ロミオメールをする男性の特徴とリスクの少ない対処法

ロミオメールという言葉を耳に挟んだことがある方も多いのではないでしょうか。ロミオメールは、シェイクスピアの作品「ロミオとジュリエット」に由来しています。ここでは、ロミオメールの概要や特徴についてまとめてみました。また、ロミオメールが送られてきたときの、リスクの少ない対処法についてもお伝えしたいと思います。

ここでは、

  • ロミオメールってどんなメール?
  • ロミオメールの特徴
  • ロミオメールを送る男性の特徴や心理
  • ロミオメールをもらった時の正しい対処法
  • これはNG!ロミオメールの危険な対処法

についてまとめてみました。

ロミオメールってどんなメール?


ロミオとジュリエットは、悲劇のカップルの物語です。ロミオメールは、まるで自分が悲劇の主人公のようになったかのような感情で送られるメールです。自己陶酔したクサいセリフが特徴的で、元カレや元旦那から送られてくることが多いですね。

自己陶酔したクサいセリフで形成されたメール

気持ちが高まっているとき、恋人にクサい内容のメールやLINEを送ってしまうことはあると思います。関係が良好なカップルなら、高まった気持ちをメールにして送ることに何の問題もありません。

しかし、もう相手に対して愛情がないときに、このようなメールが送られてくると困ってしまいますよね。つまり、ロミオメールとは、クサいセリフで一方的な想いを送るようなメールのことを指すのです。悲劇に見舞われたロミオのように、自己陶酔した内容になっていることが多いですね。

ロミオとジュリエットから名付けられた


ロミオとジュリエットは、シェイクスピアの作品です。悲劇の恋愛をテーマにした作品として有名ですし、詳しくは知らなくても、名前くらいは知っているという方も多いでしょう。ロミオメールも、このロミオとジュリエットから名づけられました。

作中では、ロミオは愛するジュリエットが死んだと聞かされ、自分も毒を飲んで自殺してしまいます。しかし、ジュリエットは生きており、ロミオの死を知って自らの喉を短剣で突いて、彼女もまた死んでしまうのでした。

元彼や元旦那から送られてくることが多い

別れた恋人から、自己陶酔したようなメールが送られてきたことはありませんか?女性は別れてしまうと一気に気持ちも冷めてしまうと言われていますが、男性は分かれた女性のことを引きずってしまうことが多いです。

まだ未練がある場合にロミオメールが送られてくることが多いですね。また、相手がまだ自分に気がある、ヨリを戻せると思って、こうしたメールを送ってくるようなケースも少なくありません。

ロミオメールの特徴

スマホをいじる女性
ロミオメールがどのような内容なのか、気になりますよね。ロミオメールにもいろいろなタイプがあります。ポエムのような内容だったり、歌の歌詞を引用しているようなケースもありますね。詳しく見ていきましょう。

オリジナルのポエム系

自分の気持ちをポエムにして送ってくるようなことがあります。誌を書くような趣味はまったくなかったはずなのに、いきなりポエム調のメールを送られてくると困惑しますよね。

お付き合いしているときでも、ポエムのようなメールが送られてくると戸惑ってしまうと思います。別れた相手、気持ちが完全に離れてしまった相手からこのようなメールが届いた場合、どんな気持になるか想像に難くないでしょう。

歌の歌詞を引用して愛を伝える


愛をテーマにした楽曲はたくさんあります。有名アーティストやバンドの楽曲から、その歌詞を引用するパターンですね。そのまま抜粋した歌詞のみを送ってくるケースもあれば、自分の言葉を追加していることもあります

「俺の気持ちはまさにこの歌詞と同じだ」といった言葉を付け加えるロミオメールも少なくありません。関係が良好なカップルなら、嬉しいと感じるかもしれませんが、やはり愛情のない相手から送られてくると困りますよね。

「ヨリ戻してやってもいいけど」など上から目線


このようなメールを送ってくるタイプは、相手がまだ自分に気があると勘違いしている傾向にあります。自分が嫌われていることに気づかない、相手の気持ちがとっくに離れていることに気づかないタイプですね。

完全に勘違いしていますし、メールを送ることで相手が喜んでヨリを戻そうとしてくる、と思っています。このようなロミオメールに対し、その気がまったくないことを伝えても、「素直じゃないだけ」などと余計に勘違いされることがあるので注意が必要です。

性的な話を交えてくるセクハラ系

女性 スマホ
露骨な下ネタを交えたメールを送ってくるような男性もいます。別れた元カレや元旦那からこのようなメールが送られてくるのは、正直気持ち悪いだけですよね。しかし、どうしてこのようなメールを送ってくるのでしょうか。

相手に対する嫌がらせが目的、ということもあるかもしれませんが、多くの場合では女性がその気になるのでは、という思考からです。うまくいけば性交渉ができるかも、発情するかも、という気持ちが透けています。

「頼れるのは君だけなんだ」とお金を無心する

一緒にいたい、好きという気持ちではなく、ただ単純にお金を都合してほしくて送ってくるようなケースですね。お金を貸してほしい、援助してほしいという露骨な気持ちを隠すために、わざとクサいセリフにして送ってきます

「今自分はこんなにツライ状況にいる」「頼れるのは君しかいない」などと言ってくることが多いですね。男性としては、過去に愛し合ったこともある相手だから、何とかしてくれるのではないかという思いがあります。

ロミオメールを送る男性の特徴や心理


ロミオメールを送ってくる男性の心理はどうなっているのでしょうか。また、送ってくる人の特徴についても知りたくありませんか?ここでは、ロミオメールを送ってくる男性の心理や、特徴についてまとめてみました。

まだ自分に気があると思う自信家

自信家だと、別れたあともまだ女性が自分のことを好きだと勘違いしてしまうことがあります。ルックスが整っていて、女性に困ったことがない人、高学歴な人、収入が多い人などでしょうか。

自分に自信を持っているので、自分からこんなメールがきたら絶対にヨリを戻そうとするだろう、という思考です。また、こんなロマンチックな内容のメールが自分から届いたら、ときめくに決まっている、と思ってしまう方もいます。

ロマンティスト


女性のほうがロマンチストだと思われがちですが、実際には女性よりも男性のほうにロマンチストが多いようです。女性はどちらかというと現実主義者、リアリストですよね。

ロマンティストな方は、悲恋や禁じられた恋の物語を好む傾向にあります。相手から嫌われたとしても、「何か特別な事情があるのではないか」「誰かに騙されているのでは」などと思うのです。自分がこんなに好きだから、きっと相手も同じに違いない、と勘違いするタイプもいますね。

自分を客観視することができない

周りからすると「フラれて当然でしょ」というような男性でも、そのことを自分で理解できない人もいます。つまり、自分のことを客観的に見ることができないため、現実を受け入れることができないわけですね。

自分を客観視できず、現実も受け入れることができないため、的外れな勘違いメールを送ってしまいます。周りの人からはおかしい、と思われていることが多いかもしれませんが、自分ではそれが分かりません。

浮気性


浮気性な男性だと、いろいろな女性にクサいメールを送ってきた経験が豊富な可能性があります。また、それでうまくいったことが多い場合だと、別れたあとにもクサいセリフを使ったロミオメールを送ってしまうのです。

また、浮気性だと常にたくさんの女性と関わりを持ちたいという方もいます。そのため、すでに新しい恋人がいたとしても、別れた元カノと肉体関係を持ちたいと考えることもあるのです。そのような時にロミオメールを送ってくることがありますね。

マザコン

マザコンとは、母親に対するコンプレックスがあることをそう呼んでいます。マザーコンプレックスですね。マザコン気質だと、母親はもちろん恋人に依存してしまうことも少なくありません。

別れたあとも元カノに精神的に依存したり、強い執着を見せることもあります。このタイプは、メールの内容も女々しい上に泣き落としのような内容になることも少なくありません。

DV男


DVをする男性は、相手のことを過度に束縛したがる傾向にあります。そのため、別れたあとも相手のことを自分の所有物のように考えてしまうことがあり、ロミオメールを送ることがあるのです。

また、DV男は自分の一方的な意向で物事を決めてしまうことが多いという特徴もあります。つまり、相手に配慮することができないということですね。相手の気持ちをまったく考えていないため、迷惑なロミオメールも送ってしまいます。

モラハラ男

モラルハラスメントのことを、モラハラと呼びます。相手の人格を否定するような発言を繰り返すようなことですね。精神的DVとも呼ばれており、直接暴力を奮うことはありませんが、言葉による暴力で相手を精神的に追い詰めます。

モラハラ男は束縛が激しく、相手の女性を自分の所有物のように思っています。相手のことを理解できるのは自分だけ、幸せにできるのも自分しかいないと思い込んでいるのも特徴ですね。

ロミオメールをもらった時の正しい対処法


ロミオメールが送られてきたときには、どのように対処すればいいのでしょうか。基本的には、きっぱりと断りのメールを送ることです。また、無視してしまう、共通の知人や友人に相談するという手もあります。

キッパリとお断りのメールを入れる

もし、ヨリを戻してもいいと思っているのなら、それはそれでアリでしょう。しかし、まったくその気がない、二度とお付き合いしたくないと思っているのなら、ハッキリとお断りすることです。

ズルズルとメールのやりとりを続けてしまうと、相手は「やっぱり俺に気があるんだな」と余計に勘違いします。メールの頻度が多くなったり、直接会おうと言ってきたりする可能性もあるので、気がないならきっぱりと断りましょう毅然とした態度で接することが大切ですよ。

無視する


「もう気持ちはない」「ヨリを戻すつもりもない」と伝えても、相手が自分に都合の良いように解釈してしまうことがあります。「素直になれないだけ」「何か事情があるんだな」と勘違いすることも考えられるでしょう。

そのため、届いたメールに返信をせず、完全に無視してしまうというのも一つの手です。しばらく無視し続けていたら、諦めてくれる可能性があります。LINEだと読むと既読になるので注意したほうがいいですね。

共通の知人に相談する


共通の知人や友人に相談することで、相手に何かしらのアプローチをしてくれる可能性があります。直接自分から連絡を取らずとも、共通の知人や友人を介してまったく気持ちがないことを伝えてもらうということも可能です。

ただ、相談した相手がロミオメールを送ってくる人と親密度が高い場合だと、相談内容をすべて密告される可能性があります。そのため、共通の友人・知人でも、どちら側に近しいかを把握した上で相談するべきです。

弁護士や警察に相談する


ロマンチストなポエムや女々しい内容が送られてくるだけなら、とりあえず無視すればいいだけです。無視しているうちに送られてこなくなる可能性もあるからです。ただ、内容が過激だったり、身の危険を感じるようだと、警察や弁護士に相談したほうが良いかもしれません。

相手がストーカーになってしまう恐れもありますし、自宅や職場に押しかけられるという可能性もあるのです。そのため、ロミオメールが一向に止まらない、内容が危険と思ったときは、警察や弁護士への相談も検討してみましょう。

これはNG!ロミオメールの危険な対処法


ロミオメールへの対応を誤ってしまうと、自分を危険に晒してしまう可能性があります。ストーカー化したり、暴力を奮われるような可能性も否めません。そこで、ここではロミオメールへの危険な対処法についてお伝えします。

ブロックする

メールやLINEをブロックしてしまうと、相手は完全に拒絶されたと感じてしまいます。それによって、もう自分には気持ちがないのだ、ヨリを戻すことはできないのだ、と思ってくれればいいのですが、そうならないこともあります。

共通の友人を介して接触を図ろうとしてくるかもしれませんし、直接自宅や職場に来るかもしれません。ストーカー化を助長してしまう恐れがあるので、ブロックするのはやめたほうが良いでしょう。

自分の幸せなどを伝えて煽る


ロミオメールが送られてくると、気持ちが悪い上に腹立たしい気持ちにもなりますよね。特に、上から目線な内容のロミオメールだと、勘違いも甚だしいと怒りの感情が湧き上がってしまいます。

怒りから、自分の幸せぶりを伝えてイラっとさせてやろう、と思うこともあるかもしれません。しかし、これはロミオメールを送ってくるような相手に対しては逆効果です。逆上されて何をされるか分からないのでやめましょう

周りに言いふらしたりメール内容をSNSにアップする


このようなことをされると、拒絶されたばかりか、バカにされていると感じてしまうでしょう。みんなで自分のことを笑いものにしている、と感じてしまい、過激な行動に走らせてしまうかもしれません。

相手をいたずらに刺激してしまうだけなので、このようなことはやめておきましょう。内容次第では名誉棄損となることも考えられますし、法的な手段を取られる可能性もありますよ。

まとめ

ロミオメールが送られてくると戸惑ってしまいますし、不安な気持ちにもなってしまいますよね。対応の仕方を誤ると、相手がストーカー化したり、過激な行動に出てしまう恐れもあります。送られてきたときは、適切に対応したいですね。ここでは、ロミオメールへの対応方法についてもお伝えしたので、参考になれば幸いです。