プラトニック不倫に罪はない?手を出す男女の深層心理とは

この記事の情報提供者

プラトニックな関係でそもそも不倫というの?そもそも、プラトニックな不倫に何の意味があるの?という声が多いですよね。しかし、プラトニック不倫をしてしまう男女は意外にも多いといいます。

ここでは心理学に詳しいakonkittyさん提供の情報をもとに、

  • プラトニックな不倫とは?
  • 既婚者同士にプラトニック不倫が多い理由
  • 肉体関係がなければ不貞行為と見なされないのか
  • プラトニックな不倫をしてしまう心理
  • プラトニックな不倫を望む男性の心理
  • プラトニックな不倫を望む女性の心理

など、プラトニックの深層心理に迫っていきたいと思います。

プラトニックな不倫とは?

プラトニックな不倫とは、相手に恋愛感情を抱いているが肉体関係は持たない関係のことをいいます。相手もその人が好きであることを知りながら、友達以上の関係を持つ場合もあれば、相手には知られていないけれど、その人と同じ空間で時間を過ごすことに快感や幸せを感じる、というケースもあります。

  • 独身者(女性)× 既婚者(男性)
  • 独身者(男性)× 既婚者(女性)
  • 既婚者(女性)× 既婚者(男性)
  • 既婚者(男性)× 既婚者(女性)

上記のように一般的な不倫と同様、片方が独身者で片方が既婚者のケースと、両方既婚者(いわゆるW不倫)というケースがありますが、プラトニック不倫に多いケースは既婚者同士です。

肉体関係はないので、不倫だといわれないこともありますが、あまり親しくしずぎていると、不倫として見られる場合もあります。

既婚者同士にプラトニック不倫が多い理由

利害関係が一致している

既婚者同士のプラトニック不倫が多い理由はズバリ、お互いに利害関係が一致しているからです。でも、恋愛にそんな理屈が通るの?と思うかもしれませんが、お互い守らなければいけない家庭があると、若い頃のような衝動に駆られた行動に出て起こり得るリスクが先に頭をよぎるようになるのです。

お互い精神的な繋がりのみというものであれば、アウトではないと感じる人が多くいるようです。

性欲より癒しを求めるようになる

現実的に男性の性欲は加齢とともに減退します。女性に対して求めるものが性のはけ口ではなく心の癒しに変わってくるのです。そして、女性はもともと男性ほど性欲が強くなく、体の繋がりよりも精神的なつながりのほうを重要視する傾向があります。体を求めてこないからこそ、より自分への愛情を感じることができるのです。

肉体関係がなければ不貞行為じゃないの?

法律を見ると、配偶者以外の異性と肉体関係を持つ(性交する)ことが不貞行為とあります。そのため、手をつなぐ、キス、ハグなどは不貞行為ではないと考えられます。

ただし、不貞行為が行われたかどうかというのは当事者同士でしか知りようがありません。そのため、最終的には状況証拠で判断されることになるようです。

具体的には、二人で旅行に出かけた、家に泊まった、ラブホテルに行ったなど、明らかに性交があったと判断できる場合に、実際に性交した事実がなくても不貞行為とみなされることがあるとされています。

お互い想い合っていて、毎日メールやLINEをする、月に1回だけあって食事のみなどというプラトニックな付き合いは、法律的には罰せられることはないということです。

プラトニックな不倫をしてしまう心理

法的には裁かれなくても、パートナーを傷つける立派な裏切り行為であることに間違いはないプラトニック不倫をしてしまう。その深層心理について読み解きたいと思います。

肉体関係を持たなければ不倫ではない

基本的な行動心理は、肉体関係を持っていないから本当の不倫ではないと思っている、または自分にいい聞かせることによって罪悪感が薄れる点にあります。

たしかに、人の心は目に見えないので、肉体関係さえ持たなければ対外的には「仲の良い友人」で済ませることができるでしょう。法律的にも不貞行為と見なされることはほぼないという見方がされています。

毎日がつまらなく退屈に思っている

たとえば仕事自体は好きでなくても、職場にプラトニック不倫の相手がいれば、それだけで毎日の出勤が楽しくなります。ただ、裏を返せばほかに何も熱中できる、夢中になれることがなく、毎日がつまらない、人生が退屈と感じているともいえます。その虚無感を埋めるため、精神的な拠り所をプラトニック不倫に求めているのかもしれません。

プラトニックな不倫を望む男性の心理

女性の“心”よりも“体”を求める男性が圧倒的に多い中、逆に肉体関係は一切持たずに心の繋がりだけでいいという男性の心理。一つは「孤独」そしてもう一つは意外にも「娯楽」です。

家庭不和による寂しさや不満を持っている

家庭不和、特に夫婦関係が冷めきっており、仕事で疲れて家に帰ってきても心が温まるところがないという男性がいます。そのような男性は自分を頼りにしてくれたり、一人の男として見てくれたりする女性に心が癒され、その女性に対して好意を抱きやすくなるのです。

ただし、子どもは大切に思っている、慰謝料を払う経済的負担は避けたいといった様々な理由から、離婚はできないという考えがあります。そのため、不貞行為といわれる寸前のところで留めてせめて心だけでも満たされたいと思うのです。

家庭は大切、でも恋愛を楽しみたい

妻や子供は大切で、家族として一緒にいたいけれど、恋愛には満足できず、何か物足りないときにちょうど可愛い女の子が近くにいると、プラトニックな不倫に走ることがあります。

たとえば、妻が子育てで忙しく、結婚当初のような恋愛関係ではなくなったとき、また新鮮な恋愛をはじめたいと思い、ほかの女性に目を移して満足します。

実際に肉体関係まで持っていってしまうと罪悪感があるので、それはせず、友達以上のように相手の女性と楽しい時間を過ごしたいと思う心理が生まれるのです。中には、手を出してしまったらゲームオーバーと、まるで恋愛ゲームのように捉えている人もいます。

プラトニックな不倫を望む女性の心理

男性と比べて、女性はもともとプラトニックな関係を好みます。プラトニック不倫を望む女性の根底にあるものは、まさに「女心」です。

恋をしたい気持ち

旦那や子供、家族自体は大切に思っている。でも、ある日可愛い男の子や、今までに出会ったことのないイケメンなど、現実には出会いそうにない理想の男性と出会ってしまったときに、手は出さないけど恋してみよう、とプラトニックな不倫願望が生まれます。

相手は男性ということで、特に女性が近寄っても逃げることは少なく、優しく接するため、女性は気分が高まり、恋のはじまりのドキドキ感を楽しみます。毎日過ぎていく同じような日々が、恋をすることによって抑揚が出るのです。

女性として見られたい気持ち

結婚して子どもが産まれると、家庭内では“女性”というよりも“母”という時間が大部分となり、旦那からも恋愛中や結婚当初のような、女性として大切にされているという実感が持てなくなります。

そんなときに、ふと自分を女性として大切に扱ってくれたり、「かわいいね」や「綺麗だね」と褒めてくれる男性が現れたりした場合、忘れかけていた女心が蘇り、居心地の良さを感じます。

まとめ

プラトニック不倫は、一見純粋で、綺麗な恋愛のようにも感じられます。ですが、いくら法律では罰せられなくても、発覚すれば大切なパートナーや家族を傷つける行為であることには違いありません。

また、最初はプラトニックな関係で良いと思っていたとしても、相手を好きになるほど触れたい、体を重ねたいと思うようになるのが恋心です。

どちらにしても、肉体関係がなければ倫理的に悪いことではないというのは、当人たちの勝手な思い込みといえるため、安易に手を出すのは避けたほうが良いといえるでしょう。