「テレビから消えて」さかなクン、誹謗中傷を受け38.4℃の発熱

タレントのさかなクンが自身のフェイスブックを更新し、誹謗中傷されて発熱したことを明かしました
いつも元気いっぱいで明るいさかなクンですが、今回ばかりは人々の辛辣な言葉にショックを受けているようです。
ちなみにさかなクンが受けた誹謗中傷は以下のようなものだそう。

「テレビから消えて」

テレビから消えて(切実)」「ほとんど擬音ばっかりでうるさくて見れない」など……。おそらく、さかなクンはいつも通りメディアで話しているだけだと思われますが、独特の明るいリアクションなどが受け付けられない人がいるのでしょう。

さかなクンは投稿で、

「辛いですが真摯に受け止めます
もっと落ち着いて、頑張って生きたいと存じます
どうか、よろしくお願い致します」

とコメントしていますが、不祥事をやらかしたわけでもない彼からこんな言葉が出るのは何だか切なくなります。

さかなクンのフェイスブックページには

「私も生き物を扱う仕事をしていますが、本当にさかなクンを尊敬しています」
「さかなクンのこと大好きな人は沢山います!元気出してくださいね」
「大丈夫ですよ、それもひとつの個性です」

など、励ましの言葉が数多く寄せられていました。

鈴木奈々さんにも非難の声

さかなクンのようにいつも明るく、興奮しながら話す人は、ときに他人から「うるさい」と批判されることがあります。たとえばタレントの鈴木奈々さんがそうです。彼女自身は比較的好感度の高いタレントですが、一部でやはり……。

元気なのとうるさいのは違う」――。なるほど。しかし、静かにしながら元気な様子を見せる、というのもまた難しいと思われます。

うれしいと声が出る、興奮するとつい話過ぎたりしてしまうのは、人間ならば自然な態度ではないでしょうか。いずれにしても、人の個性が誹謗中傷で潰されない社会になってほしいものです。