肌荒れにサプリ!状況別に必要となる栄養素とは

肌荒れを感じているとき、栄養素をうまく補うことがポイントになってきます。状況に合わせて必要となっているサプリを使っていけば、手軽で効果的に肌荒れに対処できるようになるでしょう。

肌荒れに効果があるサプリの種類


肌荒れが見られる状況は、必ず原因が存在しています。その原因に対応できるサプリを使うことは有効なだけに、どんなものを選ぶべきかを考えておくことが、対策になってくるでしょう。

亜鉛が含まれているもの

DHC 亜鉛 60日分 60粒
栄養素の中でも、アミノ酸は体を作るために必須の栄養素です。人間の生命活動という面でも、亜鉛は骨の発育にも必要になってきます。肌のことを考えて場合には、新陳代謝や免疫力に対して必要不可欠といえるでしょう。

なぜ亜鉛をサプリメントで摂取する必要性があるかといえば、人間の体内で生成することができないところにあります。一日に必要な量があるのにもかかわらず、作り出すことができないため、毎日摂取していかなければいけません。

亜鉛が肌荒れにも重要な意味を持ってくるとしても、普段の食生活でそこまで不足しない物質です。肌荒れにつながるほど不足してしまうのは理由があります。実際には食事で十分摂取できていても、亜鉛だけでは吸収されにくかったり、加工時に失われてしまったりしているからです。

現代人の食生活を考えた場合でも、インスタント食品やファストフードのような加工食品を多く摂取していると、亜鉛不足は深刻な問題となるでしょう。ダイエットによって食事量を制限しているときも同様です。つまり、必然的に不足してしまうからこそ、サプリの補給は大きな影響を与えることになります。

ビタミンEが含まれているもの

DHC マルチビタミン (60日分) 60粒
脂溶性ビタミンの代表格といえるのがビタミンEです。不妊治療の研究をしている過程で発見されたことで有名なビタミンとなりました。微量しか存在しないビタミンだったこともあり、あまり注目されてきませんでしたが、活性酸素から体を守ることがわかってきて、存在価値が大きく変わったといっていいでしょう。

活性酸素は、さまざまな悪影響を与えてしまいます。肌の状態にも大きな影響を与えることになりますが、ビタミンEが細胞膜を守ってくれ、過酸化脂質などの生活習慣病の原因からも守ってくれることを考えれば、いかに有効かがわかるでしょう。

血管の流れもよくすることができ、健康も保ってくれます。毛細血管を拡張することができるようになり、肌荒れの原因になる血行不良を改善できることも大きなポイントになってくるでしょう。

ビタミンEは、もともと微量であることがポイントになってくるため、摂取が難しい部分があります。サプリで摂取するのに向いていることは間違いありません。ですが、脂溶性ビタミンのため、過剰摂取は大きな問題を引き起こします。安全性の高いビタミンではありますが、適正量の摂取を心掛けなければいけません。

ビタミンCが含まれているもの

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒
美肌を作ることを考えた場合、欠かすことができないのがビタミンCです。水溶性ビタミンの代表格であり、野菜や果物に多く含まれていることはよく知られている部分でしょう。血管や皮膚に必須であるコラーゲンの生成を補助する物質でもあり、肌荒れにも効果をあげることができます。鉄分の吸収を促進させるところも、肌に影響を与える部分でしょう。

ビタミンCは積極的に摂取していっても、アルコールを摂取する人や喫煙する人は分解されてしまうことが問題です。ストレス過多になると、ビタミンCの消費量も増大してしまうことからサプリでも補うべき栄養素といえます。

ビタミンCは、体内に入ってもいきなり消化されたりはしません。小腸で吸収されて全身の組織や臓器に運ばれていきます。経口摂取でもかなりの量を吸収することができますが、一定量を超えると吸収率が落ちていき、過剰分は尿として排出されます。蓄えておくこともできますが、一定量まで減ってしまえば、壊血病を引き起こす原因となるのが注意点です。

皮膚が乾燥しやすい状況や、脱力感や倦怠感を感じるときには、ビタミンC不足の可能性が出てきます。潜在性欠乏症と呼ばれますが、摂取量を増やしたくても、野菜や果物が好きでなければ摂取は難しくなってしまうでしょう。サプリで補っても必要な栄養素ですので、食生活を考えてみることが必要です。

ビタミンAが含まれているもの

ビタミンA&D (10,000/400) 100ソフトカプセル (海外直送品)
ビタミンにもいろいろありますが、βカロテンとも呼ばれるのがビタミンAです。機能維持と保護作用がよく知られたところですが、皮膚や粘膜を維持するためには欠かせない脂溶性ビタミンのひとつといえます。

ビタミンAのレチノールはレバーやアンキモ、ウナギのかば焼きに多く含まれていることはよく知られています。もうひとつ緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイドは体内でビタミンAに変換するために重要な意味を持っていますが、日本人は不足しにくい栄養素です。

本来不足することがなかったとしても、ダイエットなどで低栄養状態を続けていたりすると、不足してしまうことが出てきます。補えるように食品を摂取していくべきですが、それでも不足することが予測できるのであれば、サプリを効果的に活用していくべきでしょう。

肌荒れに効果のあるビタミン!手軽に摂取できるおすすめ食材も紹介

肌荒れ対策サプリは必須脂肪酸が含まれているものがいい?


人間には必要な栄養素であるのにもかかわらず、体内で生成できないものがいくつも存在します。必須脂肪酸もそのひとつで、体外から摂取するしかありません。まだわからないことも多いのが必須脂肪酸ですが、肌荒れのことを考えた場合、摂取することにメリットがあります。

必須脂肪酸が肌に求められる理由

必須脂肪酸は、ホルモンの生成やビタミンAやE、Dの吸収に必要になってくることがわかっています。非常に多くの働きを持っていますが、これらの栄養素を考えるだけでも、肌の健康維持には必須であることがわかるでしょう。

必須脂肪酸は、ひとつのものではありません。さまざまなグループに分かれており、それぞれが別の効果も持っています。普段から摂取することができるものもありますが、肌荒れ対策を考えた場合には、必須脂肪酸を含んだものにすることが無難な選択です。

オメガ3系脂肪酸

必須脂肪酸の中でも「オメガ3系脂肪酸」は、アルファ・リノレン酸とも呼ばれています。リノール酸から生成されると考えられていましたが、動物は生成できないことがわかってきました。摂取するべき脂肪酸であり、酸化していない状態にすることが必要です。繊細で室温や空気でも酸化してしまう性質のため、管理されたサプリがぴったりといえます。

炎症を抑え、血液をサラサラにしてくれる脂肪酸です。新陳代謝を活性化してくれるようになってくるため、冷え性対策にも効果をあげることができます。サプリとともに摂取することができれば、肌に栄養を運びやすくなるでしょう。

オメガ6系脂肪酸

必須脂肪酸の中でも、リノール酸と呼ばれているのが「オメガ6系脂肪酸」です。この脂肪酸は、プロスタグランディン1を生成することができる脂肪酸であることが重要です。動物からオメガ6系脂肪酸を生成することができますが、これをアラギドン酸と呼びます。こちらはプロスタグランディン2を生成してしまうことが問題です。

プロスタグランディン2は、1とは全く正反対の性質を持っており、炎症を抑えたり血液が流れやすくしたりすることはなく、逆の作用を及ぼします。そこで、リノール酸であるオメガ6系脂肪酸を摂取すると、アラギドン酸の生成を低下させることが可能となるところが重要です。食事から摂取するべきですが、サプリとしても含まれているほうがいいでしょう。

必須脂肪酸が不足すると

必須脂肪酸が不足すると、細胞膜の透過性が低下します。物質の出入りができなくなっていき、機能の低下が見られるようになるのが問題点です。すべて必須脂肪酸の不足が引き起こしているわけではありませんが、皮膚炎、湿疹といったことも関係していることがわかっており、できる限り摂取していくべきといえるでしょう。

肌荒れを治すサプリを選ぶならヒアルロン酸は必須


人間の体の中にもあるヒアルロン酸は、実は動物だけではなく野菜にも含まれています。アミノ酸に分解され、肌荒れにも重要なたんぱく質に作り替えられていくことになりますが、分子構造が大きいことからも、なかなか吸収されやすい問題を持っています。

ヒアルロン酸が肌に与える影響

非常に保水力が強いのがヒアルロン酸の特徴です。必要な成分ですが、皮膚でも水分を抱え込んでくれることから、乾燥を防いでくれます。肌荒れの状態でも、潤いを保つことができるようになるでしょう。

ヒアルロン酸が不足すると

ヒアルロン酸が不足すると肌の潤いが衰えてくることになります。張りと弾力を失っていくことになり、女性らしい肌ではなくなってしまいます。真皮の部分に存在しますが、美しい肌を作り出すことができなくなり、カサカサの状態になっていくでしょう。老化とも密接な関係があることも忘れてはいけません。

ヒアルロン酸摂取はサプリが一番手軽

ヒアルロン酸の大きな問題は、食べ物から摂取したとしても、いったんアミノ酸に分解されることです。サプリでも同じですが、さらに分子が大きく吸収もされにくいことも問題といえます。体内に蓄積させることもできないため、必要な時に摂取するしかないでしょう。

実際にヒアルロン酸を食べ物で摂取しようと考えても、それらばかり食べるわけにはいきません。体内で合成されやすい環境も作らなければいけないからです。たんぱく質を中心として、バランスのいい食生活を心掛けることが必要といえます。ベジタリアンの場合には、人によっては合成するのが苦手な人もおり、肌荒れにつながることも忘れてはいけません。

体の中で分解されるとしても、毎日バランスよく摂取していけば、体内で作り出せるようになるでしょう。そのためには、食事だけでは吸収も悪いため、サプリは重要な意味を持ってきます。その構造から即効性を求めるべきではありませんが、定期的に摂取することで補っていくことができるでしょう。

まとめ


肌荒れにはサプリは有効な手段です。不足している栄養素を補っていくためには、手軽であることも大きいでしょう。できることなら食品から摂取していくことが求められますが、バランスが取れていないときにはサプリも有効に使っていくべきです。