デートでキスしたい!場所からタイミングまで成功の秘訣を解説

デートの時にキスをすることを、デートキスと言いますが、そんなデートキスを成功させるためには、十分計画を練って、当日、相手の事をよくチェックして、OKかどうかのサインを見極めることが重要です。

サインを見間違えてキスをしようとした瞬間、ビンタをされるようなことが無いように、デートキスを狙う際には、相手のこんな部分を確認しておきましょう。

デートキスを成功させるには

何回目のデートならいい?

デートキスをして良いのは、最低でも3回目からです。最初のデートでデートキスをするような人も居ますが、最初のうちからキスをするとどん引きしてしまう女性も多い為、きちんと自分は相手の事を好きという、真摯な姿勢を伝えた上で、デートキスを実行に移して下さい。

初デートキス!女性の気持ちは?

初デートキスをされた場合、女性は二パターンに分かれます。相手の男性が本当に自分の大好きな人で、ずっと片想いをしていたというレベルであれば、多少は許されるかもしれませんが、基本はもう一つのパターン、え、軽い人、と思われる可能性が高いでしょう。

初デートキスは女性によって反応が異なりますが、相手のタイプが分からない以上、出来るだけ避けた方が賢明です。どうしてもキスをしたい場合は、唇では無く、ほっぺやおでこなど、口以外の場所にした方が、女性はキュンとしやすいでしょう。

初デートキス!男性の気持ちは?

男性は女性と違って、初デートキスにそこまで違和感を感じない方が多いでしょう。女性からキスを迫られよう物なら、すぐにキスをするのが男の性です。初デートキスどころか、初めてのデートでホテルまで行きたいと考えて居る男性も多い為、女性とは根本的な考え方が違うと言えるでしょう。

キスしてもいいかも

明らかに相手が好意を持っている

女性が明らかに自分に対して好意を持っている場合は、初デートでも関係なく、キスしても良いかもしれません。ただし、相手が本当に好意を持っているか分からないのに、自分の勘違いでキスをしようものなら、どん引きされたり、ビンタをされるのが目に見えていますので、注意が必要です。

付き合っている

既に付き合っている状態で、初デートとなった時には、初デートキスをしても全く問題無いでしょう。ただし女性によっては、例え付き合っていたとしても、初めてのデートでキスをしてくる相手はどうなの?と疑問に思う人も居ますので、どうしてもキスをしたい場合は、事前にしっかりとムード作りをして、キスをしてもいいかな、と相手に思わせることが重要です。

顔を近づけても嫌がらない

相手がキスをしてもいいかどうか確認をする為には、思い切って、相手に顔を近づけるようにすると良いでしょう。キスをするのでは無く、話を聞く振りなどをして、少しずつ顔を近づけて言って、全く体が引かないようであれば、キスをしても構いません。

キスをしたくない相手であれば、女性は余程鈍感で無い限り、無意識に物理的距離を取ろうとします。もちろん嫌いな相手でなくとも、突然近寄られたら驚く女性もいますが、どちらにせよ、物理的距離を取られているうちは、キスをしない方が賢明です。

女性からもOKが出てる!?

バタバタ動き回らずじっとしている

デート中に顔を近づけた際など、バタバタと動かずにじっとして見つめている場合は、女性からもキス待ちの可能性が大!少しずつそのまま顔を近づけて、キスを受け入れてくれるかどうか試してみましょう。

最高にデートが楽しかった時

その日のデートが最高に楽しくて、最高にロマンチックな気分に浸っている場合は、相手とキスをしたいと思っている女性も少なくありません。例え付き合っていなかったとしても、キスくらい思い出に良いかなと、タガが簡単に外れる場合も多いでしょう。

ボティタッチが多い

女性側からやたらとボディタッチをされるという場合。普段から誰に対してもそう言うキャラという訳でなければ、キスをしても引かれません。ボディタッチが多いのは、彼女があなたとの距離を近づけたいと思って居るから、相手に心を開いているからに他なりませんので、そっと顔を近づけてみて、相手の反応を待ちましょう。

キスに進みやすい状況とは?

ムードが良くて辺りが暗い

夜景が綺麗な公園や、ムード満点なイルミネーションスポットなど、ロマンティックでドラマチックな場所ですと、自然をキスに進みやすくなります。デートキスを狙うのであれば、ロケーションが良い場所を選ぶようにすることをおすすめします。

二人の距離が近い

二人の距離が物理的に近い場合、彼女もあなたに対して心を開いている可能性が高いでしょう。その為、キスに進みやすく、ちょっときっかけを作ると、キス待ちになる女性も少なくありません。実際の距離を少しずつ自然に縮めて行く事で、相手がキスをして良いと思って居るかどうかも、判断することが可能です。

アルコールが入っている

アルコールが入って居ると、女性も理性のタガが外れやすくなり、何と無くテンションでキスをしてしまうと言う方も少なくありません。アルコールを飲めるムードのあるバーなどに行って、何杯か飲んで貰ってから、キスチャレンジすることもおすすめです。

ただし、アルコールに弱い女性の場合、無理をして飲ませると潰れてしまったり、体調を悪くしてしまう可能性がありますので、相手がお酒に強いかどうかなどは、事前に確認を取りましょう。

強引なのはNG!

強引なキスはただの暴力になってしまいますので、その瞬間、相手との関係が終わると考えておいた方が良いでしょう。下手をすると警察に突き出される可能性があるので、相手がいやがったら、絶対にキスをしないで下さい。

キスはあくまで愛情表現の一種ですので、そこまでフランクに出来る物ではありません。無理をしてキスしようとすると、二人の関係が壊れるだけでは無く、周囲からもバッシングを浴びる可能性が大のため、十分注意をして下さい。

まとめ


このように、キスをしたいと思う場合はまず、キスをしやすい環境作りをすることも、重要なポイントと言えるでしょう。初デートキスを狙っているという場合は特に、綿密に計画を立てて、彼女をその気にさせられるかどうかがカギになります。

キスのチャンスがあったとしても、相手の反応、相手の出方をうかがうことが重要です。相手がキスをしたそうにしていると思ってキスをしたら、ぶん殴られたということも多い為、必ずキスのサインを見間違えないようにしましょう。

女性にキスをする際には、物理的距離を近づけていって、どこまで大丈夫なのか少しずつ判断することが大切です。突然距離を縮めると驚かれてしまうので、少しずつ物理的な距離を縮めた上で、相手の出方をうかがうようにしてみましょう。