綺麗な女性の特徴!男性から好かれる美人になるための注意点とは?

男性から「綺麗な女性」と言われる人には、特徴があることを知っていますか?その特徴を把握して、正しく自分を磨いていくことで、綺麗な女性と思われやすくなるというもの。

そこで今回は、元キャバ嬢のNaoさんのお話をもとに、男性からみた場合の綺麗な女性の特徴や、綺麗な女性になるために気を付けることなどについて、まとめました。

男性から見て綺麗な女性の特徴

綺麗な女性と思われるためには、男性から見たときに、綺麗と思われるかが重要。女性と男性では、綺麗な女性というイメージが異なることが珍しくありません。そのため、男性から見て綺麗な女性の特徴を把握しておくことで、間違えることなく、綺麗な女性に近付けるのです。そこで、男性が思う綺麗な女性の特徴をみてみましょう。

スタイルが良い

「スラッと伸びた手足」「大きな胸」「引き締まったウエスト」「少しふっくらと丸みを帯びたヒップ」…そんなスタイルの良い女性は、男性から見て綺麗と思われます。

また、身長は少し高めの方が綺麗に見られるでしょう。男性は小さい女性を「可愛い」と感じる傾向があります。背が低かったり、顔のパーツが小さめだったりすると、可愛いという印象を抱かれやすいもの。他にも、胸やウエスト、ヒップなどにメリハリがないと、可愛いと思われやすいでしょう。

顔が華やか

長いまつげに、通った鼻筋ふっくらした唇など、「華やかな顔」という印象を与える顔の女性は、男性から綺麗と思われます。実際の年よりも大人に見られる方が、綺麗な女性と思われやすいでしょう。

他にも、鼻の下から上唇までの距離が近かったり、瞳がくすんでおらず、輝いていると、綺麗な女性という印象を与えやすいもの。色白でキメの細かい透明感のある肌も、綺麗な女性と思われやすい大事な要素と考えられています。ちなみに、目元や口元に控えめなほくろがあると、セクシーな印象を与えやすくなりますよ。

品がある

仕草が優雅だったり、言葉遣いが洗練されている人は、綺麗な女性と思われやすいもの。男性は基本的に、視覚からわかる情報で判断することが多いので、仕草や見た目は、重要なポイント。ゆったりとして、余裕のある仕草や言葉遣いは、女性としての魅力をより高めてくれます。

その反対に、いつもせかせかしていたり、ドタバタと走り回っているような女性は、綺麗な女性のイメージから遠ざかってしまうもの。「ガサツな女」という印象を抱かれやすいので、注意してくださいね。

綺麗な女性になるため、外見で気をつけること

綺麗な女性になりたいと思ったとき、外見を磨く女性は少なくありません。見た目を気にする男性は多いので、正しいアプローチだと言えるでしょう。ですが、綺麗な女性と見られるためのポイントからずれていることが多いもの。

そこで、綺麗な女性になるため、外見で気をつけることについて、まとめました。

お金をかけるなら髪の毛

綺麗になるために、服やネイル、アクセサリーにお金をかける女性は多いもの。ですが、同じお金をかけるなら、髪の毛に使ってください。ツヤのあるダメージゼロの髪は、男性から綺麗な女性と思われる重要なポイント。そよ風にサラリと揺れる髪の毛は、男性からみると、かなり魅力的にうつるもの。一本一本の髪の毛が風になびいているところを見ると、思わずみとれてしまう男性は、少なくありません。

例え、遠くにいたとしても、そのサラサラな髪から、良い香りがしそうだと感じ、思わず近付きたくなるのです。ツヤのある髪は、清潔感のある女性という印象にもつながるので、お金をかけるなら、まずは髪の毛と覚えておいてください。髪にお金をかけることが、最も有効なお金の使い方につながることが多いもの。ぜひ、試してみてくださいね。

コーディネートよりも清潔感を重視する

綺麗に着飾ろうと思ったときには、つい高い服やバッグを選んでしまいがち。ですが、綺麗になるためには、高級な服や持ち物で着飾ろうとするよりも、清潔感が大切。他にも、ネイルやアクセサリーなどで、ゴチャゴチャと着飾ることで女性らしさや優雅さをアピールしたい考える女性は、少なくありません。

このようなアプローチでオシャレさや華やかさをアピールしようとすると、「目立ちたい感じが全面に出過ぎている」「我が強そう」といったイメージにつながりがち。また、高い服やバッグをボロボロになるまで使う女性もいますが、これも男性ウケが良くありません。それよりも、安いのに可愛いプチプラ服などに、しっかりアイロンをかけて、毛玉ゼロで着こなした方がいいですよ。

男性は、女性の身だしなみについて敏感なもの。普段から細かくチェックしている男性は多くないですが、ふとした時などに、服に毛玉がついているところなどを見ると、一気に幻滅してしまうのです。同様にメイク崩れなどにも気を付けましょう。「女性は、しっかりと身だしなみを整えるもの」と考えている男性は、少なくありません。

綺麗な女性になるために、内面で気をつけること


外見だけを磨けばいいと思っているうちは、本当の意味で綺麗な女性には、近付けません。「見た目は綺麗だけど、残念な女性」と思われないように、内面もしっかりと磨く必要があるのです。

そこで、綺麗な女性になるために、内面において気をつけることをまとめました。

不機嫌な態度をとらない

嫌なことがあると、ついイライラした態度をとってしまいがち。また、仕事などで誰かが失敗したときなどに、ため息をついて、「しっかりやってよ」という気持ちを察して欲しいというアピールはやめましょう。

綺麗な女性は、嫌なことがあったら、いつもより余計にニコニコするもの。辛い時にこそ、素敵な笑顔をふりまけるのが綺麗な女性なのです。どんなに見た目がきれいでも、怖い顔をしていたら台無しですよ。

敬意をもって人と接する

けなしたりからかうことで仲良くなろうとする人は、少なくありません。他にも、自分のことを大っぴらに話す代わりに、人のプライベートにも、ずかずか踏み込むことで親しくなろうとするのはNGです。

どんな人であっても、「誰かにとっては大切な人」という気持ちで、尊敬の念を持って接しましょう。そうすることで、物腰が柔らかい態度で接することができますし、乱暴な言葉を使うこともなくなります。

しっかりと礼儀正しく話そうとするほど、流行り言葉を使った軽率な話し方にはならないので、周りの人の印象が良くなり、綺麗な女性と思われやすくなるでしょう。しっかりとした言葉遣いで、人当たりの良い雰囲気を出すことで、人を大切にしているオーラが出て、綺麗な女性に近付けてくれますよ。

綺麗な女性が男性から嫌な女だと思われないために気を付けるべきこと

綺麗な女性は、男性からのウケがいい分、嫌なところを見せてしまうと、一気にがっかりされてしまうもの。綺麗な見た目と、嫌な部分のギャップが大きいほど、落胆してしまうのです。

そこで、綺麗な女性が、男性から「嫌な女」と思われないために気を付けるべきことについて、把握しておきましょう。

謙遜しない

「本当に綺麗だよね」と褒められたときには、ついつい「そんなことないです」と言ってしまいがち。すると、男性の中には「自分でも綺麗だとわかってるくせに、感じ悪いな」と嫌な女と思われてしまうおそれがあります。なので、「ありがとうございます」と控えめにお礼を言ったり、「なんか欲しいですか?」とおどけてみたりして、褒め言葉はありがたく受けとりましょう。

一般的には、「わがままを言わない」「自慢をしない」「ツンツンした態度をとらない」といったことに注意する女性が多いもの。これらは、当然、身につけておくべき注意点として認識しながら、その一歩先を行く対応をすることで、さらに綺麗な女性と思われやすくなるのです。

まとめ

綺麗な女性は、見た目だけでなく内面も美しいもの。視覚の情報を重視する男性にアピールするため、外見を磨くのは正しいやり方ですが、見た目だけにこだわってしまうと、残念な女と思われかねません。

そのため、外見に注意しながら、内面もしっかりと磨いていきましょう。綺麗なルックスだからこそ、人として当然のことができると、さらに魅力的に映るもの。今回お伝えした内容を参考にして、男性に綺麗な女性と思われるよう、自分を磨いていってくださいね。