「生涯未婚率」が増えるってどういうこと?詳しく教えて!

女性の適齢期が上がっているということをニュース等でよく聞くことが多くなりましたが、それでも周囲では結婚されている人が多いという方も多く、実際には結婚しない女性、一般的に適齢期といわれる年齢になっても、まだ結婚はしなくてもいいという人が多いということを実感されていない方も多いと思います。

しかし統計、アンケートなどをみると、生涯結婚しないという選択や結婚したいという意思を持っていても結婚できない人が多くなっていることが明らかです。ニュースなどでも生涯未婚率という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、この生涯未婚率というのはどういうことなのでしょうか。

そもそも「生涯未婚率」って何のこと?


生涯未婚率というのは、45歳から49歳、また50歳から54歳という年齢の方々の未婚率の平均値によって、50歳時時点で結婚したことがない人の割合を算出している数値です。

生涯未婚率というと、生涯を通じて未婚である数値ではないかと考える人もいますがそうではなく、50歳時点で未婚の人がどのくらいいるのかということをあらわしている数字です。実際に50歳時点で一度も結婚をされたことがない人はどのくらいいるのか、また45歳から49歳、50歳から54歳で未婚の方はどのくらいいるのでしょうか。

50歳で一度も結婚したことがない人の割合

50歳というと今までは今結婚していない、妻、夫がいないという場合、離婚された人、また死別された方ではないかと考える人もいるかと思いますが、50歳で一度も婚姻関係となったことがない人が以前と比較してかなり多くなっている事が統計で分かります。

晩婚化や生涯結婚しない方の増加については、少子化という日本社会の大きな問題の中で直接的な問題となっていることは明らかです。生涯未婚率の男女別の平均を見てみると、男性の生涯未婚率は2015年時点ですでに23%を超える状態、女性でも14%を超えています。

45~49歳と50~54歳の未婚率の平均値

45歳から49歳の女性の未婚率は11%を超えていて、50歳から55歳の女性の未婚率は12%弱という結果です。男性の45歳から49歳の未婚率は26%弱、50歳から54歳の男性の未婚率は21%弱、いずれも昔より多くなっていることが統計で理解できます。

50代で初婚となる可能性のある人が多くなっているということになりますが、すでに婚姻するということをあきらめている方も多く、女性も男性も、そろそろ老後を考える年齢になり、伴侶がほしいと感じてもなかなか相手がいないという状況にあるようです。

未婚率が高くなっているのはどうして?


ではなぜこれほどまでに未婚率が高くなっているのか、そこには社会的な背景が色濃く映し出されており、女性の社会進出や男性でも非正規雇用が多くなるなど、昔では考えられなかった状況が起きていることがあげられます。一生独身でいるつもりなどなかった方も、気が付いてみると年齢が40を過ぎ、伴侶を見つけたいと思っても、魅力ある人はすでに結婚されている状態ということも多いようです。

女性の社会進出

女性は結婚し家に入り子供を育てるという日本の歴史の中で培われてきたものが、今大きく崩れ、女性が仕事を持ち、責任ある立場で仕事をするようになったことで、結婚、出産などを考える機会が少なくなったということも、未婚率の上昇に関係しています。

日本では現在も保育園の待機児童問題などが常に問題となっていますが、女性が結婚し子供を産み、その後正社員として働くために必要な子供の保育など、設備が整っておらず、企業等でも企業内保育所などを設けて対応しているところも出てきていますが、実際には大企業ばかりで、どの企業に雇用されても安心して育児ができる、仕事ができるという状況にはなっていません。

女性が社会進出を果たすとき、保育所の問題などを合わせて真摯に向き合っていたら、もしかするとこの未婚率は変わっていたのかもしれません。

非正規雇用が増えた

高校を卒業、大学に進学しなるべくいいところに就職したいと必死になっている学生さんたちに聞いてみると、大学卒業という肩書を持っていても、正規雇用にならない場合があるといいます。

最初から正社員として雇用されるのではなく、最初は契約社員、またずっと契約社員で雇用されるということもあるようです。非正規雇用が多くなるということは、結婚をしてもその先、もしかすると就職先をなくすかもしれないという不安があり、結婚を考えられない、結婚したくてもできないという状況がかなり多くなっており、この問題でも生涯未婚率が増加していく要因となっていると思います。

未婚率が高くて困ること


未婚率が高くても結婚する、しないは人の自由だから、それは大きな問題ではないのでは?という人もいますが、皆さんすでにご承知の通り、特に地方では少子高齢化が進み、子どもたちが激減しています。学校の合併なども相次ぎ、近くの小学校に通うつもりだったのに合併となってかなり遠くの小学校に行かなければならなくなったという話もよく聞きます。

未婚の状態でシングルマザーになる方もいますが、結婚し子供を養育するということの難しさ、費用が掛かりすぎるという問題も、結婚、出産を減少させている要因となっており、未婚率が高くなるということは、人口減少にもつながるゆゆしき問題となっているのです。

少子化が加速する

平日でも学校が終わる時間帯になると、子どもたちが大勢で帰宅し、公園に行って遊ぶという姿がみられたものですし、それが通常でしたが、地方、田舎の方に行くと子供たちをみることがなく、見ても本当に数人という状態も少なくありません。学校の合併は都市部でも起きており、子どもさんたちが少なくなっていることで様々な問題が起きています。

少子化が加速した背景には、勿論未婚率が深く関係しており、結婚しない人が多くなっていること、子どもを作らない選択をする夫婦なども増えたことで、将来、国が成り立っていくのかという大きな問題に日本は直面しているのです。

人口が減少する

人口の減少は特に地方、田舎の方に行くと顕著で、子どもが生まれた数などが以前と全く違うということも多くの皆さんが感じている事だと思います。

このまま少子化が継続し子供たちが少なくなっていけば、その先、高齢になった人たちを支えていくこともできなくなりますし、医療費が拡大し、国の予算に大きな問題となっていくでしょうし、人口が減少数することで今現在も深刻な従業員不足が問題となっています。

人口が減少する事は将来の働き手が少なくなるということ、少子化が継続することで、高齢者の方が多くなり、それによってもこの先大きな問題が次々に起こっていくと考えられます。

未婚率を解消できる?ユニークな婚活イベント


未婚率の問題は各地、国を挙げて問題視していることで、地域では婚活イベントなどを開き、男女の出会いの場を作り、結婚について真剣に向き合ってほしいと考えています。結婚したいと思う人を増やすために、ユニークな婚活イベントを企画する自治体、地域なども多くなっていますので、未婚の方はどんどん、こうしたイベントに参加されてみてはいかがでしょうか。

マスク婚活

ちょっと異様な光景で海外の人から見たら病気の集団?と勘違いされそうなイメージがありますが、マスクをして運命の相手を見つけようという婚活イベントも行われえています。マスクで顔を隠すということで、相手が外見によって相手を選択するのではなく、人の中身、心、性格を知ってもらおうというイベントです。

婚活を行う時、パーティなどに行くと容姿端麗の方がもてて、そのほかの人のところには話かける人がいないという状態はよく見ることです。でもそれでは本当に性格がいい人との巡り合いや、価値観が同じ人との巡り合いにつながらないことから、顔で選ぶのではなく、中身で選んでほしいというイベントになっています。

お寺の婚活

お寺で婚活と聞くとびっくりされる方もいますが、パーティ会場などではなく費用をかけずに婚活したいという人に向けて、お寺、御坊様がサポートしてくれる婚活です。お寺という場所で行う婚活として注目を集めていますが、お寺という場所名だけに、結婚したいという切実な願いを持っている人が集まりやすく、まじめに結婚を考えている人が集まる真摯なイベントとして注目されています。

ラーメン婚活

食が合う人となら結婚生活も長く続くだろうというコンセプトで始まったラーメン婚活も今、注目されている婚活です。ラーメンが好きな男女が集まり、好みのラーメンを食べるというイベントで2014年くらいから行われているようです。

複数のラーメンから当日食べたいラーメンをえらび、名札に好きなラーメン屋さんの名を書いておくなど、非常にユニークな婚活となっています。好きなラーメン屋さんが一緒と案なれば、意気投合し、この婚活の場以外でも会おうと話に結びつきやすく、これはかなり考えられた婚活だと思います。

まとめ


結婚したいという願望を持っている人も出会いの場が無かったり、男女のお付き合い経験が少なく異性にどのようにアプローチすればいいか、わからないという人もいます。

大人になって年齢を重ねるほど結婚が難しくなるということもいわれていますが、若い世代が年上と結婚したいと願っているという話も聞きますので、50歳で未婚という方も、まだまだ捨てたものではなく、結婚を本気で希望すれば、かなわない悩みではないと思います。

結婚ということに希望を見いだせないという人もいるかと思いますが、相手次第で結婚生活が楽しくなるかどうか、それは違いがあります。未婚率を上げるということはなかなか難しい事だと思いますが、40代から50代という年齢なっても、伴侶を見つけたいという気持があればその場所はいろいろ提供されています。