驚くべきキス効果!?ストレス解消にはもってこい!もはや麻薬でしょ

スキンシップの一種として知られるキス。キスは、相手との愛をより深めるためにも非常に重要視されている物ですが、実はこのキスには、驚くべき効果があることがわかっています。

愛情確認としてのキス以外にも、例えばキスには、このような意外な効果があるでしょう。キスがもたらす意外な効果や、キスをする前に気をつけておきたいエチケットなど、合わせてご説明します。

キスには意外な効果がある

健康になる

好きな相手とキスをすると健康になるという説があります。キスをすることでお互いのホルモンバランスが整うことを始め、自律神経の乱れを整えるなど、体内の見えない所に作用して、自然と健康になることが出来るでしょう。

更に、活性酸素を軽減させる傾向もあり、ガン予防や生活習慣病予防など、恐ろしい病気を改善する働きが期待出来ます。キスをするだけで、日常生活を守ることに繋がると言っても、過言では無いでしょう。老若男女を問わずにこちらは同じ事が言えるそうで、健康効果を期待して毎日キスを始めたという方が、気がついたら超健康体になって居たというケースもあります。

精神が落ち着く

キスは最上級のスキンシップですので、好きな相手とすることで、精神が落ち着き、リラックスすることが出来るでしょう。やたらとイライラとする場合や、心身共に疲れ果てて居るという場合、好きな人とキスをすると、精神を安定させ、落ち着かせることが出来るのです。

精神が不安定という方に毎日キスをしたら、精神が徐々に落ち着いてきたというデータもありますので、元々精神が不安定気味というカップルの場合、毎日のようにキスをしていた方が良いと言えるようなカップルもいます。パートナーの片方の精神が不安定という場合など、実際にキスをしてみると、徐々に精神安定剤として、キスが効果を発揮するのです。

血行が良くなる

キスをすると体全体が温かくなり、血行が良くなります。血行が良くなる事で、健康面はもちろんのこと、美容面に関しても良い影響を与えるでしょう。毎日キスをしていると冷え性が治るという説もある程、キスは血行をよくする働きがあるのです。

ストレスが減る

キスをするとドーパミンが分泌され、ストレス軽減効果が期待出来ます。好きな人をキスをすると幸せな気分になりますので、その結果、ストレスが減るだけではなく、疲れを吹き飛ばす効果も期待出来るでしょう。

ストレスが蓄積してきた時にこそ、好きな人とキスをたくさんするようにして下さい。キスをすることで、自然をイライラとした気持ちがどこかにとんでいくでしょう。

幸せを感じられる

キスをすると幸せホルモンとも呼ばれるドーパミンがたっぷりと分泌され、自然と幸福感に満たされるようになります。余談ですが、この幸せホルモンは、好きな人以外にも、好きなペットなどを相手にしても、分泌される事がわかっていますので、キスをする相手が居ないという場合は、大好きなペットにキスをすると良いでしょう。

愛が深まる

愛を確かめ合えるから

キスをすることで、二人の愛を確かめる事が可能です。キスは、基本的に好きな人としたしたく無いものです。本当に愛があるからこそしたいと思う人がほとんどなので、愛情確認をするために、キスをするというカップルもいます。

愛情のあるキスと、愛情の無いキスは、実際にキスをするだけで、簡単に判断することが可能です。愛情を口から実感することが出来る程、愛情があるキスはドラマティックな物ですので、愛情確認をするためにも、そっとキスをしてみましょう。

相手が優しく丁寧にキスをしてくれたら、相手は自分の事を大切に思っている傾向がありますので、自分も優しく丁寧にキスを返して、より愛情を深めるように、キスを堪能してみて下さい。

信頼し合えるから

キスをする相手は、余程の事で無い限り限られます。本当に愛して居る相手や大好きな相手にしかしない物ですので、キスをすることで、自然と二人の距離が近づき、信頼度も自然とアップする事が出来るでしょう。キスをすることでリラックスする事ができ、相手のことを信頼しやすくなるのも特徴です。

ケンカをした後仲直りのキスをするというカップルも多いですが、これは無意識のうちに、相手のことを信頼して居るというサインの表れになっていると言えるでしょう。例え多少ケンカをしても、こうしたキスを続ける事で、徐々に仲直りをすることが可能です。

程よい刺激を得られる

キスをすることで、ほどよい刺激を得られるのも、キスの魅力と言えるでしょう。幸せホルモンが分泌されることで、ちょっとした興奮状態になりますので、適度な刺激が加わると言っても過言ではありません。

刺激が無い毎日に退屈していると言う方は、毎日大好きな人とキスをするようにすると、その退屈さを無くすことが出来るでしょう。キスをするだけで、毎日の平凡な人生に、おさらばできるとも言えるのです。キスにも色々な種類がありますので、試しがてら、二人の愛を更に深めることが出来ます。

素敵なキスの為にできること

清潔にしておく

とはいえ、キスをすれば何でも良いという訳ではなく、お互いが気持ち良くキスをすることが出来るように、事前に色々と準備をしておくことが大切です。その中の1つが、口内や口周りを清潔にしておくことがあげられます。

そんなにロマンティックな環境にきても、キスをしようとしたら口が臭いというような状態は台無しです。さすがに口が不衛生な状態でキスをしても、幸せホルモンは分泌されず、反対にアドレナリンが分泌されかねませんので、気をつけましょう。キスをする前には歯磨きすることはもちろん、歯磨きで無いので有れば、ガムを噛むなど、デンタルケアをすることが重要です。

口の中を清潔にするだけではなく首回りや耳、頭皮など、全体的に清潔にすることも忘れてはいけません。全体的に綺麗にしておくことで、急な接近にも安心出来ます、キスは口周りがどんなに綺麗でも、他の所が臭かったりしたら台無しです。口内チェックをする際には合わせて、他の所が臭くなって居ないかどうかをしっかりと確認し、問題なければ、キスをするようにして下さい。

唇の状態をよくしておく

歯磨きをしただけでは、十分ではありません。唇の状態を出来るだけプルプルに仕上げておくことも、キスをする相手に対してのマナーになります。特に冬場は、唇ががさがさになって居たり、唇が切れて血が出ていたりと、唇の状態が深刻な事態に陥りやすくなります。出来るだけ魅力的な唇になるためにも、リップクリーム等でケアをして、プルプルな唇を目指しましょう。

唇の状態をよくする為に使えるリップクリームやリップバームには色々とあります。良い匂いがする商品や、甘い味がするリップクリームまで、幅広くあるでしょう。女性の場合はそういった、ちょっとした女性らしさを感じる事が出来る商品を使うと、男性をときめかせることが出来ます。反対に男性は、シンプルに唇を潤わせることが出来るタイプがおすすめです。

メンソレータムのようにスーッとするタイプは、キスをした際に、味が残る可能性があります。無難なのは無味無臭のリップですので、保湿力などの機能性を重視して、唇ケアを行いましょう。味付きリップなどが苦手な男性も多いので、出来れば女性も、保湿を重視した無味無臭のリップをンるようにしてください。

ぷるぷるツヤツヤ!フェロモン溢れるふっくら唇に導く美容液はこちらがおすすめ!

Nule Nule

ぷるぷるでツヤツヤ、男性が思わずキスしたくなってしまうような唇に導く美容液。うっすら色もついていて、デートの時だけではなく普段のケアでもお使いいただける、累計160万本以上売上という実績を誇る美容液です。

マスカットなど、ふんわりとした優しい香りが漂う美容液。男性が本能的に求めてしまう「オスモフェリン」という成分を配合しています。フェロモンたっぷりの唇であなたのカレを誘惑してみては…?

 

風邪などの病気は早めに治しておくこと

風邪などを引いているときは、キスをしたら相手に移ってしまいますので、遠慮しましょう。相手がしたいと言っても、断るのがマナーです。せっかくのキスのチャンスを逃さないためにも、出来るだけ早く風邪などを治すようにして下さい。

気軽にキスをしてみたら、インフルエンザを発症していたことが分かったという事もあり、当然の如く、キスをした相手はインフルエンザになっていたこともしばしば。相手に辛い思いをさせないためにも、嫌な思いをさせないためにも、出来るだけ体調を早く治すようにしましょう。

また、口唇ヘルペスなど、非常に感染力が高い皮膚炎もあります。この口唇ヘルペスの常置が出ているときにキスなどをすると、キスをした相手にも、ヘルペスが移るでしょう。ヘルペスは一度発症すると、一生涯のお付き合いになりますので、注意が必要です。

まとめ


このようにキスをすることで、非常に強い幸福感を味わえると共に、健康効果、美容面にも、多大なる影響を及ぼします。パートナーが近くに居る場合は、一度キスを試して見てはいかがでしょうか?実際にキスをしてみると、お互い良い刺激になるでしょう。

キスをする際には、最低限のエチケットを守るのも、重要なポイントです。場合によっては、キスをした瞬間にどん引きされてしまう可能性がありますので、しっかり事前に準備をした上で、臨む事が大切です。

キスには様々な種類がありますので、色々な方法を試しながら、お互いの距離を縮めて行く事もポイント。お互いが気持ちいいキスとなるように、色々と考えた上で、その時の状態に合わせて、キスの方法を考えて見て下さい。キスをすることで、お互いに幸せホルモンをマックスにした状態で、日々を過ごすことが出来るでしょう。