肌の赤みは何が原因なの?お肌のトラブルを細かい症状別に解説!

自分で鏡を見た時に、肌に赤みがあると感じることがあるでしょう。どうしても意識してしまう部分ですし、何とかしたいと考えてしまいます。原因をはっきりさせて、対策をしていくことが、肌の赤みを消すポイントになってきます。

肌に赤みが出る理由


肌の赤みが出る理由は、いろいろなものがあります。基本として、毛細血管を通る血液の色が肌を通して見えるため、赤くなっているのが原因です。ですが、なぜ見えてしまうのかという問題が隠れています。

紅斑が原因

肌が赤く見える原因で多いのが、紅斑でしょう。毛細血管が拡張してしまい赤く見えるのが紅斑の特徴です。悩みとして抱えてしまう人の多い原因とも言えます。毛細血管は、刺激を受けることによって拡張していきますが、ここに大量の血液が流れます。本来はあまり見えませんが、表皮が薄くなってしまうことが重なると、赤く見えるようになるのが原因です。

赤く見えること自体は、健康的で問題はありません。ですが、他の部分よりも一部で赤く見える後半は、問題を抱えているといえるでしょう。特にもともと顔では薄い表皮がさらに薄くなってしまっている場合には、大きな問題ともいえます。早めに対策をしていくことも考えなければいけません。

ターンオーバーが乱れているから

毛細血管が通っているのは、皮膚では当たり前のことです。表皮が薄くなることが大きな問題であり、赤く見えるようになる原因となってしまうことから、ターンオーバーに原因があることがあります。

ターンオーバーが乱れてくると、どうしても皮膚の再生が悪くなるため、新たな皮膚が作り出せなくなってしまうのが大きなダメージにつながるでしょう。これが、表皮の厚みを下げる原因となってくるため、肌が赤く見えるようになります。ターンオーバーの乱れが何科も考えていかなければいけません。

肌のターンオーバーの乱れの原因は何?すぐにできる改善方法とは

大きなトラブルではないが放置は厳禁

赤く見えることは、大きなトラブルではないこともあります。ただ単に血行が良くなってきていることもあるからです。しかし、皮膚が薄くなってきていることが原因としてあるのであれば、敏感肌になってしまっていることもあります。これが紅斑につながることも出てくるため、放置するのは現金といえるでしょう。

冷水で洗顔を進める人もいますが、乾燥肌で赤くなっているようなときには、トラブルになっていくことも出てきます。症状が赤いことは何らかの原因が隠れているのですから、強い刺激を与えないようにしていくことが大切です。

紅斑になる原因とは


紅斑になってしまうことには、何か大きな原因が隠れています。単に赤くなるだけではなく、表皮が薄くなってしまう要因があるからです。強い刺激を受けている問題もあることから、早めに対処していくことが求められます。

ニキビ

紅斑の原因として大きな問題になるのが、ニキビができてきたことがあげられるでしょう。ニキビができること自体が肌のトラブルです。肌に刺激が与えられている要因ですし、表在菌の問題も出てきているからこそ、ニキビができてしまいます。毛穴がつまってしまうようなことも原因といえるでしょう。

もともと、肌は非常にデリケートなものです。皮脂分泌過剰といったことが起きれば、炎症を起こすことになります。これが影響して紅斑になることは、十分に考えられる事態といえます。早めに対処していくことが、ダメージを大きく広げないポイントになります。

 

大人ニキビの治し方とは?原因と対策について

肌が乾燥している

肌が乾燥している状態は、さまざまな刺激から守ることができない状態になっています。本来水分や油分があるからこそ、ダメージからも刺激からも守ることができる構造です。ところが、乾燥してしまっていることにより、簡単に刺激を受けてしまいます。毛細血管も刺激を受けることで紅斑につながることもありますがこれだけではありません。

肌はターンオーバーを繰り返している部分です。下から新たな皮膚ができ、古い角質を押し出していくことがターンオーバーになります。乾燥している状態では、うまくターンオーバーがおこなわれていない状態となり、敏感肌になってしまうことも起きているのが問題です。つまり、表皮もどんどん薄くなってしまう悪循環が起きているといえるでしょう。

乾燥という言葉だけで済ますことができない問題が隠れています。わずかな刺激でも強く反応してしまうことになることを考えれば、紅斑自体も深刻な問題になっていくことになるでしょう。

保湿ケアもニキビケアもこれでできちゃう!薬学博士が研究開発した、feelyイチオシの保湿&ニキビケアはこちら!

ビーグレン ニキビケア トライアルセット

98%という驚異のリピート率を持つ「ニキビケア トライアルセット」。クレイウォッシュにて、毛穴の2000分の1ほどの超微粒子クレイが毛穴の中に入り込み、ニキビの原因である黒ずみや汚れをしっかり吸着、こすらずにスッキリと汚れを落とせます!また、薬用成分×クレイのローションでしっかりと肌を潤わせ、高濃度のピュアビタミンCを配合した美容液で荒れてしまった肌を整えることでニキビをしっかりと撃退。効果が期待でき、驚異のリピート率も納得の一品です。

乾燥肌って何が原因?対策は?おすすめの化粧品や基礎化粧品とは

化粧品が肌に合わない

肌が薄くなることには、いろいろな問題が出てきます。そのひとつとして、こすってしまっていることが原因です。肌をこする瞬間を考えた場合、多く発生する時間帯が化粧をするときと落とすときでしょう。この時に、さらに化粧品で刺激を受けることが紅斑にもつながっていきます。

化粧品は、常に刺激があると考えなければいけません。自分の体とは異なるものですから当然です。肌に合わないようなものを使っていると、落とすときにもこすることになりますし、その分刺激を受けます。紅斑の原因になるのも容易にわかるでしょう。

クレンジングするときにも刺激を受けますが、良かれと思っている化粧品をパッティングしているのも傷をつけることになります。化粧品の質もありますが、そもそも使い方も肌にあっていないこともあるのですから、紅斑の要因になることを含め、考慮していかなければいけません。

炎症による赤み


肌の赤みは、紅斑だけが要因になってくるわけではありません。もっと別の原因が隠れており、赤くなってしまっている可能性は十分にあります。紅斑よりも深刻な問題があることも出てきますので、自分の状況と照らし合わせていかなければいけません。

皮膚に細菌が入り込むことによって起きる

赤くなって炎症を起こしている状態は、なにか外的な要因がある場合があります。ニキビでも同じようなことが起きますが、細菌が入り込んで繁殖してしまったために、赤くなってしまっている状態です。ニキビの場合にはアクネ菌が知られていますが、他にもさまざまな細菌が存在し、炎症を引き起こしている可能性があります。

肌のケアの面でも細菌が入り込んで繁殖している状況は大きな問題です。ただ肌が赤く見えるだけの状況ではありません。この場合には、早期に適切な手段を打って対策していかなければいけないため、皮膚科などの指示を受けることも検討するべきです。

皮膚炎のようにかゆみを発する

皮膚炎を起こすと、炎症につながっていくことになるため、かゆみが出てくることがあります。脂漏性皮膚炎のように、あまりかゆみが出てこないこともありますが、乾燥肌から原因になっていくような場合には、強いかゆみが出てくることもあります。

かゆみに対して掻いてしまうことは、皮膚に強い刺激を与えるだけではなく、傷をつけてしまうことも出てくるでしょう。悪循環を繰り返していくことになるため、早めに医師の診断を受けて薬をつけて対応することが必要です。

肌にキズがあると赤くなることも

赤くなる原因のひとつとして、傷をつけてしまっていることがあります。なぜ傷がついているのかが問題です。ひっかいてしまった程度であれば、時間とともになおります。ですが、ほかに原因が隠れている場合には、早期に対応することが重要となるでしょう。

赤くなる原因の一つ 乾燥性皮膚炎


赤くなってきていると思っていたら、実は乾燥性皮膚炎になっていることがあります。ただかゆみがあるだけではなく、さまざまな症状が出てきますが、ただの肌荒れととらえてしまって悪化させることもあるため要注意です。

原因は過度に肌が乾燥したこと

乾燥性皮膚炎の名前の通り、角に乾燥させてしまったことは、大きな原因となってきます。乾燥することは何も珍しくありませんが、あまりに乾燥して水分を失ってしまうことが乾燥性皮膚炎の原因のひとつです。

乾皮症になったら要注意

乾燥性皮膚炎は、皮膚の表面に存在している皮脂膜が機能を失い、その下にある角質層から水分を失わせてしまいます。肌のバリア機能を失ってしまうことになり、これが悪化していき柔軟性も失ってしまうのが乾皮症です。強いかゆみも覚え赤くなってしまうことも出てくるため、乾燥性皮膚炎の進行症状として十分に注意しなければいけない状態といえます。

湿疹が出来ると大変

角質層からも水分を失い、肌が一層カサカサになってくると、湿疹も見られるようになってきます。乾燥性皮膚炎の症状のひとつとなりますが、湿疹が出てきてしまっている状態は、かなりの問題であると捉えるべきです。早期に皮膚科で診断を受けましょう。

肌に赤みがでたらこれはしちゃダメ!


肌に赤みが出てきたときには、かなり敏感になっている状態です。非常にデリケートな状態になっていることから、やってはいけないようなことがいろいろと出てきます。悪化させないようにするためにも注意しておかなければいけません。

痒い部分を掻いてしまう

もっともやってはいけないことが掻いてしまうことです。痒いからといって掻いてしまえば、そのままさらに刺激を与えることにもなります。傷がついてしまうことにもなるため、そこから細菌が入ってしまうことも考えられるため、悪化するだけの対処といえるでしょう。

痒い湿疹にはどんな原因が潜んでいるの?対処方法は?

汗をかいても放置

汗をかいたら、とにかく拭くことが大切です。そのままにしておいても乾くと思うかもしれませんが、その間にさまざまなほこりを引きつけてしまうでしょう。これが肌と反応することが出てきます。

汗が湿度となり、カビを引き寄せてしまうこともあります。癜風と呼ばれますが、背中などに赤いぶつぶつができる原因です。こまめに拭いて清潔にすることで防ぐことができるのですから、汗は放置するべきではありません。

たくさんの汗をかくことによって、その分だけ保湿成分も流れています。汗が揮発するときに他の水分も持っていくことになるため、相乗的に乾燥肌を作り出すのが問題です。早期に拭いてしまうだけで対処できるのですから、放置しないようにしましょう。

洗顔で強く洗ってしまう

洗顔で強くこすってしまうのは、赤くなる原因です。どうしても汚れを落としたいと強くこすることも出てきますが、これはデメリットばかりしか出てきません。できれば、ぬるま湯でゆっくりと洗い流すようにすすぐといいでしょう。これだけでも皮脂まで流れてしまうことにもなるのですから、十分な効果をあげることができます。

モチモチ泡で優しく洗顔!汚れや過剰な皮脂は落として適度な潤いは残してくれるfeely編集部イチオシの高機能な洗顔料ならコレ!

パルクレールクリーミュー

feely編集部イチオシ、気になる大人ニキビの予防やニキビ跡のケア、乾燥肌にも使える薬用洗顔です。6種類の天然クレイを世界中から厳選、微細で美肌効果の高い粘土を選び抜いて配合。クレイが毛穴の奥に詰まった汚れをしっかりキャッチしてくれます!また、クレイ特有の粒感やザラつきもなく、クレイ洗顔特有のつっぱり感も一切なし。シアバターも配合しているので、お肌に必要な潤いはしっかりと残してくれます!

泡立ちも非常によく、ふんわりモコモコの泡で肌触りも◎。ケアや対策がメインですが、それでも毎日の洗顔が楽しくなってしまうこと間違いなしの一品です!

 

美しい肌の基本!正しい洗顔と、やってはいけないNG洗顔とは?

まとめ

肌に刺激を与えてしまっていることが、赤くなる原因のひとつです。その刺激の正体はいろいろなものがあることからも、肌の状態を見ながら、適切な対応をしていくことが、赤くならないようにするために必要なことといえるでしょう。