肌荒れの改善方法はこれ!普段の生活では何を気をつけるべき?

肌の状態は、美容も健康も重要な意味があります。肌荒れが気になり始めてきている状態は、さまざまな問題も抱えている可能性があるでしょう。普段の生活から肌に良い環境を作っていくことが大切になってきます。

肌荒れ改善に必要なビタミンB群


肌は人間の体の一部であることを忘れはいけません。体を作るためには、さまざまなビタミンが必要になってきますが、その中でもビタミンB群の存在は、肌荒れ改善に大きな影響を与えます。

ビタミンB1

食生活で摂取した糖質をエネルギーに変えていくときに必要になるのがビタミンB1です。皮膚や粘膜の健康を維持するために必要であり、エネルギー代謝の時に酸素の代わりもしてくれます。アルコールの分解にも使われることが重要なポイントです。水溶性のビタミンであり、過剰摂取にはなりにくい種類でもあります。

もともと多く必要になるビタミンではありませんが、微量は摂取し続けなければいけません。水溶性ですので、体の中から排出されてしまうことになりますので、毎日摂取することも必要です。肌荒れや乾燥を防ぐだけではなく、ターンオーバーも促進させるところがビタミンB1の特徴ともいえます。

アンチエイジングや疲労回復にもビタミンB1は使われますが、問題となるのはアルコールの代謝にあるでしょう。飲み過ぎたりすると、ビタミンB1を多く使ってしまうことになります。その分肌荒れや乾燥を防ぐことができなくなるため、飲み過ぎや糖質の過剰摂取には十分な注意が必要です。

ビタミンB2

皮膚や髪の毛、爪などの細胞の再生をおこなうために必要になってくるのが、ビタミンB2です。過酸化脂質を分解して除去するためにもビタミンB2が必要です。油を摂りすぎてしまったときでも、ビタミンB2があれば脂肪を消費してくれます。

脂質だけではなく、糖質もエネルギー変換するためにビタミンB2が消費され、細胞や粘膜の再生をおこなってくれるのが特徴です。不足すれば、それだけ脂肪が蓄積されやすくなり、皮脂の過剰分泌につながることになるでしょう。

皮脂の過剰分泌の点からもわかりますが、不足するとニキビが出やすい環境を作ります。活性酸素も体内に発生するようになり、肌の老化を加速させることにつながるのが問題です。新陳代謝を考えても、必須のビタミンといえるでしょう。

ビタミンB6

人間の体はたんぱく質でできていますが、作り出すためには摂取したたんぱく質やアミノ酸を代謝させていかなければいけません。いったん分解して再合成することになりますが、そのためにはビタミンB6が必要です。

人間の体を作り出すためにビタミンB6が必須となるため、不足する状況は肌荒れや皮膚炎にもつながることになるでしょう。肌荒れを良く起こしてしまう人は、ビタミンB6の不足が考えられます。ニキビ予防にも必要なビタミンです。

肌荒れに効果のあるビタミン!手軽に摂取できるおすすめ食材も紹介

肌荒れ改善には血行を良くする食べ物を


肌荒れの改善には、さまざまな要因を考えていかなければいけません。その中で、血行改善を考えていくことが大切になってきますが、普段から食べ物に気をつけていくだけでも、改善させることができるようになっていきます。

あさり

普段から食べることも多いあさりですが、豊富な栄養素を持つ食べ物です。日本人としては、みそ汁の具に使われることも多く、だれでも食べたことがあるでしょう。見た目はすべて同じように見えますが、個体ごとに成長する過程で貝の柄が変わってくるため、同じものはほぼありません。

日本は古くから食べられてきたことがわかっており、貝塚から出土することもよくあります。国産のものだけではなく輸入されてくるものも増えており、世界各国で摂られていることがわかります。

小さな食材ではありますが、とても多くの栄養素がつまっています。特に鉄分が多く含まれていることから、貧血予防で食べられる人も多いでしょう。血液を作り出すことができれば、その分だけ全身に栄養素がいきわたりやすくなります。冷え性予防を考えても、肌荒れにもってこいなのがわかります。

ビタミンを見てみても、B2が多く含まれており、貧血だけではなく、美肌にも直接作用する食品です。慢性疲労の回復にもぴったりといえます。亜鉛も豊富であり、細胞分裂や新陳代謝の向上にもつながってくることから、肌の免疫力も高めてくれますし、荒れてしまうことも防ぐことができるでしょう。

単独で摂取することも効果をあげることができますが、さまざまな食品と一緒に摂取することが効率を高めてくれます。実際に加熱する際に流れ出してしまうこともあるため、汁も一緒に頂ける味噌汁などは効率の良い食べ方になってくるでしょう。

加熱する際には、いきなり温度をあげるのではなく、水から徐々に温めていく方法が向いています。加熱のし過ぎは実を固くすることにもつながるため、殻が開いたら取り出し加熱を辞めておけば、柔らかい状態で食べることができるでしょう。

しじみ

しじみというと、本当に小さな貝で、そこまでの栄養素がないように見えます。ところがしじみにはアミノ酸が豊富に含まれており、肌に必要なビタミンもいろいろと豊富と驚くべき力を秘めているところが特徴です。

小さな貝で何気なく味噌汁に入っていたりしますが、実はパワフルな食材で、ビタミン類だけを見てもウナギに匹敵するとも言われています。元気のためにウナギを食べることがありますが、しじみを食べるだけでも負けないといってもいいでしょう。肌荒れのためにも見直していくべき食材です。

しじみのビタミンを見てみると、B1にB2、B6と肌に必須の要素が大量に含まれています。他にもB群が豊富で貧血対策には非常に効果をあげることができるでしょう。鉄分も豊富ですが、実はヘム鉄であり、吸収効率が高いところも特徴です。全身に酸素を運ぶために鉄分が必要ですし、免疫機能も高めてくれるため、肌荒れ対策にも必要になる栄養素です。

オルニチンの含有量といえばしじみといわれるほど豊富であり、その量は驚くべき寮になります。美肌にオルニチンが効果をあげることができるのは、アミノ酸の一種で肝臓の働きを助けてくれるところにあります。

オルニチンはアンモニアを尿素に変える働きを持っており、解毒作用を手伝う大事な栄養素です。疲労を回復させやすくなるだけではなく、成長ホルモンとの関係も密接で、分泌を促し基礎代謝まで引き上げていくため、美肌には欠かせない栄養素といえるでしょう。細胞を作り出すために必要な亜鉛も豊富なため、積極的に摂取したい食べ物です。

あさりと同様に、栄養素がスープに出てきてしまうことから、みそ汁はぴったりの食べ方になってくるでしょう。その際には、実もしっかりと食べていくことが、栄養素を逃がさないポイントです。小さいながらもパワフルですので、肌荒れが気になる人にはぴったりといえるでしょう。

レバー

疲れた時にスタミナ料理として使われることが多いレバーですが、実は肌荒れ対策にもぴったりの食材です。栄養の宝庫ともいえる食材で、ビタミンB群をはじめとして肌荒れにはぴったりの栄養素を大量に含んでいます。

レバーといえば、代表的なのはやはり鉄分でしょう。貧血対策としても食べることが多くなりますが、レバーの鉄分はヘム鉄です。もともと鉄分は吸収率が低いところに問題がありますが、ヘム鉄は吸収率が高く、効率よく摂取していくことができるようになります。

日本人の鉄分摂取量は、水道水を使わなくなってきたことで減ってきたといわれています。濾過されることによって有害物質を取り除くとともに、鉄も失われていることがひとつです。鉄のフライパンも手間がかかることから使われなくなり、食材に含まれにくくなったといわれています。その中で効率よくとれるレバーは重要でしょう。

貧血を防ぐことは、肌の管理には欠かすことができません。血液によって栄養素が廻らない状態になれば、当然肌荒れを起こします。冷えにもつながるため、肌はあれてしまうことになるでしょう。鉄分をとって新陳代謝を高めていくことができれば、肌荒れ防止にも役立ちます。

ビタミン不足を考えても、レバーは非常に優秀です。ビタミンB群は肌荒れ対策で必須ですが、実際には不足しやすいことでも知られています。1日に野菜から摂取しようと思うと、かなりの量を食べ続けなければいけないからです。その点でもレバーは豊富であり、必要な量を摂取しやすいことは間違いありません。

問題は、レバーは毎日食べるような食材ではないことです。過剰摂取の問題も出てくることから、週1回程度の摂取にすることが重要となるでしょう。1日程度超えてしまっても問題は起きませんが、肌荒れ対策に良いとしても、毎日食べるようなことは避けなければいけません。

肌荒れ改善と睡眠


人間の体のメカニズムを考えた時に、肌荒れと睡眠は密接な関係があります。睡眠不足に陥ってしまう時期もありますが、肌荒れを感じるときには、十分な睡眠をとり改善していかなければいけません。

睡眠中は成長ホルモンを分泌させる

人間の肌は、どんどんと新しく作り出されていき、古い角質を押し出すようにターンオーバーしていきます。新陳代謝になりますが、そのためには新しい組織を作り出さなければいけないでしょう。そのカギになるのが、成長ホルモンの存在です。

成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれますが、脳下垂体から分泌されていきます。皮膚組織の再生にもかかわるホルモンであり、水分維持にも働きかけるところがポイントです。若々しい肌を作り出してくれるようになるだけではなく、維持にも役割を持っていることは忘れてはいけないでしょう。

成長ホルモンをうまく閔妃ツさせることは、肌荒れの改善に大きな影響を与えていくことになります。脳が活動しているときには、分泌は活発になってこないため、良質で十分な睡眠をとらなければいけません。ただれていればいいというわけではありません。

ゴールデンタイムを見逃さない

成長ホルモンは睡眠時に分泌されますが、いつでも眠ればいいというわけではありません。量が増加するのが、眠りに入ってから2時間から4時間たってからと考えられます。それも熟睡して初めて活発になってくることを考えても、寝る時間を考えていかなければいけません。

さらに、ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯が、夜の20時から明けた2時までの間です。この時間帯にもっとも分泌されやすいことが特徴で、良質な睡眠もとれるようにしていくことが重要となってきます。この時に脳の活動が休まっているノンレム睡眠にしていくことがポイントとなるため、早めの睡眠が必要になってくるでしょう。

ノンレム睡眠と美肌の関係

ノンレム睡眠とは何かといえば、人間の眠りのひとつです。浅い眠りと深い眠りの違いと考えていくとわかりやすくなりますが、深い眠りがノンレム睡眠です。浅い眠りはレム睡眠と呼ばれ、脳は活動状態にあります。良質な睡眠にするためには、脳の活動が止まるノンレム睡眠を長くなるようにしていくことが重要となるでしょう。

ノンレム睡眠になると、成長ホルモンの分泌が活性化していくことになりますが、当然皮膚細胞の修復や再生が活発におこなわれるようになります。美肌ということを考えても、成長ホルモンがターンオーバーに大きくかかわってくるため、ノンレム睡眠になるようにしていかなければいけません。

睡眠が安定しないと、他のホルモンの分泌バランスも崩れていきます。抗酸化作用のメラトニン、リラックス作用で知られるセロトニンも睡眠が影響しているホルモンです。肌荒れの遠因になることも出てくるため、美肌を考えるのであれば、ノンレム睡眠を取れるように生活を考えていく必要があるでしょう。

肌荒れ改善のスキンケア


肌荒れが見られるようになったら、すぐにスキンケアを考えていかなければいけません。普段から対策をしていくことが重要ですので、自分の体のためにも対策を講じていく必要があります。

クレンジングは使わない

クレンジングは、肌に負担が少なそうに見えます。しかし、実際には大きな負担をかけていることを忘れてはいけません。化粧を落とすために必要になりますが、肌の脂質も落としてしまっていることが問題です。脂質がなくなれば、その分乾燥することになるでしょう。そうなると、肌は脂を出して補おうとします。

脂が出てくるようになると、ニキビや吹き出物の原因となってしまうことを忘れてはいけません。肌が脂っぽいからクレンジングをすると繰り返すと、いつまでたっても肌荒れ改善ができないことになるでしょう。クレンジング自体を控えることが一番です。

クレンジングを使わないことによって、落とせないことも出てきます。使う場合には、短時間で済ますだけでも負担は減ります。乳液状や水性ジェルのクレンジングも負担は軽くできるでしょう。

肌をつるつるにする方法。イケてるスキンケアやメイク法を徹底解説!

サプリで体の中から改善

人間の体には、さまざまな栄養素が必要です。ですが、すべてを補うことは難しいことは確かでしょう。そこで有効に使っていきたいものがサプリです。体の中から改善していくことができるようになります。

サプリで気を付けなければいけないのは、過剰摂取にあるでしょう。どうしても肌にいいと思い飲んでしまうことも出てきますが、決められた量で抑えることが大切です。さらに言えば、サプリではなく、食べ物で摂取できるようにして、足りないものを補うことを目指すほうが体には合っています。

ドリンクタイプの薬を摂取

ドリンクタイプの薬は、即効性があるところが重要です。サプリよりも吸収が早くなるため、肌荒れを感じた時には早く効果を出すことができるようになります。サプリと同様ですが、できることならば食品から栄養を摂るべきです。補うように使っていくことがポイントで、中心にしたりしないようにすることが、美肌につながっていくでしょう。

まとめ


肌の状態を変えようと思ったときには、自分の体の一部であることを想いださなければいけません。外部からだけでは変えることができないのですから、体の内側から改善していくことができるようにしましょう。