初対面で好印象を与えちゃおう!男性を夢中にする法則を大解剖

初対面の印象がとてもいい人、初対面の印象がものすごく悪くても、性格を知っていくうちにいい人、素敵な人だと理解することもあります。

でも初対面でにっこりとさわやかな笑顔で、相手に対して真摯に対応してくれると、やはり初対面でも好感をもてますし、素敵な人だと感じます。
人は第一印象が決め手になることが多いといいますが、初対面で第一印象をいい状態にするためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

第一印象を大切にしましょう

人の第一印象がいいものだと、相手の名前をすぐに覚えたり、仲良くなりたいと思うものです。営業されている方などは第一印象が決め手になることもあるので、あまりいい印象ではないというよりも、第一印象がいい方が営業力にもつながります。

第一印象をよくすることは、例えば面接のときにもかかわってくることで、面接のときにはその人の能力というのは履歴書などの文書でしか判断できません。しかし最初にあった印象が強いと、同じくらいの能力を持っていると判断できる人でも、あの人の方が魅力的と感じるものです。

相手の名前をすぐに覚えるよう心がけましょう

営業などで相手の顔と名前を一致させることは大切で、相手のことをよく覚えている人の方が相手も信頼し、商談なども進めやすくなります。最初にあって名刺を頂いたときに、顔の特徴などを名刺に書いて顔と名前を一致させて、その日のうちに記憶させるなどテクニックを使って人の顔、名前を憶えている方も多いです。

否定的な態度はNGです

相手が挨拶してくれているのに、自分にしていると思わず相手の目をみなかったり、営業先で時間に遅れてきた相手に対してちょっと否定的な態度を取ってしまうと、相手の方にとって第一印象が最悪になりますし、その先、仕事を依頼する気もなくなることがあります。

ちょっと印象的に怖い、近寄りがたい、否定的な態度だったから嫌われているかも・・と思うと、仕事の面でも恋愛の面でも、その舞台に上げてもらえないこともあるのです。最初から遅刻したり、何か嫌な状態になっても初対面ならしっかりと対応し、相手の方に第一印象をよくしておくことはとても重要です。

感謝の気持を忘れずに

相手が例えば自分よりも下の人、仕事の中でも下請などで自分の方が優位に立っている状態でも、この仕事ができているのは、円滑に進められているのは、下請けのこの人たちが努力してくれているから、だから常に感謝しようという気持を持っていると、接し方にも違いが出てきて、相手の方も好印象を持ちます。

これが感謝の気持ちなどを持たずに、こっちがいるから仕事できるんだろう、こっちが仕事くれているという態度を取れば、相手には必ず伝わります。すると印象が悪くなり、何か依頼すること、無理をしてもらう必要があるときに相手が努力してあげようと思う気持もなくなります。

▼ 関連記事

絶対に落としたい男性に効果的なアプローチ、絶対NGな行動とは?

第一印象を良くして男心を掴みましょう

第一印象は男女の中でもとても重要なことで、特に男性は女性と会う時、緊張していることが多いので、緊張をほぐせる癒し系の女性として見てもらうことで、良い印象をつけられると思います。女性はそこにいるだけでも、ふんわりとしたいい雰囲気を持っている人がいて、この場合、第一印象は最高で、男性にとって恋愛を意識させるものとなります。

雰囲気作りも大切です

相手の方が緊張されている事が分ったり、婚活パーティなどでかちこち状態だと感じるとき、にっこりと笑顔を作り、「なんだか緊張しますね」と笑ってみると、男性は自分と同じ気持ちを持っているんだと緊張も少なくなります。相手の方とお話するとき、相手の方が会話しにくいようなら、趣味はありますか?とか仕事はどんな関係を?など、にこやかにゆっくりした口調で話をすると雰囲気もよくなります。

聞き上手になりましょう

相手の方がお話を始めてそれが長いと思っても、しっかりと相手の話を聞く、聞き上手な女性は第一印象もよく、記憶にしっかり残ります。普段は愚痴をいうような男性ではなくても、時に、はじめてあった人だからこそ話せる愚痴などもあります。そんなときに嫌な顔をせず、しっかりと話を聞いてくれる女性は男性も好感を持つのです。

時にはおだててみましょう

 

相手の事が素敵だなと思うときには男性に対して、「すごくいい雰囲気の方ですね」とか、「私の理想に近いです」など、ふんわりと男性に対しておだてを使ってみることも、第一印象を簡単によくする方法です。

自分にとってうれしいことを直感的に行ってくれたと受け取りますので、そのおだてはおだてではなく、彼女の本気なんだろうと受け取れますし、誰でも自分のことを素敵とか、雰囲気がいい、好きなタイプといわれたらうれしい筈で、その言葉を発してくれた女性に対して好感を持つのも当然でしょう。

初対面で相手に好印象を与える方法について

初対面で相手にどんなふうにすれば好印象を持ってもらえるのか、実は簡単なことで、人と会うときに、誰でも意識する事なのです。でも相手のことを考えていなかったり、どんな場所に行くのかを考えていないと初体面で印象を強く残す、好印象となることはありません。

つまりどこに行くにしても、どんな人に会っても恥ずかしくない格好をしていれば、どんな時でも、初対面の方に好印象を植え付ける事ができるのです。

清潔感は基本です

初対面ならとくに清潔感は必須で、相手の事が汚いと思ったり、自分ケアがしっかりできていないと思うと、第一印象は悪くなります。まして自分と会うことがわかっていて、清潔な印象をもたれないような恰好、状態で来ることは、相手にとって失礼なことで、初対面こそしっかりといい印象を与える格好をしてくるのが、相手にとっても失礼にならないことのはずです。

表情に気をつけましょう

初対面が苦手という人は緊張してしまい、笑顔を出せない状態になることもありますが、人と向き合う時にはいつも笑顔と心に決めておくと、だんだん笑顔を自然に出せるようになります。笑顔を作れないから、恥ずかしいからといって人の目をみなかったり、下を向いてしまうのは相手に対して失礼です。

声のトーンも大切です

相手に対して好印象を持ってもらうためには、最初にあった時、ワントーン高い声で話をすると声が自然に張る状態になるので、相手が聞きやすく、好印象になります。恥ずかしいと声が小さくなりますし、低くなることも多いので、ワントーン明るい声を意識して話をするといいでしょう。

▼ 関連記事

鈍感な男性に貴女の「好きアピール」を気づかせる方法まとめ!

恋愛対象になる第一印象を身につけましょう

恋愛対象になるように、第一印象をよくしたいという場合、女性はどのようなことを意識しておけばいいのでしょうか。メイクのほか、会話、また最初に見た印象が清楚であり、素敵な女性と感じるように、雰囲気を作ることも必要です。

メイクはナチュラルメイクがおススメです

男性はこってりした厚みのあるメイクよりも、すっきりしたナチュラルメイクが好きで、特にお付き合いする女性については、清楚な印象のメイクを好みます。

結婚、付き合うという対象の女性が一緒に生活する事を想像するとき、メイクが濃い女性は料理が上手いとか、家庭的という印象になりません。明るく清潔なメイクを心がけることで、後ろに素敵な生活が見えるような、素敵なデートのイメージができるようなメイクをしていきましょう。

会話をはずませましょう

初対面でお互いに恥ずかしいと思っている場合、男性はなかなか河井の糸口をつかめない人もいますので、日ごろの事などを気軽に質問してみて、女性から会話が弾む糸口を見つけることも考えましょう。

好きな映画ありますか?とか、好きなスポーツってなんですか?とか、休みの日は出かけたりします?なんて聞いてみると、男性もその質問に合わせて会話を考えてくれると思います。

品の良さも大切です

男性はケバさのある女性よりも、お付き合いするなら、清楚で品がある女性の方が好きですし、女性が文句をいったり、荒い言葉を利用するのをみると、一気に好感度が下がるといいます。学生時代は口が少々悪くてもかわいいといわれるかもしれませんが、社会人になったら服装はもちろんの事、会話も品よくどこに出しても恥ずかしくない女性の方がもてます。

まとめ

第一印象を浴しておくことで、いい仕事が回ってきたり、いいパートナーに巡り合う樋こともあります。相手に対して笑顔を作り、にこやかに話をすることができるようになると、ハッピーな出来事も向こうからやってくることが多くなるのです。いらっとしても、どんな状況でも初対面の方に良い印象を持ってもらえるように心をコントロールすることも勉強しておきたい事です。