もう安心!肌に出来る黒ずみの原因から元凶まで詳しく解説

いつでもお肌のコンディションを良い状態に保ちたいものです。 しかしながら時折肌が黒ずんでしまうことがないでしょうか。 しかも一度黒ずんでしまうとなかなか元の肌の状態に戻らないということに悩まれている方もいらっしゃるでしょう。 そこでそうした肌の黒ずみという厄介な状態を避けるためできることや、 肌の黒ずみをなくすためにできる効果的な方法などをご紹介します。

肌に出来る黒ずみの元とは?

肌にどうして黒ずみができてしまうのでしょうか。 その原因はひとつではありません。 いくつかある原因の中で自分の肌の状態と似ているものがあるなら要注意と言えるでしょう。 代表的な三つの黒ずみの原因についてご紹介します。

メラニンが原因

黒ずみの原因となるのはメラニンと言う色素です。このメラニンは紫外線を浴びることによって作り出されてしまいます。そのため紫外線を上手に避けておかないとメラニンが増大してしまい黒ずみの原因となってしまうのです。 とはいえ、このメラニン自体は肌を守るために体が作り出す成分です。 そのためメラニンは皮膚表面において紫外線を防ぐバリアのような役割をします。

通常は肌の細胞が作り変えられることによって、 それまでのメラニン色素の分解されてなくなるものですが、 何らかの原因で肌の循環が悪くなってしまうとこのメラニン色素だけが残ってしまい結局黒ずんでしまうということになるのです。

摩擦黒皮症

肌の黒ずみの別の原因は摩擦黒皮症というものです。 これは皮膚をこする摩擦によって色素沈着が起きる現象のことを指します。 体を洗わために使うタオルやスポンジなどの道具の利用によってこの色素沈着が起こってしまう確率は非常に高いと言われています。

これも黒ずみの原因となる色素となるのはメラニンです。紫外線から肌を守るのと同様、肌に対する刺激から肌を保護するためにメラニンという色素が活発に生成されます。写真紫外線によるメラニンが残ることと違うのは、肌をこすることによる刺激によってその黒い色素がさらに皮膚の深い部分にまで入り込んでしまうというところにあります。

皮膚に汚れが付着

肌肌の黒ずみの原因として単純に皮膚に汚れが付着しているという場合もあります。もちろんこうした原因の場合なら、洗い流すことによって汚れを消すことができるでしょう。

黒ずみに変わる元凶

こうした様々な理由で黒ずみという現象が引き起こされます。基本的には皮膚に対する刺激が原因となります。そしてその刺激となる様々な原因は日常生活の何気ない動作によって引き起こされてしまうこともあるのです。ここでは日常生活においてありがちな黒ずみの原因となってしまいかねない行動についてご紹介します。

ひざを突きながらしゃべる

黒ずみを引き起こす曲としてひじをつきながら喋るということが挙げられます。つい癖でいつも喋る時にひじをついてしまうことがないでしょうか。結局そこでテーブルなどに触れている部分が、肌にとっては刺激となってしまいます。そして繰り返しある程度決まった場所に与え続ける刺激によって、体はその部分を守らなければならないと感じメラニンを生成します。こうして働きによって黒ずみの原因となってしまうのです。

同じ姿勢で長時間座る

同じく黒ずみの原因となる行動として、同じ姿勢で長時間座るということもあげられます。肌の負担ということを考えると、同じ姿勢で長時間座ることによって、床や椅子に体の同じ部分が常に接することになります。つまりその部分にいつも何かしらの刺激が加わっているということです。体はそうした刺激から皮膚を守ろうとしますので、やはりこうした行動からもメラニンが生成されてしまうのです。

紫外線を正面から浴びた

さらに紫外線を浴びることでも肌には刺激が与えられます。 晴れている時はもちろんですが曇りの日でも基本的に外に出るときには紫外線対策を十分に行うようにしましょう。

肌の黒ずみを無くすには

気をつけていたとしても肌に黒ずみができてしまうということは大いにあり得ます。出羽黒ずみができてしまった場合どのようにして無くすことができるのでしょうか。効果的な三つの方法ご紹介します。

コラーゲン摂取

対処法としてまずご紹介したいのはコラーゲンを摂取するということです。コラーゲンとはタンパク質の一種です。人間の体には必ず必要とされる欠かせない成分といえます。 コラーゲンには美肌効果があり、美しい肌を保つために重要な働きを果たします。

紫外線やストレスなど肌にとってよくない事柄が生じると、コラーゲンの質が悪くなると言われており、肌の新陳代謝が落ちてしまうので肌が黒ずむ原因にもなるというわけです。そこで様々なサプリメントやコラーゲンを多く含む食品などを積極的に取り入れることによってコラーゲンを補うことができるでしょう。

ビタミン摂取

ビタミンには皮脂を抑えたり肌に弾力を与えたりする働きがあります。また黒ずみの原因ともなるメラニンの生成を抑える働きもあります。そのためビタミンを取り入れればすぐに黒ずみがなくなるというわけではありませんが、定期的に継続して取り入れることによって肌は確実に良い状態へと向かって行くことでしょう。

肌荒れに効果のあるビタミン!手軽に摂取できるおすすめ食材も紹介

化粧水でケア

また化粧水によって好みに肌をケアすることも効果的です。肌が傷んでしまう原因となるのは乾燥です。 肌を十分に保湿することによって肌の状態をいつも良い状態にキープすることができます。化粧水は乾燥防止したり保湿を高めたりする上で効果的です。 化粧水の中にはビタミン Cなどの美肌効果のある成分が含まれていることもありますので、選ぶ化粧水によっては高い効果を期待することはできるでしょう。

場所によって違う黒ずみ

体の各部に黒ずみは出来得るものです。では実際どのような部分に黒ずみが多く発生しやすいのでしょうか。 黒ずみが出来やすい体の各部をご紹介します。

脇の下

黒ずみができやすい部位としてまずは脇の下が挙げられます。なぜ脇の下が黒ずみやすいかと言うと、やはりムダ毛の処理などで頻繁に刺激を与えやすい部位だからでしょう。ムダ毛を処理してもその際に与えられる肌の刺激から肌を守るためメラニン色素が多く生成されてしまい結局黒ずんでしまっては美しいとは言えません。

胸周り

クロス見やすいフォントしてもう一つ挙げられるのが胸周りです。胸回りは下着などによって締め付けられ肌の負担が多くかかりやすい部分だからです。きつすぎる下着を着用しないことや、フィット感を重視した下着を選ぶことなどによって胸周りの黒ずみのリスクを減らすことができるでしょう。

フェイスライン

肌の黒ずみを引き起こす部位としてフェイスラインもあげられます。フェイスラインは何かと触ることが多かったり、ムダ毛の処理なども行う箇所です。そのためために何らかの一定の刺激が加えられていることが多く、気づかないうちに黒ずんでしまうということにもなりかねません。

ひざ

また膝の黒ずみやすい部位と言えるでしょう。特に立ち膝などの状態で、決まって同じ部分が何かに接していたりすると、その部分の肌を守ろうとして肌はメラニン色素を生成します。また何かに押し付けられることによりその色素がさらに肌の奥まで入り込んでしまうということにもなりかねません。

おしり

また常に椅子などに座ることによって刺激されやすいおしりも黒ずみやすい部分と言えるでしょう。 できるだけ長時間同じ姿勢にならないように注意しましょう。

ひじ

さらによくひじをついて喋ってしまうことがあるとその部分の皮膚が刺激されてしまうのでやはり黒ずみの原因となることもあります。

まとめ

このように肌が黒ずんでしまう原因には様々なものが考えられます。しかし原則として踏まえておきたいのは、肌に刺激を与え続けると黒ずんでしまう可能性が高くなるということです。これは体のどの部分でも当てはまることですので、自分の生活習慣にどのようなものがないかどうか改めて確認しておきましょう。