好きな人に好かれる方法を身につけよう!男女に共通していることって?

誰もが人から好かれたい、愛されたいと感じていると思いますが、人から愛される、好かれるという事は難しい事です。

自分が人のためになると思い良かれと思ってしたことでも、相手がしてほしいと思っていたことじゃないと、余計な事をする人と認識されますし、自分ではよくないことをしたのかもしれないと思っていたことが、相手の喜ぶことになったり・・・人によっていいこと、悪い事の感じ方が違うという事もあり、人に好かれるのは難しいのです。

でも、常に人に悪意を持たず、素直な気持ちをもって接することでこちらの気持ちは伝わりやすくなると思いますし、相手の事を常に考え、見ていることで相手がしてほしくないこと、してほしい事を理解することもできます。全ての人に好かれるという事は難しいと思いますが、せめて自分の周囲にいる人、近しい人には「いい人」「素敵な人」と思われたいものです。

人に好かれる方法について

人に好かれる方法を考えたことなんてないという人がほとんどだと思いますが、例えば人にちょっと悪い事をしてしまった時、自分が嫌な人間だと感じる時、どうすればその嫌な部分を変えられるのか?と考えたことはあると思います。

それは裏を返すと、人に好かれる方法で、自分が嫌な人間にならないような行動をとることで、人は少しずつその人の事を信頼してくれると思いますし、好きになってくれると思います。

笑顔を大切にしましょう


一緒に仕事している仲間、また学校で仲のいいグループ、その中にいつも仏頂面をしている人がいたら、きっと、何か悪い事をしたかな、何か知らない間に傷つけたかな、どうして不機嫌なんだろう?と考えてしまうと思います。周囲の人が暗い気持ちになりますし、気を遣わせてしまうことになり、だんだんと遊びや飲み会などにも誘われなくなることもあります。

逆に、いつも笑顔でにこにこしていて人当たりがよく、周囲を明るくさせてくれる人は、どんな場面でも呼ばれると思いますし、その人の事を知らない初対面の人でも、お友達になりたい、仲良くなりたいと考えると思います。太陽の様に明るい笑顔の持ち主、こういうイメージがある人の多くが周囲の人から大切にされていますし愛されている存在です。

人の悪口は言わないようにしましょう

どんなに美しい人でもカッコいい人でも、人の悪口を言っている時の顔は醜いです。誰でも嫌いな人や気にいらない人、ちょっと苦手な人がいるものですが、好かれる人というのは、人に対して嫌な感情を持っていても、悪口を言う事がまずありません。

悪口を言っている人がいてもその中に入らない、また「そうはいっても友達でしょ?」とその人の立場が悪くならない様にしてくれます。男性も彼女が人の悪口を言う姿をみて、裏表があるのかもしれないと思う事がありますし、彼女が悪口を言う姿を見るのは嫌だと感じます。人の悪口を言っている人は、きっと自分も人から悪口を言われていると考えるべきです。

思いやりの気持ちを大切にしましょう

あの人は本当にいい人だよねといわれている人の行動をみると、相手の立場に立って思いやりを持った行動をとっているという事がわかります。相手の人がどう思うのか、まず何か行動する前に相手の気持ちを考えてから行動する、つまり冷静にその周囲の判断を行って行動をしているのです。

気持のままに即感情的に行動すると、周囲の人の中に誰かしら、傷つく人がいたり、心を痛める人がいるものです。人がどうしてほしいのか、その人の事を考えて行動するので、相手の人が傷つくことが少なく、その気持ちが相手に伝わるので、この人は人の気持ちや痛みがわかる人と認識されます。

痛みがわかる人は痛みの出る行動をしない、思いやりをもってどんな場面でも行動できる人というのは、人から愛されます。

▼ 関連記事

「好かれる性格の特徴」が知りたい!実践に移す方法もご紹介

好きな人に好かれる方法について

実際に、自分が嫌な人間だと思って生きている人は多いと思いますし、自分がとても素敵な人間で、人から愛されまくっている人間なんて思っている人の方が少ないと思います。人から好かれたいと思いすぎるとわざとらしい偽善者的な行動になってしまいますが、そうではなく、自分の心が常に素直で透明感をもって、相手への気持ちを忘れずに行動する事を考えてみると、いつの間にか人から好かれる存在になっているのではないかと思います。

プラス思考で接しましょう

マイナス思考の人と一緒にいるといつの間にか自分もマイナス思考になり、暗く何事もマイナスに取り、卑屈な考え方になります。でもプラス思考の人と一緒にいると、何事にも積極的に行う気持ちが出てきますし、暗い考え方ではなく辛い事でも、少しでも明るく前に進もうという気持ちになります。

人はいつも不安を持っていますし、何も不安がない生活を送っている人はいないと思います。どんなにお金を持っていても、どんなに裕福な暮らしでも、そこには体、心、人との関係など、何かしら不安があり、その中で生きています。でも不安もプラス思考で、大丈夫、きっといい方向に進むと考えておくことで、いい方向に向かう事もあるのです。

時には隙も大切です

何も隙がなく、付け入る隙間がないという人は人から好かれるという事がなく、返って敵を作ることの方が多くなります。あまりにも隙だらけという事になると詐欺にあったり、人からだまされることも多くなりますが、適度な隙があることで、人間味を感じますし非常に近い存在というイメージがあります。

完璧にしているようでも、こういう所は弱いんだよねという人は愛されるべき人が多く、その弱いところがあるからこそ人間味があり、彼は素敵な人、彼女は愛すべき人と印象づけることになります。油断ではなくちょっとだけ隙があるという事は、相手の人を信頼しているからこそできる隙、時には隙を出せる事も必要なのです。

聞き上手になりましょう

いきなり電話がきて延々と愚痴を聞かされる、でも人によってはそうか、つらかったね、それで?と相手の話を上手に引出、何も嫌なそぶりを見せず、人の話を丁寧に聞ける人がいます。

好かれる人というのはえてして聞き上手、どんな場面でもしっかり話を聞いて、ただ聞いているだけじゃなく、その人の話について意見を求められたとき、すっと相手の心を軟からくするような発言が出来ます。

これも、相手の話を真摯に素直に聞いているからで、ただ話を右から左に聞き流すのではなく、しっかり話を聞いて、相手の人が意見を求めた時だけ、自分はこう思うけど、そういう風に思ってしまうのも仕方ないよねと同調してくれます。

実はこの愚痴を言いたい人は、愚痴を聞いてもらっている人に「同調」してほしくて話をしていることが多く、聞き上手な人はその話をおらずに同調しながら聞いてくれるので、安心感があり気持ちよく話ができるのです。

好きな人と両想いになる方法とは

好きな人から自分の事を好きになってほしい・・・と思う時、やはり相手の気持ち、相手の立場や考え方をよく理解し、思いやりをもって接するという事が大切です。ただ気持ちの上で思いやりを持ち、彼、彼女の事を深く理解しようというだけじゃなく、相手が自分の事をみて好きになってくれる要素を持つことも必要です。

周囲の人からあの人は本当にすてきな人だといわれる人の多くが、一緒にいて気持ちがいい人であり、一緒にいることで心が和む要素を持っています。

清潔感を大切にしましょう

どんなに性格がいい人でも、容姿端麗の人でもこの人不潔だなと思う人とはしっかりお付き合いする事が出来ませんし、好きになるという事は少ないと思います。

何もきれいな洋服を着ろという事ではなく、しっかり洗濯されている洋服、パンツはしわなどがなくアイロンされているもの、靴下も靴も新品ではなくても清潔でさわやか、こうした状態になっていれば、相手が自分に悪意を持つことはありませんし、清潔だという印象になれば、素敵だなという印象を持ってくれると思います。

相手が和むように心がけましょう

好きという気持ちがあるとやはりお話しする時等緊張してしまうものですが、その緊張感のままに会話すると、相手もかしこまった緊張した時間になってしまうものです。

特にあまり会話したことがない、初めて二人で話ができるという時には、相手の事が好きで緊張する気持ちをもっていても、笑顔を忘れないように、相手の話をしっかり聞いて、自分らしく応えられるようにしておくことで十分です。相手がふと和むような笑顔が出来れば、また会いたいと思ってくれるでしょうし、気になる存在になる可能性もあります。

自然に誘ってみましょう

相手の事が好きでもまず自分を知ってもらう事が必要という場合には、何気なくしたごろ来なく、誘ってみます。

「○○が好きって聞いたけど、今度○○行ってみないですか?」とか、「○○に行きたいって思っているんだけど一緒にどうですか?」と真摯に誘ってみる事で、相手は好きとか嫌いとか恋愛という事を抜きに、一緒にいってほしいのかな、自分に一緒にいってと頼んでいるのかな?と壁を作ることなく誘いに乗ってくれると思います。

無理といわれたらじゃ、また今度、機会があればお願いしますと伝えておけば、相手も嫌な気になりません。

▼ 関連記事

合コン後にデートにスムーズに誘うコツ!女子受けするお店は?

まとめ

人に好きになってもらうという事は難しい事ですし、いい人になることも難しいものです。人は悪意を感情に表すことは簡単でも、優しさや思いやりを万人に向ける事がなかなかできないもので、好きな人にしか優しくできなかったり、嫌いな人には攻撃的になってしまったり、自分から見ても嫌な人になることの方が多いです。

でも少しずつ、こういう嫌いだな、嫌だなと思う事をなくしていけば、一つずつ好かれる要素が多くなるのではないでしょうか。こうした努力は人が成長していく上でとても重要な努力になると思います。