせても焦ることはないでしょうし、お金で困ることもないかもしれません。ここでご紹介するのはあくまで代表的なものですから、実際にはほかにもいろいろとお金が必要になることはあります。ただ、とりあえずこれは最低限かかるということを覚えておきましょう。

引っ越し費用

結婚するとなると一緒に住むことになるのですから当然引越し費用が必要となります。新居に引っ越すためのお金が必要となりますから、引っ越しに必要なお金はストックしておきたいですね。それぞれの自宅から荷物を運ぶことになりますし、女性の場合だと実家から引っ越すことになるケースも多いですから荷物の量が多くなることも多々あります。荷物の量が増えるとなると当然引っ越し費用も高くなりがちですから注意しなくてはなりません。

家賃・礼金敷金

新居の家賃も必要となりますが、それ以前に新居を借りるための敷金や礼金が必要となります。結婚を機に新居を新築するという方は今の時代少ないでしょうし、特に若い方だと基本的に賃貸マンションやアパートを選択することになるでしょう。賃貸物件を借りるには敷金や礼金、保証金などの初期費用がかかりますし、それを用意しておかねばなりません。一人暮らしのときと違って夫婦で暮らすとなると最低でも2LDKくらいの間取りは必要ですし、そうなると当然家賃や敷金、礼金も高くなりがちです。

ハネムーン費用

最近ではハネムーンに行かないという方も増えていますが、やはり新婚旅行には行っておきたいですよね。今は格安航空などもありますから海外にもお値打ちな費用で行けますが、行先によってはそれなりの費用がかかることもあります。ハネムーンへも出かけるのならあらかじめその分も見越してお金を貯めておく必要がありますから覚えておきましょう。

家具やインテリア

新居に引っ越しても家具やインテリアが揃っていないと生活はできないでしょう。テーブルや椅子、二人で使用するソファなども購入したいですよね。どの程度のものを購入するかにもよりますが、満足いくだけのインテリアを揃えようとするとやはりそれなりの出費は覚悟しなくてはなりません。

電化製品などの生活用品

電化製品も当然購入しなくてはなりませんし、家電はかなりお金もかかります。冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などあらゆる家電が必要となりますからその分のお金は貯めておく必要があります。もちろん、一人暮らししていたときの家電をそのまま使うというのもアリですし、女性の実家から不要な家電を貰ってくるという手もあります。今はネットオークションなどもありますし、リサイクルショップやフリマサイトなども活用すれば家電は比較的お値打ちに手に入るかもしれませんね。いろいろな方法を考えてみましょう。

できちゃった婚なら出産費用も

昔ではあまり考えられなかったことですが、最近ではできちゃった婚も当たり前のようにあります。逆にできちゃった婚のほうが珍しくなくなりましたし、結婚と聞くとおめでたをまず疑うような時代です。できちゃった婚となると当然出産の費用が必要となりますから出産費用もプールしておかねばなりません。

新婚生活でお互いが気をつけるべきポイント


新婚生活がスタートすると一人暮らしや実家暮らしのときとはさまざまな部分で違いが出てきますし、些細なことでトラブルに発展することも珍しくありません。付き合っていた期間が長いカップルであってももともと他人同士が一つ屋根の下で暮らすことになるのですからいろいろな問題も出てきます。ここでは新婚生活においてお互いが気を付けるべきポイントについてご紹介しますから、ぜひ今後の参考にしてください。

結婚したら他人ではないことを理解する

結婚したら相手は他人ではなくなります。いつまでもカップル同士のような気持ちでいると新婚生活がスタートしてからギクシャクしてしまうことも多くなるでしょう。結婚するということは自分の家族になるということですし、そこをきちんと理解しておく必要があります。家族ということはお相手の方の家族も自分の家族ということになりますし、そうしたこともしっかり理解しなくてはなりません。

毎日気持ちよく過ごせる挨拶を

おはようやおやすみ、といった挨拶は家族でも大切です。最近では家族で挨拶をすることがないというような家庭も増えているかもしれませんが、これではコミュニケーションもとりにくくなってしまいます。おはようやおやすみといったちょっとした挨拶がコミュニケーションのきっかけにもなりますし、毎日気持ちよく過ごせるようにもなるでしょう。二人の愛の巣で毎日快適に過ごせるよう、挨拶はきちんとするように心がけてください。

相手の嫌いな部分が見えても目をつぶる

結婚して一緒に暮らし始めると相手の嫌な部分もいろいろと見えてきます。今までお付き合いしているときにはまったく分からなかったことなども一緒に暮らすことで見えてくるようになりますし、それに頭を抱えてしまうようなこともあるでしょう。しかし、これはある意味どうしようもないことです。一緒に住んでみないと分からないことはたくさんありますし、逆に今までがイイ部分しか見えていなかっただけのことです。嫌な部分が見えたとしてもそこは目をつむってあげなくてはなりません。

小さなことでケンカしない

ほんの些細なことでケンカになってしまうことはよくあります。恋人同士としてお付き合いしていた頃はほとんどケンカなどしたことないのに、一緒に暮らし始めた途端にケンカが増えたという話はよくあります。先ほども言ったようにもともとは他人同士なわけですし、育った環境や考え方、価値観なども異なる者同士が一緒に暮らしているため些細なことで衝突してしまうことはよくあります。しかし、そのたびにケンカしていては体も心ももちませんから、なるべく些細なことではケンカをしないように心がけましょう。

家事の分担を決めておく

かつては家事は女性の仕事という風潮が根付いていましたが、今の時代それは通用しません。女性にばかり家事や育児を押し付けてしまうと奥さんも不満が溜まってしまうでしょうし、イライラが限界に達してしまう可能性があります。夫婦なのですからすべて分担するべきですし、男性も手伝えることは積極的に手伝ってあげるべきでしょう。それが夫婦円満のコツでもあります。きちんと家事の役割分担を決め、破ったら何かしらのペナルティを課すようにしておくと良いかもしれませんね。

食事の場で揉めない

食事中にケンカになってしまうことはよくあることですが、それだとせっかく美味しい料理でも味が分からなくなってしまいます。また、食事の場でケンカになってしまう理由の一つにお互いの味覚の違いが挙げられます。それぞれが異なる環境で育っているわけですし、いわゆる家庭の味もそれぞれ違います。それとまったく同じものを求めることは当然できませんし、それでパートナーを非難するというのは間違っています。

新婚生活から3年間が重要


結婚生活がうまくいくためには新婚から3年間が大切だと言われています。要するに、3年持てばそれ以降も安定して結婚生活を送ることができるだろうということです。まずはこの3年を乗り切ることを目標にしてみると良いかもしれません。できればそのようなことを意識せずとも楽しく過ごせればいいのですが、やはり他人同士が一緒に暮らすわけですからいろいろと問題は発生します。夫婦間でトラブルが起きた場合でも、とりあえず3年間を乗り切ろうと頑張ればなんとかなるかもしれません。

お金の管理はしっかりと

結婚して一番ケンカの原因になりがちなのはお金です。多くの夫婦がお金のことでケンカになっていますし、それが原因で離婚に至ったという方も少なくありません。結婚して夫婦になると二人でお金を使うことになりますし、夫の稼ぎや奥さんの使い道などが原因でケンカになることは実によくあるのです。お金の管理が甘いといざという時に必要なお金を捻出できないことにもなりかねませんし、お金のことで揉めずにしっかりと管理できるような体制を整えておきましょう。

一人の時間もこまめに取る事

いくら結婚しているからといっていつも夫婦一緒では疲れてしまいます。どんなに仲が良い夫婦であってもお互い一人の時間は大切ですし、それがないと精神的に疲れてしまいます。1人になれる時間もこまめにとることができればそのようなこともないでしょうし、いつも快適に過ごせるのではないでしょうか。1人になりたいのに相手の方がなかなか一人にさせてくれない、というような状況だと嫌でもストレスが溜まってしまいます。

旅行など、お互いの目標を立てる

2人で目標を立てておくとそれを目指して二人三脚で頑張ることができます。旅行などはいいかもしれませんね。海外で行ってみたい国をピックアップし、具体的な旅行のプランを立ててみると良いかもしれません。具体的にプランを立てることでいくらお金が必要なのか、いつまでに準備するべきかということも把握できます。具体性があるとモチベーションも上がりますし、夫婦で目標を達成するために頑張ろうという気にもなれるでしょう。旅行でなくてもいいのですが、二人でそれに向かって進めるような目標を何か一つ立ててみましょう。

まとめ


新婚生活に必要なお金の話、新生活で気を付けるポイントなどについてお話しました。結婚してすぐダメになってしまうというのは悲しいですし、周りの人に対しても恥ずかしいです。必要なお金についてはお付き合いしているときからしっかりと貯めておくことが大切ですし、二人で生活を始めたときも注意ポイントに気をつけつつ新たな生活に慣れていく必要があります。ここではその道しるべとなる情報をお伝えしましたから、ぜひ今後の参考にしてください。