肌トラブルで多いのはこれ!キレイな自分を取り戻すために

女性にとって厄介な問題の一つに肌トラブルがあります。肌トラブルといってもその種類は様々です。種類を知ることで初めて適切な対応ができます。そこで様々な肌トラブルの種類と、そうしたトラブルが起こりにくくするための普段からの傾向と対策について考えておきましょう。

肌トラブルの種類


肌トラブルの種類は様々です。そのトラブルによって原因も異なりますし対処方法も変わります。 だからお肌のトラブルが起きた時にはまずなぜ起きたのかその原因をしっかりと探ることが必要です。 これは肌トラブルの原因となりうる様々な要素についてご紹介します。

肌荒れ

まず一番起こりやすい肌トラブルとして肌荒れが挙げられます。肌荒れとはカサつき 、吹き出物、かゆみや赤みといった様々な症状が挙げられます。 それらが一度に複数組み合わさってトラブルの症状となることもあります。

肌荒れがひどい時にチェックしたい3つの原因とその対処法

蕁麻疹

またミミズ腫れや湿疹や赤みといった特徴で知られるのは蕁麻疹です。蕁麻疹はかゆみを生じさせることも多く、 発症した後にあまりのかゆさにかいてしまうとそれがまた新たな肌荒れの原因ともなってしまうでしょう。

湿疹はストレスによって起こるもの?蕁麻疹は?対処法まで徹底解説

血行が悪い

また女性に特に多いのが血行が悪いという問題です。 血行が悪いことによって血液が十分に体に回らず、 非常に冷えやすい体になってしまうことがあります。 そのため血行が悪い形にとって指先などがひどく荒れてしまうということも多々あるのです。

乾燥肌

乾燥肌はカサつきや痒みといった症状が見られます。 環境音にそうなってることもあれば、何か特定の条件のもとで肌が乾燥ししまうということもあるでしょう。もちろん乾燥した季節には、 それだけをお肌も乾燥しやすい条件が揃ってしまうとも言えます。

乾燥肌って何が原因?対策は?おすすめの化粧品や基礎化粧品とは

オイリー肌

オイリー肌はニキビなどができやすい環境の肌トラブルです。 脂性のために常に肌がテカってしまうということもあるでしょう。 あぶらとり紙などでケアすることも可能ですがそのようにして肌に負担をかけることにもなります。

オイリー肌の原因を特定しよう!これからお肌を改善する方法は?

肌に熱がこもってしまう

また肌に熱がこもってしまうというのも肌トラブルの一つです。 熱がこもってしまうことによってうまく発汗することができず、 老廃物が溜まってしまう原因にもなるのです。 また皮膚の温度が上昇して暑い夏までは熱中症になる可能性も高まります。

肌トラブルが起きる原因


ではどのような原因で肌トラブルが起きるのでしょうか。原因ついて知ることによって適切な対処方法も考えることができます。また意外に思える事柄もあるかもしれませんので自分自身の生活をもう一度見直してみることもできるでしょう。では肌トラブルの原因として 考えられる様々な要素についてご紹介します。

保湿不足

肌トラブルの大きな原因の一つなるのが保湿不足です。 例えば顔洗った後に何も保湿に関してケアをしないと肌が乾燥してしまいます。 肌が乾燥してしまうとそれだけ肌トラブルが起こりやすい環境になっていると言えます。

肌のザラザラ、その特徴を肌タイプ診断!原因と治し方をご紹介

紫外線を浴びすぎた

紫外線は肌にとって非常に有害です。 肌が焼けてしまうからです。 日焼けした肌はそれだけ乾燥しやすい状態になり、 様々な肌トラブルを抱える原因となるのです。

日焼けが原因の湿疹の症状・予防法・治療法とは

肌を洗いすぎている

また肌トラブルを防ごうとするあまりこまめに肌を洗いすぎてしまうことによって、かえって肌が乾燥してしまうということもありえます。 さらに顔を拭くときにタオルによる摩擦によっても肌を痛めてしまうかもしれません。

痒い箇所を掻いてしまう

またついついかゆいからといってその場所を書いてしまうと爪によって肌を傷つけてしまうことにもなりかねません。 小さな傷からばい菌が入り深刻な肌トラブルを招くこともありますので、 かゆいからと言ってかきすぎてしまうことがないように注意しましょう。

ストレス

またストレスを置く帰ると吹き出物ができてしまったり、蕁麻疹が発生してしまったりということもありえます。 何がストレスになっているのか自分でも気づかないようなこともありますので、 原因となっているものを見つけるには時間がかかってしまうかもしれません。まずはストレスを感じているであろう環境を変えてみるところから始めてみると良いでしょう。

また環境を変えることが難しい場合には、 なるべくストレスを発散できるようなことを行ったりゆっくりとリラックスしてくつろげる時間を意識的に作ってみたりすると効果的かもしれません。

ストレスによってシミが加速してしまうということも見られますので、ストレスがかかる環境に自分を置き続けるとその後何年か後にシミだらけの肌になってしまうという恐れもあります。その原因としてはストレスによって活性酸素が発生してしまうこと、また皮膚温低下によるバリア機能が弱まってしまうということがあるようです。

長時間入浴してしまう

基本的に入力することは体の老廃物を排出することを助けるので肌にとっては良いことですが、 逆に長時間入力してしまうことによって逆に肌に負担をかけてしまうこともありえます。 特に温泉に入った時などは、長くお湯に浸かっていたいと思うこともあるかもしれませんが、 温泉の成分自体が強いため帰って肌に負担をかけてしまうことにもなるのです。

また普段の入浴に関しても40°を超える湯のお風呂に長時間入ってしまうと、 ニキビや吹き出物と言った肌トラブルの原因となる可能性があると言われています。 その原因となっているのは長時間の入浴による肌の乾燥です。 特に入力した後で肌がつっぱってるような感覚を覚えるようであれば、 それは肌にとって適切な入浴時間ではなかったということが言えるでしょう。

肌にとって一番良い温度のお湯は38°から39°とも言われています。 入力した後に肌が突っ張るような感覚を覚える場合には、 入浴する時間はもちろんのこと入力しているお湯の温度についても見直してみると良いかもしれません。

肌トラブルの対策方法


こうした様々なお肌のトラブルに対し、 どのような対策をしておけば良いのでしょうか。 深刻な肌トラブルを抱えてから 治療するよりもトラブルを抱えないように日頃から小さな習慣を続けていくことの方がコスパも良いですし、たとえトラブルが生じたとしてもそれが深刻化それ前に症状を抑えることができるでしょう。

こまめに保湿する

肌トラブルを抑えるための基本的な対策はこまめに保湿を行うことです。 保湿を行うことによって肌が守られます。日焼けをしてしまった場合にもしっかりと保湿をすることによって炎症などの肌トラブルを防ぐこともできるでしょう。

睡眠時間をしっかりとる

肌トラブルが起きないようにするためには睡眠時間もしっかりと確保することが必要です。 人は寝ている間に体中の細胞を作り直しています。 当然お肌の細胞も新しくされる必要があります。 寝不足が続いてしまうとお肌のための新しい細胞の供給が追いつかなくなってしまい、 様々な肌トラブルを原因ともなるのです。

紫外線から肌を守るものを身につける

さらに肌にとっては有害な紫外線から守るために日傘を差したりサングラスをかけたり、 また日焼け止めクリームをこまめに塗るなど紫外線対策をしっかりと行うことも必要です。 太陽が照っている夏の暑い時期だけでなく、 曇りの日などでも基本的には一年中紫外線対策を続けることが必要です。

まとめ

このようにお肌のトラブルには様々な原因が考えられます。そしてその原因によって肌トラブルとして見られる傾向も様々です。 まずは肌トラブルを抱えないように出来る限り毎日の習慣を確立しておくようにしましょう。

そしてもしも肌トラブルを抱えてしまった場合にはそれがどのような原因によるものなのかをよく探り、 適切な対策を行うことも必要です。 見当違いの対策をしてしまい帰って肌トラブルを悪化させてしまうことがないように十分に注意しましょう。