「遠距離不倫」遠くて寂しいのに続ける理由ってなんなの?

恋人と実際の距離がある遠距離恋愛は、交通機関の発達から何も珍しいことではなくなりました。その中で、遠距離不倫をする人も出てきています。身近にいるだけが不倫ではなく、わかっていても続けてしまう理由も隠れているでしょう。

なんで遠距離不倫になっちゃうの?

遠距離不倫は、思っている以上に起こりやすいものです。距離が離れているからこそ、発見されにくい部分も持っています。実際に頻度も低く、割り切った関係になっていることも多いでしょう。非日常的な感覚になりやすく、危機感が薄れることも理由のひとつです。

相手の既婚事実を知らず

自分が既婚でもパートナーがいるような状況でなくても、相手が既婚であることは良くあります。自分が遠距離恋愛であると思っていても、実は不倫関係になってしまっている状況は、想像に難くはないでしょう。

相手に既婚かどうかの事実を聞くことは、何も難しいことではありません。ですが、それが本当かどうかを確認できるかどうかとなれば、簡単に答えは出ないでしょう。そんなつもりはなかったのにもかかわらず、不倫関係を結んでいたとなることは、大変不幸な結果であるともいえます。

ネットを通じて

遠距離になるきっかけはいろいろとありますが、そもそも知り合わなければ、付き合うことになることもありません。距離をまったく気にせず出会うことがあるのは、ネットであることは確かです。

ネットにもいろいろとありますが、出会い系といったものだけではありません。きっかけはいろいろと存在することを理解しておくことも必要です。例えば、スマートフォンのゲームひとつをとっても、出会うきっかけになることは珍しくないでしょう。仲が良くなり、住所などを知ることも出てくるからです。

最近では、写真や動画投稿といったこともあります。SNSだけではありません。自分のサイトを作り、専用の投稿サイトを活用していけば、だれでも簡単に作り上げていくことができるでしょう。これをきっかけにしてであえば、そこに距離は関係ないことも出てくるからです。

単身赴任で

遠距離不倫の理由として、もっとも大きなものになってくるのは、単身赴任であることはよく知られています。単身で遠距離に赴任することになれば、寂しさを紛らわせたいときも出てくるでしょう。これがきっかけになるのは、理解もできるところです。

▼ 関連記事

社内不倫は蜜の味・・・ダメだとわかっても惹かれる理由とは

遠距離不倫のメリット・デメリットって?

遠距離不倫は、見えないところで起きることが大きな特徴ともいえます。ばれにくいことも確かでメリットもありますが、デメリットもあるのは確かでしょう。不倫関係であることがもつ問題点も考えていかなければいけません。

遠距離不倫のメリット

遠距離不倫のメリットは、そのものずばり遠距離であることです。距離が離れていることが大きなメリットになるのは、見つかりにくいことがあげられます。知り合いも少ない場所で不倫をしていくことは、解放感にもつながっていく部分です。

近くから遠くの場所へ行くことに対する現実逃避感があるのも特徴といえます。遠距離に会いに行くことが、自分自身の気持ちに対する逃避感を作り出してくれるのは、大きなメリットにもなってくるでしょう。いつもの生活とは異なる空間へ行くことができるのです。

遠距離不倫のデメリット

デメリットとして考えれば、一般常識においても、法律上であっても、ありえないものであることです。遠距離だからといって、不倫関係を許してくれるようなことはありません。社会通念上、非難される行為であることは大きなデメリットです。

遠距離ですので、会いたいときにすぐに会うこともできません。時間もかかりますし、会おうとするだけでも、かなりの費用が必要になることも出てきます。ばれないと思っていても、その気のゆるみから発覚することも少なくありません。

遠距離の不倫はばれにくい?

遠距離不倫は、近くであることよりもばれにくいことは確かです。当たり前のことですが、人目につく可能性が低いことがあげられるでしょう。知り合いが少ない状況になりやすく、発覚しにくいことは確かです。

しかし、不倫がばれてしまうことは、なにも人の手によるだけではありません。自分でばらしてしまう、そのきっかけを作り出してしまうことは同じです。自分で証拠をばらまくことも出てくるのですから、ばれにくいと思うこと自体が、落とし穴にはまっていることもあるでしょう。

遠距離不倫は寂しい

遠距離不倫をすることは、気分的にも楽な部分があることも確かです。しかし、遠距離であることが、寂しさにつながってしまうことも出てきます。いいことばかりではなく、遠距離だからこそ辛い思いもすることになるでしょう。

月に会える回数

遠距離恋愛でも言えることですが、簡単に会えることはできません。距離が遠いのですから当然でしょう。それも不倫関係となれば、会える回数は激減します。寂しさを覚えることが出てきますが、不倫関係である以上、回数が増えることは不自然さを作り出すことになり、それだけばれてしまうことも出てくるでしょう。リスクを増大させることになります。

寂しいからといって、わがままを言うことができない関係であることも、想いを増加させることにつながるところです。近くならばと思うかもしれませんが、それを実行することができない関係にあることは忘れてはいけないでしょう。

非日常的な感情

不倫関係は、日常起こるものではありません。自分たちの関係は肯定するかもしれませんが、どんな言い方をしても、それがそもそも日常的におかしな関係であることを理解していかなければいけません。非日常であることは、寂しさを覚えるかもしれませんが、それが不倫関係であることです。

寂しいのに遠距離を続ける理由

いくら寂しくても、遠距離を続けるのには、いくらでも理由が出てくるでしょう。寂しさを紛らわしたいこともそのひとつです。寂しくても時間がたてば会えると思えば、遠距離不倫を続けたくもなります。

不倫関係であっても、ばれにくいところも同じような感覚になるところでしょう。結婚しているとしても、こうした関係はスリルもあり、背徳感もあります。これが抜け出せなくなる理由につながることも出てくるため、遠距離不倫を辞めることができない人も多くなります。

▼ 関連記事

女性が不倫に走るとき。きっかけや特徴、解決策などをご紹介。

遠距離不倫のデート場所が気になる!

遠距離不倫をするとなると、デートの場所も限られてしまうことになるでしょう。行動できる範囲が限られてしまうからです。それも関係を続けるポイントになってきますが、やはり寂しいことも出てきます。

どちらかが出向く

遠距離である以上、どちらかの場所に出向くのは、基本となってくる部分です。遠距離であっても、どちらかが会いに行けば、あうことは難しいことではありません。ですが、デートの場所として考えると、距離が遠くなってしまうことが問題でしょう。

その反面で、距離が遠いからこそ、だれかに見られてしまったりすることもなくなります。ばれる心配が少なくなることから考えれば、どちらかが出向くことは大きなメリットにもなってきます。

ただし、どちらかの住んでいる場所になることから、そこから知られてしまうことも出てきます。誰だかわからないが、会っている人がいるという一言でも、不倫は発覚してしまうことがあるのですから、大きなデメリットになることも覚悟しなければいけません。

中間地点

メリットのある方法として、お互いの中間地点で出会う方法があります。デートをするとしても、なにか目的の場所で落ち合う方法は合理的です。どちらかが出向く方法に比べても、ばれてしまう可能性ははるかに下がります。知り合いがいそうな場所を避けておけば、さらに安心です。

中間地点という立地からも、自分たちが慣れ親しんだ場所ではないことがデメリットになってきます。場所的にわからないことも出てきますし、自由が利かないこともあるでしょう。別れ際に寂しさが増してしまうことも考えておかなければいけません。

出張でお泊まり

仕事に関連させて、出張というかたちにしてお泊りする方法もあるでしょう。仕事をしていることが前提ですし、出張があるような内容でなければできない方法ですが、確実に移動することができる方法です。

出張先で出会った人であることも条件とはなってきますが、定期的に出張を重ねる人であれば、出会う時間も取りやすくなります。自然と会いに行くこともできるようになるのは、大きなメリットといえるでしょう。

ただし、それだけ怪しさも出てくることは覚悟しなければいけません。出張のたびに何か変化があれば、それだけでおかしいと思われかねません。自然を装うことができるかどうかが、これからの生活にもかかわってきます。

遠距離不倫を長続きさせたい

遠距離不倫の関係は、自分たちで断ち切りやすい部分も持っています。それが距離の特性でもありますが、自分たちで長続きさせる努力もしなければ、自然に消え去ってしまうかもしれないことも確かです。

頻繁に会うより時々で

遠距離であることから、頻繁に出会う必要性がありません。これがメリットでもありデメリットにもなってくるでしょう。時々しか会うことができないことは、想いを募らせることにもつながってきます。長続きさせることを考えるのであれば、時々しか出会えないことが新鮮さを作り出すことができるはずです。

新鮮な感覚を持てることは、とても重要なことです。不倫関係というだけではなく、二人の中で飽きが出たりしないようにするためにも頻繁に会わないことは、長続きさせるポイントにもなります。

会えないからこそ燃える恋

会えないことの恋は長続きさせるためには重要な意味が出てくるでしょう。燃える恋につながる瞬間でもありますが、遠距離の良さといえる部分です。長続きするためにも、新鮮な感覚が必要となってきますが、燃えるような恋を思い出させてくれることは、メリットになってくるでしょう。

深入りはNG?

長続きさせることを意識するうえでは、深入りをしないことも必要です。お互いのことを知りたいと考えますが、そこに落とし穴が出てくることも間違いありません。深く知ってしまえば、引き返せない状況もできあがります。それを望むのであれば、関係が終わってしまうことも覚悟しなければいけません。

深入りしすぎることは、知りたくないことも知ることになるでしょう。長続きさせたいと思うのであれば、遠距離不倫である事実を認識することです。世間一般的に認められることではないことを考えれば、限界の線を理解することから始めるべきでしょう。

▼ 関連記事

不倫の終わりにハッピーエンドはないの?実例も交えて紹介

まとめ

遠距離不倫をすることは、メリットも出てきます。しかし、社会一般的に問題のあることは理解しておかなければいけません。長続きさせたいと思うのであれば、寂しいときも出てきますし、自由にできないこともあります。それでも、日向に出ることを我慢することができれば、関係として成立させることもできるでしょう。