肌荒れは女性の大敵!キレイな肌を保つために大切なこととは?

女性の天敵である肌荒れは、日々の対策が重要になってきます。スキンケアを毎日行っていっても、完全には防ぐことはできません。だからこそ、綺麗な肌を保つためにどんなことをしていけばいいのか、試行錯誤を繰り返していかなければいけないでしょう。

肌荒れの原因とは


そもそも肌荒れの原因とは何かを考えていかなければ、対策をすることはできません。どんなことが問題になるのかを考え、対策を考えていくことが効果をあげることができる方法となるでしょう。

不規則な生活

肌が人間の体に一部であることを想いだすことが大切です。不規則な生活をすると、人間の内臓だけではなく、肌もバランスを崩すことが出てきます。当然肌荒れも見られるようになってくるのですから、生活リズムは整えていかなければいけません。

人間の肌は常に成長を繰り返していきます。新陳代謝による作用で、古い角質を押し出しながら、細胞も修復していくことがポイントです。これを意識していかないと、肌荒れが出てくるようになるでしょう。

不規則な生活は、体にダメージを与えることは容易に想像がつくはずです。ストレスをためた結果、肌があれてしまうこともあるでしょう。ストレスを感じると、体の中の血管を細めてしまうことがわかっています。血行不良につながる部分で、新陳代謝を悪化させ、活性酸素を発生させるだけではなく、免疫力まで低下させてしまうのですから、危険な兆候です。

では、ストレス発散にタバコを吸ったりお酒を飲んだりすることがいいのかといえば、これも異なります。煙草を吸うだけでも、ニコチンが血管を収縮させてしまうことになり、血行不良を引き起こしてしまうからです。冷え性にもつながっていきますが、肌に影響もまわっていかないため肌荒れにつながります。肺機能の低下が酸欠になりやすいことも重要です。

お酒に関しても問題があります。ストレス発散につながることは間違いありませんが、飲みすぎると肝臓に負担を掛けることになるでしょう。肝臓は血液をろ過する大事な内臓です。この機能が落ちると、血中に有害物質が多くなることから、栄養もいきわたりにくくなり、肌にトラブルを引き起こします。夜更かしにもつながってしまうのも問題です。

肌の栄養というと、外部から補給しているから問題がないと思うかもしれません。体の一部として考えれば、内部から補給していかなければいけないことはすぐにわかることでしょう。肌につけて吸収される栄養素は、ごく一部しかないからです。

ホルモンバランスの低下

夜更かしをすると、肌荒れを感じることがあります。何も珍しいことではなく、寝不足が肌に影響を与えていることは確かです。ニキビが大量にできてしまったりすれば、鏡を見るのも嫌でしょう。

生活リズムにもかかわってきますが、人間の肌を整えていくためには、成長していくことが重要です。古い角質を新しくできた細胞が押し出していく新陳代謝につながりますが、そのためには成長ホルモンが欠かせません。このホルモンのバランスが崩れてしまうからこそ、夜更かしすると肌荒れを感じます。

成長ホルモンは、時間で分泌されてくる特徴を持っています。睡眠時間に大きく影響していきますが、20時から翌日の2時あたりまでが重要な時間です。この時間に良質な睡眠をとっておくことが、成長ホルモンの分泌を手助けすることにつながります。睡眠がうまくとれていないと、ホルモンは分泌されても、正しい場所に使われないからです。

研究では、睡眠から3時間で成長ホルモンの分泌が多くなることもわかっています。つまり、できれば20時あたりまでに睡眠をとることができないと、肌はバランスを崩していくことになるでしょう。最低でも12時には就寝しなければ、肌荒れが出てきます。

ホルモンバランスを考えた場合、プロゲステロンとエストロゲンの2つが重要な要素です。
プロゲステロンは、母のホルモンともいわれますが、妊娠に備える体を作ります。その代りに便秘やニキビの原因になりやすい性質を持っているのが問題です。

エストロゲンは、美容のホルモンともいわれますが、女性らしい体を作り、骨や血管を丈夫にしつつ、肌も整えることができる作用を持っています。ところが、エストロゲンが過剰分泌されてしまうと、乳がんや子宮体がんのリスクを高めてしまうのが問題です。この作用を抑えてくれるのが、プロゲステロンの働きであることから、バランスが重要になってきます。

こうした女性ホルモンは、整理周期でバランスが変わってきますが、脳の働きが指令になっていることを忘れてはいけません。この指令に影響を与えているのが、ストレスとライフスタイルです。不規則な生活でストレスをためてしまえば、ホルモンバランスはどうしても狂いが出ることになるでしょう。ダイエットや睡眠不足も同様です。

ホルモンバランスを乱れさせないためには、規則正しい生活をするだけではなく、朝には光を浴びて、夜は暗くすることが重要です。人間の体の働きを正しくすることがポイントで、夜にスマートフォンなどの光を見続けてしまえば、脳は昼と勘違いする部分が出てきます。これが乱れの原因になってしまうのですから、良く考えなければいけません。

ビタミンB不足

人間の体の中で肌を作り上げていく以上、栄養素のバランスが重要になってきます。食事のバランスがかかわってくることになりますが、ビタミンを必要とすることを忘れてはいけません。非常に多くの種類がありますが、中でもビタミンBに注目する必要があるでしょう。

ビタミンはさまざまな役割をしていくことになりますが、中でもビタミンBは肌の健康維持に密接な関係があります。ビタミンBといっても複数に分かれるために、ビタミンB群と呼ばれることが多いでしょう。脂肪や糖分をエネルギーに変換することで知られていますが、細胞に栄養を送るためにもなくてはならない栄養素です。

どうしてもビタミンCに注目が集まりますが、ビタミンB群がなければ疲労感が抜けなかったり集中力が不足したりすることになります。肩こりなどが治らないといったときにもビタミンB群の不足が原因にある場合があるほど、さまざまなところに影響をきたす栄養素です。

ビタミンB群が不足すると、細胞が活性化しにくくなるため、肌のターンオーバーがおこなわれにくくなり、ニキビができたりすることも出てきます。精神安定にも効果をあげる栄養素であり、リラックスさせることで肌の負担も下げることが可能です。B12のように体内時計を調整する作用も重要で、睡眠不足解消も期待することができます。

ただし、ビタミンB群の過剰摂取には注意が必要です。とればいいものではなくB6のように神経障害や腎臓結石を引き起こすこともあります。常に適正量を接種を続けていくことが重要であり、サプリなどで強力に摂取するときには、十分に注意をしていかなければいけません。

マスクによる肌荒れ


花粉症が一般的に認知されるようになり、一年中マスクをする女性も増えました。確かに効果が上がる一方で、肌荒れの問題も見逃すことはできません。マスクをつけた時から、悩みの種になってしまう人もいることを忘れてはいけないでしょう。

マスク内が蒸れてトラブルを引き起こす

マスクをすると、温かく感じるようになります。冬場に花粉とは関係なくマスクする人がいるのも、温かいことが大きなポイントになってくるでしょう。温かいだけではなく、自分の息も籠っていることを忘れてはいけません。それだけ湿度が高い状態になっています。

湿度が上がることによって、マスク内には雑菌が繁殖しやすい状況を作り出してしまいます。これが肌荒れの原因のひとつです。自分の息も充満している状況では、ニキビができやすくなりますし、悪化もしてしまいます。良かれと思ってしている状況が、悪化する原因になってしまうことは考えておかなければいけないでしょう。

これが、肌の乾燥を防げるといった判断をする人もいますが、実は逆効果です。肌の表面にある角質の水分が、マスク内部の水分が蒸発するときに持っていかれてしまいます。結果として、乾燥を加速させることになり、なにも潤うことがありません。どんどんと乾燥して肌荒れの原因となってしまいます。

マスクそのものが肌にあっていない

マスクをすることは、肌に触れさせることにつながります。いろいろな種類のものが販売されていますが、その繊維や材質が肌に合わなければ、当然荒れてしまうことになるでしょう。相性の問題は、大きな要因となってしまいます。

マスクには、大きく分けてガーゼと不織布が使われているのがポイントです。ガーゼマスクと不織布マスクに分けることができますが、使い捨てとされているのは不織布のほうになります。これらの素材が自分の肌にあっていなければ、荒れてしまうのは当然です。

実際にガーゼタイプは、綿繊維でできています。本来は綿繊維だけでしたが、目が粗くなってしまい、フィルターの効果が薄いことから、専用フィルターを間に縫い込んでできているものも出てきました。

不織布は、基本使い捨てにすることが目的で作られています。織って作るのではなく、繊維同士を絡み合わせていることが特徴で、フィルターとしての役割もかなり高くすることが可能です。密度の違いもありますが、それぞれの特徴や相性も考えて使っていくことが必要でしょう。

肌とマスクとの摩擦

マスクをすると、必ず皮膚と接触します。当然ですが、その部分がすれてしまいます。まったく動かなければ起きませんが、そんなことはありえないでしょう。マスク本体だけではなく、ゴムのひもも当たってしまう可能性が出てきます。物理的な問題で肌荒れを起こしているパターンです。

マスクによる摩擦は、ずれてしまうことで起きることが多いでしょう。大きさがあっていない場合には、どうしても動かしますので、摩擦が生まれてしまうことになります。強く抑えているときにも、摩擦が生まれやすくなるのも問題です。

自分の大きさにあったものを探すことが大切で、ゴムのひももできるだけ太めのものが摩擦を抑えます。不織布の場合には、ガーゼを1枚挟むだけでも擦れはへり、摩擦を抑えることが可能です。肌への刺激の面でも重要になってくるでしょう。水分が付きやすいことからも、交換できるように用意しておけば、さらに安心です。

妊娠初期に見られる肌荒れ


妊娠をすると、体中のホルモンのバランスが変わってきます。赤ちゃんを育てるために変化が見られるようになるからですが、これが原因で肌荒れを起こしてしまうことがあることを理解しておくといいでしょう。

プロゲステロンが原因

妊娠の初期症状に関しては、なぜ起きるのかははっきりしていません。ですが、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンがかかわっていると考えられています。妊娠初期には、プロゲステロンが急激に増加することは間違いありません。これは、胎盤を完成さることで流産を防ぐためです。

プロゲステロンは、とても大事なホルモンではありますが、メラノサイトを刺激することもわかっています。メラニンを生成することにつながってしまうことから、シミができやすくなってしまうのが問題です。皮脂の分泌も増えてしまい、代謝が鈍ってしまうこともあり、肌荒れを起こしてしまうことにもつながります。

妊娠を継続できるようにするためには、プロゲステロンは重要ですが、精神的に不安定にさせてしまうことも確かです。ホルモンバランスも乱れてしまい、肌荒れを感じることでさらにイライラすることも出てきます。肌の保湿機能も下がってくるため、どうしても体に変化が出るといえるでしょう。

妊娠中気になってくると、プロゲステロンの分泌が落ち着いてくることから、肌荒れも治まりを見せることがあります。それでも乱れは出ている状態で、人によっては体が慣れずまだまだ続くこともあると理解しておきましょう。

ニキビが出来たら要注意

ニキビが出やすくなってしまうことになりますが、どうしても肌荒れとして気になってしまうでしょう。しかし、妊娠がわかっている場合には、薬には十分に注意していかなければいけません。

ニキビには、市販の薬がいくつも販売されていますが、安易に使うのは危険です。妊娠中に咲けるべき薬もありますので、産婦人科や皮膚科の医師から処方してもらって使うようにすることが重要です。そのためにも、異変に気が付いたら、まずは病院で診断を受けることが必要といえます。

スキンケアや日焼け止め対策を

妊娠中には、スキンケアや日焼け止め対策をすることによって、肌荒れを抑えることができるようになります。どうしても、保湿機能が落ちて肌を守りにくくなってしまうことから、肌に合う化粧水や乳液を探すことが重要でしょう。体に変化が出やすい時期にもなるため、敏感肌や低刺激のものを選んでみることも必要です。

メラノサイトによるシミができやすいことからも、日焼け止め対策は重要になってきます。紫外線の影響を受けやすくなるため、シミが定着しないようにしなければいけません。低刺激やベビー用のものであれば、使って不快になることもないでしょう。散歩に出る場合には、よく注意しておくことが必要です。

睡眠前に出来る!肌荒れ対策


人間の肌は、日々老化していきます。ターンオーバーによって、美しい肌を維持していくことができますが、ほんの少しの対策をすることによって、肌荒れ対策できることがポイントです。

質の良い睡眠を取る

何よりも重要なことは、睡眠をしっかりととることです。これ以上の対策はないともいえますが、ターンオーバーを加速させることができるのは、成長ホルモンの分泌を促すことができるようになるからです。

細胞の修復や再生を考えても、睡眠をしっかりととることが重要になってきます。睡眠時間の理想は、6時間から7時間ともいわれており、早めに就寝できるようにしていくことが必要です。質の良い睡眠をとることによって、細胞の再生を高めることができます。

寝る前のスマホ操作は厳禁

寝る前の工夫として、寝る前には光を浴びないようにすることが必要です。質の良い睡眠をとることが大切になりますが、深い眠りに入ることがポイントになってきます。そのために、副交感神経が優位とならなければいけませんが、そのためには脳が休まる環境を作り出さなければいけません。

人間の脳は、光を浴びると昼間と勘違いしてしまいます。つまり時間の周期がおかしくなってしまうのが問題です。スマホのブルーライトのような光は、脳を休ませなくなってしまうため、睡眠時間の2時間程度前にはみないようにするといいでしょう。

お風呂でリラックスしてから

体をリラックスすることは、肌の成長には欠かせないことです。入浴することは非常に意味があることで、体が温まることによって、リラックスすることができます。血行も改善することができるようになり、スキン効果もあげることが可能です。

シャワーよりも湯船につかることが大切で、全身の血行を改善させることができるようになります。老廃物も排出させることができるようになり、毛穴のつまりもなくなることで、スキンケアに効果をあげることができるようになるからです。

肌荒れをケアする食べ物


肌が体の中でできる以上、食べ物で栄養を得ていくことが重要になってきます。サプリなどで代用する人もいますが、日常の食生活から見なおしていくことのほうが、さらに重要であるといえるでしょう。

納豆

肌荒れを考えた時に重要になってくるのが腸内環境です。栄養を取りこむことを考えても重要ですが、栄養素をいきわたらせるためにも、環境を整えるために食物繊維を必要とします。女性の場合、1日18g以上の摂取を必要とすると考えられますが、そのために効果的なのが納豆です。

食物繊維を摂取することを考えても納豆は重要ですが、ナットウキナーゼの存在も忘れてはいけません。ネバネバの部分に含まれているたんぱく質の分解物質ですが、血管の中に血栓ができても溶解することができます。他の食品には含まれていない物質で、血行を促進するためにも有効な成分です。

大豆製品全般にいえますが、イソフラボンも肌荒れのケアに欠かせません。抗酸化作用を持っており、体内の活性酸素を減らしてくれます。つまり、アンチエイジングに効果をあげることができるといえるでしょう。実際に活性酸素を無毒化できる成分まで持っているのですから、納豆を食べることに意味があります。

食べ過ぎが問題になることも指摘されますが、これはリノール酸の過剰摂取が問題となるからです。脂性肌になりやすいことが問題ですが、一般的な1日1パックなどで過剰になることはありません。

アボカド

美容成分では、アボカドには大量に含まれています。安価で手に入れることができる食材で、独特の味わいから好んで食べる人も多いでしょう。その特徴として知られているのが、コエンザイムQ10とビタミンEです。

コエンザイムQ10は、サプリでも販売されていることでよく知られるようになりました。抗酸化作用を持っており、肌に悪影響を与える活性酸素から守ってくれるようになります。老化防止に役立つことを考えれば、積極的に摂取するべきでしょう。

ビタミンEは若返りに必要なビタミンといわれます。老化防止に有効であり、血液をサラサラにしてくれることによって、新陳代謝を活性化することが可能です。ニキビケアにも有効ですが、熱に弱いことを忘れてはいけません。できればアボカドは生で食べるようにするといいでしょう。

牛肉

肌が体のひとつである以上、たんぱく質は欠かせません。牛肉が有効といわれる理由のひとつは、良質なたんぱく質を持っており、免疫力も高めることができるからです。必須アミノ酸の中でも体内で合成できない成分が含まれており、意識して摂取することで肌の改善に役立てることができます。

鉄分やビタミンB2も豊富であることもポイントです。動物性の鉄分は吸収が高く、植物性の鉄分よりも貧血対策に向いています。肌荒れの原因を考えていった時に、積極的に摂取するべき食品のひとつです。

まとめ


肌は、人間の体であることがポイントです。肌荒れを起こすことは、外部だけではなく、内部にも理由が隠れているといえるでしょう。生活リズムや環境も影響していくことになるのですから、見直していくことが大切です。