女友達とデートがしたい!下心があると思われないような工夫とは

女友達とデートをしたいと思う理由は人それぞれですが、どんな理由であれ、女友達をデートをするには、事前に何かを考えておかなければいけません。例えば、女友達とデートをするときには、こんなことを考えておきましょう。

男性が女友達とデートしたいと思う理由

まずは、男性が女友達とデートしたがる理由を見ていきましょう。女性にとっても気になるポイントだと思うので、チェックしておきましょう。

好意を持っているから

女友達とデートをしたい理由で一番多いのが、相手に好意を持っていて、一緒にいたい、できれば恋人になってほしいという気持ちでしょう。

友達時代が長いと、どうしても関係性がそこでストップしてしまいますが、どうにかしてこの関係性を変えたいと願った結果、二人きりでデートに行って関係を進めたいと考える男性が多いのです。

友達として仲良しだから

相手が絶対に自分の事を好きじゃないことが分かっているから、安心して遊びに行けると考えている男性も多いでしょう。あくまで友達として一緒にいると楽しいから、男友達と同じような感覚でデートに誘う男性は少なくありません。

女友達と遊ぶ方が楽だから

男友達と遊ぶよりも女友達と遊ぶ方が気分的に楽だから女友達をデートに誘うという男性も実は多くいます。男友達ばかりだと体力を使うような遊びをしますが、女友達とであれば、ゆったり映画を見たり、気になっているカフェに一緒に行ってくれたりなど、男友達とは違った楽しみ方ができます。

このように、特別好意があるというわけではなく、遊び方が女性の方が合うからという理由で女友達をデートに誘う男性もいるでしょう。

暇だから

暇で暇でしょうがなくて、誰かと遊びに行きたいとなった時に、一番最初に捕まったのがたまたま女性だったというだけという、単純な理由の場合もあります。決して悪気や悪意は無く、一緒に楽しい時間を過ごせる相手を選んではいるのですが、あくまで友達としてで有って、彼女にしたいなどの意図は全くありません。

女友達とデートするときに気になるポイント

続いて、女友達とデートするときに気になるポイントもチェックしておきましょう。

女友達をデートに誘うには?

仲のいい女友達であれば、普通に「遊びに行こう」と言えば問題なくデートに誘うことが出来る場合が多いでしょう。女性として意識しているかはさておき、男友達を誘う感覚で、デートに誘ってみて下さい。

下手に緊張してしまうと、女友達側も警戒してしまう可能性があるので、警戒心を持たれないようにするためにも、フランクに、いつもと同じ調子でデートに誘ってみましょう。

ただし、デートに誘うときには、きちんと相手の都合も考える事が大切です。相手に彼氏がいる場合などは、迷惑になってしまうので、二人きりのデートは避けた方が良いでしょう。

女友達とのデートの費用

女友達とデートをする際は、基本的に割り勘がベストです。しかし、相手に好意を抱いており、彼女となってほしいと考えている場合は、こちらが男気を見せてデート代を全て出しましょう。大抵の場合、女友達側はお金を出してこようとしますが、「今日はこっちが誘ったんだから」「次回何かおごってね」というように、その場は男性が持つ事をおすすめします。

特にそういう仲になりたいわけではなく、普通のデートなのであれば、無理して男性が出す必要はありません。対等な友達として割り勘にしましょう。ただし、小銭くらいはサラッと出してあげた方が男らしいと言えます。

女友達にデートを断られる理由とは

女友達をデートに誘ったのに、何故か断られてしまった…。そんな時には理由がいくつかあるので、考えられる理由を見ていきましょう。

下心があるように思われた

女友達にデートの誘いを断られる理由の1つが、下心があるように見えてしまい、女性側が引いてしまったというものです。

何となく下心が見えて、上手くいったらホテルにでも行きたいと考えているのでは?というようなスケベ心が見えてしまうともう最悪です。

あくまでも友達であり、そういう関係性にはなりたくないと察知した女性は、デートを断るだけではなく、今後の関わり方まで変わってしまう可能性があります。

あくまで下心はなく、一緒にいて楽しいからというような友達目線で誘うことを忘れないようにして下さい。

生理的に好きじゃない

自分は友達だと思っていても、女性側はそうは思っておらず、むしろ生理的に好きじゃないとすら思われている場合もあります。そんな相手を二人っきりのデートに誘ってしまえば、本当に気持ち悪いと思われかねないので、相手が自分をどのように思っているのかよく考えてから誘いましょう。

忙しい

デートはしたいけど、単純に時間がなくて遊ぶことができないという場合もあるでしょう。彼氏や好きな人ならそれでも時間を無理矢理つくることもありますが、男友達程度の相手にそこまではしません。そのため、彼女が忙しくないかSNSや態度をチェックした上で、デートに誘うタイミングを考える事が重要です。

女友達とのデート中・デート後のNG行動

一回デートしただけで付き合っているような態度をとらない

一回デートをした後から、妙になれなれしくなる男性がいますが、あれは絶対にアウト。友達関係すら破綻させますので、彼女を恋人にしたいなら特に、今まで通りの関係性は大切にするべきです。

しつこいメール電話攻撃

しつこくメールや電話をするのも非常にいやがられます。単純に恐怖を感じて、周囲に相談し、周囲からハブかれてしまう可能性もあるでしょう。単純に相手の迷惑になりますので、メールや電話は、普通通り、マナーをわきまえた程度にしておくことが大切です。

プレゼント攻撃

付き合っても居ないのにプレゼントを贈ってくる男性は、女性からすると、何を考えて居るのか分からずにどん引きしてしまいます。誕生日など理由の有るプレゼントであればまだしも、意味も無く突然プレゼントをされると、恐怖感を感じる女性もいますので、プレゼント攻撃は控えた方が良いでしょう。

また、プレゼントを贈る時、タイミングが誕生日などでも、あまり高価な物を渡すと、それはそれで怖がられる可能性があります。相手の年齢などによっても異なりますが、出来れば数千円前後の、常識の範囲内のプレゼントの金額で抑えるようにしましょう。

女友達とのデートで下心があると思われないためには?3つの対策方法

ここまで女友達とのデートについて解説してきました。

女友達とのデートをきっかけに恋愛感情を持つ男性もいるでしょう。しかし純粋に女性に友情を感じ、友達同士としてデートをしたいと思う男性もいるでしょう。

では男性は、女友達と「友達としてデートをする」際に何を気をつけるべきでしょうか。男性が、女友達とのデートで下心があると思われないための3つの対策方法を紹介します。

1.デートの時間は昼にする

下心があると思われないためには、デートの時間は昼にするのがベストです。

ディナーをはじめとする夜のデートでは、夜景が醸し出すロマンチックなムードなども相まって「友達としてのデート」ではなく「異性としてのデート」という感覚がお互いに強くなってしまいます。

昼の時間帯のデートであればランチ後、別の店に移動したり、映画や音楽ライブなどに足を運んだとしてもまだ夕方です。泊りがけのデートには必然的になりづらいため、女性からすれば相手に下心を感じることが少ないです。

2.性や恋愛に関する話題は出さない

性や恋愛についての話題を出してしまうと、女友達からしたら「これって自分のことに気があるの?」と思ってしまいます。

デート中はいくら気になっている女友達とはいえ、性や恋愛についての話題はださず、趣味や崔員夫映画の話題などで盛り上がるようにしましょう。

3.飲酒を強要しない

女友達がお酒が好きだとしても、飲酒の強要はしないように。

いくらお酒好きの女友達とはいえ、「お酒を飲ませようとするのは身体目的に違いない」と思われてしまったら次はありません。

お酒は強要せず、女友達のペースに合わせるのが賢明です。

おまけ 女友達とのデートの勝率を最大限に上げる方法

女友達とのデートは、いつも仲良くしているだけあり、本気さをだしてしまうと勝率が一気に下がってしまうなど難易度高め。

でも、コツさえつかめば女友達から親友のように仲の良い彼女に昇格させることはできるんです!

feely編集部がオススメしているのは、恋愛相談のプロに相談すること。

「電話占い」を利用し、プロの占い師(恋愛相談のプロ)から勝ち筋を教えてもらうことがオススメ。

電話占いは、なんとマッチングアプリ市場より大きい市場規模で展開されているサービスであり、「気軽に」「安く」恋愛のプロに相談できると恋愛相談では必須のサービスになりつつります。

以下の記事では、「電話占いが人気の理由」「電話占いの料金はどれくらいか」「電話占いは安全なのか」「電話占いは胡散臭くないのか」「電話占いでおすすめはどこか」など電話占いとは何か詳しく解説しています。

女友達を彼女に昇格させたい方は、ぜひご一読あれ!

まとめ

女友達とのデートをきっかけに、付き合うことになったという男女も確かにいますが、実はごく稀で、女友達は女友達として考えて居る男性も少なくありません。女性からしても、男友達はあくまで男友達と割り切っている方が多く、恋愛関係に発展するケースはあまりないと言えるでしょう。

二人の関係性を勘違いしないように、アタックするならするで、相手の事を考えて色々と計画を練ることが重要です。