結婚記念日プレゼントで喜ばせよう!思いが伝わる物の選び方は?

記念日を大事にしたいという気持ちを持っているカップルはたくさんいます。自分たちの結婚記念日にお祝いをすることで忘れかけていた感謝の気持ちを思い出すことができますし、いつまでもラブラブでい続けることができます。

また、自分たちの結婚記念日だけでなく両親の結婚記念日も祝うことで日ごろの感謝を伝えることができます。とはいえ誕生日とは違うので結婚記念日にどのようなプレゼントを贈ればよいかは難しいものです。そこでここでは結婚記念日のプレゼントとしておすすめなものを紹介していきます。

結婚記念日プレゼントの選び方


結婚記念日のプレゼントを用意するにあたってはどういったことを気を付ければよいのでしょうか。せっかくの記念日が良いものになるようにするためにはプレゼント選びも重要です。

長く使えるもの

長く使えるアイテムを購入するとずっと思い出に残ります。例えばマグカップやグラスを購入し記念日ごとに購入してコレクションとするのも一つの方法です。コレクションが並ぶことによって思い出にもなります。

また、経年変化を楽しむことができるレザーもおすすめのアイテムです。購入した時の写真を残しておくと経年変化で色が変わった様子を見ることができ、二人の歴史を確認することができます。

車も記念になりますが、手放すときが来ることを考えるとかなり寂しさがあります。ただ、その際には記念日のタイミングでずっと車の前で記念撮影をしておくと車を買い替えた際にも歴史が引き継げます。ほかにも家の庭に木を植えるのも記念になっておすすめです。

一緒に楽しめる体験

記念に一緒に楽しめる体験をするというのも思い出になります。たとえば結婚記念日には毎年結婚式をした会場に宿泊して過ごすようにしたり、海外旅行に行くようにしたりといった経験をすることで非日常を楽しむことができ、改めて夫婦で向かい合える時間ができます。夫婦水入らずで記念日に一緒に過ごすことでいつもはなかなか話せないような将来への話をすることでより良い関係性を作り続けることができます。

体験の種類や内容は夫婦で好きなようにすればよいので結婚記念日前にどういった体験を続けようか話し合って決めましょう。ただし、あまりにも豪華なものはやめましょう。コストがかかりすぎるとずっと続けることが難しく途中でやめなければならないようなことがあります。ずっと続けやすいようなものにしましょう。

レストランでの美味しい時間

結婚生活の中で毎日の生活で忙しくてなかなか夫婦で過ごせる時間がありません。そこでレストランで一緒に向き合って豪華な食事をすることで気持ちがリフレッシュできますし改めて夫婦として向き合うことができます。レストランでの食事であれば子供が小さい頃でも両親にお願いして少しの時間二人で過ごすことができます。子供を連れて一緒に行くことができる場所もありますが、敢えてそういった場所ではなく二人で過ごすのも初心を忘れないためには有効です。

もしも結婚式をホテルでしている場合、結婚式場のホテルで結婚記念日にディナーやランチをするのもおすすめです。結婚式をした会場に足を運ぶというのは神聖な気持ちになりますし気持ちを確かめるための時間も作れます。二人でいつまでも結婚式場に足を運べるのは仲が良いからこそのことでもあります。

▼ 関連記事

誕生日のデートのコツ!心に残る誕生日にするためのプランとプレゼント選び。

夫に贈るプレゼント


記念日ということで二人で一緒の記念になるプレゼントを贈ることだけでなく、お互いに感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈り合うというのも一つの方法としてあります。誕生日とは別にプレゼントを用意するということで相手に希望を聞いてプレゼントを用意するのも一つですが、せっかくなので相手のことを考えてプレゼントを贈るほうが盛り上がります。記念日に夫はどういったものを欲しいと思うのでしょう。

ベルト

ベルトは消耗品でありながら意外とあらたなものを購入するタイミングがありません。壊れにくいものでもあり、どうしても捨てるタイミングが無く使い続けてしまっていることもあります。そこで記念日のタイミングで毎年ベルトを贈るというのもおすすめです。まだまだ使えるきれいな状態であれば、デザインや色の違うものを贈ることでコーディネートの幅を広げることができます。

毎日使うボールペン

仕事をするにあたってボールペンは常に使うものです。仕事をする際に使い捨てのノック式のものを使うのではなくネーム入りのものやブランド物などちょっと豪華なものを使っていると商談でも好印象を与えます。自分自身でもいつか買おうと思っていてもなかなか買うタイミングが無いものです。だからこそ毎日使えるビジネス向けのボールペンを贈ると喜ばれます。

バッグや財布

バッグや財布はその人のステイタスの象徴となるアイテムの一つです。どれだけお金が入っていたとしても財布やバッグの革が擦れているものや大きな傷の入っているものを使っていると一気に残念な印象を与えてしまいます。そこで定期的に買い替えたいアイテムです。

特に財布は小銭入れや名刺入れもあるのでそれぞれをきれいな状態で使い続けることを考えると毎年ローテーションで贈ってちょうど良いことも多いです。使用頻度や商品の様子によってこれらのアイテムから必要そうなものを贈ると常にきれいな状態のものを使い続けることができます。

熟年離婚しそうな人は要注意!後悔する前にちゃんと知っておこう

妻に贈りたいプレゼント


日頃家事に育児、ひとによっては仕事もこなしてくれている妻にはしっかりと感謝の気持ちを伝えたいものです。どういったものを贈ると妻に感謝の気持ちが伝わるでしょう。

アクセサリー

アクセサリーは女性にとっていくつ持っていても嬉しいアイテムです。コレクションにすることもできるので、記念日のたびにアクセサリーを購入するというのもとても良いアイデアです。可能であれば記念日のたびに二人でジュエリーショップに行って気に入ったデザインのものを購入すれば記念日デートができます。特別な場所に行くことができなかったとしても短時間でも二人で買い物デートして初心を思い出す時間ができれば理想的です。

バッグ

女性の場合には子供を育てている間は仕事用とプライベート用とバッグを分ける必要がありますし素材も汚れてもよいものを使ったり大き目のものが必要であったりと何種類がバッグが必要です。そこでその時の状況に合っているバッグを購入するのも便利で喜ばれます。

毎年ではなくても年によってはきっちりしたレザーのバッグを購入すれば記念日のたびにレザーの風合いが変わっているのを確かめて時の流れを感じることができます。せっかくの記念日なので相手に感謝をすることはもちろんですが一年の振り返りをすることで次の一年も仲良く過ごそうという決意の字かを作ることもできます。

ブランドのお財布

財布も使っているとどんどんと劣化をしていきます。特に女性は毎日買い物に行くので劣化も早いです。汚い状態の財布を使っていると家事のモチベーションも上がらないですし風水的には貯金が貯まらないと言われています。

そこで記念日のタイミングで新しいお財布を購入するのも結婚記念日の感謝の気持ちを財布を使うたびに思い出せます。女性の中には家計用と自分のお小遣い用とお財布を分けている人もおり、そういった人はお財布の消耗も早いので毎年お財布を買い替えても十分なこともあります。

美容家電やアイテムを

共働き世帯の場合、妻の負担を軽減するためにとても重要なのが家電製品です。家電製品は毎年たくさん新たなものが出てきており、それぞれがいろいろな特性を持っています。今までよりも効率よく家事ができたり便利な機能が付いていたりするものもたくさんあり、そういったものを購入することで家事の負担が大幅に軽減できることがあります。

家電製品は美容家電も同じように毎年たくさんのものが販売されており、それらの中にはエステさながらの効果が出るものもありますしマッサージ系のアイテムは家族全員で使うことができます。そこで、もしも美容のためにも負担を軽減するためにも使える家電製品があれば記念日のタイミングで購入することを検討しましょう。

妻へのプレゼントで日ごろの感謝と愛を伝えよう!

ご両親への贈り物


自分たちの結婚記念日だけでなく両親の結婚記念日も祝いたいものです。普段お世話になっている相手ですし、自分たちが結婚したからこそ両親への尊敬の気持ちや感謝の気持ちも芽生えてきます。そこで、感謝の気持ちを伝えるためにどういったものを贈ればよいでしょう。

似顔絵

両親の結婚記念日にあまりにも豪華なものを贈ってしまうと相手にも気を遣わせてしまいます。そこでお返しを気にすることなく受け取れるようなものをプレゼントしたほうがよいでしょう。そこであまりにも高くないものであった方が良いです。

そこでおすすめなのが両親の似顔絵です。似顔絵はプロに書いてもらいプレゼントしたり、絵を描くのが得意な夫婦であれば二人で書いて送りましょう。子供がいる場合には子供に書いてもらって送るのも一つの方法です。メッセージとともに贈れば気持ちも伝わりますし記念にも残ります。

名入れお箸、カップはいかが?

最近では名入れグッズをリーズナブルに作ってくれるお店が増えています。そこで夫婦箸や夫婦茶碗といったものに名前を入れてもらうこともおすすめです。やっぱりいつまでも夫婦でお揃いのものを持つのは仲良くい続けるためのアイデアであり嬉しいものです。なおかつ二人の誕生日や結婚記念日がかかれていれば大事にしたいという気持ちも高まります。

名入れグッズも決して高いものではないですから毎回新たなものを作ってコレクションを楽しむことができます。コレクションが増えるだけ夫婦の歴史が長くなるので時々見返して楽しむこともできます。

詩にお花を添えて……

名入れの一種ですが、二人の名前を入れてプロに詩を作ってもらうことができます。詩の中に二人の名前を入れることができる以外にも記念日のプレゼントであることを伝えると結婚記念日にふさわしい文面で作ることができます。お花と一緒に記念日の詩を贈るのも初心を思い出す良いきっかけになります。

金婚式や銀婚式、といった節目となる年にはぜひ豪華なお祝いをしましょう。家族みんなでレストランで食事をしたり、宿泊したりといったことをするのもおすすめです。家族旅行も家族が成長すると仮定行事で集まりにくくもなりますし、両親が高齢になってくるとだんだんと体が思うように動かなくなってしまい、旅行にも外食にもいけなくなってくるものですから両親が元気なうちにあれこれと思い出を残しておきましょう。

名入れでオリジナル感を!


名入れのものというのは世界に一つだけのものであり自分の名前が入っているという特別なものです。そのため記念にもなりますし大事にしたいという気持ちも出てきます。そこで、結婚記念日のお祝いとして名入りのオリジナルのものを作ることを検討してみましょう。

昔は名入りのものを作るのはとてもコストがかかりましたが、最近では名入れ無料のサービスをしているお店も多いですし、技術が進化したことで文字のフォントもいろいろと選ぶことができます。商品のサイズによって名入れだけでなく記念日まで入れることもできますからいろいろなお店の情報を見てイメージにぴったりな名入れを探してみましょう。

両親へ名入れ箸

両親への結婚記念日の贈り物として名入れの夫婦箸を贈るのもおすすめです。結婚のお岩に夫婦箸は贈るものです。そのためシニアの両親に贈っても良いものかと悩む人がいますがそこまで悩む必要はありません。結婚1年目で夫婦箸を贈る理由はカップルが二人で過ごす時間を大事にしてほしいという意味が込められています。これはシニアになってもカラらないことであるため、両親の記念日に用意をしても問題ありません。

せっかくなので両親にプレゼントすると同時に家族全員に同じものを作っておくのも思い出になっておすすめです。特に家族全員で集まって食事をするという際には皆が同じデザインの名入れの端を使っているのは圧巻ですし、家族の結束も固くなります。

夫へ名入れカップやジョッキ

夫婦それぞれに記念日のプレゼントをする場合、旦那さんにはカップやジョッキに名入れをすることがおすすめです。ビールが大好きな人はジョッキ、コーヒーが好きな人はカップにするのがおすすめです。

男性の場合コーヒーかビールは愛飲しているものであり、その時間を楽しみにしている男性が多いです。そのため、朝や夜の至福の時間に名入れの記念のものを使ってもらえるのは嬉しいことです。朝のコーヒーブレイクであればおはようやきょうも一日頑張ってといった気持ちを持ってもらうことができますし、夜は名入れのジョッキでビールを飲むと疲れが癒されます。

名入れのお店はいろいろなところがあるので希望のサイズやデザインといったものが完全に選べます。特にジョッキはオリジナルのものでもお店のようなクオリティのものができてきます。節約を兼ねて自宅居酒屋で楽しむ人も多いですが、ないれされていることで
愛着もひとしおです。

妻へ名入れペアアクセサリー

女性が名入れのものを購入するならばアクセサリーがおすすめです。そんなに高くないものでなくてもストーンが入ってなくても名前が入っているだけで思い出深いものになります。日常的に使いやすいカジュアルなものにしておけば常に身につけることができます。決して高いものではなかったとしても名前が入っていたり記念日が入っていることで日常のふとした時にアクセサリーが目に入ると思わずに焼けてしまうものです。名入れをしてくれるお店も最近では増えているのでいろいろなデザインや素材のもので作れます。そのためアレルギーがある人でもアクセサリーを作って身につけられます。

まとめ

結婚記念日は一年に一度のことなのでなんか記念になることをしたいものです。イベントとして盛り上げることで夫婦がお互いへの感謝をすることができますし次の一年を頑張ろうという気持ちを持つこともできます。そのため記念に思い出になるようなことをしている人は夫婦水入らずで過ごす時間を作るのOおすすめです。プレゼントは最近では名入れのものが流行しています。